2017年 04月 23日 ( 1 )

近隣国間の紛争は自分の分野にも影響がある

現時点で影響の出そうな私の分野は木材製品と石油製品です。
今まで欧州木材がロシア経由で輸送されていたので、これが止められた時に建築業界は輸入材をカナダ・アメリカ、東南アジアに依存しました。

朝鮮や中国との紛争が起きると石油タンカーは輸送路を遠回りすることになり、その経費は石油価格にかかります。建築材料は未だリサイクル材だけでまかなうことはできないので、必ず値上げにつながります。
*問題が発生した数か月後に原材料が不足し、メーカーから値上げの通告を受けることになります。

PETウールやフェルト材は当面大丈夫ですが、合成ゴム(樹脂など)、アスファルト基材製品やロックウールが大きな影響を受けることになります。今までに円高・円安の大きな変動で、市販品および特注品の両方がここ数年間で値上げされました。
定価は見た目は変わらないのですが、仕入れ価格が値上げになるので、通販業者や仲介業者(代理店など)が小売価格を値上げします。

現在、見積りを提示している案件・契約案件は、差額が発生する場合があるので、できれば着工を早めてほしいのが正直な気持ちです。
私も見積金額を抑えているので、これ以上は自己負担はできません。

昨日の相談者には、社会情勢によって値上がりすることがあり得るので、提案書をご提示した後には、速やかに結論をください、とお願いしておきました。

業界としては出来る限りリサイクル素材の活用・効率化、新製品の費用対効果を向上させて欲しいものです。私の防音材は8割がたがリサイクル素材で出来ています。

[PR]
by neo-diy | 2017-04-23 11:04 | 暮らしの雑記 | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧