カテゴリ:事業者向けネタ( 303 )

繁華街と住宅街の商い

ネットを活用した商いでは、店舗(事業所)を駅前や繁華街の入り口に構える必要性はあまり高くはない。分かりやすいところにあれば、問題ないと思います。

ですが、相談場所(仕事場)は鉄道駅から徒歩10分以内に設置するのが重要です。ある程度の利便性がないと、お客さんはアクセスしないし、出向くというハードルが高くなります。

飲食店、居酒屋は駅前立地型が有利と考えられますが、テナントであれば家賃など経費が嵩むので、よほどの高収入でない限り、純利益がよくなるとは言えないでしょう。

近所の居酒屋の店主は立川の北口(繁華街)に店舗を営業していたのですが、激戦区ですから収益が下がり始めた時点で撤退しました。
現在は、自宅の近所のビル1階を借りて営業しています。テナント料がほぼ半額です。

住宅街のほうが安定した需要があり、地元の業者や仕事帰りの地元民が定着すれば、収入の見込みが分かります。不足分は他のメニューで補完すれば、スタッフの役割分担も明確になります。

私の商いはウェブサイト経由の相談者と向き合うことですが、半分以上がウェブサイト、メールと電話だけのやりとりで取引をします。
地元で直接相談をお受けするのは、案件の約半分です。同業者の中では少数派のようです。

店構えに例えるなら、住宅街の小さな専門店です。知っている人は知っているが、知らない人には存在さえ分からない事業所です。
繁華街的な商いにはスタッフが沢山必要になり、経営が大変です。私は住宅街の小さな専門店的な商いのほうが向いています。

[PR]
by neo-diy | 2017-09-26 07:44 | 事業者向けネタ | Comments(0)

3連休を変更して仕事の準備

三連休は天気が悪いという予報だったので、半分は仕事の準備をしようと、昨日は契約案件の依頼者に見せる建具の色見本、担当現場の写真、施工要領などを用意しました。
*三連休とは私の場合の話です。通常土曜は仕事なのですが、今回は祝日でしたので土・日・月が定休になるんです。(日曜、祝日、月曜が定休)

連休明けから、別件の作図も進める必要があるので、代休は天気が良い日に振り替えて、建物見学に使うことにしました。

それと依頼者からご提供いただいた防音室の写真を活用してウェブサイトに事例を追加したいと思います。写真掲載を許可していただいた件しか写真付きで投稿できないので、先日いただいた2件の現場の事例は貴重です。

やっと現場が動き出したのはいいのですが、全部同じ時期に重なり、それなりに準備が大変です。

無料相談も、そういうときに重なることが多く、先に手を上げていただいた件を優先して予約にします。
*無料相談はお受けできるという保証はないので、私の事情で決めます。

相変わらず、東京方面の現場仕事は予約がないので、動き出した案件から順番に対応するしかないです。こればかりは自分の思うような日程にはならず、あくまで連絡待ちです。

自営業なので、連休は自分の都合で調整して決めます。いつものことですが。

提携先に、お金をケチるような価値観の人だったら、無理に仕事を受けなくてもいいと言われていたので、選別することにしました。
*私も無理して請けたくないのは同感です。

節約とケチは別物です。必要な費用は重要なタイミングで使うのが普通であり、時間的に無理な状況で依頼されても、後の祭りです。
無理なものは無理です。私のウェブサイトを読んでいただければ理解していただけると思います。
----------------------
暮らしの雑記帳

[PR]
by neo-diy | 2017-09-24 07:28 | 事業者向けネタ | Comments(0)

サイト運営や需要動向を把握すること

自分でウェブサイト運営や相談業務などを通じて世の中の動きを把握しないと、景気の変動や案件の需要動向が理解できない。

昨日、専属職人チームの相方から連絡があり、親方のほうが事務連絡の不手際があり、それが原因で自分たちの仕事が減ったと勘違いしているらしい。

ほんと馬鹿だと思います(笑)。自分たちで営業努力をしていないから、世の中の需要や景気の動きが体感できていないんですね。
*彼らの仕事が減った理由は比較的単純です。彼ら自身が仕事仲間から紹介される仕事自体がほとんどないこと。それと私が受注する東京方面の現場仕事が大幅に減ったためです。

事務連絡は確かに大事であり、このミスで現場の日程などがだめになり、キャンセルになることもあり得ます。ですが、根本は彼らの仕事仲間自体の仕事が少なくなていることを見れば分かると思います。
*大手が小さな案件も根こそぎ持っていき、零細事業者のほうへ回らなくなっている。

大手営業力に対する対策を講じていないから、余計に苦しくなる。やはり仲間同士で手分けして営業したり、サイト運営をやるなど工夫が必要です。

地元の人でさえ、優秀な職人がどこに居るか、まったく分からない。それは業者も世代交代が起きているので、先代から次の経営者に引き継がれなければ、そこで途切れます。
だから紹介案件が減るのです。

これを補完するには、需要動向を探り、サイトなどアンテナを張り、地元で相談会を実施するなど需要の掘り起こし作業を地道にやっていくしかないと思います。

昨日、うちの職人に改めて、ウェブサイトの事やチラシ広告など営業努力をしなければ、淘汰されるだけだと説明しました。
何度も同じ説明をしているので、半ばあきらめています。182.png
------------------
暮らしの雑記帳

[PR]
by neo-diy | 2017-09-18 07:51 | 事業者向けネタ | Comments(2)

無料にこだわる人の問合せが続いている

無料相談ばかりにこだわる人の相談が続いているので、最初から「無料のための無料相談は日程の事情からお受けできない」と、きっぱり断っています。

方針が決まらない計画段階での無料相談は、それなりに意味があります。方針を間違えると、だめになる防音室などの建物用途がありますから。
また、設計段階で見直しの余地がある案件は対応できます。
*こういうケースはほとんど最初は無料相談をお受けしています。
もちろん、西国立までお出でいただける一般の人で、初回限定です。

ところが、着工間近になって、防音対策をご教示ください、という問合せは、大半が無料で答えを教えてくださいということなので、民間業者である私には関係ないことです。
それはNPOやボランティア、公的機関に相談することです。
*民間業者が無料相談ばかりやっていて生活できるわけないです(笑)。あたりまえですが。

変更の余地のない建築において、無料相談を行うのは無理です。そんな民間の専門業者は存在しません。

最近、そのような問合せが続いているのですが、ちょっと我慢してお断りしています。
特別扱いは不公平であり、今までルールを守って順番に予約をしていただいた人に申し訳ないからです。

それに、仕事を依頼していただける可能性の高い人は、いきなり、教えてくださいというような聞き方はしません。もっと具体的に問題点と要望事項を整理してから問合せをされます。

なんというか、夏休み明けから、こんな調子なのでモチベーションが下がりそうでしたが、昨日、1件契約書の返信が届き、少しほっとしました。
また、今日から前向きに考えていきたいと思います。
------------------------
暮らしの雑記

[PR]
by neo-diy | 2017-09-15 07:15 | 事業者向けネタ | Comments(0)

物が売れない時代ではなく再生する時代

不動産も含めて物が売れない時代、というより「再生する時代」に入ったと思います。

すでに多くの分野でリサイクル製品やリサイクル素材が多岐にわたり活躍しています。建築・不動産の世界では、小学校など公的施設の耐震補強リニューアル、古民家再生、中古物件の店舗リニューアルなど、既存施設を生かして活用する時代です。

日常生活では、廃番となった製品の修理・部品交換から楽器の工房での修理など古い価値のある物の再生を得意とする専門業者も沢山あります。

私の仕事関係では、依頼者が修理再生されたアンティークなピアノ、ヴァイオリンなどを演奏されています。それに応じた古い木造中古物件のリフォームも経験しました。

私が活用する現場の資材の過半はリサイクル製品です。合成樹脂の遮音マット、PETウール・フェルト、リネン素材混合品、再生アスファルトマット基材、間伐材加工繊維ボード(シージングボードなど)、石膏ボードリサイクル素材、古民家の梁・柱など古材。

新築住宅で最近使用されている木材の繊維や木片を集成した耐震補強用のボード類もそうです。
中古住宅も土台が腐ったり、基礎が壊れていない限り再生したほうが安いです。

床下の木材の束が腐っていても交換すれば床は再生できます。それが木造家屋の利点です。
耐震補強も可能です。

最近、契約した案件(北海道)では、使用する吸音材が地元の木材繊維を再利用したリサイクル素材で製品化されています。
*古くは上野の音楽堂の壁内使用されていたオガクズなど普通は廃棄されるような素材が吸音材として活用されていました。

アイディア次第で、これから色々なリサイクル製品が出て来るでしょう。
-----------------------
防音職人が目指すもの
暮らしとブログの雑記帳


[PR]
by neo-diy | 2017-09-11 07:43 | 事業者向けネタ | Comments(0)

コロンブスの卵のような話し

地方の相談でも、地元東京の現場でも、私が作って説明する施工図や計画図は、担当する建築士と施工業者にとって、コロンブスの卵と同様に、目の前で指摘されてみて初めて分かることらしい。

防音設計の以前の問題として、現場で確実に施工するための工夫は、私が20年以上かけて身に付けたものです。見えない内部の下地や躯体付近の施工要領は、いわゆる私の生命線と同じであり、これがノウハウそのもの。これがなければ「絵に描いた餅」と同じになるわけです。

建築士と工務店が頭をひねっても考え付かないことを提示するのが我々専門家だと思います。
同じレベルでは業界では飯を食えない(笑)。

11月から防音室の着工をする予定の現場に、今日打合せに行きますが、施主の奥様がプロのピアニストで、この現場の主役です。
私の施工図や計画図を見たときに、こんな詳細で本格的な提案図を初めてみましたと言われたが、他の専門業者の提案書や設計図に比べてオリジナルティが高いという評価でした。

薄くて高性能な構造を提示する能力がなければ、私のような零細業者は生き残れない。先輩建築士が「ニッチな分野の独自の世界」と言ってましたが、一般的な建築士から見れば、私の独自の世界なのでしょう。

具体的に説明すると、素人の方でも半分程度はすぐに理解できる基本的な話しなのです。
だから、コロンブスの卵のような話しであり、答えを見せればすぐに納得されることです。

とくに将来の耐久性や安全性を考慮した施工ノウハウが私にはとても重要であり、契約者にしか見せることが出来ない「私独自の世界」なのです。
-----------------
暮らしの雑記

[PR]
by neo-diy | 2017-09-09 07:57 | 事業者向けネタ | Comments(0)

相手の予定に合わせて調整中

昨日、1件契約が完了し、別の1件も契約に向けて動き出し、近日提案書の残りを提示する予定です。
他の方の件は、ご質問に対する回答を作成中ですので、順番に準備しています。

このところ閲覧回数が一時的に増えているようです。これはたぶん、相談者が私のブログを見てくれているのだと思います。
*契約が完了して予定の日程が動き出すと、またいつもの少ないアクセスに落ち着きます。

このブログは、一部の相談者+リンク先+知人のアクセスが中心であり、ほんとに、ごく内輪のゲストブログです。気軽にコメントしていただけると、即行でレスします。

仕事のほうは、人によって進捗がバラバラですので、相手の予定に合わせて、私のほうは調整中です。
ただし、防音資材の注文だけは日数に余裕を見ていただけると助かります。

というのは、東日本方面と信州・北陸方面の配送便が2トン車が少なくなり、中継しないとアクセスできないということで、時間と経費が従来よりも多めにかかるようになりました。
*年内納品する契約現場は、出来る限り配送料を値上げしないで差額を負担する予定ですが、ちょっと苦しいのは確かです。

遠方の件が動き出す一方で、都内の案件が停滞気味なのが気になっています。
出来る限り、秋に着工したほうが工事上の品質面でも好都合なのですが。

とにかく、週末までの件、できるだけ急いで準備します。お待ちください。
*催促のメールは歓迎いたします(笑)。182.png
-----------------------
暮らしの雑記(パーソナル日記)

[PR]
by neo-diy | 2017-09-05 08:00 | 事業者向けネタ | Comments(0)

野菜・仕入れのこと

金曜日に契約書を郵送した後、仕事を一つ区切りをつけ、近所のスナックに野菜料理を食べに行ったところ。なんと葉物野菜を中心に国産の生野菜が約3倍の価格になり、野菜のパスタができないと言われました。

たしかにスーパーに行くと、普段でも安くない店がさらに倍の価格になっており、肉や魚よりも単価が高くなっていました。
仕方ないので刺身を買いましたが。日ごろ、近所の海鮮居酒屋で食べているものに比べて鮮度が悪い。

これなら、冷凍野菜を食べたほうがいいのではないでしょうか。
*ほうれん草、里芋など

定食屋は困るでしょうね。わきに盛り付ける野菜のほうが高いわけですから。

私の業界は、一応値上げ前には1か月の猶予をもって告知しますから、代替品を探して変更できる場合がありますが、飲食店はいきなり食材が値上げされても、変更ができないので、メニューから外すしかない。

私の好きなパスタ料理も、キノコ・ナス・ベーコンのパスタしかないみたいで、ちょっとがっかりです。

近所の店で商いの難しさを感じたひと時でした。

さて、私のほうの仕事の資材も、特注品があと僅かで、私の特別な在庫がなくなります。
追加注文をすると、約1年分の製品を買わなくてはならないのですが・・・そうしないと単価を抑えることができないのです。

野菜の仕入れと同じで、数量が少ないと単価が高いのです。
秋から来年の春頃までの半年分以上を確保することになります。代行してくれる取引先もリスクがあります。私がコケルと在庫を抱えてしまうので。

1か月に40枚程度しか現場で使わない製品を、まとめて400枚仕入れるのですから、ちょっとこわいです。しかし、これに代わる製品を作ってくれる工場がもうないので、なかなか仕入れに関しては頭が痛いところです。

もう秋風が吹き、夜は秋虫がにぎやかに鳴いています。
-----------------
暮らしの雑記帳

[PR]
by neo-diy | 2017-09-03 09:22 | 事業者向けネタ | Comments(0)

やはり提携先の助言通りに

夏休みだったとは言え、2週間以上も何も問合せがなく、このまま今月は何も動かないのか?と少し心配しました。

北海道のご予約と岐阜の件が動き出しました。
*岐阜の件は収束に向かっています。
*北海道の件は、ようやく始まりました。

また、埼玉の新築教室の件は、施主と新築業者がかみ合わず、私は施主と既に契約したのに、現場として成立するのか?見込みが見えません。この新築業者は、本当に低レベルで話にならない。今月中は待ちますが、連絡がない場合は意思確認をします。
*今年は、新築業者の不手際で問題が起こり、契約後に動きが止まる件が複数あります。

とにかく、先に動き出した件を順番に対応するしかありません。
提携先建築士(大学の先輩)の助言通り、木造に集中してウェブサイトを更新するしかないようです。
*相談を受けていたマンション案件は、ほぼ全滅のようです。

マンションは大震災以降、構造的な制約により従来型の工法が使えなくなり、非常に特殊な工法に切り替わっています。
このため、この工法に対応できる防音設計を実施できるのは都内では私だけになったようですが、予算の壁を超えることができず大半の案件はお蔵入りになりました。
-----------------
雑記帳

[PR]
by neo-diy | 2017-08-23 07:33 | 事業者向けネタ | Comments(0)

仕事の予定を少し変更する

急に1件相談予約がキャンセルになり、加えて依頼されていた専門誌の原稿チェックが予定より早く済みましたので、今週は少し楽になりました。

天候も悪く、建物見学は延期しました。デジカメの感度が低いので雨天だと暗くなります。

世間は未だ夏休みの職場も結構多いのではないでしょうか。今年の夏もかなり暑かったので、知人の中にも夏バテした人が居ます。
*もうみな中高年ですから、当たり前です。

近所の知人は早朝に自宅の飼い犬と一緒に散歩してます。自宅マンションの前の歩道を通る犬仲間?とよく世間話をしてます。
*私は早朝に資源ごみを出してから、郵便物を確認して、そのあとコーヒーなどを飲みながらPCでネットのニュースを見ます。

天気が悪ければ、本を読み、ネットで買い物を予約し、朝9時から夕方までは電話・メールの連絡を待機します。
*昼飯は時間があれば、近所の知人の店でランチ。

自営業なので、ちょっとした予定変更には柔軟に対応できますが、いきなりのキャンセルですと、予定が空白になります。
この野郎いいかげんにしろと・・・思いながらも、次の作業を、さっさと決めます。

私は明日から通常営業ですが、まだ取引先の工場が休み中ですので発注予約しかできません。
*来週から取引先も通常業務になります。

先月のように雑誌の取材を受けると、自分でも関連事例などを調べたりするので、ブログ記事のネタには困りません。
それに先週、2件現場が完了し、また新たな事例(実績)が加わりました。

今週はウェブサイトの下書きづくりです。
------------------
雑記帳

[PR]
by neo-diy | 2017-08-16 07:29 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧