カテゴリ:事業者向けネタ( 305 )

建築業者の見方、一考

私は仕事で無料相談を国立で行っていますが、ご予約いただくかたは、知人の紹介を除けば、すべてウェブサイト経由の問合せです。

防音設計の事業者の数は、リフォーム、建築設計事務所(会社)に比べて少なく、業界としては非常に狭いもので、すぐに評判などが情報として入ってきます。

ところが、建築事務所やリフォーム業者の数は余りにも多く、多少評判を聞いても印象に残りません。相談者に相談されてもアドバイスできるほど、多くの事例情報がありません。

そこで、お勧めしているのが、まずウェブサイトを教えてもらい、具体的な設計・施工事例について質問することをアドバイスします。
*これによって、建築士や事業者の仕事に対する姿勢や実績を見るわけです。

うわべのデザインが立派でも、書かれている文章を読み込めば、人物像が見えてきます。
*とくにブログ記事には、本音が書かれていることが多く、参考になります。
*ウェブデザインも、素朴に手作りで構築されているサイトは、信頼性が高いです。

それから、優れた建築士の資質は、人の意見に素直に耳を傾け、自らが勉強する手間を惜しまないところにあると思います。
*それと他分野の専門家の労力や情報の価値を認める見識、良識を持っていることも重要なポイントです。

横柄な口のきき方をする専門家、専門業者は要注意です。避けたほうが無難です。

それから、良いリフォーム業者は、老舗に多く、地元の評判が高いものです。
*もちろん、信頼できる人からの紹介であれば安心です。
[PR]
by neo-diy | 2013-11-10 09:46 | 事業者向けネタ | Comments(0)

仕事の思い出

今日は、事務的な作業とウェブページ(ガイドページ)の準備を進めることにしました。
*休み中に数件メールが来ています。

 最近、昔担当していた都市計画のコンサルティングの夢を、ときどき見ます。たいてい締め切りに追われて焦るパターンですが(笑)。
 それに比べると、自営業の現在は、自分である程度、スケジュールを自由にできるので、ストレスは会社勤め時代の半分ぐらいだと思います。

 小さな会社だったので、作業的には誰も助けてくれる同僚はいなく、社長やクライアントからダイレクトに進捗状況を聞かれることが多く、ほとんど自力で答えを見つけないと生きていけない世界でした。
 一番異なるのは、自営業のいまは、自分の仕事は自分で取るしかない、作るしかないということです。
*仕事が減っても、クビになる(リストラ)心配がないのはいいです(笑)。

 ただ、思うのは、会社のことを考えないサラリーマンは、自分の将来すら考えない人が多いですね。私の場合は、国の関係の業務だったので、行財政改革やプロジェクトが変更になるたび、仕事が激減するので、会社を辞めた理由も自分のやるべき仕事がなくなったというのが大きいです。居心地が悪くなって、あの世界から転職した。

 ちょうど、約10年前は、ホームページが流行り出した頃で、自分のホームページを立ち上げると、予想以上に問合せやアクセスが多く、これが現在の業務を成立させた要因でした。

 その後、ブログが増えていき、自分でホームページを手作りするユーザーが減ったと思います。大半の人は、苦労して手作りすることを嫌うようです。
 これが大きなポイントでした。差別化を図るには、ブログの記事を増やすだけでなく、手作りで専門的なコンテンツページを拡充することが重要だと思ったのでした。
*大体、その考え方は、私の相談者や依頼者に受け入れられたと思います。

 自分の仕事は、自分で創る、生み出すしかないと実感しています。
[PR]
by neo-diy | 2013-11-04 09:47 | 事業者向けネタ | Comments(0)

月末の支払い、雑用

 自営業で、事務作業や雑用を全部やっていると、忘れがちなのが支払関係です。自分のクレジットの買い物は自動的に引き落とされるので問題ないですが、資材などの振り込みは、各メーカー・取引先ばらばらに郵送されてくるので、大変です。

 ほとんどメールにPDFを添付して費用請求してくる取引先はなく、大半が書類の郵送です。私はメールでも郵送でも良いのですが、問題は送付される時期です。
*10日間単位で、10日、20日、30日と月3回に分けて送ってもらえると助かるのですが。

 そんな話をしたら、提携先は月末にまとめて支払うということで待ってもらえばいいじゃないですかと言います。
 私の場合は、早く支払う約束で仕入れ価格を抑えてもらったり、バラ売りを可能にしてもらっていますので、そうはいかないのです。

 建材のバラ売りを嫌うには理由があります。梱包の手間賃、人件費です。通常、製品はケース単位または束で納品されますので、10枚セットの製品を6枚くださいということは、手間賃・梱包資材費用を別途かけることになりますので、嫌がられるのです。

 それを説得するには、入金の早さが勝負です。月末まで待たせるのでは説得力がない。
ちなみに、私の場合は、月末までに支払えないことを「資金ショート」と読んでいますが、独立開業して、そのようなことは1回もありません。

 今月分は、昨日までに先払いしました。(まだお客さんから費用をいただいていない分も含まれています)取引先はスタッフの給料が月末払いのところも多いので、私も早めに支払うように心がけています。
*スタッフ自体は、そんなこと考えずに、のんびり事務作業をやっているようですが。

 とにかく、今月も無事、すべての支払いを済ませることができました。
[PR]
by neo-diy | 2013-10-30 08:09 | 事業者向けネタ | Comments(0)

プリンターが壊れる

 約8年間使用したキャノンのプリンターが、昨日、インク漏れと電気配線のショートと思われるトラブルで、焦げたような臭いがして逝ってしまいました。。

 突然のクラッシュで、後継機を用意していませんでした。急遽、昨夜ネット通販で注文しましたが、インクや接続コードなどの準備が要るし、先日購入したPCの支払いと重なり、とんでもないクレジットの請求額となりそうです・・・(-_-;)
*PCはXPの後継機ですが、これは予定のことでした。

 それにしても、元気なXPが2台もあり、これを来年の春から、ネットにつなげられないのは痛いです。

 テレビや冷蔵庫に比べて、PC・関連機器は弱いですね。

 プリンターは、私はあまり使わないので、油断していました。

 そういう訳で、数日は事務処理を支払のみ行い、あとは来月に回すことにしました。
[PR]
by neo-diy | 2013-10-29 08:35 | 事業者向けネタ | Comments(0)

見えそうで、見えない

 先週までにクリアになると見ていた件ですが、半分は見込みがないことが分かりました。

 あと半分は、1件が相談者の約束通り依頼があり、今週作業に着手します。契約案件以外の残りは、やってみないと何とも言えない。

 私は、せっかちなので、早めに結論を知りたがるのですが、物事は私の予測通りには動かず、思わぬところから話が決まっていくこともあるので、最後まで諦めないで、提案書を提示してみようと思います。

 いずれにせよ、年内のスパンで見れば、あと2件しか実施できないので、成り行きにまかせ、先に手をあげていただいた方に決めることにします。

 こちらを必要としてくれる方は、返事も早いと思うので、あと1週間、待ちます。

 その前に、来週から始まる現場の施工図を明日までに仕上げなければなりません。3連休は半分程度、仕事になりました(笑)。
*予想外のことで、時間をロスしてしまいました。

 まあ、自営業ですから、休みはそのうち作ります。だいたい、数か月先を見ながら動いています。
[PR]
by neo-diy | 2013-10-14 10:35 | 事業者向けネタ | Comments(0)

取引先との温度差

 人の良い提携先は、問題のある取引先と打合せして、なんか丸め込まれたようです(笑)。

 問題の本質に触れないように、差し障りのない話で酒を飲みながら温めたようです。おそらく、年配の人は、いまさら直接の取引先でない会社にはあまり関心がないということでしょうか。

 ゆっくりと仕事をしたいという意向だったそうです。私は「ゆっくり」と「連絡の遅い、誠意のない対応」とは全く違うと思います。

 ビジネスマンですから、本音はともかく、誠実に依頼者と向き合うというのが基本スタンスだと私は思います。問題のあるスタッフの教育ができないのなら、会社として淘汰されても仕方ないと思います。

 頭に来る対応は、商取引の大小だけで見ることです。なぜ危ういかというと、大口の取引先が逃げたら、おしまいだからです。

 私は、取引の大小に限らず、いろいろな取引先や依頼者から信頼されることを望みます。金額で対応に温度差が出るようでは、私は品性、志が低いと考えます。
 いままで助けてもらった恩義も忘れるようなスタッフは、二度と相手にしないつもりです。
[PR]
by neo-diy | 2013-09-26 08:33 | 事業者向けネタ | Comments(0)

中年の人材

 現在、取引を見直している取引先の中年担当者ですが、だんだん対応が粗雑になり、魂が抜けたような商いをやっているので、きっと自爆する?つもりなのかと思います。

 この会社に前任として担当していた知人が居るころは、本当に一生懸命、営業していました。もはや、この会社の未来はジリ貧だと思います。
 それに、能力もやる気も無い中年サラリーマンは、会社がつぶれても再就職の道はほとんどないでしょう。スキルアップもしないのだから、独立開業も無理でしょう。
 会社の看板がなくなれば、ただの取り柄のない、おっさんです。

 中年の人材の良い点は、経験のある仕事においては、即戦力になるということです。しかし、それも現在の仕事を懸命に努力して遂行している人材の場合です。

 私も40代になって独立開業したので、その難しさや再就職の困難さは十分に分かっています。人脈は、自分で作るものであり、相手に評価されなければ、会社を辞めても誰も振り向きません。

 私が会社を辞めた時は、二人の建築士が声をかけてくれました。これが現在の取引先です。それと会社勤め時代に知り合った建材会社を加えた3つの取引先が、いまも変わらず残っています。

 私の場合は、独立したころはホームページが花開くころでしたので、ホームページを持っていること自体が、情報発信の重要なツールでした。競合する業者もネット上では少なく、運が良かったと思います。

 いまは、中年サラリーマンが独立開業するには、相当の準備とスキルアップ、提携先の確保などが、私が開業した9年以上前に比べて、さらに重要になっています。

 いつまでもあると思うな、会社と取引先。
[PR]
by neo-diy | 2013-09-24 09:34 | 事業者向けネタ | Comments(0)

消費税値上げ+輸入材料の値上げ=中小企業経営直撃

 建材関係だけではないと思いますが、私の業界では大半の資材が、消費税値上げ前に、値上げを予定しているうえに、新築駆け込み需要で、メーカー・問屋が強気です。

 いままで貢献してきた代理店や取引先を軽視する企業が出てきました。ですが、来年の消費税値上げ後には、必ずお返しが来ます。
 誠意のない中小企業は淘汰され、経営を直撃することでしょう。

 苦しいときにこそ、誠実な商いをしてくれる業者は、私は絶対に忘れません。取引価格だけで判断をすることはないです。
 すでに、取引先の選別を始めました。

 いま、急いで設計仕様と見積りモデルを検討中です。出来る限り、資材値上げによる増額を抑える工夫を考えています。

 新政権になってから、値上げの話ばかりです。国産材の流通システムなどの改善を早急にしないと、輸入材の値上げのたびに、中小企業やユーザーは費用負担を被ります。
*国内産業の対策を検討する前に、消費税値上げのみが先行したことが、景気回復に水を差すような気がします。
[PR]
by neo-diy | 2013-09-20 12:55 | 事業者向けネタ | Comments(0)

誠意ある人を優先的に対応したい

 今月に入り、予約順に見積りなどを提示してきましたが、反応がないので、緊急性の高い件、誠実なやりとりが期待できる件を重点的に検討することにしました。

 やはりメールの文面や無料相談での手ごたえ通り、ダメな人はだめでした。見かけで判断してはいけないと、予約順に作業をしたのですが、無駄でした。

 今日からは、私が大丈夫と判断した案件を急いで進めます。

 また、会社の看板と自分の力を勘違いして、ぞんざいな対応をしていた取引先を見直すことにしました。
 この取引先の資材発注を徐々に縮小することに決め、提携先に新たな仕入れ先を検討するように依頼しました。
*この取引先は、今までウェブサイトについてもアドバイスしていたのですが、今後は放置します。
 自業自得でしょう。

 今年は、関東の案件が不作で、地方の案件の契約に助けられています。とくに、北海道・北陸・東北、信州・関西方面の方々、ありがとうございます。
[PR]
by neo-diy | 2013-09-18 08:22 | 事業者向けネタ | Comments(0)

今週は色々と動きがありました

 取引先の一つが、お客さんを大事にしないので、新しい取引先を探すとともに、その会社の製品をできる限り使わない設計仕様を検討中です。

 どこかのレアメタルじゃないけど、取引先に問題があれば、取引先を変更したり、使わない代替技術を開発するのが当たり前です。

 中小企業が、お客さんを大事にしないなんて考えられないと、提携先も言います。淘汰されても仕方ないでしょう。
 いままで再三アドバイスしたり、提案をしたのですが、聞く耳を持たない事業者を相手にするのは時間の無駄と判断しました。

 これに伴い、新しい設計仕様を決めました。そしてマンション関係の仕事はできる限り、提携先を紹介し、私自身は木造家屋、戸建住宅をメインに事業展開することにしました。

 それから、国分寺市光町の建築設計事務所と絶縁しました。これも失礼な対応や勝手な目論見で人様のノウハウを使おうとしたので切りました。
*貸したサンプルもまだ返却しない愚かな業者です。

 上記は、いずれも取引先などを軽視する姿勢が共通しています。また、一担当者が何を勘違いしてるのか、会社の看板がなくなれば誰も相手にしないことに、早く気付け、と思います。

 さて、会社だけでなく個人の対応を重視する私は、専属の施工チームの一人の職人に未使用PCをプレゼントすることにしました。
*win7を持っていないので、来年の春以降、困るだろうと先に渡すことにしました。
*ブログの運営など協力してくれているので謝礼も兼ねています。

 私は、新しいPCを今月中に購入することに決めました。備えあれば憂いなしです。目先の経費を気にせずに前を見て準備を進めます。
[PR]
by neo-diy | 2013-09-14 10:36 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧