カテゴリ:事業者向けネタ( 272 )

うちの職人のような営業能力がないものは、営業力の強い業者の傘下に入ったほうが良いのかもしれない。
*今まで大分、営業方法についてアドバイスしたが、本人が動かないので進展がない。

もうこれだけ、予算がある人とない人の差が大きくなると、東京でも商いは難しいと思います。
看板の大きさだけを判断の根拠にしている相談者は多く、このため失敗する人も増えているようです。
*私の所へ相談に来られた時点で、すでに手遅れの人が多く、予算もほとんどない。

セカンドオピニオンという言葉が非常に流行った時期がありましたが、日本人はすぐに忘れてしまうようで、同じような失敗を繰り返します。
*無料相談にこだわるから、話を具体的に分析することもできないまま、止まってしまうことが多いです。

私も自分を犠牲にして受注しようと努力してきましたが、そろそろ限界です。
すでに違う方向で自分の商いの事業メニューを検討中です。この方向だと専属施工チームの仕事には直接は結び付かないのです。

予算のある人は、大半が大手の専門業者に仕事を依頼します。我々のような零細業者のところへは、地元の音楽大の関係者、予算が厳しい音楽家がお出でになります。
経費をやり繰りして提案しても、契約に結び付かないこともあります。

世の中、音楽著作権団体が、いま音楽教室を運営している業者と裁判でもめていますが、このような音楽教室を苦しめるような動きが、余計に消費を抑えてしまう。
ウェブサイトも大々的に作れない、ピアノ教室の看板も大きくできないという流れで萎縮します。
*業界自体が自分たちの首を絞めている。

すぐれた音楽技術・才能をもつ人が自営で仕事を受注できないという悪い流れがあります。報酬も小さくなり、スタジオを借りる経費もなく、自宅を改造して音楽教室を開きます。
ですが、小さな予算ではDIYで大半を作るしかなく、私のほうの仕事は増えますが、施工チームの仕事はないというジレンマがあります。

なんとか小さな仕事でも受注できないかと新しいメニューも考えています。割り切って生き残る道を彼らに与えるのが私の残された課題になりそうです。
とにかく自分で需要を掘り起こすしか手立てがないという結論になりました。
-----------------
忘備録・雑記

[PR]
by neo-diy | 2017-06-22 07:49 | 事業者向けネタ | Comments(0)
私も相談者の忠告を採り入れて、今後は「無料相談を目的とした無料相談」はお断りすることにしました。
リフォーム業者に発注する際に、防音対策の事だけ無料相談で情報を入手して、他の業者に発注する目的なのに、なぜ私が無料で具体的な情報を提供する必要があるのか?

民間の自営業者が、そのような目的の無料相談ばかりを行うことは経費倒れになる。これは知人や有料相談を依頼してくれた人の言う通りです。

昨年から、今月にかけて、食い逃げ状態の人が10名以上で出てしまいました!すごいでしょう?
しかも返事もしてこなくなりました。
*私には、そんな度胸はないので、他の分野でも自分がそんなことをやろうだなんて考え付きません。

公務員の無料相談(税務署、ハローワーク、役所の福祉相談など)なら、当然、納税者として受ける権利がありますが、民間業者に最初から無料で情報を入手することを目的として相談することはしません。
*私も業者ですので、見積りが折り合えば発注するつもりで声を掛けます。

返事もしてこない人の約7割がマンション居住者です。大半が関東です。

なかには、他の業者に相談して失敗した人が、再度連絡してくるという強心臓の人が、たまにいます。
もちろん?お断りします。

[PR]
by neo-diy | 2017-06-20 08:53 | 事業者向けネタ | Comments(0)
私の業界だけではないと思いますが、職人の手間賃を確保するということが最も難しい時代だと思います。

私の場合は営業力が非力なものですから、今年はかなり苦労しています。ここ数か月の間に打った勝負手は「自分の経費を削って職人の手間賃を確保する」というものでした。

通じなかった件もありますが、最近ついに動き出した件もあります。資材はこれ以上減額することは無理ですので、職人の人件費を確保するには、もう私の経費を大幅に省く以外にはなく、契約自体も職人と依頼者が直接交わすことで諸経費を圧縮するという最後の手段を選びました。

では、私の商いは?利益はどうするのか?と知人にも聞かれたのですが、それは遠方の案件で補っているわけです。それとコンサルティングそのものを理解してくれる相談者から依頼が少しあります。

ときどき、よその施工業者の防音工事費用も概算で出してほしいというリクエストがあるので、職人の立場になって考え、手間賃を計算します。自由に計算させてくれる依頼者には、施工業者と直接相談してもらいます。そのほうが施工業者のモチベーションが維持できるからです。

職人の手間賃を削ると、施工そのものが崩壊します。ロクな仕事はできません。どんな業界でも、それは絶対にやってはいけないことです。

うれしかったのは、「私は商いに向かない。自分の利益を確保できないから、経営センスはない。」と言いましたら、知人は「人間として、まっとうな考えだ。」胸を張ったらいい、と言ってくれました。
同じ自営業なので通ずるところがあるのでしょう。
*サイドビジネスと併用して生活できればいいと彼は言います。
------------------
忘備録・暮らしの雑記

[PR]
by neo-diy | 2017-06-13 07:27 | 事業者向けネタ | Comments(0)
今回、国立駅南口から仕事場直近の西国立駅周辺に相談場所を移しましたが、すぐにお出でになる方と連絡が途絶える方に分かれました。
これは沿線としての利便性と地域イメージによる違いなのかもしれません。

しかし、ほぼ毎週のように予約が入り、場所に関係なく打合せの中身を重視されるかたには余り関係がないということなのかもしれないです。
知人の店(居酒屋)を打合せ場所に設定していますが、私としては飲み物も食事もあるので便利です。
*先週の相談者には夕食をお出しして好評でした。家族の承諾さえあれば、打合せのあと食事をしていただいたほうが、店主である知人もやりがいが出るというものです。(魚・鶏肉・野菜料理が中心)
*テーブルが広いので喫茶店よりもスペースがあります。
→打合せ場所:居酒屋・海進丸(立川市羽衣町2丁目) ※南武線・西国立駅より徒歩9分

この場所から徒歩4分の位置に国立音楽大学付属小学校が、徒歩5分の位置に同付属高等学校があります。
*ピアノ教室の先生である私の従姉もときどき、音大小学校へ用事があって行くようです。

利便性からすると国立駅から遠くなったのはマイナスですが、私にとってはサンプル材や資料を持参できるなど有利な面があります。

川崎方面の南武線沿線や京王線・小田急線、田園都市線、武蔵野線からの乗り換えが便利ですので、東京西部および神奈川・埼玉方面からは時間距離としての利便性は悪くないでしょう。
お気軽にお出でいただければ幸いです。17:30から打合せ可能です。(日曜は定休)
仕事場案内図・相談案件

[PR]
by neo-diy | 2017-06-11 07:27 | 事業者向けネタ | Comments(0)

職人が営業所を構想中

山梨出身の職人が防音製品などの営業所(自宅を作業所に改装)を構想中です。現在、情報を収集しながら企画を検討中です。並行してウェブサイトを考えていますが、まだ決まっていません。

とりあえず、私のほうはすぐに対応できるようにブログに専門ページを用意する予定です。
併せて改造中の情報サイトも活用できるように検討します。

もうこれだけ、東京方面の現場仕事を受注できなければ営業できませんので、この職人の行動を支持したいと思います。

私の営業力にも限界がありますので、従来型の事業スタイルだけでは無理があります。
もちろん、防音コンサルティングは今までどおりに実施します。

それに、相談者に、他の専門業者よりも防音材の品質・費用対効果が良いのだから、もっと宣伝したらどうでしょうかとアドバイスされました。
*実際は私の提案が防音材の特性とマッチしているため費用対効果が良くなっていると思っています。

要するに「専門的アドバイス+防音材納品」というメニューを職人にもやってもらおうというわけです。
*提案書は私のほうで作ります。
*製品加工は職人がやります。

[PR]
by neo-diy | 2017-06-07 07:11 | 事業者向けネタ | Comments(0)
もうあきれるというか、約束を守らない人は相手にしたくないのだが。
*昨日の件、また大幅に変更になり縮小されました。やはり一度キャンセルになりかけた現場ですから、こんなものかもしれない。

昨夜、打合せ場所に設定している居酒屋(立川市羽衣町)の店主に確認したら、17時から打合せに使っても良いという承諾を得ました。

この場所は、私の仕事場の直近です。近くに国立音楽大学付属小学校などがあります。
*ソフトドリンクがあり、夕食も出来るので相談者には便利だと思います。
*実際に近所の家族連れが夕食のため、時々来ます。

私の仕事場が家庭の事情で制約があるので、少しずつ模様替えしているところですが、当分の間は居酒屋の早い時間帯を利用して打合せをすることになりました。
*秋以降は仕事場と併用で予約を受けたいと思います。

今年は急な変更やキャンセル、連絡途絶など相談者のマナーが問題であり、順番を待っている人に迷惑がかかりました。
月曜から挽回しなければなりません。182.png

[PR]
by neo-diy | 2017-06-04 08:20 | 事業者向けネタ | Comments(0)
約3か月前に提案書を提示した案件が、いまごろになって急に動き出しまして、施工担当が今日現場打ち合わせに行きます。これで問題なければ契約で、すぐに着工です。
*この案件は私の経費をほとんど削ってしまった、いわば職人を活かすだけの案件でした。

私には経営的なメリットは特段なく、つなぐための現場として依頼者の予算に合わせて私の経費を削ったというのが実情です。
こうでもしなければ、職人たちの仕事がなかったのです。想定外のキャンセルが続き、まさか2か月も現場の仕事が途切れるなんて私も考えていませんでした。

しかも施工担当には昨年から約1年間の間、営業努力をするように繰り返して伝えていましたので、普通のリフォームすら受注できないなんて、他の業者ならあり得ないことです。
要するに私が契約する仕事以外は、ここ数年、彼らは受注できていない。

取引先や知人には、専属チームを維持するために私自身が経営的ダメージを受けるぐらいなら、解散したほうがいいと言われました。
私がこだわったのは、今年の秋に着工する大きな現場が控えていたので、なるべく手慣れたチームに施工してもらいたかったので、延命させようとしていたのです。

今回の件で約1か月ほど維持することができます。綱渡りです。

一方、私個人への依頼は地方から、概ね月に1・2件ほど予約があり、少しずつ動いています。
予算的にも難易度的にも私にしかできない案件です。
これもウェブサイトのお蔭で受注できる件です。そういう時代ですから、職人も例外ではなく、ウェブサイトを自分で運営してPRする時代なのです。

そういう努力をしなければ、自分で仕事を得ることはできないというのが、自営業だと思います。
いくら言っても理解しない職人は淘汰されます。
私は時間の問題であると、職人チームの一人には言っています。はがゆくて腹が立つんですが、知人が言うように分からない奴は、いつまでも分からない、まさにそういうことですね。182.png
---------------
忘備録・ウェブサイトなど雑記

[PR]
by neo-diy | 2017-06-03 07:44 | 事業者向けネタ | Comments(0)

手ごたえがない

いくつかの相談者に提案書を提示しましたが、どうやら予算を超過しているようで手ごたえがないです。
本当に東京方面の現場仕事は契約済みを除くと、どれも金額的に折り合わないというかデフレです。
*この調子だと専属チームを手放すことになりそうです。
*彼らは自力で受注できないので大手の傘下に入るか、別の商いを併用しないと生活できないでしょう。

取引先の建築士は、いままでは防音材の注文は軽視していたのですが、最近はどんな小さな注文でも、すぐに返事が来るようになりました。
*たぶん、本業の仕事がないんですね。

今年の3月までは昨年の予約が一斉に動き出したので受注できましたが、4月以降はキャンセルなどが続出で、すべて予算的な壁でした。でも他の専門業者よりも数割は経費を削っているのですが。
予算がある人との差が乖離しているのが現状です。世の中ほんとうに厳しい時代になりました。

それに返事もしないような民度の低下は?心の中まで貧しくなったのでしょうか。
先日、防音資材を注文していた人が、送料がかかると伝えたら連絡が途絶えました!!送料はかかるとウェブサイトに明記しているのに。訳が分かりません。168.png

一方、秋の現場をすでに契約された地元の依頼者を気分転換に、お食事にご招待することにしました。計画図を修正したら打合せです。これが実質的な最終打ち合わせになると思います。このあと施工図の作成です。

とにかく、手ごたえがないときはウェブサイトの改造作業を再開します。私にはそれしかない。
せっかくの技術を生かせないなんて、もったいないのですが、東京の案件を受注できない限り、職人たちにはどうにもならない。
-----------------
忘備録・ぼやき

[PR]
by neo-diy | 2017-05-30 08:37 | 事業者向けネタ | Comments(0)
今日は、国立駅南口での防音相談・コンサルティングのラストです。
*シュベール国立店は約30年間、この地で営業してきました。私が現在のマンション(住まいと事業所兼用)に入居する前から同じ店舗で営業していました。

私はこの場所で数多くの案件の相談を受け、取引先などと打合せをしてきました。良いことも悪いことも、ここから生じています。
全ての件が、運営するウェブサイト経由の問合せから始まっています。シュベールは約10年間利用し続けてきたので、その場所に愛着はあります。

27日からは仕事場と直近の居酒屋(海進丸)で相談案件の打合せを行う予定です。すでに1件予約が入りました。(この店は私の提携先です)上記の喫茶店よりもテーブルが広く、打合せがしやすいです。
*ただし、コーヒーと紅茶はありません。持ち込みはOKです。ソフトドリンクは事前に注文しておけば用意できます。

さて、今日の相談は、かなり難しいもので、見積りなど提案書の作成に大分時間がかかりそうです。

今後は国立では駅利用と銀行・郵便局の用事が大半になるでしょう。あとは買い物ですね。

[PR]
by neo-diy | 2017-05-25 07:34 | 事業者向けネタ | Comments(0)

温度差の大きい相談案件

問題の状況を本当に真剣に深刻に受け留めている人、とても安易に考える人、無料でなんでも応えてもらえると勘違いする人など様々です。

そのうえ、うちの施工担当の事務連絡と現場調査が遅れて、結局見積作業が大幅に遅れる見込みになりました。ますます、現場案件は受注できないでしょう。へたすると、遅れている先行案件と日程的に重なるかもしれない。よくないことは重なるものです。
*機動力のない自営業は淘汰されます。

地方の契約案件だけが予定通り、明日から始まります。

私としては、さんざん相談案件に振り回されてきましたので、確実な予約と契約案件をまず軌道に乗せることを最優先します。

今日は午後に予約案件の打合せ、夜は木造建築士との相談・打合せです。

動いているのは全部木造家屋の現場ですが、そのうちマンション(都市公団所有物件)の下駄ばきテナント案件が決まると思います。これが他の件と重なりそうで。日程が調整できるかが問題です。

私のウェブサイト構築が大分遅れてしまい、ついに夜の打合せに提示する企画は作れませんでした。
具体案が思いつかなかった(笑)。いろいろ振り回されて、落ち着いて考えることが出来なかったんです。今月は不調です。175.png

[PR]
by neo-diy | 2017-05-19 07:40 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy