カテゴリ:事業者向けネタ( 317 )

続・緊急の用事

昨日の件は、ウェブメールのほうの送信で添付ファイルが依頼者に届きました。既に書類を郵送したあとでしたが。
*依頼者がご利用のメールサーバーにも問題があるようで、それが私のメールソフトと合わないようです。
この件は間に合いました。

ところが、昨夜メールで、別の依頼者から急に提案書の内容を削って見積金額を少しでも減らしたいというリクエストが来ました。
施工担当の下見は水曜なので、本日の定休日をとりやめ仕事に充てます。
*明日は工事中の現場に行く予定ですので時間が残り少ないです。

上記の2件ともに契約を前提に動いていますので、最優先事項になります。施工担当はPCソフトを使えないし、私のアドビソフトをもっていません。かなり高額なドローイングソフトなので、使い方も面倒です。
初心者には無理です。

その点、取引先の建築士はネットは苦手でも、ソフトの使い方には慣れていますので、修正は自分で出来ます。緊急の修正になると、PCソフトが決め手になりますね。作るのは時間がかかっても修正は楽です。
問題は見積りそのものの修正です。
なんとか工夫して当初の効果を余り低下させないように考えたいと思います。

ということで私の休日はなくなりました。
でも緊急連絡などが間に合って助かりました。私も経費がなくなり、この2件が来年2月までの最後の仕事です。これが成立しないと施工チームは生活できなくなります。
*職人というのは蓄えることを知らないので、全部使うんですよ(笑)。

我慢することができない子供と同じです。足りなければサイドビジネスでもやればいいし、節約すればなんとかなります。
------------------------------
暮らしの雑記・最新のぼやき

[PR]
by neo-diy | 2017-11-27 07:57 | 事業者向けネタ | Comments(0)

今日は休みなのですが緊急の用事

金曜の夜から、ある一人の予約者のアドレスにメール着信しない状態になりまして、今日の午後に電話連絡をすることにしました。

もう郵送だけでは間に合わないので、プリントを郵送するとともに電話連絡で修正点と下見日程を急いで伝えます。
ネットも万能ではないので、メールが通じない場合は電話・郵送・宅配便しかないです。

本当は日曜は先方も休日のはずですが、緊急ですから仕方ないです。了承していただくしかないです。

ウェブメールも届かないというのは、相手方のメールサーバーに何かトラブルが発生しているか、または私のプロバイダーに問題があるかですが。
他の人には添付ファイルも届いていますので、私のほうの問題だけではないと思います。

最初から届かないのではなく、金曜の夜から、その人だけ届かないという状況のようです。
もちろん、他の方も届いていないということもありますので、この記事をご覧の方で、心当たりがございましたら、このブログに投稿していただいて結構です。
*ペンネームでお願いします。メールアドレスは不要です。メールフォームに送信していただいているかたの着信記録はウェブメールに転送されています。

通常は、問合せ者の送信から3日間経過しても返事がないという場合は、私の返信が届いていないという場合がほとんどです。
緊急連絡は私の休日でも構いません。

さて、もう今週から師走に入りますね。なかなか案件の予定が決まらなくて落ち着きません。
契約案件も約半分が、工事が遅れているようです。

[PR]
by neo-diy | 2017-11-26 07:51 | 事業者向けネタ | Comments(0)

返事待ちの件が動きました

月曜に続いて、返事待ちの件が動きました。
うちの施工担当者の下見の出番です。合わせて2件の現場チェックに行くわけですが、これで今年の予約が揃いました。

あとは施工担当の判断と調整能力にかかっています。私のほうは大半の書類や計画図を作成したので、あとは契約後の申請書類や説明図の件だけです。

工事中の件があるので、おそらく工期的には年をまたいでの工事になる見込みです。
今年の秋は、なんとかキャンセルと契約の白黒がはっきりしたようで、日程調整がうまく行けば来年の2月までは、施工チームの仕事はありそうです。

年を越せそうで良かったです。実は2件とも予算をオーバーしたので、規模縮小またはグレードダウンを打診していたのですが、依頼者が計画通りにやりたいと決断され、動き出しました。

他のあいまいな案件は辞退して良かったと思います。私の判断は正しかったようです。

ちなみに若い人の相談案件は全滅しました。時間と経費の無駄に終わりました。ほとんどが家族の援助を期待していたものですから、無理だったのでしょう。
それに常識もなかったです。

昨年の秋頃の失敗の経験が生きてよかった。それにしても、施工チームの職人は何も営業をしてないので、経営的には綱渡り状態です。

[PR]
by neo-diy | 2017-11-23 07:34 | 事業者向けネタ | Comments(0)

今月までの成果・今後の見込み

この時期になると、そろそろ来年向けの計画や種まきをします。職人にも覚悟を持ってもらうため、予告します。

力を入れてきた知人の店を使っての相談業務ですが、契約率は半分以下に低下しました。職人たちが自分で営業しないので、私が無理して経費を使って相談を受けた結果がこれです。

最近の数少ない契約見込みの件、施工担当が下見に行ってから確定すると思いますが、まだ下駄を履くまで分かりません。

一方、地方の案件は契約率8割以上をキープしています。誰が考えても、こちらのほうに力を入れたほうが良いはずですが、足かせになっているのが職人の仕事を取るための相談案件です。
*年内に見切りをつける予定だったのが、大きな現場を担当したので延期しました。来年の2月まで予約があります。

問題なのは、予算も工法的にも大丈夫と返事をした相談者が連絡が途絶えたり、キャンセルしたことです。理由は、おそらく金額的なことです。気持ちは分かりますが、約束を守らないのはいかながものかと。
そういう人は信頼されないので、案外危ない業者に騙されます。
*以前、そういう人が他の業者の製品を購入して地元の工務店に施工させ失敗して再度問い合わせてきたのですが、私もそんなに甘くないので断りました。

自分一人なら案件の取捨選択は難しくないのですが、専属施工チームを考えると簡単には割り切れません。(彼らは努力しないので、じっとして待っているだけですが)
そこで、サイトを更新し、コンテンツの拡充を図っています。

今年、汎用性のあるオリジナル薄型防音仕様を確立したので、これが地方の案件に活用されています。
これが今年の成果の一つです。これを伸ばす方向で考えています。
*先日の相談者にも、他の業者にはない技術だと評価されました。
----------------------------
暮らしの雑記(ぼやき+ウェブの事など)

[PR]
by neo-diy | 2017-11-22 07:26 | 事業者向けネタ | Comments(0)

今週は色々と忙しくなりそうです

先週の相談とご返事いただいた件の準備のため、今週は忙しくなります。
*無料相談を休止しましたので、その分、時間が出来ますので、間に合うと思います。

来月の中旬から新年にかけて予約が入りました。1月の中旬からは先約の件が決まると思いますので、2018年の3月上旬までは、うちの職人チームの仕事は確保できそうです。

私のほうは個人的にお受けした、信州の案件が今週契約になります。

あとは、知人の店に何回か義理で行かなければなりません。
*契約を知人の店で交わすこともありますので、当然ですが食事を用意します。

土曜日の依頼者には、海鮮ちらし寿司を出しましたが、評判は良かったです。
*私のお勧めの一品です。

それから、そろそろ歳暮の準備をしなければ希望する品を確保できなくなります。

電子レンジが調子が悪くなり、回転皿がちょっと重いものを載せると動かなくなりました。
*某○菱ですが、冷蔵庫は2年で壊れ、5年前に日立の製品に交換したのですが、調子はいいです。

あれも、これも交換したいと思うのですが、すでに今年は浴室の換気扇、リビングの照明器具で予算を使ってしまいました。
*靴は古いのを下駄箱から引っ張り出し、補修用のクリームを塗って磨きましたら使えるようになりました。あとは防水剤と靴底敷きを買えば、来年の春までは大丈夫そうです。

最後に余談ですが、メールなどの無料相談は休止と明記しているのに、それを守らない遠方の人からのリクエストです。とても面倒です。この地域の人は自分勝手な人が多く、毎年のように同様な問合せが来ます。地域性?なのかと思うくらいひどい。
*質問に答えると、また次の質問をしてくるので、今日はきっぱり断ります。

[PR]
by neo-diy | 2017-11-13 07:34 | 事業者向けネタ | Comments(0)

防音相談は一応、今日まで(2017年)

年内の防音相談は、とりあえず予約をいただいた件で終了する予定です。
昨日のかたは有料相談であり、後日、施工担当が現場をチェックして年内の作業は終了し、改めて工事範囲を設定のうえ見積ります。

今日の相談内容と日程が決まれば、これで来年の3月中旬頃まで予定が入りそうです。
他のマンション・木造案件は、連絡が途絶えたのでキャンセルとみなします。
*返事をしない人は、他の業者を探しているのかもしれないが、約束を守らない人は・・・ろくな事はないと思います。

昨日の相談者に言われましたが、難しい案件の事例集みたいな本を作ったらどうでしょうか、という話が出ました。そのかたは日ごろコラムなどをメディアに出しているので、文章を作ることに抵抗がないというか、事例などの記事がネット上に少ないことを不思議に思っておられるようでした。

私も昨日の相談案件に近い事例がネット上にまったく公表されていない業界の現実を説明しましたが、要するに業界にとって都合の悪いことは誰も書かないということかもしれないですね。

専門書を書くには相当な時間がかかるし、自費出版では経費の問題があるので、私には出来ないと思います。現役の技術者は、日々の仕事に追われ、なかなか時間を作れないものです。

今まで私がブログに投稿したり、ホームサイトに記載した事例に補足すれば、確かに書籍にするだけのネタはあるでしょう。でも、それを公開したら、すぐに盗作・無断流用する業者が出てくると思います。
*実際に防音職人のコンテンツを盗作する輩が居ます。

せっかくのお話でしたが、本の件は封印することにしました(笑)。
今日の相談者はマンションではなくて、木造住宅の防音室です。シアター・カラオケ室に改造したいというご希望です。
---------------------
暮らしの雑記帳

[PR]
by neo-diy | 2017-11-11 07:57 | 事業者向けネタ | Comments(0)

へそ曲がりな?商いポリシー

専属の職人には当然だが、契約金額が大きいほうの案件を受注してくださいと言われる。
もちろん、普通の業者なら、そうするのが当たり前だと思います。

その当たり前ができないのが私です。

昨年の秋頃、約500万円の契約案件(IT産業の役員からの依頼)を打診されましたが、先に手を挙げていただいた約140万円の木造防音室(プロのピアニストからの依頼)を私は優先しました。
*簡単に言えば、前者の依頼者の態度と前提条件が気に入らなかった。

それは人間性、誠実さを見て判断したからです。後者の依頼者は、すぐに契約して下さり、1月に完成し、3月に音響チェックに行きました。
*非常に有意義な時間を過ごせました。

商い的には利益は少なかったですが、モチベーションが上がりました。経験的にも汎用性の高い工法を試すことができて、専門的な世界が広がりました。

今でも自分の判断に後悔はしていません。私の運営する「防音職人」は金額の大小で契約を決めるのではないです。依頼者の中身で決めています。

現在工事中の現場は、依頼者の中身・取組み姿勢がよく、偶然、契約金額が大きくなるほど現場の施工面積がでかい。職人たちは、この件で、しばらくは生活できるし、年を越せます。
昨年のように、餅代を私が自腹で与える必要がないので、今年は昨年よりも経済的には楽です。

さて、一部振り出しに戻り、来年の仕事を探さなければならなくなりました。

[PR]
by neo-diy | 2017-11-09 08:46 | 事業者向けネタ | Comments(0)

今日は難しい作業をする前に考えてみました

昨日はメールの返信だけして休みました。天気が良かったので、少し雑用を済まして、ゆっくりしました。
*ネットスーパーの商品も受取り、この連休中は足ります。

今日から今まで準備してきた、ある難しい案件の提案書・見積作業を本格的に始めます。先週から昨日までは、例外的に設計図を先に作っていました。
というのは、詳細な施工図を作らないと、金額が大きくぶれるほど施工面積が大きな現場であり、内容的にも難しい案件だからです。
*ほぼ通常の業務の2件分あります。

現在、工事中の地元の防音室に次いで今年2番目に難しい現場になりそうです。ただし、私の利益はあまりないというマンション案件です。
*依頼者が誠実なひとなので、無理してお受けしました。

昨年からマンション案件に限定すると、私の収支はマイナスになっています。要するに自分の実働日当分を確保できていないのです。普通の企業なら撤退する分野です。

依頼者と職人の仕事を確保するためにだけ受けた案件です。
この分野は、実は私が先端を進んでいたもので、自営業歴の半分を費やして実践と研究を重ねてきたもの。しかし、ここ数年、予算が厳しく利益にならないので見送っていました。しかもキャンセル率が高いマンションはリスクがありすぎます。
*検討に時間をかけたあと、平気でキャンセルする人が続出してマンション住民の民度が低下していることが分かりました。

他の専門業者は、ノウハウそのものがないので、受けたがらない、分からないから工事の契約をする前に逃げます。逃げないのは取引先の建築士だけです。

提携先の建築士は「あなたが止めるなら、この分野はお終いにしましょう」と言いました。
私が利益を生み出せない案件は、一緒にやる意味がないということです。

先日、知人の居酒屋で寿司を食べながら、そういう話をしたのです。これからは木造建築の案件を頑張って受注しましょう、という結論になりました。
*残念ながら、彼の担当業務がなかなか受注できないのですが、なんとかしたいと思います。
*たぶん、工事中の現場チェックを手伝ってもらえると思います。写真撮影も大事ですから。

今回の案件(分野)は、これが最後になるかもしれません。後悔の無いように提案書を作りたいと思います。本当に難しい世の中になったものです。
182.png
--------------------
西国立から情報発信(※休眠中のブログの活用を検討中。昔使っていたものです)
暮らしの雑記帳

[PR]
by neo-diy | 2017-11-04 08:10 | 事業者向けネタ | Comments(0)

秋空のなか新しい現場が始まる

うちの施工チームが担当する現場が今日から地元・国立で始まります。
*台風は東京から遠く離れ、晴天になりました。

秋らしい青空の中、現場に向かう職人たちも施主も気分が良いでしょう。
*私のほうは早くも坐骨神経痛(右足)が疼きはじめ、鈍い痛みと右足ふくらはぎに痛みが出てきました。
*再度、整形外科でストレッチの指導などを受けなければならない。

デスクワークや立ち仕事を控えれば、今のところ痛みは治まりますが、昨年の記憶と似ています。
*念のため、今日の現場は行きはタクシーで移動する予定。

今日の現場は、当ブログでも重要性などを投稿してきましたが、依頼者の引っ越しの予定があるので、11月の下旬には概成見込みを提示して、引っ越し可能な日程を決める必要があります。
*グランドピアノ搬入は防音室が完成してからになります。

依頼者は来年にはピアノ教室をスタートされますので、家具やインテリアの準備期間を含めて少し余裕があったほうがいいと思います。

今後は、もう台風が上陸することはないと思いますので、年内は予定通りに進むはずです。
それに多量の資材を今週中に大半入れますが、天気は良さそうなので大丈夫と思います。

無事に工事初日を迎えることができそうです。
*もう少ししたら出発します。
------------------------
暮らしの雑記

[PR]
by neo-diy | 2017-10-30 07:02 | 事業者向けネタ | Comments(0)

最近の雑感と身の回りの様子

どうやら無料相談を希望していた人は連絡が途絶えたようです。
これで、優先度の高いちゃんとした依頼者が残ることになりそうです。自然に仕分けられていくのが、いつものパターンです。

先にご予約をいただいた件が優先です。契約が確定するまでは、早いもの順に決めていくしかないのです。
*今月も残りわずかであり、月末と翌月当初の支払い関係が終われば見積書・提案書など書類作りに追われます。

うちの職人は相変わらず返事が遅く、呑気でうらやましいです。相方に言わせれば、中年になればもう性格は変わらないし、できないことは期待しても無理だと。
*こういう人は、仕事を与えてくれる人が居なくなれば、あっという間に生活に困ります。蟻とキリギリスのような話になるのでしょうか。

秋の間に色々と準備することがありますが、一朝一夕でやれるものではないので、少しずつ進めて行くしかない。焦っても無理ですから。
動いているうちに、重要なものが見えてきて、自然に仕分けられて行くと思います。作業しながら考えると頭の中で物事が仕分けられます。

建築士を見ていると分かるのですが、自分で努力して未知の分野を勉強していくことが出来ない者は、独立開業は無理です。会社勤め又は建築会社の傘下で働くしかないのです。

知人建築士は最初はウェブサイトを便利で有望なツールとして感じていたようですが、自分で更新できなくなり、作り直すにも今まで人任せにしていたので、システムが分からないので放置しています。
それでも年間ある程度の相談があり、利益に結びついています。

自分で出来ないことは外注し、出来る事を自分でやるというのが普通の経営者です。
それでも、取引先や知人建築士は生き残っているようですので、大したものだと思います。これは皮肉ではありませんよ。自分なりの得意なやり方で生き残っている人への敬意です。

ですが、ウェブサイトなど有効なツールの活用を軽視しているところが残念です。うちの職人も同様です。


[PR]
by neo-diy | 2017-10-25 09:59 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧