カテゴリ:ウェブページ( 224 )

見た目も大事だということが分かりました

私はウェブサイトは見た目よりも中身が大事と言い続けていました。それは今も変わらないけど。
ちょっと考えさせられる件がありました。

取引先のサイトを紹介した2件がともに保留になり、どうやら取引先のホームページに実績や特長の説明が不十分であったようで、相談者の心に「インパクトがなかった」ようです。
やんわりとお断りのご返事が相談者から来ました。。

たしかに見た瞬間、取引先のおっさんの写真がトップページに出てくるので、色気も何もないのですが(笑)。防音の世界では中身が大事と考えているわけですが、その中身が少ない。

器が立派でも中身がさびしいと、ユーザーの心には響かないということでしょう。

担当現場の写真集でも作って、簡単な説明を添えて特集ページを作ったらと思うのですが、なんか説明するのも、いまさら面倒になってきました。大きなお世話かもしれないので、もう好きにしてください、状態です。

それよりも自分のウェブページが進んでいません。また難しい相談が入りまして、頭をひねっているところです。

寒くなったり、温かくなったりと気温の変動が大きいですが、知人のみなさん、お元気でしょうか。
忘備録・雑記

[PR]
by neo-diy | 2016-11-18 10:14 | ウェブページ | Comments(0)

信頼性を高める工夫

取引先や職人にもホームページ作りで気を付けることは、専門業者としての実績を詳しく掲載して、説得力のあるコンテンツを構築することだと再三説明しました。
*職人は表現することが苦手なのは理解できるが建築士などがそれを怠るとは・・・

取引先を相談者(建築業者)に紹介したのですが、どうやらホームページを見て納得しなかったようで、また私のところへ連絡が来まして、施主と相談してまた連絡させてくださいと言われた。

これは自分たちが希望する事例の解説が十分でなかったということだと思います。私は取引先の実績をある程度頭の中に入れているので、コンテンツを読めば大半をすぐに理解できるのですが、初めて見る建築業者(施工業者)には、どうも納得がいかなかったようです。

こういうことがあるから、取引先には、もっと担当事例を写真付きで解説するようにアドバイスしたのですが、いっこうに加筆するようすもない。
私から見ればどうでもいいようなことを気にする割には、コンテンツそのものを拡充しようという意識が希薄な気がします。

最近は製品開発に力を入れているようで、ホームページには余り関心がない?ような感じです。やり方や興味は事業者によって違うので、とやかくは言いませんが、もう少し他人の意見を本気で聞いたほうが良いだろうと思います。
せっかく作ったホームページがもったいない。

ホームページは生き物と同じで、育てなければならない。産んだら終わりではない。
(取引先がときどき見ているので、急いで書いてみました・・笑)

[PR]
by neo-diy | 2016-11-12 07:58 | ウェブページ | Comments(0)

相談者の意見を考慮して改造

最近の相談者の意見などを考慮して、防音対策の基本を問い直すページを作ることにしました。
→既存ページを改造中:防音の分析と工夫

これは今まで急いで作ったので少し中途半端な出来でした。ただ重要な分析事項を含んでいるので、再整理して分かりやすくしたいと思います。

相談者が読んで、ちっとも理解できないコンテンツは、自己満足でしかないので、表現を再検討したい。

先週の相談案件は、割と急いで提案書をご提示しなければならなくなりました。もう引越しを先にしてしまう予定になったようです。ピアノもすでに隣室の片隅に運びこまれている。

仕事が暇になったのでウェブサイトを改造しようとしていたら、年内急に忙しくなり、予定を変更して、上記の改造中のページは、来月の中旬頃までに概成させることにしました。

ただ、来年以降の新規の予約や問い合わせは少ないので、ウェブサイトの改造は出来る限り急ぐつもりです。
やはり、相談者の意見とか反応は、改造するための大きな判断材料になります。
国立での無料相談は、これが最大のメリットです。
*今日の午後も定休日を振り替えて、防音相談を国立駅南口のいつもの店で行います。
もうひと頑張りです。うまく行けば、15日または22日に代休をとって写真撮影に行く予定。

[PR]
by neo-diy | 2016-11-07 08:56 | ウェブページ | Comments(0)

ブログの記事が契約に結び付いた

9月から10月にかけてご相談をお受けして見積り・提案書をご提示した件ですが、2件契約になりそうです。いずれも遠方の新築現場ですが、すでに依頼者は土地を確保されています。
*私の担当は防音設計と防音材の納品、新築防音室に関するコンサルティング一式です。

この2件のほか、今週の土曜の件も私が投稿したブログ記事がきっかけで具体的にご相談に結び付いたものです。ブログ記事を見て→本体サイトへアクセス→問合せページから受信、という流れです。

■私が最近ある理由があって始めたブログ
防音マニアの実体験
忘備録
前者は、国立での無料相談などの実例や自分の体験を踏まえて、オフレコも出来る限り公開しようと思って始めたもの。後者は人様にお見せするほどの記事ではないけど、自分が忘れないうちに雑記としてメモする気楽なものとして始めました。

ブログの記事は、内容によっては仕事のウェブサイトのコンテンツに活かしたり、補足して再掲することもあります。
ネタは仕事の相談案件のほか、朝想い出したり、夜居酒屋などで人と話しているうちに考えたもの、知人や取引先のブログを見てメモしたものが多いです。

相談者には、他の専門業者が書けないようなオフレコ的なネタが面白いらしいです。私は市販品を余り使わないので、特定の企業に遠慮する必要がないから、警鐘を鳴らすことができるわけです。
木造住宅・マンションの防音事例
DIY防音材

[PR]
by neo-diy | 2016-11-03 10:58 | ウェブページ | Comments(0)

消えていくウェブデザイナーの仕事

jimdo、wix、wordpress.comなどクラウド型の雛形のほか、テキストや画像を差し替えるだけで出来てしまうウェブサイトの雛形が書籍とセットで販売されている。
単なるデザイナーの出番は近い将来もっと少なくなるだろう。すでに無能なウェブ構築会社は電話営業をしまくり、自らスキルの低さを露呈するという愚行に走っています。

たとえば、私のような専門職のウェブサイトはデザインの優劣よりも、コンテンツの専門性や拡張性が重要であり、単なる見栄えだけでは差別化はできません。

私が手伝ってほしいのは、人を惹き付けるコンテンツそのものを作っていく作業です。これは専門分野の知識と需要を理解していないと作れません。
電話営業などをしているウェブ業者にはできないものです。

最近のクラウド型の雛形は進化しており、サイトのタイトルやh1,h2の見出し、本体テキストに適切なキーワードを入れれば、普通に検索でヒットします。

これから生き残れるウェブデザイナーとしては、経営戦略や専門的なコンテンツを速やかに構築できる有能な技術者だけになると言えるでしょう。

また、普通のブログだけでも、本当に有益な記事を投稿して行けば、必ず欲しい情報を求めているユーザーなどが記事(インデックス)に辿り着くと思います。
ブログも進化して、もっと検索エンジンに強くなると思います。

有益な情報を発信する専門家が集まるポータルサイトの需要も新たに出てくるかもしれません。
ウェブサイトのニーズは方向性が変わっていくかもしれません。というか、すでにクラウド型のサイト構築サービスが拡大しています。ウェブデザイナーも淘汰される時代なのです。

これは私のような専門職のコンサルタントにも言えることです。差別化を図るための技術や知識などがなければ費用対効果や問題解決の課題をクリアできないのです。

これからのウェブサイトは、重要な情報や手掛かりを求める人に希望をもたらすコンテンツが存在すること自体が重要な本質だと思います。うすっぺらな見た目だけの記述は、すぐに見抜かれます。

[PR]
by neo-diy | 2016-11-01 08:15 | ウェブページ | Comments(0)

ウェブサイトを気に入っていただけた

昨日、ピアノなどの楽器演奏者よりご相談がありまして、今週末にお会いすることになりました。

どうやら、木造防音室のコンテンツが気に入っていただけたようです。

中古住宅を防音室に改造するなどリフォーム工事を想定されているので、ご予算と性能がクリアできれば、早ければ11月下旬に着工するかもしれません。

要するに12月には引越しをされるので、その前にできれば音楽室(防音)を完成させたいということですね。もちろん、音楽室に大きな家具を入れるのでなければ、引っ越しと防音工事は同時並行でも可能です。

とにかく、私のサイトの事例や解説のコンテンツを評価していただけたようで、私も頑張って作った甲斐があります。
防音職人(木造住宅・防音室)

それから、防音材に関するネタを中心に、あるブログでオフレコを含めて投稿を始めました。これは個人ユーザーのDIYに役立つ情報として発信しています。
*記事のインデックスが増えましたら、このブログでもご紹介したいと思います。
ただし、製品のメーカーは伏せます。私の取引先メーカーの名称も伏せます。
これは私または私の依頼者が使用した経験を中心に実話を掲載します。個人情報は特定されないように配慮します。

最近、市販品を購入した方から、問い合わせや相談が増えてきており、典型例を公開すれば、他の人の二次被害防止に役立つと思い、決意しました。

[PR]
by neo-diy | 2016-10-30 08:25 | ウェブページ | Comments(0)

知人へのメッセージと近況(ウェブサイト)

以前にも書きましたが、このブログは大半が知人とエキサイトブログ会員、そして相談者の一部が見ています。今日の記事は主に知人に向けたものです。
*たぶん、見てると思いますので、質問に答えたいと思います。

知人が運営しているウェブサイト、私の運営サイトに共通した話です。
アクセスは減っていないのに問合せなどの相談が激減している、という状況に対策はあるのかということです。明確にあるとは言えないのですが。個人的な意見として
・トップページをときどき更新する。(お知らせなど、文章の一部を更新する)
・重要テーマの担当事例などコンテンツを少しずつ増やす。
・活用しているブログの記事を毎月投稿する。
が基本だと思います。

私の相談者はブログの記事を先に見つけたと言います。そのあと本体サイトを読んで納得したので、さらに詳しい話を防音相談(無料相談を含む)で聞くために予約するという流れです。
業界のビッグワードよりも、具体的なキーワードを組み合わせた言葉で検索される人がたどりつきます。懸命に希望する情報を求めている人ほど、具体的な言葉を組み合わせて探します。

これにヒットするのがブログの記事です。
私は具体的な検索エンジン対策というものを研究していないので、専門的には分かりません。
そのため、情報発信を強化するために外部ブログや本体サイト内部のブログで、具体的な事例などを投稿します。

業界のビッグワードだけで検索する人は、通販サイトや大手企業のサイトにたどりつきます。
私のサイトにはたどりつきません。
でもそれでいいと思います。必死で探す人は必ずブログの記事を見つけてくれます。

今日は投稿する予定はなかったのですが、知人が読むので、あえて投稿しました。
近況ですが、いま難しい相談を数件お受けしています。
それと地方の案件を3件検討中です。すべて、それなりに難しい内容であり、他の専門業者が対応できなかった案件です。
私のところへは、簡単な依頼は来ません。

[PR]
by neo-diy | 2016-10-24 07:27 | ウェブページ | Comments(0)

知人サイトのリンクの件

さきほど、長文を書いたのですが保存する前にクリックしてしまい、消えてしまいました(笑)。これワードプレスの投稿中だったら下書きが保存されるのですが、普通のブログには、そのような機能は付いていません。

知人が言うには、私の防音職人のリンクを張り付けて説明文を入れると、私のほうへ流れていくというのです(笑)。
そもそもリンクは相互に閲覧者が行き来してアクセスが増えるのを期待するものです。
この人には全く意味が分からないのでしょう。

自分のサイトを充実させれば、そんなバカなこと心配する必要ないはずです。

だから、だったらリンク全部削除したらどうか?私のほうも削除しておくから。と言いました。
*知人は驚いたような顔をしてましたが、削除していないようです(笑)。

ちなみに知人サイトから経由して問合せがいくつか来たことがありましたが、契約にはつながっていません。それは得意分野が違うと閲覧者が認識したのだと思います。
それは「ウェブサイトの個性」が違うのだから、私はそれでいいと思います。

私は知人のサイトと同様な特長であれば、余り意味がないと考えています。

そんなくだらない心配する暇があれば、自分のサイトを充実させる努力をするべきですよ。

[PR]
by neo-diy | 2016-10-17 08:07 | ウェブページ | Comments(0)

知識がないと手作りサイトは無理

昨日、知人建築士からの相談(打合せ)で本人からの質問に答えることで、だいたい既存サイトの改造の方向は納得したようだった。
*作ってくれた私の知人に更新の仕方をサポートしてもらいながら、自分で更新する努力をするということ。(もちろん、謝礼は不可欠と伝えた)

ただし、私が手作りで構築したコンテンツは、どうやって説明しても、本人は理解できないことが分かった。とりあえず、これは保留。

静的なひな形を、自分でアレンジするには、基本的なHTMLの知識が必要であり、CSSの作り方とその意味を理解する必要がある。
知人建築士がそれを習得するには、かなり時間もお金もかかる。

全般的に自分の事しか見えていない人なので、好きなようにやればいいと思う。私も今まで何回も説明したけど、私の手には負えない。
建築の事が無知な人には厳しいことも言う割には、ウェブサイトの事、理解する努力が少ない。

とにかく、急にサイト改造を言い出した理由は、お得意さんの減少、相談業務の激減ということで、もうサイトを改造するしか道はないと考えたようだ。これは正しい判断だと思う。

自分でやってみれば、私の苦労も少しは理解できると思う。063.gif

[PR]
by neo-diy | 2016-10-08 08:11 | ウェブページ | Comments(0)

たぶん既存サイトの改造はこれで最後

今年、相談者から「防音職人の防音材は費用対効果が高い。無理だとあきらめた問題も予想以上に効果があった。無料相談は止めないでほしい。ウェブページのコンテンツは勉強になる。」など、今のスタイルを継続して欲しいというご意見がありました。

多少のはずれた相談者が居ても、多くの人に有益なのだから、ますますウェブサイト運営に力を注いだほうがいい、というご感想です。

コンテンツを拡充したり、更新して継続することは、手間がかかります。世の中、新しい問題や製品が絶えず出てきます。これに対する情報は重要です。
一方古くて新しいという問題もあります。解決されないで存在し続けるので、被害者が減らない。

いろいろな問題や課題がありますが、私にできることは一つ一つ情報を発信すること、無料相談を出来る範囲で継続すること、担当する案件に取組むこと、これしかないのです。

サテライトページですが、一応更新が完了しました。
防音対策サテライトページ
見た目は余り変わりませんが、エピソードなど記事をトップページに随時追加できるように構成を考えました。べた打ちのフォーマットですが、ひな形は同じなので文章を更新するだけで作れます。
*内部ブログのように記事を投稿するシステム(ワードプレスなど)も良いのですが、古い記事が見えにくくなるので、すべてトップページに目次が見えるようにしました。

あと10年程度、記事を少しずつ追加したとしても、ネタ的に全部で40記事程度にしかならないと思いますので、トップページに目次として納めても大した量ではないでしょう。
これで既存サイトの改造は最後になると思います。
これからはインデックスを追加していく、既存のブログに記事を投稿していくという作業を地道に続けることになります。

[PR]
by neo-diy | 2016-10-01 08:15 | ウェブページ | Comments(2)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧