カテゴリ:ウェブページ( 208 )

 昨日、うだるような暑さの中、相談案件の現場に行ってきましたが、見積りを一部修正するだけで、合意することができそうです。
*施工担当の現場確認を9月初旬までに完了して、すぐに契約になると思います。
*着工は10月の初旬の目標です。

 この依頼者もウェブサイト経由で問合せがあり、国立駅南口で無料相談を受けてから検討を進めていました。このようにウェブサイトが私の営業担当そのものと言えると思います。
 別のお知らせブログに書いたように、長めの夏休み中に古い休眠中のサイトをリニューアルすることが主な目標です。

 このところ、自分がよく読んでいるウェブ小説をいくつか見て、参考にできることがありました。それはエピソードを随時追加しながら、トップページに目次として増やしていくという非常にシンプルなものです。
 読み手とすれば、目次が古いものから新しいものへ順番に並んでいれば、何が追加されたのかが、すぐに分かります。

 一つ一つのエピソードは適度な文章量に参考ページのリンクを付けるという構成で作りたいと思います。

 さて、今日から私の夏休みが始まりましたが、火曜日頃から台風接近で天気が悪くなると思いますので、建物見学は少し先に延ばし、ウェブサイトの更新作業に時間を割こうと思います。
[PR]
by neo-diy | 2016-08-07 09:45 | ウェブページ | Comments(0)

私の商いはブログが基本

昨日、島原市内(長崎)の建築事務所から木造共同住宅(社員寮)の生活防音のコンサルティングを依頼されました。
*新築現場です。まだ計画段階です。

ネットで私のブログ記事を読んで、本体サイトのコンテンツ、実績を見て判断されたようです。偶然、会社勤め時代の同僚の出身地でした。しかも、元同僚の同級生が経営している店の知人でした。(正確には建築事務所の先代の知人)
猪原金物店(島原市)

ネットの世界は、こういうことがよくあります。私の防音室の関係では偶然、同郷のプロのピアニストが上京されて私に会いに来ましたが、同郷と知って驚かれました。

ブログは、複数のテーマについて個別の案件などの記事を投稿するわけですから、それだけ検索でヒットするキーワードも多様性があります。
私のような零細事業者には、ブログで情報を発信することが商いの基本です。

ブログで情報を発信することが相談者へのメッセージになり、具体的な案件にマッチする部分があれば、問合せを受けることも増えてきます。

通常のウェブサイトでは、こまめに更新することは大変なのですが、ブログは記事を投稿するだけですから、これほど便利なツールはないと思います。

[PR]
by neo-diy | 2016-07-27 07:41 | ウェブページ | Comments(0)
昨夜、施工チームの親方にエキサイトブログの会員になってもらったはずなのだが。
設定したはずのPW、IDを使用して管理画面に入り、カスタマイズしてから本人に渡そうと思った。
しかし、管理画面そのものに入れないうえ、サブドメインとして使用したはずの単語を入力しても、「このブログは存在しません」というメッセージが出るだけ。

おそらく、設定そのものが有効になっていないのと、IDそのものが違っている、本人が勘違いしていると考えられます。
他のメーカーのブログでも同じようになってしまい、設定ができなかった。

知人建築士のブログも私がカスタマイズして一部スクリプトを書き換えて渡したのですが、それは問題なく使えています。
同じIPでないと画面に入れないということであれば、出先で使えなくなるので、たぶん、そんな不便なシステムにはなっていないと思います。

ちなみにメーカーの会員ページの管理画面にも入ろうとしたのですが、だめでした。IDがきっと間違ってますね(笑)。IDとかアカウント、サブドメインそのものの意味が分かっていないので、再度確認しても分からないかもしれない。
面倒なので、仕方ないけど、別のメーカーを探して私が作るしかない。

私よりも一回りも若いのに、いまどき自営業でブログも使えないなんて、PC教室に行って勉強したほうがいいかもしれないです。

[PR]
by neo-diy | 2016-07-17 08:20 | ウェブページ | Comments(0)
ブログが苦手な専属職人、知人のためにカテゴリーを設定して記事を紹介することにしました。

アカウント、パスワード、カテゴリーなど基本的な説明をしても、言葉の意味をすぐに忘れてしまう上に、画像を編集するソフトも使えないし、カスタマイズなど論外で理解不能状態。

私も説明するのが大変なので、相手も余計に不安なのだと思う。

難しいキャドソフトで設計図を作る知人建築士でさえ、ブログを理解して使えるようになるまで1年以上かかりました。
頭の柔らかい人はすぐに覚えるのですが、そうでない人にとって、ブログでさえ理解するのが難しいということがわかりました。

私のブログの内部に作るわけですから、果たしてキーワードで検索に出てくるのかわかりませんが、少なくとも職人チームの特長などを説明するためには役立つと思います。

また、知人のお店も合わせて紹介してみたいと思います。

やっぱり、どんなに優秀な職人でも、どんなに美味しい店でも、その存在を知られなければ、お客は来ないわけですから、単純な話なのですが、人には向き不向きがあるので、苦手なことを勧めても長続きしないと思いますね。

知人や提携先がつぶれるのは黙って見たくないし、少しでも何かの役に立てるように考えています。

余談ですが、8月の専属チームの現場の件、2件決まりそうです。見積りと仕様を了解していただきました。その代り私の現場経費を削除して成立した案件ですので、契約は施工チームが行います。そうしないと私に課税されるので、赤字になりますから、施工チームの親方に書類データを渡して、直接契約してもらうことにしました。

私は8月についてはほとんど利益がないので、長い休みを取りながら、ウェブサイトを更新し、建物見学をしながら頭をリフレッシュしたいと思っています。
*盆休み明けに無料相談を再開します。

[PR]
by neo-diy | 2016-07-12 08:40 | ウェブページ | Comments(0)
私の場合はモノを売る商いではないので、製品を長期間ウェブサイトに飾っておく手法は合いません。景気や資材価格の変動などの状況や、相談業務を通じて把握した需要に応じて軌道修正と更新を図ることが重要です。

ウェブサイトは生きています。生きた情報を提供することが一つの役割です。担当事例を紹介することは同様な悩みや目的を持っている人への参考になります。

基本的にウェブサイトの実績や実例に掲載している内容が、ユーザー・相談者の希望に合致しなければ依頼しても無駄だと思います。
ウェブサイトには特長や得意分などが表現されているはずですから、求めるものが記載されていなければ、具体的な質問を投げかけて納得のいく回答がなければ、それは求めているものと違うと判断すべきです。

ただし、ニッチな需要に自分(自社)の技術が求められていることに気づかないこともありますので、相談業務を通じて軌道修正を図ることが必要になります。
また、特設ページを作ってPRすることが有効な場合があります。新しい費用対効果の高い仕様を確立したときには、これを速やかに紹介することになります。

私は絶えず、自分の構築したウェブサイトが需要に応えているだろうかとチェックして更新しています。ウェブサイトは生きているというのは、自分で作って運営すると体感できます。

先日、近所の居酒屋でランチを食べているときに、私が知人と話しているホームページのことを小耳にはさんだ客が、私に営業の話をいきなりしてきましたが、愚かにも何も分かっていない、自分で運営していない輩であることがすぐに分かりました。
*自分で構築して運営していないから、営業マンには分からない、重要なことが見えないのだと思います。
もちろん、門前払いしました。

そばで聞いていた店のマスターが、私に申し訳なさそうに「何が言いたいのか私にも全く分からなかった。営業マンとしては失格でしょう。」と言いました。

私が一番頭にきたのは「人が飯食っているときに仕事の話をするな!」ということでした。空気が読めない若い男性だった。彼はおそらく営業マンとしてもダメだろう。頭が生きていない。
俺は、そういう、うすっぺらな輩が嫌いなんだ。

[PR]
by neo-diy | 2016-07-07 08:15 | ウェブページ | Comments(0)
知人の建築士が外部ブログのアクセスは増えているけど、本体ホームページ(ワードプレスで構築)経由の問合せは増えていないと言ってました。
それは当たり前です。考え方が間違っています。本体にもブログ機能が組み込まれているので、本来は本体のブログに記事を投稿しなければコンテンツは増えません。

外部ブログは補完的なものであるので、それだけで問合せに結び付けるには、努力と工夫が必要です。私の外部ブログは、あえて複数のブログを用意して、重点テーマを変えて投稿しています。

出来る限りインデックスを増やし、事例など投稿記事に独自性と多様性をもたせるように配慮しています。
ブログだけでも、リンク先の音楽教室の先生の所には多くの問合せが来ています。創意と工夫のある中身があれば、ブログだってホームページと同様の効果があります。
むしろ、即効性はブログのほうが上であり、情報伝達は早いです。更新頻度のあるブログは、投稿するとすぐにインデックスとして検索エンジンに拾われます。

ブログにも固定ページは作れます。もちろん投稿時の日付が記載されますが、情報を更新するたびに日付も更新できます。
ブログには固定ページが作れないわけではなく、カテゴリーを分けて、例えば「プロフィール」「音楽教室のご案内」というグループを作れば、運営者の概要や所在地、レッスン内容などを記載すればいいのです。
*サイドのフリースペースやHTMLを編集できるブログであれば、そこにリンクを付けるだけで固定ページと同様なメニューとなります。
→事例:木造防音室
このブログの場合は、CSS,HTMLが編集できるため、ヘッダーに本体ホームページのリンクを付けました。サイドのフリースペースにもリンクを入れています。

当エキサイトブログのサイドのフリースペースにも同様の編集ができます。

[PR]
by neo-diy | 2016-07-01 08:13 | ウェブページ | Comments(0)

ネット上の言葉づかい

深刻な重大事件、不幸なニュースにツイッターやフェイスブックで、いい歳したオッサンと思われる人物が、精神年齢などを疑われるようなしょうもないコメントを付けまくっているのを見ると、私はミニブログやフェイスブックには向かないなと思います。

本当に有益な情報であっても、言葉づかいが稚拙だと、信頼性が大幅に低下しますね。それに情報元のリンクさえ開く気もしない。
まあ、情報元のリンクがあるのは、まだいいです。情報を検証できる手がかりがあるわけですから、読んでから検索して関連情報を探すこともできます。

しかし、人様の不幸を軽々に笑うようなコメントはいかがなものかと思います。もちろん、フェイスブックのプロフィール写真が本人であるかは分かりませんが。

なんか、普通のホームページ全盛の時代のほうが、みんな真剣にコメントしていたような気がします。普通のブログも当然、進化していくと思いますが、どうもツイッター・フェイスブックは個人的には活用する気があまり起こりません。

私は感覚が古いのかもしれませんが(笑)。
流れて、すぐに消えていくような短いつぶやきは、あまり好きではない。
でも、中身のある使い方をすると便利であることは確かです。
→良い事例:ササユリカフェ(元ジブリのスタッフが経営するカフェのアカウント)

どんなツールでも使い方次第で生きてきますから、言葉は大切です。

[PR]
by neo-diy | 2016-06-29 09:36 | ウェブページ | Comments(0)
このブログでも関東の現場仕事の受注に苦戦していることを何回か投稿しました。
そこで、専属チームの仕事を確保するため、CMサイトを作ろうと、紹介してもらった新人モデルを起用し、デザインを元お客さんである雑誌デザイナーに依頼しようと予算を捻出する努力をしていました。

ところが、また1件食い逃げ同然のマナーの悪い家族に当たり、作業が無駄になりました。悪いことは続くもので、昨日給湯器が壊れ、急きょ交換工事を依頼することになりました。
想定外の出来事で予算を食われてしまいました。
しかも、今月分の資材費用の立て替えが、今までにないくらい大きな金額となり、この関係の契約金額が入金されるまで事業資金がショート寸前の状況になりそうです。

新人モデルさんの事務所は、まだ知名度がなく、大半がファッション雑誌関係の仕事が主力の様で、見積り交渉は可能な状況です。その中でもキャリアの浅い若手をお願いする予定でしたが、今回は保留にします。事務所のリンクを貼る予定だったので、多少はお役にたてるかと思っていましたが。

たぶん、標準的な給湯器の交換工事一式の費用でまかなえる金額です。やっと用意したのに、大幅に予定変更です。

CMサイトでは、気軽にキーワード検査で情報を集めてみませんか。無料相談を活用してみませんか、というような表紙にして、各論に移っていくような構想でした。
モデルさんの役割は、ごく普通にスマートフォンやPCでネット検索をしている様子を演じてもらう予定でした。

それに元お客さんのデザイナーにも少しでも発注できれば恩返しができると思っていましたので、非常に残念です。

この企画は、なんとか時間をおいて、また計画したいと思います。

[PR]
by neo-diy | 2016-06-27 08:03 | ウェブページ | Comments(0)
あれだけ急いで見積書や申請書類を作り渡したのに、1件またキャンセルです。コンサル費用を払いますとメールが来ましたが、あたりまえです。何日間費やしたのか、それにかぶった他の件をすでに断ってしまったので「後の祭り」状態です。
*逆にペナルティ料金をもらいたいぐらいです。

しかも、この依頼者、コンサルティングを行う会社の社長です。私のコンサル費用が安いことを知っているはずです。今回は施工チームに現場を任せるので私の経費を大幅に削って見積りを提示しています。
最初の話がなんか危うい感じがしたので多少の懸念はあったのですが、見積りを了解したら必ず発注しますと口頭で約束されていたので、信用していたのですが。状況を見ながら延期したいという説明ですが、この時点での延期はキャンセルと同じです。すでに1か月以上の空白が生じる恐れがあります。

そういうわけで、施工チームには悪いけど、やはりマンション案件(生活騒音対策)は非常にリスクがあることを、今回も改めて認識することになりました。
*ウェブサイトにもマンション案件は無料相談の対象外と記載しています。

今日の無料相談が終わったら、しばらくはウェブサイト構築と契約案件の残り作業に集中したいと思います。
ウェブサイトのほうは既に作業中ですが、別途特設ページを早く作ったほうが良い気がします。

職人たちは自分たちの人脈関係では仕事はないと言っていますので、リフォームのホームページでも作ったらどうかと再三アドバイスはしたのですが、文章を作る能力がないので丸投げの外注しか手立てがないのです。

自分の本業しか特技がない人は自営業は本当に難しいです。私でさえ、本業以外にウェブサイトのことを自己流で試行錯誤しながら進めてきました。
とにかく、対策を早く考えて実行しなければなりません。専属の施工チームの仕事を確保しながら運営するのは本当に大変です。

[PR]
by neo-diy | 2016-06-25 07:52 | ウェブページ | Comments(0)
昨年の秋頃から、ウェブ構築・SEO対策の業者の営業がうるさいです。しかもウェブ構築が本業だというのに電話で営業してくるんですよ。
*電話営業なんて四半世紀前の営業手法です。

昨日も営業の電話がかかってきたのですが、他の業者と同様に「ウェブ集客」と繰り返して言い続けます。馬鹿のひとつ覚え。
彼らには私の業界のウェブサイト構築はできません。専門的内容を理解しないと構築できない。音響・防音設計およびコンサルティングの意味が分からないのに、どうやってウェブ構築を検討できるのか?

単なるキーワード検索対策はもう古い手法です。私がべた打ちで初めてホームページを作ったころの内容です。
その業界の現状や専門的分野についての知識がないと、文章も作れない。コンテンツを構築できなければウェブ対策なんかできないということに気づかない業者は論外です。
*電話営業に頼る営業マンにいったい何が分かるのか。

電話営業が増えてきたのは、ウェブ業者が林立して飽和状態になっている現状が背景にあります。ウェブ構築や検索エンジン対策が専門である業者のウェブサイトそのものが検索で上位に出てこない、という皮肉な状況です。

では、現状として何が必要かと言うと、グーグルのガイドラインを守りつつ、有益な特長のあるコンテンツを情報として発信すること、これに尽きると思います。
あとは取引先と一緒にネットワークを拡充することだと思います。私のほうは、このネットワークの拡充が課題となっています。

[PR]
by neo-diy | 2016-06-22 08:32 | ウェブページ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy