無料相談のための無料相談はお断り

私も相談者の忠告を採り入れて、今後は「無料相談を目的とした無料相談」はお断りすることにしました。
リフォーム業者に発注する際に、防音対策の事だけ無料相談で情報を入手して、他の業者に発注する目的なのに、なぜ私が無料で具体的な情報を提供する必要があるのか?

民間の自営業者が、そのような目的の無料相談ばかりを行うことは経費倒れになる。これは知人や有料相談を依頼してくれた人の言う通りです。

昨年から、今月にかけて、食い逃げ状態の人が10名以上で出てしまいました!すごいでしょう?
しかも返事もしてこなくなりました。
*私には、そんな度胸はないので、他の分野でも自分がそんなことをやろうだなんて考え付きません。

公務員の無料相談(税務署、ハローワーク、役所の福祉相談など)なら、当然、納税者として受ける権利がありますが、民間業者に最初から無料で情報を入手することを目的として相談することはしません。
*私も業者ですので、見積りが折り合えば発注するつもりで声を掛けます。

返事もしてこない人の約7割がマンション居住者です。大半が関東です。

なかには、他の業者に相談して失敗した人が、再度連絡してくるという強心臓の人が、たまにいます。
もちろん?お断りします。

[PR]
by neo-diy | 2017-06-20 08:53 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧