ウェブサイトは実店舗の店頭と同じこと

自営業の店舗とウェブサイトは良く似ていて、店主(サイトではウェブマスターと呼ぶ)に聞けば、対応できるかどうかが、ほぼ即答される、それが自営業の良さです。
*ウェブサイトの良い点は実績がホームページを読めばすぐに分かることです。

ところが自営業の職人は、口で説明するのも文章で説明するのも苦手です。これが今の時代に自営業で生き残れない大きな要因です。
それに気づかない者は、いずれは消えていきます。

我々設計・コンサルタントは、大学時代から会社勤めまで、「文章で表現することは基本的な能力」であり、「物事を分析してリポートにまとめる」ことは建築・都市計画業界のビジネスマンの資質でした。
それは生まれつきの才能と言われていますが、大半は後天的な努力で一定のレベルまで到達します。

職人だろうが個人店主であろうが、自分で努力すれば、ある程度の文章力は付いてきます。
努力もしないで、文才がないと言うのは嘘っぱちです。
生まれついた個人差など大差はないはず。私も小学校・中学校時代の国語の成績はかなり悪く、親がせめて普通の字が書けるように習字の塾に私を無理やり行かせたぐらいです(笑)。

文章力は後天的なものであると、私は思います。ウェブサイトは実店舗以上に詳細に内容を表現することが最大のポイントです。
読むのが大変なくらいに、自分の考えを表現して、ちょうどいいくらいだと、相談者の感想から、その重要性を知りました。

書きすぎてマイナスになることはなく、コンテンツは沢山あったほうが信頼性が高まるわけです。
読者である私の多くの相談者の感想から、重要性を認識できたんです。

実店舗とウェブサイトの共通点は、自営業者のありのままの姿を見せるツールであると考えています。
私のウェブサイト構築は、今後も続きます。

[PR]
by neo-diy | 2017-06-01 08:24 | ウェブページ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧