カテゴリ:ウェブページ( 221 )

追加するウェブページのネタ探し

いま検討中の「主なインデックスページ」は、既存サイトの中に入れる方向で考えていますが、もしかしたら新しいひな形で、別ドメインを作るかもしれないです。

検索エンジンを考慮すると、既存ページの内部に入れるほうが有利なのですが、なかなか納まりどころが難しく、デザイン的な自由度も考慮して考え中です。

ドメインを増やすと、費用だけでなく管理が面倒になるのが難点ですので、当初の案は、内部に組み込む一つのページにするか、内部に独立したフォルダーを作って増設するかです。

まとめページというのは、オリジナルコンテンツの入り口ですので、出来る限り、色々な所にリンクして便利な状況にするのが良い、ということまでは決めています。

迷ったときは、知人のサイトなどを眺めて、アイディアを参考にするのが良いと思うので、あちこち眺めているところです。

デザインは、すっきりして、少しお洒落で希望の持てるイメージにしたいです。

じっくり取り組みたいのですが、現場や相談の準備などで時間を取られています。相変わらず職人は自分では新しい仕事を探さないし、人様のフトコロで立て替え払いをあてにしているので、頭が痛いです。

ただ、新しい相談が2件ありますので、この打合せが、今後の構想の参考になると思います。
実りの秋になることを期待したいです。
----------------------------
防音職人が目指してきたもの

[PR]
by neo-diy | 2017-10-12 07:27 | ウェブページ | Comments(0)

ウェブサイトは協力者が居ないと進まない?

先週、知人の店で店主が、この三連休(人によっては普通の連休)は自営業者としての用事があり、外出が多いと言ってました。だから、店の公式ツイッターの件は、知人に任せたと。

我々50代以上の人は、一般的にツイッターもフェイスブックもブログも不慣れな人が多く、じっくりと説明を読みこまないと理解できません。
*私の場合は若い時から適応力が弱く、覚えたら継続しますが、途中で投げてしまうことがあります。

私は、たまたま依頼者が助けてくれたので、現在もwordpressを活用したウェブサイトを運営していますが、得意ではありません。
*普通にレンタルサーバーに静的ファイルをアップして、テキストエディターで修正するというパターンしか慣れていません。(今の時代は本業でない限り、そんな面倒なやり方は少数派です)

とにかく、大半の人が協力者がいないと、ウェブページの件はなかなか進まないものです。

私の現在更新中のサイトは2つあります。
*ひな形をテキストエディターで更新:木造住宅と防音室
これは書籍で購入したひな形をアレンジしたもの
*与えられた雛形にコンテンツを追加して更新(無料タイプ):木造と防音
(wordpress.com無料版)

集中して取り組む時間が足りないし、加齢とともに集中力がなくなりました。

個人的には普通のブログのほうが、中高年にはやりやすいでしょう。このエキサイトブログのように。

[PR]
by neo-diy | 2017-10-08 07:37 | ウェブページ | Comments(0)

ユーザーが工夫して検索している

どうやら、みなさんがキーワード検索の仕方を工夫しているようです。

それは、ビッグワードで検索しても、いつも同じサイトしか出てこないからです。キーワード検索の結果を、まるで広告費用とインデックスの数だけで買い占めるかのような業者のサイトで埋め尽くされている。

グーグルは進化していると言われていますが、私はそうは思いません。
相変わらずキレーションサイトが上位に出ており、どこにオリジナルコンテンツがあるのかが見えません。

このため、ユーザーがキーワードを色々と組み合わせて探しているということです。

申し訳ないのですが、私のホームサイトは力不足のため、ビッグワードでは出てきません。5年位前までは出ていたのですが、今はもう出てきません。

電話営業してくるSEO業者が、キーワード検索では私のホームサイトは上位に出ていないと言っていました。確かに、彼らが安易に検索するキーワードでは無理でしょう。
それは情報を探しているユーザーとは異なり、単なる思い付きだけで見ているからです。

それにしても、このままでは良いわけではないので、私も少しずつ対策を検討しています。

主なインデックスや重要な記事のリンクをまとめたページを作成中です。
対策と言うより、便利なページを作りたいという主旨です。
------------------------
暮らしの雑記帳

[PR]
by neo-diy | 2017-10-06 07:35 | ウェブページ | Comments(0)

ネットを中心とした新しいステージ

私の業界ではテレビ・新聞広告、業界誌、ウェブサイトという中で専門業者が宣伝・営業をしているわけですが、専門業者の信頼性という点では、実際にユーザーが自分で確かめる、あるいはセカンドオピニオンに相談するという時代です。
*看板の大きさや知名度だけに依存した発注は失敗する確率が高まります。

実際、私の商いの1/3以上の相談は、他の専門業者・建築業者に依頼して失敗された人の相談案件です。業界のレベルが低いから、私への依頼が毎年、一定量有ると言っても過言ではないでしょう。
一つのメディアだけで信頼性や価値を判断するのは無理があり、自分の目で判断すべき時代なのだと思います。

芸能界でも縄張りや、自社から独立した人を業界から干したり、従来のテレビ業界から閉めだすなど封建的で、閉鎖的な分野は依然として多いです。
しかし、インターネットTVやユーチューブなど新しいメディアや地域密着型メディアの創出により、新しいステージが出てきています。
従来のウェブサイトも、その一つです。まだまだネットの力は大きくなる余地があると思います。企画力によって、その力を伸ばすことができるはずです。

私も、自分の業界において、ネット上の世界の中で微力ながら情報を発信しています。
なにか新しいプラットフォーム、零細な専門企業の力を集めるようなポータルサイトが出現すれば、有益な情報をもっと確実に発信できるのではないかと考えています。
------------------
プロフィール

[PR]
by neo-diy | 2017-09-27 07:40 | ウェブページ | Comments(0)

ネットで収集した情報を実験してみた

ある複数の情報サイトで、ブログの活用について記述されてましたが、メーカーによって検索結果に反映されるスピードが違うというものでした。

最近のブログにおいて、そのようなことがあるのかと思い、昨日、新しいブログを試しに立ち上げてみました。そうしたら、今日の早朝にはすでにインデックスが検索結果に反映されていました。

しばらく、そのブログで記事を投稿してみたいと思います。

やはり、なんでも自分で確かめないと軽々には判断できないし、人様にも勧めることができないと思いますね。論より証拠です。

ブログの大半は広告表示を許容すれば無料サービスですから、作るのも気軽で、休止するのも自由。
*一般に表示するのが嫌な場合は、知人のみにアクセス権限を付与するプライベートモードもあります。

さて、その新たに立ち上げてみたブログですが、具体的には本業の分野の基礎知識・豆知識のような記事を投稿する予定です。
ネット上には不確かな、いい加減な製品情報が誇大広告されているので、これを是正するためにも有益な分かりやすい情報提供が必要だと感じています。

一方でアクセスの少ない他のブログの一部を休止しました。
*当ブログはアクセスは少ないのですが、知人や職人が見ていますので、近況報告や伝言板として、今後も継続します。

現在、特設ページを作ったあと、総合インデックスページを検討中です。目的別に入り口を整理して、初めてアクセスした人を意識するもので、古い記事が埋没しないように入り口を作ることを目的としています。詳細は検討中です。

それにしても、まだ結構暑いので、私は相変わらず早朝型の生活をしており、依頼者へのメール返信も午前中に済ませます。

[PR]
by neo-diy | 2017-09-20 07:37 | ウェブページ | Comments(0)

役割分担とウェブページ

私の知人でツイッターをやりたいと言っていた自営業の人が居ますが、彼はブログすら使っていないので自分では使いこなせないようです。
*私よりも少し年上なので、PCやウェブサイトが苦手な世代です。(私を含めて)
*大学の先輩建築士(還暦過ぎ)のように在学中からPCをいじりまくり、ホームページの黎明期からずっと現在に至るまでネットにどっぷりつかる生活をしてきた人には、簡単な話しなんですが。

普通のブログでもカスタマイズが面倒で敷居が高い人には、私以上に動機が必要であり、ある程度の練習など慣れることが不可欠です。

私の知っている、あるカフェは共同で事業運営しているので、ウェブサイトが得意なほうが専従で担当し、店の公式ツイッターを運営しています。

ですが、私や知人店主のように自営で一人で運営している場合は、自分でやるか外注するしかない。
知人建築士と同様に外注する経費がもったいないと考えるならば、諦めるか自力でやれるように努力するしかない。

私の場合は業種が違うので、あまりツイッターの必要性がありません。イベントや特売会など急いで告知する内容があまりないので、普通のブログで十分です。
私の先輩にも「あなたの場合は、ツイッターは要らないでしょう。むしろブログで事例を投稿したほうが役立つ。」と言われている。

私も共同事業者が居れば、もっとウェブサイトやネットが得意な人と役割分担して分業したいのですが、同年代の知人は大半がウェブサイトそのものが苦手で、あと数年でリタイアするようです。
*私のように、あと10年くらい自営を続ける見込みの人は少数派です。

しかし、ネットを活用できない人には、基本的に自営は無理です。うちの職人を見ればよくわかります。
知人建築士は取引先から仕事をもらっているので生活できますが、普通の自営では難しいでしょう。

先輩を含めて知人や親せきにも、私がここまでウェブサイト主力で営業するとは想定外だったようです(笑)。※それはそうでしょう。私自身が14年前まで、まったく想定していませんでしたので。

私が言いたいのは、役割分担できない状況であれば、自分でやるしかないということ。当たり前です。
*うちの専属職人チームは、ウェブサイト運営そのものを諦めたようなので、私が受注する案件がなくなれば、自然に淘汰されます。

[PR]
by neo-diy | 2017-09-17 08:29 | ウェブページ | Comments(0)

エキサイトブログに固定ページ

エキサイトブログ(当ブログ)に最近、固定ページ機能が追加され、日付のないページが別途作れるようになりました。
*私の固定ページ:プロフィール

いろいろな活用方法が考えられると思いますが、これで「特設ページ」や「詳しいプロフィール」が楽に作れます。

この機能、実は大手の無料ブログには殆ど付いていない機能であり、私の利用しているブログではwordpress.comしかなかったように思います。

エキサイトブログは、比較的使いやすいブログであり、テンプレートも増えてきていますので、固定ページと組み合わせれば、立派なホームページとしても構築できそうです。

この機能が、もっと早く付加されていれば、仕事用の主力として使っていたと思います。

とにかく使いやすいブログは、長く継続して使うユーザーにとって、大変ありがたいものです。

もし、この固定ページを検索で上位に出るようにしたい人は、固定ページのタイトルに必ず重要なキーワードを入れることです。
そして、重要な強調したいセンテンスにキーワードと解説文を入れて「太文字」で指定します。strongの表示になり、検索エンジンが重要なコンテンツの一部として認識します。

あとは文章と画像を適度に入れて構築します。
------------------------
追記:無料プランの場合は固定ページは1つしか作成できないようです。
私の勘違いでした・・・・・やはり、固定ページを無料で普通に作れるのは、wordpress.comだけのようですね。
→私の例(参考):暮らしのサテライトページ

[PR]
by neo-diy | 2017-09-13 08:45 | ウェブページ | Comments(0)

見返りを求めない支援者

取引先などは見返りを期待して、私の様子をうかがう人は結構いましたが、一方、仕事を依頼していただいた人は、まったく見返りを期待しない人が多く、現在のリンク先がそうです。
*見返りを期待していた多くの人は去っていきました。リンクもなくなりました。

そして、いまでも支援してくれる支援者、私のウェブサイトの改造に協力してくれた知人が運営するサイトをここで紹介します。
→知人のショップ:ハーブ・アロマ
→知人の教室:ピアノ教室
→知人のご家族:手作り・物づくり

この3人のかたの共通点は、義理堅い・誠実であることです。

今月で無事に開業13年を迎えることができました。私のウェブサイトに掲載している事例には、依頼者の言葉を、ほぼそのまま掲載しています。
その人の人柄と真剣さがそのまま表れています。
→誠実で優しいAさん:生活防音(東京都)
→誠実で義理堅いBさん:生活防音(千葉県)
などなど。

ここまで私が商いをやってこれたのは、誠実な依頼者・支援者のお蔭です。

これからも、信念をもって自分の商いを続けていきたいと思います。

[PR]
by neo-diy | 2017-08-21 07:33 | ウェブページ | Comments(0)

競合する専門業界のウェブサイト

専門的な検索対策は別として、老舗の専門サイトが検索しても見つかりにくくなったという話を以前しました。

所詮検索エンジンは、専門分野のコンテンツを人間が理解して評価しているわけではないので、重要な業界の実例であっても、古いページは検索で見つかりにくくなります。

では、同じ内容を新しいページに移植すればいいのか?という判断に迷いますが、私は切り口を変えて、文中に事例リンクとしてまとめたほうが良いだろうと思います。

10年前には余り留意していなかった諸点を追加して、改めて評価し直すコンテンツに作り替えることが、読者への有益な情報になると考えています。
*古い事例でも、真実は変わりなく定石となります。

競合するサイトを気にしないで、自分が重要だと思うところをオリジナルのコンテンツで表現することが良い差別化になると思います。
*安易な流用や引用は無意味です。

老舗サイトが今行う必要があるのは、競合サイトにはないコンテンツをリニューアルしたり、追加することです。
サイトを運営していた専従者が辞めると、更新されないで放置されることがあります。
これは宝の持ち腐れにつながります。

昨日から、他の業者のサイトを見て回っているのですが、けっこう参考になります。
*それにしても中身のないキレーションサイトが相変わらず、検索の上位にいます。数年前よりも余計に有益な情報を見つけるのが難しくなっている気がします。
---------------------
雑記帳

[PR]
by neo-diy | 2017-08-18 08:14 | ウェブページ | Comments(0)

作業効率とPC・タブレット

最近の若い人はPCもタブレットも持っていないという。
たぶん、これは家族共有のPCはあるけど個人所有のPCを持っていないということだと思います。
*アンケートの選択肢によっては保有状況は不明。

実際、PCソフトで設計図などを描く人、ホームページを構築する人には大きな画面のディスプレイが必要であり、タブレット(ipadなど)でも画面が小さいので作業効率が悪くなります。

私の知人(PCやネットが得意)は、PCとスマートフォンを用途に応じて使い分けています。
*出先の電車の中ではスマートフォン、タブレットで記事を投稿するなど。
*PCでは全体のデザイン更新やチェックをする。

職種や業務形態に応じて併用するのが良いと思いますが、私の場合はタブレットが使いやすい。
*ほとんどノート型PCと同じような感じ。

ただし、私が普段使用しているドローイングソフトは使えないので、結局はデザイン更新はPCでないと出来ません。
新しいソフトのヴァージョンが出て安くなれば考えます。

今のところ出先でタブレットを使用することも少ないので、当面はPCです。
*最新機種のスマートフォンは、私のPCより価格が高いので、自分の選択肢としてはないです。

要は自分のスタイルに合ったものを活用して仕事がまともにできれば良いわけで、ウェブサイトのツールと同様に選択肢は複数あったほうが面白いと思うので、私は自分のスタイルを押し付けようとは思いません。
別に手描きをスキャンして画像で送信しても良いと思います。

ただ、PCは必要ないという極論を謳うライターの軽薄な記事には呆れますね。
------------------------
忘備録・暮らしの雑記(正しくは備忘録なんですけど・・造語です)

[PR]
by neo-diy | 2017-08-15 08:28 | ウェブページ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧