無料相談と小さな商いは先行投資

最近、無料相談と小さな商いをこまめに対応しているのは、将来への先行投資でもあります。若い人材の支援という意味もあります。

もちろん、相手の対応を見ながら予約をお受けしています。
それは先人の経営者の言葉をかみしめているからです。若い人は、きっといつかまた取引をしてくれる、あるいは口コミで宣伝してくれることもある。

ある知人建築士は、無料相談なんかばかげている、小さな商いは儲からないと言います。目先の利益だけを見れば確かにそうです。
ですが、何事も先行投資が必要です。種をまかなければ芽は出ません。

私はウェブサイト構築を含めて、いま種まきをしている最中です。毎年この繰り返しです。
芽が出ない種も沢山あります。

芽が出たと思ったら枯れてしまうこともありますが、それは経験値としてストックされます。無駄にはならないでしょう。

昨日の相談案件は予算が厳しそうなので、施工チームに直接契約してもらう前提で私の経費を削ることにしました。私は4月中は種まきに専念したいと思います。
もちろん、すでに契約していただいた件は予定通り進めます。

私は自分の身の丈ほどの商いで良いと思っています。

今日は9時頃から、昨日の相談案件の見積りを行います。まずは合計金額と想定工期の日数を先にお知らせする約束です。先日の柏市の防音室の件は返事がないので頼まれてもお断りする予定です。
*先に手を挙げていただいた件を最優先します。
----------------
忘備録・雑記

[PR]
by neo-diy | 2017-03-25 07:17 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧