<   2014年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

信義を重視して対応した結果

 昨年の秋から、今月まで、相談案件11件に対して誠実に対応した結果、11件のうち、6件正式な御予約をいただきました。
*うち3件がキャンセル(返事がこない)と見なしました。
*2件が保留で連絡まちです。

 実際、5月までに対応できるのは、あと2件程度ですから、この段階で新規の受注を焦っても、現在のスタッフだけでは対応できないでしょう。

 金額の大小は無視して、相談者の誠実さを重んじて対応してきましたので、悔いはありません。

 自分の心に納得できる対応ができたと思います。一年のスタートとしては上出来だと思います。
*不誠実な相談者のことは無視します。

 提携先や取引先に、別途紹介した件も、いくつかありますが、それらは彼らが頑張って努力すれば良いと思います。

 私は自分の身の丈ほどの仕事に専念して、前に進むことにします。

 つい先日、遠方の相談者から業務を依頼されましたので、これで7件確定だと思います。もちろん、これら7件、まだまだ検討すべき作業が残っていますので、これから約6割の防音設計、資材選定など着実に進めていく必要があります。

 とにかく、国立や西国立での防音相談、ウェブページでの地道な対応など、少しずつ実を結んできています。苦手な冬が去り、春になれば、もっと私のエンジンも動くでしょう(笑)。
[PR]
by neo-diy | 2014-01-31 09:23 | 仕事の回想・自分史 | Comments(0)

互いに協力しない取引先

 昨年からの流れですが、私は取引先との連携には期待しないとブログに書きました。

 それは取引先が互いに揚げ足取りに終始しているからです。開発・販売協力どころか、ホームページのリンクもしないで、陰口のようなことを伝えてきます(笑)。

 お互いに扱っていない製品を協力したり、業務提携をすれば、それなりに効果は出ると思うのですが。相性が悪いというだけで、やらないんです。
 零細企業が、そんな状況ですから、ライバル会社に出し抜かれたり、営業で負けているのは当然の結果です。

 結局、各々の取引先である代理店や協力先が頑張っているから、かれらは辛うじて生活できるという程度です。

 互いのつまらないプライドなんか捨てて、連携すれば見えてくる道もあると思います。

 そんなことだから、私のささやかな提案すら実行に移せない。私の提案は、お金は殆どかからないのですが、時間が手間がかかるため、本気にならないと前に進みません。
 内容は、たいして難しくはないのですが、ホームページを更新したり、企画書を作らないといけないので、日常的な仕事の中で、計画的に少しずつ時間を確保することが必要です。

 上記の取引先ですが、他の取引先が言うには、ライバル会社に入れ知恵したというのです。特許登録されていない製品の件なので、他の会社が真似をしても法的な違反行為にはならないらしいです。

 これは真実は分かりませんが、知人の取引先どうしがお互いを信用していないから、疑心暗鬼になるんでしょう。
 本当に、つまらない話ですが、私だったら営業力を強化するために、手を結びますけどね(笑)。
[PR]
by neo-diy | 2014-01-29 09:36 | 事業者向けネタ | Comments(0)

無垢材フローリングとLL40

 現在、無垢材フローリングの下地に防音材を施工すればLL40の遮音性能を得られると誇大広告を展開している業者が居ると、取引先から報告がありました。

 無垢材フローリング+ケナフ8ミリ+遮音ゴム3ミリでLL40(軽量衝撃音遮断性能)と宣伝しているそうです。
*取引先の製品は遮音ゴムではなくアスファルトマット3ミリを使用してLL45という試験機関での計測結果をオフィシャルページに掲載しています。(コンクリートスラブ150ミリでの試験です)

 このことからも上記の業者の言う「ケナフ8ミリ+遮音ゴム3ミリ」ではLL40は得られないことになります。というのは、軽量衝撃音については遮音ゴムよりもアスファルトマットのほうが性能が高いからです。

 また、誇大広告業者のほうは、コンクリートスラブ200ミリで試験した自社データです。要するに公的な第三者機関で計測したものではないので、他の業者に比べて信頼性が低いと言えるでしょう。

 では、上記の業者が遮音ゴムを使用した理由はなんでしょうか。おそらく床暖房対策だと思います。アスファルトマットは床暖房パネルとの間に厚さ9ミリ以上の合板などを挟まないと使えないからです。

 ちなみに、重量衝撃音や空気伝播音については、遮音ゴムのほうが有利な場合があります。同じ厚さであれば、特性がアスファルトマットと異なるのです。

 健康住宅を謳う業者の多くは、異分野からの参入業者が多く、余り建築のことを知らないで宣伝をするので、製品の施工条件などの留意点も伝えないで販売することが多いようです。
*被害を受けるのはユーザー・購入者です。

 本当に防音の世界も、あの手この手で、売れればよいという考え方で、魂のない商いをやっているようです。
[PR]
by neo-diy | 2014-01-27 08:14 | 住まいの防音 | Comments(0)

今日は自宅マンションの消防設備点検です

 今日は日曜日で仕事は休みなのですが、自宅マンションの消防設備点検があるので、理事長である私は規約上、在宅する必要があるので作業が完了するまでは外出できません。

 毎月なにかしらの打合せや、管理会社担当者との個別の打合せ、報告チェックがあるので、今年の7月までは、携帯電話を手放せません。

 設備の故障や不審者の侵入など、私が承諾しないと出来ない手続きがあるので、大半は管理会社が私に電話連絡して承諾や判断を求めることになります。
*先日のように、最寄りの警察署から防犯カメラの映像データの提供を求められることもあります。

 来月からは、7月に実施される管理組合の定期総会などの書類準備、メンテ・補修の実施についての確認作業に入ります。

 自宅マンションは管理経費を節約して修繕積立金を増やしているので、その分、担当役員が自分たちで動かなければならない内容が一部含まれています。

 マンション業界では、管理会社が最も安定した仕事があり、ほとんどの管理会社担当者は1人で15件ぐらいの管理物件を抱えています。

 自宅マンションの担当者は13件抱えていると言っていました。休み中でも緊急連絡で呼び出されることもあるようです。
 今日は日曜日ですので、管理会社の担当者も休みです。
[PR]
by neo-diy | 2014-01-26 10:16 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページの検索対策

 私はウェブサイトの検索エンジン対策そのものは詳しくないのですが、知人やPC教室のインストラクターなどに教えていただいた基本的情報のいくつかを概略述べると次のようになります。

仮に「ヴァイオリンの防音室」についてホームページを作る場合ですが。

・ホームページのタイトルに必ず「ヴァイオリン、防音室」というキーワードを含めて入れます。
・次に、h2、h3などの記号で囲まれる文中の見出しに、上記のキーワードのほか重要なテキストを加えます。たとえば「木造住宅の高性能なヴァイオリン防音対策」というように、ホームページのタイトルとは少しアレンジして入れます。
・それと、meta name="description" content という箇所に、具体的なホームページの特徴について記述します。

この3つが基本だと教えてもらいました。これを守るだけでも、現状を改善できるそうです。

私が考えるには、見出しに対応したコンテンツそのものに、具体的な内容がなければ、問合せも来ないわけですので、中身そのものが最も重要ということになります。

また、ホームページの内部に、定期的に更新できるコンテンツページを組み込むと、効果的だと言われました。

 こんなこと、めんどうだという言う人は、ブログを併用すれば、定期的な更新は楽になると思います。ブログに本体サイトをリンクしておけばいいのです。
 どこのメーカーのブログが良いかということですが、どこのブログでも効果はあります。

 一応、知人などの評価を考慮してあげると、エキサイトブログ以外では、
・ニフティ、FC2、シーサーネット、ジュゲムなど
・CMS系では、wordpress.com をお勧めしておきます。
[PR]
by neo-diy | 2014-01-24 11:17 | ウェブページ | Comments(0)

三菱東京UFJを語る偽装メール

私が使用しているサーバー・メールアドレスの一つに、偽装メールが着信しました。
*公的機関にデータを提出しました。

IP情報をチェックしたら、発信元が国外でしたが、おそらくプロクシ経由の偽装メールだと思います。あやしいメッセージと文中のリンクをクリックしてくださいというコメント。

このようなメールに返信をしてはいけません。絶対にURLをクリックしてはいけません。
こちらがリクエストしない限り、取引先の金融機関がメールで認証要求をすることは絶対にないからです。(通常は契約者の住所に郵送されます)
*不審なメールは、まず金融機関の窓口に相談してください。

暗証番号、パスワードをメールで確認する手口は、典型的な詐欺、リンクをクリックさせる手口はフィッシング詐欺などに多いです。

また、迷惑メールの添付ファイルやリンクを開いてはいけません。
金融機関を偽装したウェブサイトもありますので、注意が必要です。信頼できるセキュリティソフトをPCに入れたほうがいいです。

こんな稚拙な罠にかかるわけないと思う人も居るでしょうが、実際に知人の会社のスタッフがかかりました。みなさん、ご注意ください。
[PR]
by neo-diy | 2014-01-22 08:03 | ウェブページ | Comments(0)

防音相談と予約案件(2014年1月~5月)

 昨年の秋から今月までの段階で、いまのところキャンセルは2件しかなく、防音設計案件は3月まではすべて確定したようです。

これも防音相談(国立駅南口、西国立駅周辺)やウェブサイトの情報発信のお陰だと思います。

私の場合は、冬季は防音相談や運営するウェブサイトの更新を主な活動としており、経営的には最も苦しい時期でもあります。
*冬季に仕事の種まきをして、春に芽が出るという感じです。

この繰り返しで、独立開業してから約10年です。同業者?も格段に増えたようですが、かれらの前歴を見ると「防音設計・施工」とは無関係な業者が多いです。

防音設計・施工の業界は老舗が少ないのです。

さて、大分、作業もたまり、今日から仕事部屋にこもって図面や資料、見積書を作成しないと予約の件も危なくなりますから、今月末まで山場です。

 昨日の相談のお客様に、「防音職人」への依頼は、このブログの記事を見て決めましたと言われました! それは大変です(笑)。
[PR]
by neo-diy | 2014-01-21 09:15 | 住まいの防音 | Comments(0)

日本の今の人たちに信義があるのか

 小野田さんが亡くなり、また一つ昭和が消えたと思いました。彼の残した言葉は、日本の様々な分野でも、市井の身近な仕事・暮らしの中でも、薄くなりつつある「信義」という言葉が重い響きをもっていることを教えてくれたと思います。

 ネットの世界では、利益さえ増えれば良いと、信義に反した誇大広告があふれ、油断のならないウェブサイト、業者が増えていると思います。

 建築の世界でも、ネット通販、宅配サービスでも、人間がやることですから、ミスもありますが、重要なのはベストを尽くすことと、アフターサービスや完了後の対応だと思います。

 私が現在利用している2つのネットスーパーは、商品に問題がある場合は、必ず速やかに対応してくれるので信頼できる企業だと思っています。

 また、知人や親せきの店舗は、誠実で「信義」を重んじる昔堅気を感じる良い業者です。信義を重んじる事業者であれば、偽装問題も起こりません。

 ホームページであっても、事業者・運営者の考え方が色濃く出るものです。じっくりと文章を読んでいただけるように、現在、特設ページなどを企画中です。
 回想録として、マンションGL壁の生活防音、ピアノ防音工事で信義に反して逃げた専門業者の件をとりあげます。
[PR]
by neo-diy | 2014-01-18 14:12 | ウェブページ | Comments(0)

ホームページと企画書

 ホームページを改造したり、新規に立ち上げるにしても、企画書・イメージプランがなければ、自分で作ることも、外注することもできません。

 知人や取引先にアドバイスしても、「構想が思い浮かばない。」と言います。ここが最大のポイントでしょう。
 作り方や使い方はPC教室や知人に教えてもらえば、ある程度はできますが、コンセプト・イメージ、シナリオは自分で考えなければ、前に進みません。

 ブログを活用するとき、記事をカテゴリーに分けて投稿するわけですが、明確な使い方やテーマを考えなければ「カテゴリー」そのものを設定できません。
 ホームページのインデックスを考えるとき、ページのカテゴリーがなければ構成できないことになります。

 これは、コンサルタントが、ある課題について報告書を作成する際に、目次構成をまず考えるのと同じことです。
 私は会社勤め時代は、建築計画・まちづくり・都市整備のコンサルタント業務を担当していたので、このようなことは当然だと思っていたのですが、建築士や職人には、目次構成や企画書を考えることが最も難しいことであることに気づきました。

 ですから、取引先の営業マンが、自社のホームページを改造するには製品の専門知識や具体的な活用方法など商品企画から理解しないとできない。
 提携先の建築士が、「取引先の営業マンにできるわけがない。私でさえもできないのですから。」と言っていました。

 じゃあ、できないと放置しておいたら?どうなりますかと、聞いたところ、う~んと、うなったあと返事がありません。自分がどうしたらいいのか、企画が思い浮かばないから、人様のことどころではないという気持ちだったのでしょう。

 ホームページづくりは、具体的な企画書があれば外注すればいいのです。

 私はお金がないので外注は殆どしません(笑)。というか、企画を検討する段階が自分にとっては、一番やりがいがある段階なので、ウェブページもひな形さえあれば、自分で改造します。自己流で知識も余りありませんが、ネットで調べたり、書籍を購入して付録のひな形をアレンジすればなんとか形はできます。

 何年か前に、PC教室に入会したとき、自分の作ったひな形を持ち込んで、改造の仕方を教えてくださいと4回の受講計画をもとに初回に色々質問したら、インストラクターに「貴方のような考え方をする人は、自分でやったほうが早いです。」と言われて、初回だけで、やんわりと断られてしまいました(笑)。ほとんど、もう出来上がっていますと言われて、中級編程度の参考書を買ってくださいとアドバイスされました。

 作ったひな形は、ネット上から拾ったものをアレンジしたので、余り理解はしていなかったのですが、確かに書籍を購入して解説を見ましたら、理解が深まりました。

 上記のインストラクターから見れば、私は、ずいぶんと煩い受講生だったのでしょう。
[PR]
by neo-diy | 2014-01-17 13:50 | ウェブページ | Comments(0)

リフォームは柔軟な対応が必要

 現在、少なくとも関東のリフォーム現場では、消費税駆け込み需要で、エコポイントの駆け込み工事のときと同様な資材・製品不足が起きているようです。

 それは大手の企業が予約をまとめて行うようで、我々のような小さな業者は、特殊な防音材以外の建材(ボード、断熱材など)、窓・ドアなどの建具が入手しにくくなっています。

 問屋が大手のリフォーム業者に力関係で押されるため、むしろ、お金を先に振り込める依頼者経由でオプションとして資材を直接購入または外注していただくことにしました。

 やはり、お金を先に振り込めば、品物は確保されるわけですから、3月までの現場は、依頼者と相談して柔軟に対応することにしました。

 年明けから、急に保留の件や予約案件が動き出し、どこまで予定通り実施できるのか予測できないこともありそうです。

 3月までは、通常、私にとっては直接的な利益になるような現場は少なく、職人の仕事を確保することを優先して動きます。
 これも、昨年、経費を節約して予備費用を残しておいたお陰です。
 仕事道具や衣類・靴・鞄など擦り切れ、破れるまで使ってます(笑)。

 とにかく、リフォームは既存の内装を解体したり、建具の詳細な納まりを確認して始めて、具体的な費用が決まるので、手間がかかります。未確定工事はオプション扱いになります。

 いくら説明しても、理解力に差がある依頼者の対応で、振り回されることも多く、ここ数ヶ月間の契約がどうなるのか、まだ定まっていません。
[PR]
by neo-diy | 2014-01-15 08:04 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧