カテゴリ:事業者向けネタ( 296 )

JASRACの問題

JASRACの問題は、かなり音楽教室を圧迫することになると、先日複数のピアニストが言ってました。

音楽教室では練習曲の楽譜やCDを購入しており、すでに対価を払っている。
今回の問題で、今後は著作権のある曲の楽譜やCDが売れなくなり、逆に業界としてはマイナスになると言われています。
学校教育関係の団体が運営するコンクールなど衰退していくのではないか。有望な学生は大半が音楽教室に通っていることを考えると、彼らの芽を摘んでしまうことになりかねない。

このままでは、JASRACは単なる圧力団体となってしまうのでは?

あまりにも唐突な行動は、音楽業界の衰退につながってしまい、学校教育にも悪影響を与えると、私は思います。

世の中、ただでさえ消費行動は停滞しているのに、音楽まで不自由な環境にして何のメリットがあるのか。政府は行き過ぎた利権団体の行動を是正しなければ、ますます国民の支持を失うことになるだろう。

零細なピアノ教室は、本当に運営が大変で、安い月謝をいただきながら細々と活動しているのが実態です。
そんな教室にまで利用料金を徴収すれば、音楽教育そのものが縮小化されてしまうと思います。

[PR]
by neo-diy | 2017-07-05 09:38 | 事業者向けネタ | Comments(0)

電話の問合せを受けていたら

昨日の記事を編集しようとしてクリックしたとたん、電話が鳴り別画面で自分のサイトを呼び出し、見ようとしたら、誤って削除ボタンを押したようです。
*このブログは下書き保存機能はないので、復元できません。

ここ数日、無理な電話が多く、態度も横柄な奴が多く、すべて男性でした。
結局、ただで情報を得ようとしていたのだと思います。
*この点、女性のほうがご注文や予約を前提に連絡されることが多いです。

男女格差や頭の貧富の差が大きくなってきたように思います。ウェブサイトの注意書きすら見ない人は、大半が仕事にはなりません。
*13年も自営業をしていると、分かります。

図面もなしで電話で状況を把握するのは無理があり、まして具体的なアドバイスなんかできるわけない。
そんなことも想像できない人は、地元の業者に相談すべきです。

このところ、台風接近の影響か、西日本・関東方面すごく蒸し暑くなってます。
水分補給をしないと危ないですね。
----------------
忘備録・雑記

[PR]
by neo-diy | 2017-07-04 07:24 | 事業者向けネタ | Comments(0)

古いタイプの人間

私は古いタイプの人間なので、先に手を上げて予約していただいたかたを優先します。
うちの職人も同じ考えであり、仕事に関する考え方は非常によく似ています。だから約10年間、一緒に仕事をすることができた。

欠点は仕事の大小や採算性を余り考えないので、依頼者の人柄を重視して対処することだと思います。
割り切ってできないんですよ。

今週は契約者や予約者に恵まれ、4件が同時に動き出しました。そのうちの1件は、施工担当の職人の意見を考慮して、優先して現場の準備をすることになりました。
*この依頼者は2回目の仕事になり、人柄が実に誠実で約束を必ず守っていただけるという安心感があります。

施工担当に伝えたら、ぜひその現場を担当させてください、と即答しましたので、決めました。
彼も私と同じで、依頼者の人柄を最重視するという古いタイプの職人です。

また、昨夜の相談者は、知人の居酒屋で契約書を交わしていただきまして、店主がそばで喜んでいました。
*このかたも、実に誠実で、店の料理もすごく気に入ってくださり、私の専門的な話もわかりやすくて、聞いていて楽しいと、言っていただきました。
私と相性がいいので、すごく若いのに古いタイプの女性のようでした。たぶん。

店主も古いタイプの人で、気に入ったお客にはとくにサービスしますね。昨日のにぎり寿司のネタは、当日、茅ヶ崎で仕入れた近海物を全部のせてくれました。依頼者もすごく喜んでいただけたようで、私も気分が良かったです。
*家族の入院でストレスが溜まっていましたので、癒されました。
----------------------
(追記:13時現在、家族の親族も見ていますので)
さきほど、入院先(国立病院)の担当医より検査の中間報告があり、来週末頃には病理検査を含めた詳細なデータを説明できるとの連絡がありました。
担当医は2名いまして、両者ともにまめに状況報告をしてくれるので、非常に助かります。若い医者なのですが、非常に誠実で丁寧な説明をしてくれます。
救急外来での対応も良く、非常に温かみを感じる病院です。
とにかく、6/28夜に緊急入院してからの、対処法が素早く、抗生物質の投与も的確で、すでに複合的な病状の一部は改善の方向に向かい、次の検査も来週追加で実施できるようです。

私も今回の多岐にわたる同意書や検査詳細、問診票などの長時間の記入は初めてでした。しかも病歴の詳細や食物アレルギーや薬の副作用など詳細な説明を記入しました(汗)。
概ね40ページ以上の書類に目を通してから、10種類の検査同意書にサインしました。


[PR]
by neo-diy | 2017-07-01 10:35 | 事業者向けネタ | Comments(0)

暇になるのかと思ってましたが

打合せ場所が国立駅前から仕事場直近の知人の居酒屋に変更になり、禁煙席が確保できないので相談が減って暇になるかと思いましたが。

店を気に入っていただいた相談者の契約が決まったり、相互リンク先の音楽家の防音対策の件で新規の相談をいただいたり、別件の新築住宅のご相談、ピアノスタジオ運営の相談をいただくなど忙しくなってきました。(禁煙席ご希望の方は西国立駅付近の飲食店で打合せを行うことになりました)

地方の防音室の件は、先日ご契約をいただきました。施工業者は新築を担当した住宅業者の専属会社に決まりまして、近日中に着工する見込みです。なかなか大変な現場です。

明日の打合せの件(知人・リピーター)で、7月頃の防音工事の目途がつくのではないかと期待しています。先に確実なご予約いただける人を優先して工事の日程を調整します。
*諸経費と時間をかなり掛けた件は、まだ返事がなく保留になっています。

また、都内の新築住宅のコンサルティングのご契約を月曜日にいただきました。

みなさま、ご依頼をいただき、ありがとうございます。このブログでは、たいした記事は投稿しませんが、ご質問は、当ブログでもお受けできますので、お気軽にご利用ください。
*ただし、市販品の特定の製品名は伏せてお願いします。
*というのは、私のウェブサイトを盗作、無断流用した通販業者がまだ営業していますので、私の取引関係では使用しないようにしています。誇大広告・欠陥製品もあります。

音響・防音業界は、玉石混淆の状況であり、モラルのない専門業者もいます。

すでにご相談中のかたでも、HN(ペンネーム)で投稿していただければ問題ありません。
*もちろん、ブログなどをお持ちのかたは、遠慮なくリンクを入れてください。

[PR]
by neo-diy | 2017-06-28 07:58 | 事業者向けネタ | Comments(0)

技術があっても受注がなければ生かせない

うちの職人のような営業能力がないものは、営業力の強い業者の傘下に入ったほうが良いのかもしれない。
*今まで大分、営業方法についてアドバイスしたが、本人が動かないので進展がない。

もうこれだけ、予算がある人とない人の差が大きくなると、東京でも商いは難しいと思います。
看板の大きさだけを判断の根拠にしている相談者は多く、このため失敗する人も増えているようです。
*私の所へ相談に来られた時点で、すでに手遅れの人が多く、予算もほとんどない。

セカンドオピニオンという言葉が非常に流行った時期がありましたが、日本人はすぐに忘れてしまうようで、同じような失敗を繰り返します。
*無料相談にこだわるから、話を具体的に分析することもできないまま、止まってしまうことが多いです。

私も自分を犠牲にして受注しようと努力してきましたが、そろそろ限界です。
すでに違う方向で自分の商いの事業メニューを検討中です。この方向だと専属施工チームの仕事には直接は結び付かないのです。

予算のある人は、大半が大手の専門業者に仕事を依頼します。我々のような零細業者のところへは、地元の音楽大の関係者、予算が厳しい音楽家がお出でになります。
経費をやり繰りして提案しても、契約に結び付かないこともあります。

世の中、音楽著作権団体が、いま音楽教室を運営している業者と裁判でもめていますが、このような音楽教室を苦しめるような動きが、余計に消費を抑えてしまう。
ウェブサイトも大々的に作れない、ピアノ教室の看板も大きくできないという流れで萎縮します。
*業界自体が自分たちの首を絞めている。

すぐれた音楽技術・才能をもつ人が自営で仕事を受注できないという悪い流れがあります。報酬も小さくなり、スタジオを借りる経費もなく、自宅を改造して音楽教室を開きます。
ですが、小さな予算ではDIYで大半を作るしかなく、私のほうの仕事は増えますが、施工チームの仕事はないというジレンマがあります。

なんとか小さな仕事でも受注できないかと新しいメニューも考えています。割り切って生き残る道を彼らに与えるのが私の残された課題になりそうです。
とにかく自分で需要を掘り起こすしか手立てがないという結論になりました。
-----------------
忘備録・雑記

[PR]
by neo-diy | 2017-06-22 07:49 | 事業者向けネタ | Comments(0)

無料相談のための無料相談はお断り

私も相談者の忠告を採り入れて、今後は「無料相談を目的とした無料相談」はお断りすることにしました。
リフォーム業者に発注する際に、防音対策の事だけ無料相談で情報を入手して、他の業者に発注する目的なのに、なぜ私が無料で具体的な情報を提供する必要があるのか?

民間の自営業者が、そのような目的の無料相談ばかりを行うことは経費倒れになる。これは知人や有料相談を依頼してくれた人の言う通りです。

昨年から、今月にかけて、食い逃げ状態の人が10名以上で出てしまいました!すごいでしょう?
しかも返事もしてこなくなりました。
*私には、そんな度胸はないので、他の分野でも自分がそんなことをやろうだなんて考え付きません。

公務員の無料相談(税務署、ハローワーク、役所の福祉相談など)なら、当然、納税者として受ける権利がありますが、民間業者に最初から無料で情報を入手することを目的として相談することはしません。
*私も業者ですので、見積りが折り合えば発注するつもりで声を掛けます。

返事もしてこない人の約7割がマンション居住者です。大半が関東です。

なかには、他の業者に相談して失敗した人が、再度連絡してくるという強心臓の人が、たまにいます。
もちろん?お断りします。

[PR]
by neo-diy | 2017-06-20 08:53 | 事業者向けネタ | Comments(0)

職人の手間賃を確保する工夫

私の業界だけではないと思いますが、職人の手間賃を確保するということが最も難しい時代だと思います。

私の場合は営業力が非力なものですから、今年はかなり苦労しています。ここ数か月の間に打った勝負手は「自分の経費を削って職人の手間賃を確保する」というものでした。

通じなかった件もありますが、最近ついに動き出した件もあります。資材はこれ以上減額することは無理ですので、職人の人件費を確保するには、もう私の経費を大幅に省く以外にはなく、契約自体も職人と依頼者が直接交わすことで諸経費を圧縮するという最後の手段を選びました。

では、私の商いは?利益はどうするのか?と知人にも聞かれたのですが、それは遠方の案件で補っているわけです。それとコンサルティングそのものを理解してくれる相談者から依頼が少しあります。

ときどき、よその施工業者の防音工事費用も概算で出してほしいというリクエストがあるので、職人の立場になって考え、手間賃を計算します。自由に計算させてくれる依頼者には、施工業者と直接相談してもらいます。そのほうが施工業者のモチベーションが維持できるからです。

職人の手間賃を削ると、施工そのものが崩壊します。ロクな仕事はできません。どんな業界でも、それは絶対にやってはいけないことです。

うれしかったのは、「私は商いに向かない。自分の利益を確保できないから、経営センスはない。」と言いましたら、知人は「人間として、まっとうな考えだ。」胸を張ったらいい、と言ってくれました。
同じ自営業なので通ずるところがあるのでしょう。
*サイドビジネスと併用して生活できればいいと彼は言います。
------------------
忘備録・暮らしの雑記

[PR]
by neo-diy | 2017-06-13 07:27 | 事業者向けネタ | Comments(0)

相談場所に左右されるのは仕方がない

今回、国立駅南口から仕事場直近の西国立駅周辺に相談場所を移しましたが、すぐにお出でになる方と連絡が途絶える方に分かれました。
これは沿線としての利便性と地域イメージによる違いなのかもしれません。

しかし、ほぼ毎週のように予約が入り、場所に関係なく打合せの中身を重視されるかたには余り関係がないということなのかもしれないです。
知人の店(居酒屋)を打合せ場所に設定していますが、私としては飲み物も食事もあるので便利です。
*先週の相談者には夕食をお出しして好評でした。家族の承諾さえあれば、打合せのあと食事をしていただいたほうが、店主である知人もやりがいが出るというものです。(魚・鶏肉・野菜料理が中心)
*テーブルが広いので喫茶店よりもスペースがあります。
→打合せ場所:居酒屋・海進丸(立川市羽衣町2丁目) ※南武線・西国立駅より徒歩9分

この場所から徒歩4分の位置に国立音楽大学付属小学校が、徒歩5分の位置に同付属高等学校があります。
*ピアノ教室の先生である私の従姉もときどき、音大小学校へ用事があって行くようです。

利便性からすると国立駅から遠くなったのはマイナスですが、私にとってはサンプル材や資料を持参できるなど有利な面があります。

川崎方面の南武線沿線や京王線・小田急線、田園都市線、武蔵野線からの乗り換えが便利ですので、東京西部および神奈川・埼玉方面からは時間距離としての利便性は悪くないでしょう。
お気軽にお出でいただければ幸いです。17:30から打合せ可能です。(日曜は定休)
仕事場案内図・相談案件

[PR]
by neo-diy | 2017-06-11 07:27 | 事業者向けネタ | Comments(0)

職人が営業所を構想中

山梨出身の職人が防音製品などの営業所(自宅を作業所に改装)を構想中です。現在、情報を収集しながら企画を検討中です。並行してウェブサイトを考えていますが、まだ決まっていません。

とりあえず、私のほうはすぐに対応できるようにブログに専門ページを用意する予定です。
併せて改造中の情報サイトも活用できるように検討します。

もうこれだけ、東京方面の現場仕事を受注できなければ営業できませんので、この職人の行動を支持したいと思います。

私の営業力にも限界がありますので、従来型の事業スタイルだけでは無理があります。
もちろん、防音コンサルティングは今までどおりに実施します。

それに、相談者に、他の専門業者よりも防音材の品質・費用対効果が良いのだから、もっと宣伝したらどうでしょうかとアドバイスされました。
*実際は私の提案が防音材の特性とマッチしているため費用対効果が良くなっていると思っています。

要するに「専門的アドバイス+防音材納品」というメニューを職人にもやってもらおうというわけです。
*提案書は私のほうで作ります。
*製品加工は職人がやります。

[PR]
by neo-diy | 2017-06-07 07:11 | 事業者向けネタ | Comments(0)

6月の件、また急に変更になった

もうあきれるというか、約束を守らない人は相手にしたくないのだが。
*昨日の件、また大幅に変更になり縮小されました。やはり一度キャンセルになりかけた現場ですから、こんなものかもしれない。

昨夜、打合せ場所に設定している居酒屋(立川市羽衣町)の店主に確認したら、17時から打合せに使っても良いという承諾を得ました。

この場所は、私の仕事場の直近です。近くに国立音楽大学付属小学校などがあります。
*ソフトドリンクがあり、夕食も出来るので相談者には便利だと思います。
*実際に近所の家族連れが夕食のため、時々来ます。

私の仕事場が家庭の事情で制約があるので、少しずつ模様替えしているところですが、当分の間は居酒屋の早い時間帯を利用して打合せをすることになりました。
*秋以降は仕事場と併用で予約を受けたいと思います。

今年は急な変更やキャンセル、連絡途絶など相談者のマナーが問題であり、順番を待っている人に迷惑がかかりました。
月曜から挽回しなければなりません。182.png

[PR]
by neo-diy | 2017-06-04 08:20 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧