<   2013年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 昨日家族が、かかりつけの拠点病院(総合医療、救急指定)に急遽入院しました。

 その前日にも時間外救急外来で診断・処置してもらったんですが、当直医の判断が甘く、処置が遅れましたので、入院期間の見通しは不明です。
*土曜・日曜は休日ですので、総合的な専門的な診断ができないのです。

 これは防音設計の世界と同じで、コンサートホールの音響対策の専門家が必ずしも木造家屋の防音設計、防音室の施工ができるわけではないのと同じで、やはり対策に応じた専門家の判断が重要です。
*判断を誤ると効果が出ないだけでなく、費用も無駄になります。

 たとえば、マンション防音では、私は最初のカウンセリング(コンサルティング)において対策の方針と選択肢を提示する、町医者のような役目で、手に負える件は自ら設計・施工します。
 手に負えない又は高度な専門的な判断・調査を必要とする場合は提携先を紹介します。

 とにかく、家族の件は大変でした。当直医からの引き継ぎが不十分で、昨日も同じ説明を最初からやり直すという無駄な時間を消費し、頭にきました。
*自分の手に負えない件は、普通は検査入院を勧めるべきです。適当な薬を処方して様子を見てください、というのは問題です。
*原因が特定できないのに、本来は適切な処方はできないはずですから。

 今日また、午前に病院に行き、病棟の看護師に提携病院(拠点病院の提携先)から処方されている薬を手渡します。
 仕方ないんです。私がすべての薬を把握して管理しているので、私が説明することになります。
*提携病院は個人の医院ですので、本日は休診で、薬の処方も確認できません。
*もちろん、薬手帳を持参します。

 それから医者に一言。いきなり専門用語を使って家族に説明するな!お前らは、私の建築の専門用語が理解できるのか?できないだろう。
 ・・・・と言いつつ、医者の専門用語が理解できた私は何屋さん?(笑)
[PR]
by neo-diy | 2013-06-30 09:06 | 事業者向けネタ | Comments(0)
 家庭の事情と仕事の案件の段取り、見積りなどでゆっくりする時間がなく、領収証や伝票整理もできなくて、放置状態です。
*と言って、事務スタッフを雇う余裕もないので自分でやっています。

 ほんと、先月、ウェブサイトのメインページが完了して良かったと思います。6月にずれこんだら、未完のまま中断になったでしょう。

 このような最中、とても難しい件について、無料相談を希望してきた業者がいました(笑)。あまりにも厚かましいので、断りました。(-_-)世の中、そんなに甘くはないです。
*しかも業者は無料相談の対象外と明記しているのに。

 もちろん、一般の方はできる限り、国立での無料相談にお応えしています。今週の土曜も予約が入っています。
[PR]
by neo-diy | 2013-06-28 09:29 | 事業者向けネタ | Comments(0)

今日は軽いネタを

e0319291_1023288.jpg
 ジブリの新作のヒロインの声を瀧本美織が担当しましたが、いよいよ来月公開です。
*同県人なので、NHKドラマ「てっぱん」の頃から注目していました。

 宮崎駿の原作・脚本ということでも注目していますが、ちょうど「コクリコ坂から」が完成する前から企画されたようで、ひとつの作品を完成させるのに約3年はかかるという世界ですね。

 先日、ジブリの本棚(DVD)を観ましたが、じつにすばらしいアトリエでのインタビューを中心に構成されていました。

 アトリエは、小金井市内にあるようで、私はこのアトリエが建築される以前に近所を通った記憶があります。
 東京都心の郊外である小金井市内は現在は乱開発で、武蔵野の雑木林・緑地の大半が姿を消していますが、このアトリエは、その雑木林を一部残した形で建設されているようです。
*緑地や自然樹林の消滅は、愚かな小金井市の行政の無策が招いた結果です。

 自然を残し共存するという宮崎駿氏のコンセプトには大いに賛同します。
[PR]
by neo-diy | 2013-06-26 10:05 | 暮らしの雑記 | Comments(0)
 昨日、出張した現場での打合せでは建築デザイナーと施工業者の考え方に乖離があり、ちょっと驚きました。

 施工業者は、むしろ私のほうの施工の考え方や防音設計仕様を納得していました。デザイナーが躯体に孔をあけたり、はつること事態に難色を示し、私の意見に同調しました。

 これは当然であり、防音工事以前の問題です。今後は依頼者のためにも安全性を優先して施工業者と歩調を合わせることにしました。

 建築や防音対策のコンサルタントは、建築全般の知識をもち、かつ工法を理解していないと対応できない現場があります。
 ですから防音設計だけでなく、工事の具体的な方法を理解した上で提案することが必要です。もちろん、デザインを生かす努力も必要であり、全体的なバランスを判断するのも私の役割です。

 必然性のない躯体の改造には私は反対します。リスクを回避するためです。ですが建築的に問題のないデザイン的な提案には賛同します。臨機応変な対応が大切です。

 さて、今日は別件の打合せですが、遠方から施工業者が私のむさくるしい仕事場にきます。具体的な説明図を渡し、防音材のサンプルで説明するためです。
 木造住宅に併設する防音室なので、大工職人が来ます。木造の場合は遠方の案件でも対応できます。
[PR]
by neo-diy | 2013-06-23 09:01 | 住まいの防音 | Comments(0)
 約9年間、自営業者として、ホームページの運営者(ウェブマスター)として、経験した相談案件の成約率・約束履行率ですが。

 北海道・東北・北陸および信州は100%!驚異的です。これほど見事に地域特性?が出るとは予想外でした。 次いで、中部圏、大阪府など関西圏が高いです。

 だめなほうは、山陽、東京・千葉・埼玉ですね。

 大阪の人は、東京の人より義理がたいです。約束も守ってくれる人が多いです。そのかわり、せっかちです(笑)。
 信州の人は契約書を交わしますか?とお聞きすると、「信じていますから、どうでもいいです。」という返事が大半です。たぶん、人を信じやすいというか、それが当然だと思っているようです。

 典型的な古き良き昔の日本人だと思います。本当は契約書を交わしたほうが良いと私は思います。

 東京の人、割と人の労力は何とも思っていないかたが多いようで、非常に気になります。山陽も残念ながらそうです。

 これらを見ると、必ずしも大都市圏とか地方とかあまり関係がないような気がします。

 西日本出身の私が言うのもおかしいですが、寒い地域のかたほど誠実な対応をしていただけるという傾向が顕著です。不思議ですね。

 これは、あくまで私の相談者・契約者に限定したアバウトなお話ですので、軽く流してください(笑)。
[PR]
by neo-diy | 2013-06-20 09:06 | 暮らしの雑記 | Comments(0)
 提携先と話して気づいたことがある。結局、自分が直接発注しない職人は言うことを聞いてくれないというとことに尽きる。
*力関係と信頼性の問題だと言われました。

 今までこちらが協力してきたことは、十分効果は出ているそうで、これ以上のサービスは心苦しいということ。
*要するに人件費をかけてまでお願いすることは、現状はできないことと、ネタを考えるのが難しいということだった。

 自分の人脈と、いただいたウェブサイトだけで、当面、やってみるということでした。

 私もこれ以上は、提案は無駄だと思いました。仕事の回し方は個人差があるので、各々が信じる道を進むしかないのだと思います。

 今のところ、私の提携先、取引先は、とにかく私が仕事を受注することだけに期待しているようです。
[PR]
by neo-diy | 2013-06-18 09:03 | 事業者向けネタ | Comments(0)

難問や出張やら雑用

 連絡が途絶えていた遠方の件や、出張日程、難問の現場の下見・打合せなどが決まり、スケジュール的にいっぱいの状況。(日程よりも内容的に相当の検討時間がかかるという意味)

 件数は、他の業者や提携先に比べれば大したことはないと言われそうですが、検討に時間がかなり消費されそうで、さて困った(笑)。

 予算的な制約もかなりあるので、アイディアを練って、施工業者にわかるように資料を作ることが大変。

 税金の支払い期限も迫ってきているので、今日、無理して支払いに銀行や郵便局に行くつもりです。延滞金は取られたくないですからね。。

 それから、入金が遅れるので、取引先に1件支払いを待ってもらっています。いつもは入金前に早く支払っていたのですが、請求書が来るのが遅く、先に他の件の立て替えをしたら、手持ちがなくなりました。というか、今は預金を崩して、税金などを支払うつもりですから、私の資金はショートしているのです。

 工事完了が遅れている(クロスの補修)ので、私は契約者への請求書を発送できないのです。まさか本体の防音工事が完了して、私の役目は完了したと思ったら、クロスに補修個所が発生し、予想外の変更です。
 職人への立て替えを先に手当したので、さあ大変(笑)。自分の預金を取り崩すことになったのです。

 いきなり週の始めからピンチです。

 防音相談も喫茶店での打合せは止めて、むさくるしい仕事場に相談者にお出でいただくことになりました。ええ、経費と時間の節減です。
[PR]
by neo-diy | 2013-06-17 10:26 | 暮らしの雑記 | Comments(0)
 先日、ある囲碁教室のオープンに際して、階下からの音を少しでも減らしたいという相談でしたが、教室のホームページをだいぶ前に知人に作ってもらったそうです。

 ですが、古いPCソフトで作ったため、自分では更新できず、そのまま放置している。新しくしたいが、知識がないのでPC教室に通わなくては?という話になりました。

 目的はある都内の鉄道駅から集まってくるユーザーがターゲットということがわかり、それならばブログ機能が組み込んである無料CMS(ホームページ)のメーカーを使ってみて下さいと、一つ紹介しておきました。
*アレンジはサービスで教えてあげることにしました。

 上記のホームページサービスは、最近ひな型が増え、なかなか素敵なデザインもあり、これが無料で使えて、しかもキーワード検索に強いので、とくに地域限定型の検索を期待するならば最適と思いました。

 このようなサービスの使い方を教えてくれるPC教室もあり、真面目に取り組めば、2・3日で使えるようになると思います。
*入会金5000+3000×2日間=11000円

 これならば、新しいソフトを購入するのと同じくらいの金額です。

 私だったら、6000円程度のギフトを知人に贈って、教えてもらいますね(笑)。昔、初めてホームページを作り始めたころ、サーバーを使ってデータを更新するやりかたが分からなくて、地元のスナックで知り合った人に教えてもらいました。
*謝礼は焼酎のボトル1本+ビール1本でした。だいたい3500円ぐらいでしたね。
約10年前のことです。(無料のサーバーを使いました)

 私も10年前は、まったくホームページの作り方なんか何も知らなかったんです。
[PR]
by neo-diy | 2013-06-14 08:40 | ウェブページ | Comments(0)

手取り足取り・・・

 提携先や職人に連絡事項や事務処理、見積書・契約書の書き方など指導しながら、仕事を受注していますが、根気のない事業者なら、とっくに投げてますよ(笑)。

 この人らは、きっと会社勤めのころ、厳しく指導を受けた経験がないまま独立してしまったんだと思う。自営や会社経営の厳しさが、いまいち分かっていないのだと思います。

 それは相談者にも言えることです。すべて人任せで何もしない人がいます。

 私の経験では、問題解決に至った案件では、依頼者自らも懸命に動いています。何事も発注者と受注者が尽力して初めて前に進むものだと思います。

 一番危険なセリフは、素人だからわからないので、お任せします、というものです。お任せする前や事後には必ず自分でチェックして責任を取ることが必要です。

 これはホームページを人様に丸投げすることと似ています。出来上がったあとに、思った以上に仕事が取れない、と絶対に言ってはいけません。
 作ってくれた人に大変失礼です。それは自分の努力不足のため、受注できないのですから。
*事業を打開したいなら、自分を追い込んで知恵をしぼり、ちゃんと外注費を払って、実行に移すことが基本です。

 金も知恵も出さない、汗もかかない、ではいったい何を期待するのか。

 人の助力を生かすも殺すも、すべて自分次第です。
[PR]
by neo-diy | 2013-06-12 08:40 | 事業者向けネタ | Comments(0)

仕事と雑用の中で

 私の朝型には家庭の事情があり、食事と薬の服用など定められたタイムスケジュールに支配されているためで、これが仕事の制約でもあり、食事のリズムにもなっています。

 ですが、早朝は、自宅マンションの非常識な連中が静かにしている時間帯でもあるので、最も仕事がはかどり、私的な調べものや読書がじっくりとできるときです。

 メールも朝チェックするのですが、最近はいらだつメールが多く、ウェブサイトに記載してある注意書きをまったく読んでいないような問合せが増えました。
*社会人としての常識は?ないのだろうか。

 一方、丁寧な誠実なメールをいただくと、ほっとします。

 以前にもブログに書きましたが、大学入学早々に学科長が「諸君の専門的な能力は大学間においては大差はない。大差が出るのは国語能力、読解力、一般教養・社会的常識である。これを忘れないで大学生活を過ごしてほしい。」というような言葉をいただきました。

 当時は意味が実感できなかったのですが、会社勤めや独立開業して現在に至るまで、その言葉を痛感しています。

 ウェブサイトの盗作が多い背景にも、国語能力の問題があると思います。盗作する人間は専門的な知見の欠如だけでなく、オリジナルの分析能力、文章能力がないため、安易に流用するのだと思います。いわゆる「魂のないホームページ」を量産するのです。

 仕事でも雑用でも、趣味でも真剣に取り組めば、自然と身に付く能力はあると思います。

 ウェブサイトでも本でも、自分のお気に入りを見つけること、熟読することが大切だと改めて思いました。
[PR]
by neo-diy | 2013-06-11 07:33 | 暮らしの雑記 | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy