2017年 09月 03日 ( 1 )

野菜・仕入れのこと

金曜日に契約書を郵送した後、仕事を一つ区切りをつけ、近所のスナックに野菜料理を食べに行ったところ。なんと葉物野菜を中心に国産の生野菜が約3倍の価格になり、野菜のパスタができないと言われました。

たしかにスーパーに行くと、普段でも安くない店がさらに倍の価格になっており、肉や魚よりも単価が高くなっていました。
仕方ないので刺身を買いましたが。日ごろ、近所の海鮮居酒屋で食べているものに比べて鮮度が悪い。

これなら、冷凍野菜を食べたほうがいいのではないでしょうか。
*ほうれん草、里芋など

定食屋は困るでしょうね。わきに盛り付ける野菜のほうが高いわけですから。

私の業界は、一応値上げ前には1か月の猶予をもって告知しますから、代替品を探して変更できる場合がありますが、飲食店はいきなり食材が値上げされても、変更ができないので、メニューから外すしかない。

私の好きなパスタ料理も、キノコ・ナス・ベーコンのパスタしかないみたいで、ちょっとがっかりです。

近所の店で商いの難しさを感じたひと時でした。

さて、私のほうの仕事の資材も、特注品があと僅かで、私の特別な在庫がなくなります。
追加注文をすると、約1年分の製品を買わなくてはならないのですが・・・そうしないと単価を抑えることができないのです。

野菜の仕入れと同じで、数量が少ないと単価が高いのです。
秋から来年の春頃までの半年分以上を確保することになります。代行してくれる取引先もリスクがあります。私がコケルと在庫を抱えてしまうので。

1か月に40枚程度しか現場で使わない製品を、まとめて400枚仕入れるのですから、ちょっとこわいです。しかし、これに代わる製品を作ってくれる工場がもうないので、なかなか仕入れに関しては頭が痛いところです。

もう秋風が吹き、夜は秋虫がにぎやかに鳴いています。
-----------------
暮らしの雑記帳

[PR]
by neo-diy | 2017-09-03 09:22 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy