カテゴリ:ウェブページ( 217 )

ホームページと企画書

 ホームページを改造したり、新規に立ち上げるにしても、企画書・イメージプランがなければ、自分で作ることも、外注することもできません。

 知人や取引先にアドバイスしても、「構想が思い浮かばない。」と言います。ここが最大のポイントでしょう。
 作り方や使い方はPC教室や知人に教えてもらえば、ある程度はできますが、コンセプト・イメージ、シナリオは自分で考えなければ、前に進みません。

 ブログを活用するとき、記事をカテゴリーに分けて投稿するわけですが、明確な使い方やテーマを考えなければ「カテゴリー」そのものを設定できません。
 ホームページのインデックスを考えるとき、ページのカテゴリーがなければ構成できないことになります。

 これは、コンサルタントが、ある課題について報告書を作成する際に、目次構成をまず考えるのと同じことです。
 私は会社勤め時代は、建築計画・まちづくり・都市整備のコンサルタント業務を担当していたので、このようなことは当然だと思っていたのですが、建築士や職人には、目次構成や企画書を考えることが最も難しいことであることに気づきました。

 ですから、取引先の営業マンが、自社のホームページを改造するには製品の専門知識や具体的な活用方法など商品企画から理解しないとできない。
 提携先の建築士が、「取引先の営業マンにできるわけがない。私でさえもできないのですから。」と言っていました。

 じゃあ、できないと放置しておいたら?どうなりますかと、聞いたところ、う~んと、うなったあと返事がありません。自分がどうしたらいいのか、企画が思い浮かばないから、人様のことどころではないという気持ちだったのでしょう。

 ホームページづくりは、具体的な企画書があれば外注すればいいのです。

 私はお金がないので外注は殆どしません(笑)。というか、企画を検討する段階が自分にとっては、一番やりがいがある段階なので、ウェブページもひな形さえあれば、自分で改造します。自己流で知識も余りありませんが、ネットで調べたり、書籍を購入して付録のひな形をアレンジすればなんとか形はできます。

 何年か前に、PC教室に入会したとき、自分の作ったひな形を持ち込んで、改造の仕方を教えてくださいと4回の受講計画をもとに初回に色々質問したら、インストラクターに「貴方のような考え方をする人は、自分でやったほうが早いです。」と言われて、初回だけで、やんわりと断られてしまいました(笑)。ほとんど、もう出来上がっていますと言われて、中級編程度の参考書を買ってくださいとアドバイスされました。

 作ったひな形は、ネット上から拾ったものをアレンジしたので、余り理解はしていなかったのですが、確かに書籍を購入して解説を見ましたら、理解が深まりました。

 上記のインストラクターから見れば、私は、ずいぶんと煩い受講生だったのでしょう。
[PR]
by neo-diy | 2014-01-17 13:50 | ウェブページ | Comments(0)
 今まで何回か、私の運営している防音職人のホームページをサポートしてくれている知人のことをブログで書きました。
 現在もメインサイトのシステムがヴァージョンアップするたびにチェックしてくれています。

 彼がデザインして運営しているショップなどのホームページは、見た目が温かく、人柄を反映させていると私は思っています。

 私の分野はともかく、大半のショップなどのホームページのデザインは、親しみやすく、分かりやすいことが、とても大切です。

 私が一番嫌だなと思う事業者のサイトは、自信過剰で誇大で、押しつけがましい表現・デザインです。目立ちたい、PRしたいという気持ちは分かりますが、私の美学?からすると、控えめなトーンにして、ユーザーや読者に安らぎを与えるようなスタイルが理想です。
*そういう意味で、ジブリのホームページの作り方を気に入っています。

 色々な分野でのキーワードで検索すると、むしろ好ましくないデザイン・表現のページが上位にヒットするので、なかなか気に入ったサイトを見つけるのは大変です。

 基本的に、中小企業、零細な自営業者のホームページほど、運営者の姿勢や人柄が見えてくるような気がします。

 私は休日しか、自分の運営サイトをチェックしたり、修正できないものですから、合間を見てコツコツと手作りで直しています。
 約11年前にホームページを始めたころに比べて、集中力も根気も乏しくなってきたので、わずかな修正でさえも、結構大変です(笑)。
[PR]
by neo-diy | 2014-01-13 11:50 | ウェブページ | Comments(0)

良いところをいただく

 今日は、取引先のウェブサイトの記事やコンテンツの一部を改めて読んでみました。良く見ると有益な情報が散見されます。
 これを活かして、もっと補充したり、リンクなど関連付けて情報発信すると、読者にはもっとアピールしたり、商品のお勧めになるのではないかと思いました。

 活かし方に工夫がないだけで、社内に有能なスタッフが居れば、もっとなんとかなるだろうと。非常に惜しいことです。

 新しいことを掘り起こさなくても、今まで記載した情報や扱っている製品を、分かりやすく解説するだけで、お客さんは増えるのでは?と私は思うわけです。
 残念ですが、スタッフには活かし方が分からない、人のアドバイスに耳を貸さない姿勢が問題でした。

 今年は、せっかくですから、私の運営サイトの特設ページでネタとして採り上げてみようかと、ひそかに計画しています。

 今年の課題は、今までの材料を料理して、いかに上手く加工するかです。これだけでも新たな希望の一つが提示できるのではないでしょうか。

 今年は、ある意味、取引先には期待しないことにしました。その代わり、ネタを使わせていただきます。私が料理したほうが早くて、読者やユーザーには有益な情報になると思います。
[PR]
by neo-diy | 2014-01-03 10:25 | ウェブページ | Comments(0)
 知人に設定などの面倒を見ていただいているホームページですが、先にうっかりヴァージョン更新してしまいました。
*投稿した記事などの編集には問題はないようです。

 年末なので、質問するのも悪いなと思い、控えていたのですが、もう少し早く聞いておけばよかったですね(笑)。

 本業を除けば、私は知人、取引先の中では、もっとも気が短く、せっかちです。思いついたら、すぐにやってしまうので、待てないのです。

 ブログなど文章を入力するのも早く、うっかり同業者が喜ぶような問題の答えを書いてしまうこともあります。(もちろん、能力のある設計者でないと活かせないと思いますが)

 私は、PC・ネット、ウェブサイトについては初級者だと思いますが、自分の好きな分野は追求するタイプなので、知識には偏りがあります。
*自分の分野の取引先ウェブサイトの戦略を立てるのは得意なほうで、余計に口うるさいのですが(笑)。

 基本的に、年末年始は、私にとってはウェブサイトのメンテ・更新時期でもあるので、この時期を逃すと、時間が取れません。
[PR]
by neo-diy | 2013-12-28 09:17 | ウェブページ | Comments(0)
 我々中年世代は、文章を構築することには比較的慣れているが、ウェブページやPCのネットワーク構築、カスタマイズ、セキュリティ対応には不慣れです。

 よく若い世代の就職難という話を耳にしますが、上記のような分野では必ずしも人材の質・量ともに足りているわけでなく、むしろ分野によっては足りないと言えるでしょう。

 IT技術やインターネットのソフト分野は、小学校教育から力を入れる必要があり、高校卒業後も企業に就職したり独立開業する際には不可欠な技術です。

 我々中年は、よほど力を入れて勉強しない限り、追いつくことは至難の業です。ですから、若い世代が得意とする分野で開業も就職も、いくらでも出来るのです。

 とくに来年、ウィンドウズXPからWin7又は8に買い替えるユーザーが増えるだけでなく、セットアップやホームページ作り、業務ソフトの使い方など中高年ユーザーには、サポートしてほしいことは、いくらでもあるのです。
 需要は掘り起こせば出てきます。

 技術があれば、インターネット・PCソフト関連だけでも、いくらでも飯のタネは転がっています。若い世代は、中高年ユーザーのサポートだけでも起業のネタがあります。
[PR]
by neo-diy | 2013-12-06 10:58 | ウェブページ | Comments(0)
 すでに来月(師走)の予定が明日から12月20日まで決まり、仕事納めから逆算すると、約6日間しか予定が空いていません。
 だいたい、毎年、師走に翌年に向けてのウェブページの補完計画を検討するのですが、これは無料相談や見積りが完了してから調整します。

 今年は予想外に経費がかさんだため、外注する費用が残っていませんので、すべて自力で作業することになります。
*もう御歳暮も手配が完了し、予算を使い切りました。

 では、費用をかけないで、自力で何をするかということですが、師走から来年の3月にかけて、概ね3つの作業を計画しています。
・業務用のメインサイトの事例追加(主に2013年の現場)
・知人や提携先のウェブページを紹介する情報サイトの拡充
・月単位の「防音職人だより」の投稿(定期1回、臨時号随時)

 それから、来月に2013年分の収支計算・内訳書の概要を作る予定です。

 提携先との情報交換会(忘年会を兼ねる)を、いつやるかが問題です。それは、提携先からホームページ経由の問い合わせが激減してきたという報告があったので、原因を分析して対策を検討する必要があると思います。
 もちろん、提携先のやる気にすべてかかっていますが。私は知恵を貸すだけですので、お金は貸せません(笑)。
[PR]
by neo-diy | 2013-11-29 10:17 | ウェブページ | Comments(0)
 知人や提携先にブログのことを聞かれたことがありましたが、面倒だとか使い方が分からないなどと言われました。

 私の場合は、2通りの使い方をしています。1つは日記、備忘録。もう1つは、業務サイトの更新情報・新しい事例など本体サイトを補完するためです。

 記事は、思いついた時、記憶が新しいうちに書かないと忘れてしまうし、記事にして投稿しておけば、重要な記録になりますので、備忘録としての役割は大切です。

 このブログは、アクセスは非常に少なく、数名の知人、防音職人のサイトからたどる人など少数の人しか見ません。
*もちろん、仕事にはほとんど役に立ちませんが、私の日記・備忘録として使っているだけです。

 それから、朝早く投稿することが多いのは、家庭の事情で食事の時間が決まっているので、食後にお茶を飲みながら投稿するからです。
*自営業だから可能なんですが(笑)。

 これは余談ですが、CMSタイプのホームページは、ブログ機能が組み込まれているので、ブログに投稿することで、自動的に更新したことになり、非常に便利です。
*商業サイトとしては、このタイプが主流になりそうです。
[PR]
by neo-diy | 2013-11-18 07:57 | ウェブページ | Comments(0)

フリーメール

 昨夜、登録したはずのない業者から、使っているフリーメールのアドレスへ迷惑メールが来ました。おそらく、以前登録した無料サービスの他業者からの情報流出だと思います。

 私がフリーメールを使用する理由はセキュリティー上の理由で、怪しい業者、相談者への返信のためです。いったん、そこで留めておいて発信情報を確認したり、返事のやりとりを見て判断します。
 しかし、流石に、一般の相談者や業者が、フリーメールのアドレスを悪用することまでは防げませんので、不要なメールは削除するだけです。

 それから、ホットメールでの問い合わせは、私のサーバーからでは着信しないことがあるようで、知人のサーバーでも同様なことが起こると聞きました。
*その点、ヤフーメールは一度もそのようなことがなく便利です。

 余談ですが、楽天の無料サービスを数年前に止めた理由は、迷惑メールの多さです。おそらく、出店しているひとつの業者から他の業者へ登録情報が流出しているのではないでしょうか。
*ブログやショップの会員を止めて、配信停止手続きをしても迷惑メールが止まりませんでした。
*その結果、フリーメールのアドレスを変更して、ようやく着信しなくなりました。

 私は事業者ですが、業者をある意味、信用していません。よほど信頼できるメーカー・業者でないと、フリーメール以外で登録することはないです。
*楽天は信頼できなかった(笑)わけです。

その証拠に、アマゾンやヤフーのショップでは、そのようなことがないですから。
[PR]
by neo-diy | 2013-11-06 07:52 | ウェブページ | Comments(0)
 昨日、今年防音工事が完了したピアノ教室の先生(依頼者)から、新しいホームページのお知らせがありました。
*私の防音職人のサイトをリンクしていただけるようです。

 こちらも、PRのためピアノ教室のホームページをリンクなどで紹介する予定です。

 昨日は月末ということもあり、事務的な雑用で外出が多く、メールの返信は未だしていませんが、できる限りの教室の紹介をさせていただくことを、ご返事するつもりです。

 昔は、ピアノ教室の生徒さんは、学校の父母の交友関係や口コミ、新聞折り込み広告、楽器店経由の広告などで募集するのが普通でした。
 最近は、どこの教室もホームページ・ブログに力を入れています。

 私のほうは、ピアノ教室の先生にブログなどの記事で紹介していただくことが、最もありがたいことです。宣伝力の弱い私のサイトは、このような善意で支えられています。

 こちらも、できる限りの応援をしたいと考えています。
[PR]
by neo-diy | 2013-11-01 08:00 | ウェブページ | Comments(0)
 フェイスブック、ブログなどの虚偽の情報を信じてトラブルになるケースが増えているようですが、実績のあるウェブサイトでは、じっくりと読めば信頼できるかどうかは見えます。
 それは一朝一夕には実例や体験談は作ることはできないので、盗作しても、すぐにボロが出ます。

 私の防音職人の情報サイトも盗作されていますが、見比べれば、どちらが本家か分かるでしょう。それに、盗作者にはオリジナルのコンテンツの事例を解説することもできないので、質問すればすぐに虚偽であることが見破れます。
 また、オリジナルデータ、バックデータは著作者本人しか持っていないのですから。

 いつの時代も必ず盗作者や偽装者が出てきますが、本人のメールや会った印象、話の内容を総合的に判断すれば本物かどうかは分かります。

 ブログなどの記事に疑問を感じたら、本体のウェブサイトをじっくり見ることです。

 ちなみに、検索エンジンは中身を判断して掲載するわけではないので、検索結果が上位に出てくるから安心というわけではありませんので、注意が必要です。
 とにかく、ウェブマスター本人にメールや電話で具体的に問合せすれば分かります。

 フェイスブックやミニブログは、本人のウェブサイトがなければ、真実かどうか判別できませんので、情報の取り扱いには注意が必要です。
[PR]
by neo-diy | 2013-10-18 08:46 | ウェブページ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy