カテゴリ:事業者向けネタ( 273 )

昨夜はご提示した提案書と契約書案に対するご了解のお知らせがありました。遠方の案件です。
*明日、地元の施工業者と打合せをされてから見積りの最終調整をされます。
私のほうの担当業務の契約書、施工説明図は近日中に準備することになりました。今までの誠実なやり取りから、予想通りの手ごたえがありました。

一方、色々と提案したにも関わらず連絡が途絶えた件があり、これは予想外でした。それは前向きに検討されるという約束があったからです。この件はまったく見通しが見えなくなりました。

施工チームのリフォームの話も結局うまく行かなかったようで、なにも連絡がありません。

次の土曜と翌週の土曜は、国立のいつもの場所で相談があります。
昨夜までに他の予約はありませんでしたので、今月は上記の件だけで終わるかもしれませんが、電話での問い合わせ、地元建築事務所からの相談の件もありますので、先月からのウェブサイト更新や記事の投稿には、しっかり反応がありました。

方向性には間違いはないという確信がありました。継続して情報を発信する努力をします。

今年の大型連休は、5/1と5/2は一応通常の仕事をする予定ですが、何も予定が入らなければ何か趣味的な?ウェブページを作ろうかと考えています。
----------------
忘備録・暮らしの雑記

[PR]
by neo-diy | 2017-04-13 08:37 | 事業者向けネタ | Comments(0)
仕事のご予算だけでなく、心がデフレなんだなと実感してます。志向性が値段にシフトしすぎている。
しかも値段を聞いたら連絡が途絶え、なにも返信がない件もあります。
*どういう育ち方をしているのだろうか。いつから日本人は民度がこんなに低下したのか。

業者も酷いのが増えています。返信すらしない。自分たちの希望に合わなければ返信もしないというのは、ビジネスマンとして失格だ。人間としてもお終いだろう。

経済的なものだけでなく中身の貧富の差が大きくなっているように思いますね。
*相談者もレベルが両極端で、嘆かわしい。

こちらは約束は守っているのですが、前提や予定がいきなり変更になり検討中の件が増えました。まだ新規の案件は決まっていません。

先月分までの支払いを済ませたら、ほとんど利益がありませんでした。経費が掛かり過ぎ。
*喜んでいるのは一部の取引先の社長だけかもしれない。

うちの職人が言っていたように、桜でも見に行ったほうが良いと思います。多少は待ってもらっても悪くはないと思います。

私にピッタリの件が現れるのを少し期待しながら、桜を楽しみに出かけます。
*出かけると言っても、近所の桜のお気に入りのスポットに写真を撮影しに行くだけですが。

[PR]
by neo-diy | 2017-04-05 07:46 | 事業者向けネタ | Comments(0)
最近、材料の納品だけを希望する建築業者の問合せが増えてきました。

おそらく、製品内容を見て安易に使えそうだと思い、見積りだけを依頼してくるパターンです。返信をすると記載事項を理解せずに、社内のマニュアルに沿った返答をそのまましてきます。
面倒なので、通常は取引を断ります。

どういう教育を受けているのかわかりませんが、国語能力のない担当者は本当に疲れるので、即行断りの返信をします。
他の作業の邪魔だからです(笑)。

臨機応変に取引や事務処理をできない者は仕事が出来ないと思います。

私は本業がコンサルティング及び音響防音設計になるので、防音材販売というのは、あくまで国立まで相談にお出でになる方や、メールで注文される個人ユーザー向けです。
あくまで個人向けのサービスです。建築業者のために行っているわけではない。

手間のかかる業者は、時間的な無駄です。
もっと無駄なものは、無料で情報を知りたがる建築士などです。しかも説明しても理解できない人。
最近は、個人ユーザーの方のほうが頭がよく、色々な情報を自分で調べてから問合せをされるので、話が早いです。

さて4月に入りましたが、今月の現場案件が保留になったので、施工チームの一人が田舎に帰ります。
しばらく桜を見ながら、のんびりしたいと、なんだか「おじいちゃんの茶飲み話のような」ことを言っていました(笑)。私もそうしたいと思いましたが、やるべき予定が入りましたので、あまりのんびりは出来ません。179.png

[PR]
by neo-diy | 2017-04-02 07:37 | 事業者向けネタ | Comments(0)
個人向けの無料相談を知らないふりして、建築業者や不動産経営会社が電話で問い合せてくる。ウェブサイトを見れば有料になることは分かるはずなのだが。

本当に建築士や建築・不動産業者は厚かましいやつが多いです。
私も頭にきたので、電話でこういいました。「あなたの会社では無料で建築設計のノウハウを教えてくれるのか」と、そうすると黙っているのです(笑)。

中には初回無料と書いてあったとか、お気軽に電話くださいと、書いてあった。というのです(汗)。幼稚園の電話相談かよ・・・と思いました。

一方、大人の女性は、ちゃんと電話とメールで相談予約や見積り依頼をしてくれます。ですから、ご要望通り「初回無料の相談」と「見積り提案」にお応えしています。
ウェブサイトに明記している以上の内容についてもアドバイスしています。

建築士や建築業者などが設計施工して失敗する事例が増えているのも、彼らのレベルが低いことを示していると思いますね。

建築士は別として、建築会社の営業マンはウェブサイトの内容を見ても理解はできないので、電話で問い合せてくるというのは分かります。彼らは建築教育そのものを受けていない他分野の大学を出ているので。

私はそんなに甘くないですよ、業者には。一般の女性相談者には甘いとは言われますが。

それにしても、注意事項に気づかないふりして、電話で具体的なことを聞こうとする度胸だけはあるようです。うまくすれば教えてもらえるとでも?思っているのでしょうか。

[PR]
by neo-diy | 2017-03-30 07:17 | 事業者向けネタ | Comments(0)
最近、無料相談と小さな商いをこまめに対応しているのは、将来への先行投資でもあります。若い人材の支援という意味もあります。

もちろん、相手の対応を見ながら予約をお受けしています。
それは先人の経営者の言葉をかみしめているからです。若い人は、きっといつかまた取引をしてくれる、あるいは口コミで宣伝してくれることもある。

ある知人建築士は、無料相談なんかばかげている、小さな商いは儲からないと言います。目先の利益だけを見れば確かにそうです。
ですが、何事も先行投資が必要です。種をまかなければ芽は出ません。

私はウェブサイト構築を含めて、いま種まきをしている最中です。毎年この繰り返しです。
芽が出ない種も沢山あります。

芽が出たと思ったら枯れてしまうこともありますが、それは経験値としてストックされます。無駄にはならないでしょう。

昨日の相談案件は予算が厳しそうなので、施工チームに直接契約してもらう前提で私の経費を削ることにしました。私は4月中は種まきに専念したいと思います。
もちろん、すでに契約していただいた件は予定通り進めます。

私は自分の身の丈ほどの商いで良いと思っています。

今日は9時頃から、昨日の相談案件の見積りを行います。まずは合計金額と想定工期の日数を先にお知らせする約束です。先日の柏市の防音室の件は返事がないので頼まれてもお断りする予定です。
*先に手を挙げていただいた件を最優先します。
----------------
忘備録・雑記

[PR]
by neo-diy | 2017-03-25 07:17 | 事業者向けネタ | Comments(0)
私の仕事は懸命に努力してやっと受注できる案件が大半です。それを努力もしないで待っているだけの職人にはコンスタントに発注することは無理があります。
代替製品の価格を問屋に確認するのに丸一日以上かかるのは、緊急の時には対応できません。

見切り発車で損失覚悟で見積りを出すのなら構わないのですが。一つの問屋にこだわっているから仕入れがうまくいかないということがあります。
臨機応変に別の仕入れ先を探せばいいわけで、努力が足りない。

来月の件は仕方ない。私のほうは今後の受注を考えて、今日からウェブサイトのコンテンツ追加の作業を始めることにしました。
保留の件や職人の返事を待っている場合ではないと考えました。

あとは、ピアノ音楽教室を八王子市内で運営している従姉にチラシを置かせてもらうことにしています。
彼女は非常に人脈に恵まれており、生徒さんのご両親などの口コミで、次々と応募があるそうです。
*ホームページもブログも全くやっていないのですが。

先週から今日にかけて、色々と考えさせられました。月曜は重要な打合せが入っていますので、私には連休はありません。日曜だけが今のところ唯一の休日です。
-----------------
忘備録・仕事などの雑記

[PR]
by neo-diy | 2017-03-17 11:59 | 事業者向けネタ | Comments(0)
なんども似たようなことを書いてますが、最近というか昨年の秋頃から、取引先を見ても計画が動いていないことを感じます。
保留になっている案件の大半が予算の問題です。

私のほうの相談ではDIYが多く、それすら送料が少しかさむという理由だけでキャンセルする人もいます。通販業者に比べれば、これでも安くしているのですが。
本業の案件は、私の見積り・提案書に同意される方が多いのですが、リフォーム・新築ローンの審査が通らない限り契約になりません。

どうなるか分かりませんが、私は約束した提案書を作成するしか他に方法はないので、無駄になることも分かっていても、やるしかない。
他の業者に比べて建物の安全性と寿命を重視するので、提案書そのものを作るのに、大分時間がかかります。

それをあっさりキャンセルする人がいるので、どんどん予定が崩れていきます。(ストレスもたまります)

ある取引先は、私がわずかな資材の発注をメールで送信(取引先へ)したあと、30分以内に「発注しました!」という返信を送ってきます。最近とても暇な状況が分かります。
忙しければ、だいたい夜又は翌朝に返信します。
*なにかネットで色々調べているのかもしれませんが。

暇ならウェブサイトを外注したらどうか?と私は思うのですが。おそらく私と同様に外注費がないのでしょう。(私の場合は大半を自分で作るので、外注は限定的です)

先日、近所の居酒屋で言われたのは、建築関係が不況になると連動して他の分野も不況になるということです。その居酒屋は仕入れを共同(複数の知人業者と)で行って経費を節約しているそうです。

ちなみに、私も節約しています。メインPCのメールチェックを朝夕の2回に限定しました。午後はPCを閉じていることが増えました。午後は出先の打合せに時間を使っています。
その他、消耗品は安いショップを探して、まとめ買いします。
----------------
忘備録・仕事などの雑記

[PR]
by neo-diy | 2017-03-15 07:55 | 事業者向けネタ | Comments(0)
先週は契約が確定した件、大きく前進した予約の件があった一方、返信しても無反応な相談案件があり、複雑な気分だった。

体調は良いわけではないので、デスクワークも抑えたいという気持ちがあります。オーバーワークになれば右足・坐骨神経が悪化するリスクがあります。
仕事が一つ減ったのは、ほっとするような頭にくるような気分です(笑)。
返信に対する反応が鈍い人が出てくるのは今回だけではなく、昨年も同様でした。知人にも居ます。

レスポンスが早い人は、それだけ真剣であり、緊急性があることの証です。もちろん多忙で返信が遅れることはあります。
私としては先に手を挙げてくれた人を優先するしかない。

昨日の着信分のメールを見たら、非常に難しい案件なのに「ご教示ください」と一言だけあった。便利な言葉だが、これほど無責任な言葉もないだろうと思います。
ただで答えを渡せば情報がひとり歩きするだけではなく、私の本業そのものの前提が壊れます。

対応できないことは、きっぱりと断りたいと思いますね。相手の本業やウェブサイトを読まないで、自分の希望だけを要求する人は人様の苦労が、あまり理解できないのだろうと思います。
世の中そんなに甘くない。残念な人です。

お待たせしていた契約案件の残り作業を早急に仕上げたいと思います。

[PR]
by neo-diy | 2017-03-06 07:28 | 事業者向けネタ | Comments(0)
ある建築士が対策を失敗した現場において、私の設計プランをもとに施工チームが工事をしています。
依頼者のご報告ではすでに効果が出ているということでした。
*今月の8日頃に完了する見込み

この建築士、小さな商いは余り興味がなく軽視しているようですが、私は違います。小さな取引や相談でも信用が一番重要ですから、信頼関係がなくなれば、どんどん商いの流れは止まっていきます。
時間が許す限り対応するようにしています。

それに若い人たちは、今後新たな人脈や案件を生み出していきますから、その時のつながりを切るような対応は愚の骨頂です。

しかしながら、私自身の体力の低下は明らかであり、このため国立での相談を主な活動拠点としてシフトするようになりました。
*国立駅南口までお出でになれるかたを中心に対応しています。
*もちろん、案件の金額の大小での差別はしていません。

私が重視しているのは相談者の誠実さです。お金じゃない。

[PR]
by neo-diy | 2017-03-02 07:46 | 事業者向けネタ | Comments(0)
昨日は先月完成した木造防音室の音響チェックに行ってきました。
依頼者はプロのピアニストなので、ほぼご報告通りの効果を体感できました。少しの間、普通に演奏していただき、室内、ドア前、玄関先、戸外において音漏れや音響をチェックしました。

室内に音が漏れる以外は、ほとんど問題がなく、最初から既存の防音ドアや間仕切り壁をそのまま使うので、音が漏れるのは当たり前という前提で依頼されました。

目的は近所へ迷惑ならないように防音することでした。それは別のブログで紹介しますが、依頼者も私も感心するほどに非常に効果があり、費用対効果と対策の薄さは抜群です。

たぶん、前例のない構造だったと思います。

それから、今回の依頼者には非常に親切にしていただき、こちらの提案を最初から信頼していただき、非常に気分よく仕事が出来ました。

非常に美人な依頼者なので、ピアノ教室のホームページには顔写真は使用しないようにアドバイスしました。というのは日本も病んだ男性が増えており、変なのが教室に紛れ込むと大変ですから。
*このかたヨーロッパ方面での生活が長いため、日本で油断されると困るので、最近の出来事も伝えながら留意を促しました。

かねてからプレゼントしようと用意していた「ノリタケのジブリ・タンブラー(ネコバス)」と知人のショップの「春限定ガーデンティー」を手渡しました。
*猫好きな人なので、タンブラーも非常に喜んでくれました。

今回の現場は、厚さ38ミリの防音壁で対処した初めての防音室です。人間の耳には音漏れが1/4に減ったように聴こえるのです。(今までは厚さ41~42ミリが最も薄い防音壁でした)
ついに、最薄記録(技術革新)を更新しました。

[PR]
by neo-diy | 2017-02-28 07:33 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy