手ごたえがない

いくつかの相談者に提案書を提示しましたが、どうやら予算を超過しているようで手ごたえがないです。
本当に東京方面の現場仕事は契約済みを除くと、どれも金額的に折り合わないというかデフレです。
*この調子だと専属チームを手放すことになりそうです。
*彼らは自力で受注できないので大手の傘下に入るか、別の商いを併用しないと生活できないでしょう。

取引先の建築士は、いままでは防音材の注文は軽視していたのですが、最近はどんな小さな注文でも、すぐに返事が来るようになりました。
*たぶん、本業の仕事がないんですね。

今年の3月までは昨年の予約が一斉に動き出したので受注できましたが、4月以降はキャンセルなどが続出で、すべて予算的な壁でした。でも他の専門業者よりも数割は経費を削っているのですが。
予算がある人との差が乖離しているのが現状です。世の中ほんとうに厳しい時代になりました。

それに返事もしないような民度の低下は?心の中まで貧しくなったのでしょうか。
先日、防音資材を注文していた人が、送料がかかると伝えたら連絡が途絶えました!!送料はかかるとウェブサイトに明記しているのに。訳が分かりません。168.png

一方、秋の現場をすでに契約された地元の依頼者を気分転換に、お食事にご招待することにしました。計画図を修正したら打合せです。これが実質的な最終打ち合わせになると思います。このあと施工図の作成です。

とにかく、手ごたえがないときはウェブサイトの改造作業を再開します。私にはそれしかない。
せっかくの技術を生かせないなんて、もったいないのですが、東京の案件を受注できない限り、職人たちにはどうにもならない。
-----------------
忘備録・ぼやき

[PR]
by neo-diy | 2017-05-30 08:37 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy