ウェブサイトの経費と防音材

私が扱う特注品(メーカー工場の受注生産品)は、類似品に比べて廉価です。それは住宅・建築業界の製品ではなく土木、車両・機械設備、畳業界の制振材など異分野のものです。
一般建材メーカーや防音建材メーカーとは別ルートで生産されているからです。

しかも、私のウェブサイト以外に少量で現場に支給している専門業者はなく、価格変動も少ないという特殊事情があります。
取引きを安定化させるのは非常に大変なのですが、現状では費用対効果の高い製品を確保できています。

このため薄い防音構造の木造住宅や防音室に適用できるわけです。使用体験者や担当現場における計測、メーカーの実験データなど客観的な数値・体感をもとに独自の設計・施工仕様を作りました。

費用対効果を高めながら、コストを抑えることができるのは、私がすべての運営サイト・ブログを自分で構築しているので、広告経費を上乗せしてないためです。

他の業者は広告費用やウェブサイト構築費用を外注費として計上し、その分を製品などに加算してます。それが普通のやり方なのですが、私の場合は完全自営で商いをしているので、取引先の中でも特殊です。

また、市販品を使って防音設計を担当した現場もあり、特注品との効果の差を体感しています。

何事もDIYでやってみないと自分で納得できない性格なので、先輩建築士に現場監理を外注する以外は、すべて職人の手作りを基本としています。
このため大手防音建材メーカーの施工要領の間違いにも気づきます。

どんな分野でもそうですが、手間を惜しむような工法は必ず弱点があります。

[PR]
by neo-diy | 2017-07-19 07:37 | 住まいの防音 | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy