和菓子にはまる

最近、小豆を使った和菓子にはまり、デパートやスーパーに行くと何かしら買って帰ります。
*これは元々母がたの親せきに老舗の和菓子(利休饅頭)店があり、小さいころから食べていたので、生菓子が好きだったのです。

めっきり酒を飲む量が減るにつれて、余計に生菓子を食べるようになり、朝食の後にコーヒーを飲みながら食べるのが習慣になってきました。

春は、和菓子の花盛りであり、新製品も出てきますね。季節限定の菓子もあります。
いまは桜餅や梅・桜の花を模った、あんこの和菓子が沢山出ています。

私の好きな和菓子は上記の利休饅頭のほか、黒い小豆のこしあんの饅頭です。
*親戚の利休饅頭は黒砂糖の入った小豆のこしあんの薄皮まんじゅうです。島根県浜田市の銘菓です。

近々、八王子の従姉に頼みごとをするため、手土産に利休饅頭を取り寄せる予定です。

和菓子は舌で味を楽しむだけでなく、目で楽しむといいます。
桜の花の下で、桜餅とお茶を楽しむというのも、なんだか風情があっていいと思います。

[PR]
by neo-diy | 2017-03-19 08:53 | 食品・料理の話 | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy