カテゴリ:ウェブページ( 224 )

ブログ記事が面白いと言われた

最近、仕事で担当した防音室や住宅の生活防音のネタである投稿記事が面白い、非常に参考になると言ってくれる相談者が増えました。

これは、たぶんキーワード検索すると上のほうに私のブログが出てくるので、そこから遡って記事を読んでくれる人が増えたのだと思います。

私は特定のメーカーや取引先の宣伝をしませんし、事業的なつながりやしがらみが殆どないので、オフレコ的な話題も数多く掲載しています。
相談者には、それは他の業者では目にすることもなく、珍しい話題に感じるのでしょう。

今日から始まる断続的な防音相談(場所:国立駅南口直近)は、ブログからアクセスして私の本体サイトにたどり着いた人たちです。
10日から始まる現場の契約者もその一人です。

しかしながら、本体サイトが最近、自分で想定した重要なキーワードで出てこなくなりました。一般の人が普通に検索するキーワードではなく専門的な単語で出てきます。

自分の商いと専属の職人チームの仕事を考えると、一般の人がアクセスするようなページがないと営業効果は弱いということになります。
今のところ、その弱点をブログが補完しているのですが、それもいつまで続くかは分かりません。

理想は普通のウェブサイトとブログが両輪となって回っていくことです。

[PR]
by neo-diy | 2017-03-09 07:44 | ウェブページ | Comments(0)

検索エンジンとウェブサイトの質

私の業界に限定すると、キーワード検索とウェブサイトのコンテンツの有益性は特段相関していません。キーワード検索の上位を占める通販サイトや見積り紹介サイトは、信頼性に乏しいものが多く、大半が音響・防音設計の素人です。

実際に防音室などの設計施工をしているわけでもなく、建築業務の実績がない業者もいます。ただSEO対策に力を入れている業者と言えると思います。
グーグルは中身の怪しいコンテンツを判別することは殆どできません。実際、他社のサイトの無断流用を組み合わせてサイトを構築している不動産業者や見積り業者も少なくないです。

マンションのピアノ防音室の工事を300万円以上で請負い、ほとんど防音効果のない設計施工をして逃げた大手楽器メーカーや防音工事業者もいますが、ホームページの宣伝に力を入れています。
音楽業界紙にも盛んに広告を出すなど、宣伝に力を入れている業者ほどキーワード検索の上位のほうにいます。これが防音業界の検索結果の現状です。

では、まっとうな音響・防音設計業者は何をしているのかというと、地道にウェブサイトで情報を発信したり、相談業務などを通じて相談者と向き合っています。
ただ、検索エンジン対策がへたくそなだけです。

私も手をこまねいているわけではないのですが、現在追加のコンテンツを検討中です。契約案件や予約案件に非常に難しいものが多く、検討に時間を費やしていました。
あと数件の提案書を作成すれば目途が付きます。そのあとウェブサイト構築を再開したいと思います。

私がマンションの案件を控えている間、マンションの防音業界は悲惨な状況にあると聞きました。まともに生活防音の施工が出来る専門業者がほとんどいないということです。

ですが、私も少ないスタッフでは物理的に限界がありますので、現在は木造住宅に重点的に取り組んでいます。新しいコンテンツも木造住宅の生活防音と防音室が中心になります。
*大震災が起きる前まではマンションの案件もたくさん施工していたのですが。
なんでも手を出すと、自分自身が中途半端になりますので、テーマを絞るしかないと考えています。
----------------
忘備録・雑記など

[PR]
by neo-diy | 2017-03-04 08:35 | ウェブページ | Comments(0)

ブログと14年前の回想

昨夜は、自分のウェブサイトの追加コンテンツと知人のブログの事を考えていました。
*自分のサイトの件は、ほぼ方針が固まり、税務署での用事が済み次第、とりかかります。

知人のブログの件は、果たして本人が自分で準備できるかどうかにかかっていまして、出来なければ過保護かもしれませんが、私の休眠中のブログを再利用することを考えています。

知人や友人が困っているときに、出来そうもないことをがんばれと言うのは気楽ですが、本人は全く一から情報を得るために苦しむわけですので、放置はできません。本人が得意な分野ならアドバイスだけで、すぐに作ってしまうと思うのですが、たぶん無理です。

私が14年前(2003年の春)はじめて、ウェブサイトに触ったころは、選ぶのに迷うほどウェブサイトの無料サービスはなかったのです。結局、プロバイダーのセットで付いてきた無料雛形とわずかなレンタルスペースを使ってホームページを立ち上げました。
*掲示板、日記、フリースペースがついているものでブログ的な機能が備わったものです。現在はジオシティに吸収されました。

要するに初めての人には有料サービスは敷居が高く、自分で作れるようになってから、ようやくレンタルサーバーや独自ドメインを使うようになったのです。
知人は本業がボクシングのトレーナー、自分の店舗経営です。ブログさえ触ったことはなく、普段でも携帯でネット検索できるようになったレベルです。

もう一つの方法は、私が新しいメールアドレスを取得して代行して立ち上げることです。
しかし、問題は本人が更新できるタイプのものでないと、携帯から更新できないブログもあります。それは私のIPで登録すると、携帯からのアクセスを制限するものがたまにあるからです。
*ブログも固定ページが作れるメーカーを選ぶと、プラグインによって認証しないと管理ページにアクセスできないようになっているものがあります。

実際、私のメインサイトはPCごとに付与されるIPのみ管理ページにアクセスできるようにしています。アクセスできるのは私のメインPCとウェブサイトを手伝ってくれた知人のPCの二つのみです。
携帯からは更新できないようになっています。セキュリティを強化するためです。

いま考えているのは、wordpress.comです。どう考えても、無料で「固定ページ+ブログ機能」が備わっているのは、これしか見つかりませんでした。
このメーカーはwordpressを開発した主要メンバーが運営しているもので、ひな形も多く、慣れるとなかなか便利なものです。
*最近、自営業でこれを使っている人が増えています。

うちの施工チームも、これを使っています。(カスタマイズしたのは私です)
防音工事・リフォーム

[PR]
by neo-diy | 2017-02-12 08:06 | ウェブページ | Comments(0)

グーグルの検索システムが補正された?

グーグルの公表によると検索システムが改善された?というのですが、私の業界のキーワード検索では、そうは見えません。
相変わらず、無責任な製品や対策をPRしている通販サイトは上位をほぼ独占しており、まとめサイトや見積りサイトは、引用元の本家よりも上位に来ています。

なにを改善したのか全く分かりません。少なくともコンテンツページの多い、広告スポンサー企業のサイトを優先して掲載しているようです。

昔のヤフー検索のほうが公平だったように思いますが、今は大半の検索エンジンがグーグルのデータをベースにしています。
検索結果の質が低下すると、検索システムそのものがだんだん信頼されなくなり、新しいシステムの登場を期待するようになるでしょう。

私はそれがブログだと見ています。多様なキーワードと投稿記事による情報検索です。

いまのところ、新しいシステムは出てきていないように思いますが、ブログは進化し続けると思います。普通の静的なホームページが検索結果に不利になるなら、ますますクラウド型サービスやブログをメインサイトに据える人が増えるのではないでしょうか。
*参考事例:ピアノ・リトミック教室(堺市)
この事例は、私が設計したピアノ防音室(音楽教室)ですが、ブログは私がお勧めしたものを活用されています。アクセスがかなり多いようです。立派なホームページとなっています。

[PR]
by neo-diy | 2017-02-05 10:40 | ウェブページ | Comments(0)

ホームページ経由の問合せが増えてきました

現在、ホームサイトは一部改造中で、すでにコンテンツを少し追加しました。
それで問合せが増えたのではないことはもちろん理解していますが、今までを振り返ると、ちょうど更新時期に問合せが増えるという傾向があります。
*偶然ではあるのですが、これは新学期や新年度という時期と関係があると思います。

それと空き家が解体されて新築物件が増えたのが、新しい問合せにつながっていると見ています。新築物件をリフォームして防音室を造る人が時期的に増えているのです。

それに合わせて、今回新しいコンテンツを造ろうとしているんですが、問合せのほうが先行しており、急きょ、国立での相談をお受けすることになりそうです。
*確定申告の作業が完了してからと考えていましたが、臨機応変に対処します。

問合せが増えている要因は、最近、ブログに関連記事を投稿しているので、これが検索にヒットしたと考えられます。
とにかく、3月以後の案件が途切れていましたので、ぜひ施工チームが受注できるように提案書作成を急ぎたいと思います。

相談者も3月中の工事を希望されているようです。引っ越しを3月中に完了させたいのでしょう。

一方、問い合わせ件数が最も多いのが、DIY用の防音資材の問合せです。

余談ですが、近日中に2件ほど予定通り契約されます。不景気なこの時期ほんとうにありがたいです。

【追記】
「ご注意!!OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています。」というMicrosoftをかたるフィッシングメールがまた出回っているようです。
開かずに削除してください。もし開いてもメール文中のURLは絶対にクリックしないようにして下さい。
-------------
忘備録

[PR]
by neo-diy | 2017-01-31 07:43 | ウェブページ | Comments(0)

デフレ的価値観を乗り越える特設ページ

どこの業者でも必ず力を入れているテーマについて「特設ページ」を作ってPRします。

私も作る予定です。昨日までの相談を見ると無料相談にこだわる人と最初から見積りが折り合えば契約を考える人に分かれています。

当然ながら今年は後者に力を入れます。すでに2件ほど作業が無駄になりました。一方で2件契約になりそうです。

来月まで無料相談を限定し、契約案件の仕上げに集中しながら、ウェブサイトを構築します。

特設ページはテーマの決心がつきまして、「木造住宅の戸外騒音対策」「木造家屋のピアノ・声楽防音室と教室」にしました。これは近隣騒音にかかるテーマであり、生活防音になります。
車などの騒音被害者の生活防音、音楽教室でも近隣への音漏れが問題になる教室です。

やはり、生活に密着した防音対策にしぼったほうが需要としてあると思います。マンションのほうは基本的に施工チームに任せたいと考えています。

作りはじめるのは確定申告完了後になりますが、すでに目次構成とひな形のアレンジを進めています。

あともう一つ問合せが増えているテーマは「木造アパート経営のための防音」です。ただこれは費用対効果や予算の制約が大きく、契約にはなりにくいものです。

特設ページとしては、検討を重ねたテーマにしぼっていきたいと思います。それと遊びながら作った雛形を情報サイトに加えたいと思います。
こちらは主に知人のホームページやブログを紹介することを考えています。
----------
忘備録・雑記

[PR]
by neo-diy | 2017-01-19 08:02 | ウェブページ | Comments(0)

眠っていたウェブページの雛形

2年前にある取引先のホームページのために作った雛形を眠らせていましたが、昨日古いファイルを処分しているときに偶然想い出し、使うことにしました。

少し古いひな形ですが、シンプルな構造のため特段新しいスクリプトはなく、そのまま使えるようです。*IEのブラウザではヴァージョン8~11まで対応している。

このひな形は、私が数年前に会員になっていたショップサイトの臨時案内ページ(サイト改造のお知らせ)の気に入ったスクリプトをJAVなどを普通のハイパーリンクに差し替えて、自分でカスタマイズできるように改造したものです。
*ページ全体の基本構成のスクリプトだけ部分的に生かし、原型を大幅にアレンジ
*当初の目的が取引先でも画像とテキストを差し替えれば利用できるものを目指していたので、かなりシンプルな構成にしています。

私にとっては、一から作るよりも気に入った雛形を生かして改造するほうが楽だったのです。おかげで基本的なHTMLやCSSの勉強になりました。

私はサイト構築の知識が自己流であり偏っているので、既製の雛形(無料・有料)のスクリプトを見て使いこなせるものだけを引き出してアレンジします。

ちなみに、取引先がわずかな経費を惜しんで、私の雛形を断ってきたので日の目を見ませんでした。
手間暇かけて作ったものの価値が理解できない人は、自分で作ればいいのです。(取引先のサイトは結局3年前のままです)

私の場合は、更新することの必要性より、デザイン素材やウェブページを手作りすること自体が仕事のスタイルにもなっています。自分のオリジナルや作り方にこだわります。
*知人からいただいた雛形も大幅にデザインをアレンジして使っています。デザイン素材もオリジナルにすべて差し替えました。

自分の理解できるスクリプトやデザインにこだわるため、外注も少なく、手作業が大半のため、完成させるのにかなり時間がかかります。専用ソフトも使わずにテキストエディターで作ります。
*デザイン素材ですら、手描きのスケッチにフォトショップで色を重ねて作ることがあります。
--------------
忘備録・雑記

[PR]
by neo-diy | 2017-01-03 08:21 | ウェブページ | Comments(0)

ホームページの雛形とアレンジ

取引先や相談者にホームページは外注されているんですかと聞かれることがあります。

基本的に丸ごと外注するのではなく、ひな形を探してもらったり、形だけ作ってもらい自分でコンテンツを拡充していくスタイルです。
というのはwordpressや英語版の雛形は大半が無料なのですが、自分では和訳するのが大変なので詳しい知人に僅かな謝礼を渡して作業していただくことが多いです。
*有料の雛形(書籍の付録CD)を自分でカスタマイズしたもの:防音通信
*無料の英語版ひな形をカスタマイズしたもの:防音ぴっくあっぷ(住宅・楽器)

どちらかというと無料の雛形を和訳していただいたものが使いやすく、有料のデザイナーが作成したものはごちゃごちゃしていて使いにくい。
*無料版は比較的シンプルな構造が多いためか。

もちろん、ひな形をアレンジするには、ある程度の知識を身に付ける必要がありますが、ネットで検索するとカスタマイズするための情報が拾えます。
あとは根気ですね。 知人建築士のように気が短い、頭が硬い人は途中で投げ出しますが、私の場合は手作りで構築するのが比較的好きなため、割と向いている作業だと思います。

事業者として必要なものはDIY+部分的な外注というスタイルで構築するのが適当だと思います。

DIYは自分で考えてやることですから、自然にやり方を覚えて自分でカスタマイズできるようになります。どうしても覚えるのが面倒な人は、次のようなブログ+固定ページのタイプがあります。
基本的なHTML(ハイパーリンクや見出しなどのスクリプト)を覚えれば使えます。
木造と防音のせかい

休み中いろいろなホームページのデザインを見てきましたが、自分が使っている雛形は、それらに比べて使いやすいと実感しました。
-----------
忘備録・雑記

[PR]
by neo-diy | 2016-12-25 08:08 | ウェブページ | Comments(0)

誇大広告や無断引用(住宅など)

iemoに限らず、コンテンツの無断引用や不適切な表現は、多くの業者のウェブサイトでみられる。彼らは組織的にコンテンツを構築していき、検索エンジン対策を進めて行く。

中身が希薄なのに、主要なキーワード検索で上位を占める。私のサイトも無断引用された、しかもまるで関連業者かのような紛らわしいリンクを張られた。
実に巧妙で悪質だ。このホームページはプロ野球チームのオーナーである企業のグループが運営している。
*現在、各コンテンツは非表示の設定になっているので、見れない。

また、他の企業では他社のコンテンツを流用しており、誇大広告的な表現も含めて問題が多い。

閲覧者がじっくりコンテンツを読み込めば、信頼性が高いかどうかは分かるが、焦って情報にアクセスしている人や相談を要望している人は、藁をも掴んでしまう。これが業者側の狙いである。

私のように検索エンジン対策は、有益な情報を継続して発信することだと考えている業者には、非常に苦々しい状況である。

誇大広告だらけの防音材通販サイトと合わせて、業界そのものの信頼性を低下させている。

先週の相談者にも言われたが、本当に希望するコンテンツや専門業者が埋没してしまうので、探すのが本当に難しくなっている。

[PR]
by neo-diy | 2016-12-05 08:58 | ウェブページ | Comments(0)

ホームページなどの状況

今日は朝から午後にかけて病院で定期健診ですが、午後2時・3時頃までかかることがあります。
*昼食が遅くなる。

そのあと、いま上京している取引先と打合せがあり、これが済んでから晩飯ですが、これも遅くなりそうです。

結局、丸一日、いつもの業務ができない。

昨日から、施工チームのホームページを作りはじめました。予想通り彼らには作れないので代行することになりました。

というか取引先の建築士でさえ、まったくホームページが分からない有様ですから、こうなることは織り込み済みです。

外注できなかった理由はお金がないことと、専門的な内容は外注先に説明すること自体が無駄であると考えたからです。
自分でコツコツ進めたほうがいいと思いました。

みんな自分で勉強しないんですよね。私だってホームページづくりは独学です。もともと本業でさえ大半は独学ですから。
自分でやれることはDIYが基本です。時間はかかるが、お金はかからない(笑)。

余談ですが、ツイッターなどから流れてくる人は、ほとんど仕事には結びつかない。
おそらくブログやホームページをじっくり読んで検討する人たちとはユーザー層が違うのだと思います。*職人が実験的にツイッターをしているのですが、どうも営業効果がない。

[PR]
by neo-diy | 2016-12-02 06:44 | ウェブページ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧