2014年 11月 16日 ( 1 )

職人への餅代

昨日の担当現場のアフターサービスをもって、年内の現場仕事はほとんど終了です。
*もちろん、急な依頼があればお受けしますが。
*私の現場としては専属施工チームも来週で年内の防音工事(リフォーム)が終わります。それ以降は未定です。

通常、仕事の受注には1か月以上の準備期間がかかりますので、12月の予約が入っても最速で中旬に日程を入れることになります。その見込みも現時点ではないので、あえて職人の餅代になるように、2件のサービス工事を計画しました。
この費用は施主様には請求しません。私が個人的に負担して、ささやかな職人へのボーナスおよび、誠実に対応していただいた施主様へのプレゼント代わりにします。

私の今年分の採算はマイナスですので、もうじたばたしても意味がないので、少しでも職人の士気を高めて希望を持たせることを優先させようと思います。

建築・リフォーム業界だけを見ても、零細企業は非常に厳しいと、取引先も知人建築士も呆れながら、ぼやいています。なんとか戦略を立てないと来年が大変なことになります。(ぼやくだけではダメですが)
*とても選挙どころの話ではない。政治屋どもは経済的に困窮する高齢者や零細事業者など弱者を切り捨てるつもりでしょう。彼らは人間として、もう終わっています。

世の中の状況が厳しいときにこそ、誠実な商いや約束事・恩義などを大切にしたいと思います。

[PR]
by neo-diy | 2014-11-16 15:11 | 暮らしの雑記 | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧