カテゴリ:事業者向けネタ( 328 )

近所で建築中の現場が増加

 いままで塩漬け状態であった土地が、最近急に基礎工事に着手している。戸建などツーバイフォー工法だと、年内ギリギリに竣工する見込みだそうです。

 ただ、ミニ開発で隣棟間隔が1メートル程度しかなく、外壁などの補修を将来行う場合は、お隣さんの承諾をいただかないとできないほど狭い作業スペース。
 生活騒音の問題も発生するリスクが高く、楽器防音室を作るにも大きな制約がありますね。

 などと、防音相談や金融機関での支払いの帰り道、そのようなことを思いながら歩いています。

 今日も急な相談で、国立駅の南口方面に午後から行きます。

 あくまで想像ですが、最近、輸入材の輸送ルートにおける紛争や資材の高騰で、国内建材の値段が上がり始めているので、建築を急いでいると考えています。
 来年は、間違いなく、防音材も含めて、さらに色々な資材が値上がりするのではないでしょうか。
[PR]
by neo-diy | 2014-10-01 08:42 | 事業者向けネタ | Comments(0)

年内の予約案件、今後のこと

 なんとか、11月の中旬までは予約が入りました。私の予算は大幅に削っていますので。このまま行くと、9月~11月分の収入は昨年の同期間の半分程度になりそうです。
 設計・コンサルティング費用が少なくなり、防音資材の立て替え金額だけが増えている状況。消費税も経営を圧迫しています。
 私は消費税業者ではないので、本来は建材費用を立て替えると、消費税分まるごと自分の負担になります。これが今年の経営を悪くしている要因の一つです。

 それとデフレ傾向が強く、内容の割には予算が抑えられているので、その分、私がかぶっています。新しい事業メニューというか、仕事の受け方を軌道修正しないと、まずいでしょう。

 うちの職人の契約書や見積書まで私が作成しているので、時間的な制約もあるのですが、彼らに見積りなどを任せると契約にならないことが多く、仕方なく私が調整しているのです。

 また、防音材のリクエストには、取引先の窓口を直接紹介することが増えてきました。もちろん、手数料はとっていません。不動産業者やブローカーのようなことはしません。
 あくまで、私がコンサルティングをお受けして、発注事務が生じる件だけ最低限の手数料をいただいています。

 今後の件は、改造中のウェブサイトと合わせて、再検討したいと思いますが、資材関係の経費が消費税分以上に値上がりするので、頭が痛いです。
 防音設計・コンサルティング以外のことに振り回されるのは、不本意ですが、スタッフを雇えるだけの収入がないので、仕方ないです。

 ちなみに、問合せ、無料相談の件数は昨年以上の量がありますので、私の運営するウェブサイトは注目されていることは確かであり、徐々に知られてきたのかなと思います。
[PR]
by neo-diy | 2014-09-27 08:24 | 事業者向けネタ | Comments(0)

技術経費、コンサルティング

 提案書や詳細見積りなどには、相当の時間がかかっているのに、返事すらしない人が居ます。また、技術的なコンサルティングを「無料」と思う人が多く、いったい民間事業者をなんだと思っているのか?公務員ではありません。(公務員だって給料をもらっているから、無料相談をやるんです。)

 私のホームページの注意書きを見ないで、無料相談希望として問い合わせる人が居ます。防音設計や騒音対策は、専門家が少なく、知人建築士を除くと、大学や企業の研究所にしか「専門家」と言える人材は見当たりません。
 ただし、スタジオ防音や音楽ホールなど比較的規模の大きい案件は専門とする業者がいくつかあります。ですが、木造家屋の防音室やマンションの生活防音に限定すると、適当な業者がいないという現実があります。探していただければわかると思います。
 私や知人建築士が、他の専門家を探してもなかなか見つからないわけですから、一般のかたが探すのは、相当難しいです。

 私の無料相談は、一般のかた初回限定で、予約制です。しかも国立または西国立までお出でになれるかたを対象にしています。必ずお受けできるという保証はありません。
 専門家と言えども、得意分野がありますので、ご予約の際に検討します。

 本来、技術的なコンサルティングは全世界共通で「有料」です。このことを忘れないでいただきたいと思います。
[PR]
by neo-diy | 2014-09-25 07:51 | 事業者向けネタ | Comments(0)

二つ動き、一つ止まる

 2つほど契約案件などが確定し、動き出しました。一方で、依頼を打診した件が、辞退されました。トータルでは少しずつ、物事が前に進んでいます。
 焦らないで、着実に行きたいと思います。辞退された件は、自分でやることにしました。

 夏が終わり、知人や取引先の噂では、リフォームが動き出し、忙しい現場もあるようですが、なかなか私の直接の取引先は受注ができずに足踏みしている感じです。
 私のほうは、とにかく優先度の高い案件の作業を進めながら、ウェブページの準備を出来るだけ早くと考えています。

 何事も即効的に物事が動くわけではないので、冬が来る前に準備をして反応を見ながら、次の手を打つという段階的に考えています。
 自営業は自分しかあてにできないと覚悟を決めて、やるしかないです。

 ただ、返す返すも自分の構想に取引先がついてこれなかったのが残念です。取引先のネットワーク構築は、私の有力な構想であり、時間はかかるけど費用が余りかからないというメリットがありました。

 これが止まったので、見切りをつけて、自分のウェブサイトでクローズして自分の世界だけで勝負しようと思ったのでした。
[PR]
by neo-diy | 2014-09-10 08:43 | 事業者向けネタ | Comments(0)

餅は餅屋に聞け、そして頼んだらいい

 現在制作中のウェブページに入れる画像を検討していますが、なかなかコンテンツをイメージできるものを選ぶのに時間がかかっています。
 それならばと思い、知人建築士にイラストを打診したのですが、断られました。分かりやすいイラスト・イメージスケッチ(人物が入るもの)は描いた経験がないということで、自分でやってみたら?と言われたのですが(笑)。私も人間を描くのは苦手で、いつも風景のスケッチばかりを描いています。

 ということで、プロのイラストレーターに質問してみました。そうしたら私が考えていたコンセプト、表現方法に近いものだったので、その人に時間と費用が許せば依頼したいと考えています。
 どちらかというとセリフのないモノクロの漫画のような1コマで表現するイラストがいいと思っています。

 こちらのイメージを伝えるためのラフな原案を作らないと説明できないかもしれないので、今日、外出から戻ってきたら夜にでも考えてみようと思います。

 イメージは木造住宅の室内にピアノ、PC・デスクのあるシーンで、2部屋を同じ画面で表現。1部屋はPCなどを使ってデスクワークをする仕事部屋。隣の部屋はピアノ防音室という想定で、比較的薄い防音壁で仕切られ、安心して生活できる防音レベルになっているという1コマです。

 早速、準備にかかりたいと思います。(つづく)
[PR]
by neo-diy | 2014-09-05 08:06 | 事業者向けネタ | Comments(2)

焦るなと言っても、生活費ぐらいは

 職人には焦るなとか、今後は地元中心に受注できるようにするからウェブサイトの改造中は我慢してくれと言いましたが、それでも私を含めて生活費ぐらいはなんとかしないと、運営していけません。

 本日お会いする防音相談の方は、すごく工事を急いでおられるので、打合せと仮契約を兼ねて、その場でお約束をいただく予定です。そうしないと、施工チームが9月10日頃に関西方面の現場に向けて東京を出発しますので、間に合わないのです。
*書類作成は日程を決めてから追いかけます。防音材は明日までに発注して代金を振り込まないと確保できません。中小企業の受注生産方式なので確約がないと準備できないのです。

 特急で作業を進め、本日午後の打ち合わせに臨みます。

 これを含めて、3件の準備の目途がつかないと、ウェブサイトの作業は再開できません。自分が焦らされているような状況ですが、日頃想定していた防音仕様を作っておいてよかったです。

 知人が自宅を設計してくれた建築士のホームページ改造の仕事を担当するようです。本当は、これを参考にしてから、自分のウェブサイトを改造するつもりでいたのですが、どうやら、そんな呑気なことをしている時間はないようです。
 来月には本格的に作業を再開したいと思います。
[PR]
by neo-diy | 2014-08-25 07:30 | 事業者向けネタ | Comments(0)

おごれるもの久しからずや(商い)

 ある取引先とも話していましたが、いまどき魂のない商い「大名商売」は非常に珍しいと。しかも、それで経営できるのは奇跡的なことなので、非常にうらやましいと、その取引先は言っていました(笑)。
*その取引先の代表者が在籍していた建材メーカーのことです。

 私は、ついに決断しました。その問題の建材メーカーの製品を漸次取引量を減らしていくため、新しい木造防音室の設計仕様に切り替えていくことにしました。
 いずれにせよ、そのメーカーの製品原材料が高騰を続けているので、近い将来、再値上げ、供給の不安定が起きるだろうと思います。

 本当に、そのメーカーはバカだと思います。代理店は冷たいもので、値段が高騰すれば必ず逃げます。彼らは利益率のみしか見ないので、製品の有用性など軽視してます。
 心ある取引先を軽視している、そのメーカーは必ず代理店から冷たい仕打ちを受けることになるでしょう。御得意先を重視しない商いは致命的です。一般ユーザーからの支持も失うでしょう。

 ライバルメーカーも良い製品があります。少ないですけど、私はいくつか見つけました。昨年から取引を開始しました。
 今年の夏から秋にかけてが、勝負だと見ています。いま関連業界は過渡期にあります。
[PR]
by neo-diy | 2014-08-21 08:30 | 事業者向けネタ | Comments(0)

案件の優先順位

 1か月以上、連絡もなく追加情報も送付されず、いきなり見積り依頼のリクエストが来ることがありますが、当然ながら先に手あげていただいた案件の検討作業を優先します。
 やりやすい件に飛びつくやり方は、結果的に信頼を失うだけでなく自分自身の心に充実感がなくなります。

 先月から昨日にかけて、先にご返事をいただいた件を優先して見積りや提案書を作成してきましたが、不幸にして契約に結び付いていません。しかも遠方の件は、職人が金額的に満足のできるものでないと利益が出ないという事情があります。

 仕方ないので、今回限りで遠方の件は、施工そのものはお受けしないことにしました。私のほうは地方の施工業者を指導しながら防音対策のご依頼を受ける方向で、ホームページの記述を書き直す予定です。

 また、地元を中心とした受注の拡大をめざし、既存のドメインを使って、ホームページを改造をすることにしました。ただし、防音職人のメインサイト(CMSタイプ)はそのまま継続します。

 すでに実験的なページを使って、「調布、府中、国立、国分寺」の4つの地域の検索で上位に出るように設定しました。この地域における専門業者は殆どないことが分かり、予定通り地元密着型のホームページ改造に着手することにしました。

 遠方の件が本日ご返事があるのを受けて、専属施工チームに確認を取ります。これで正式にお受けすることができれば、この件の準備を優先し、目途がついた段階で夏休み、長期のウェブサイト構築に入ります。

 とにかく、最近、私の予想外の結果に終わることが多いので(笑)。あまり期待はしないことにしました。

 取引先や提携先が仕事仲間に配慮しなければ、私は自分中心のシナリオを早急に作る予定です。夏もあと3週間程度であり、残された日数もあまりありません。
 あーあっつい、といいながら汗をかく日も、1か月を切っています。1か月足らずで「秋虫」が泣き始めます。
[PR]
by neo-diy | 2014-08-05 07:22 | 事業者向けネタ | Comments(0)

商いの次の一手、決断

 良いも悪いも、今日明日には夏休み明けから9月中までの案件が決まる。それは見積り以前に、遠方の現場をお受けするか、辞退するかの選択です。
*職人の体力的、精神的な問題が大きいです。

彼らの決断を尊重しようと思います。辞退するなら、9月中までは仕事がなくても、自分たちが選ぶ道ですから、不平不満は絶対に言ってはいけません。
*私も最近、キャンセルなどのためく、ただ働きが多く、このくそ暑いのに休んだほうがマシだという気持ちが強いです。

私の様な零細自営業は、1か月~2か月程度の予約分がキャンセルになると、取り戻すのは殆ど無理です。
今後の業務スタイルを軌道修正していかないと成立しません。

 いままで、関東だけでなく関西、中部、北陸、信州、東北方面の業務を受けていましたが、今後は地元密着型を重視して、ウェブサイトや相談業務を徹底して構築していかなければなりません。
 準備には、数か月かかる見込みです。

 いずれは、スタッフも私も加齢とともに体が動かなくなり、無理が利かなくなります。すでに、そうなりつつあるので、今回、関西方面の2件をどうするか迷っているわけです。
 技術的には可能な現場ですが、職人が現場に行けなければ施工できません。

 今年の猛暑がかなりこたえているのは明らかであり、それは年を取った証拠です。

 焦っても仕方ないので、ぶれない選択をすべきでしょう。そして懸命に努力して、次の一手を打つべきです。
私は提携先にも取引先にも配慮して商いを進めてきましたので、これ以上の配慮は期待されても無理です。
 各々が懸命に努力して見れば、私が今まで提案してきたことの重要性が少しは理解できると思います。
*取引先も、今まで私が供給してきた注文、紹介案件の有難さがわかると思います。

 さて、周りが崩壊しても自分で仕事を作る方策を練らなければいけない時期なのかもしれません。今まで習得してきたノウハウ・技術を生かすべきであり、必ず期待してくれる依頼者が居るはずです。
 その人たちに向かって情報を発信するため、地元を中心にPRをできる限りしてみたいと思います。

 長い夏休みになるかもしれませんが、ただ休むだけでなく、自分の構想を実行する夏になるはずです。私の性格上、手をこまねいて、じっとしていることは絶対にありません。

 ウェブサイト以外に、業務の相談をお受けする有効なツールはないと思います。国立の駅前にオフィスでも構えていれば、ほかにも宣伝手段はあるのですが、ないものを求めても無理ですから、自分ができることに集中したいと思います。
[PR]
by neo-diy | 2014-07-30 07:30 | 事業者向けネタ | Comments(0)

近所のコーヒー豆専門店

先週、比較的近所にあるコーヒー豆焙煎・専門店でギフト用にコーヒー豆を400g買いました。
いつもはモカブレンドを中心に選ぶのですが、今回は酸味のあるキリマンジャロ、酸味がほとんどないやや甘味のあるコロンビアの単品を選びました。

そこの店は中年女性が一人で運営しており、ご自宅の離れに木造平屋のショップを知人の大工職人に依頼して作ったと聞きました。
*焙煎の道具、ガス器具などを備え、木製の家具を配置した素朴でおしゃれな感じの小さな店です。

いままで私が店の前を通る曜日は定休日らしく、先日は違う曜日をあえて回り道して立ち寄りました。コーヒー好きな親戚に贈るためです。

私自身はコーヒーは、スーパーで安いものを、普通のフィルターでお湯をそそいで飲む程度で、コーヒーメーカーも物入れで眠っています。

上記の店ですが、ひきたてをすぐにパッケージに入れて紙袋にくるんでもらいました。その日に茶菓子と同梱して発送しました。

この店はホームページがないので、作らないのですか?と聞くと、自分はPCが分からないし、一人で趣味的にやっているので、あえて作ろうとは思わないということでした。
これを専業の商いとして運営する場合は、当然、ホームページは作ったほうが良いと思います。この店のお客さんは、電話で注文してから商品を取りに行くそうです。

注文品は決して安くなく、むしろ贅沢なものだと思いますが、挽きたてのコーヒーをすぐに飲みたい人には手ごろな分量で色々な種類を選べるので便利なお店です。味の特長も押しつけがましくなく、わかりやすく説明してくれます。
[PR]
by neo-diy | 2014-07-22 07:58 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧