グーグルの検索システムが補正された?

グーグルの公表によると検索システムが改善された?というのですが、私の業界のキーワード検索では、そうは見えません。
相変わらず、無責任な製品や対策をPRしている通販サイトは上位をほぼ独占しており、まとめサイトや見積りサイトは、引用元の本家よりも上位に来ています。

なにを改善したのか全く分かりません。少なくともコンテンツページの多い、広告スポンサー企業のサイトを優先して掲載しているようです。

昔のヤフー検索のほうが公平だったように思いますが、今は大半の検索エンジンがグーグルのデータをベースにしています。
検索結果の質が低下すると、検索システムそのものがだんだん信頼されなくなり、新しいシステムの登場を期待するようになるでしょう。

私はそれがブログだと見ています。多様なキーワードと投稿記事による情報検索です。

いまのところ、新しいシステムは出てきていないように思いますが、ブログは進化し続けると思います。普通の静的なホームページが検索結果に不利になるなら、ますますクラウド型サービスやブログをメインサイトに据える人が増えるのではないでしょうか。
*参考事例:ピアノ・リトミック教室(堺市)
この事例は、私が設計したピアノ防音室(音楽教室)ですが、ブログは私がお勧めしたものを活用されています。アクセスがかなり多いようです。立派なホームページとなっています。

[PR]
by neo-diy | 2017-02-05 10:40 | ウェブページ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧