<   2014年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

国内自給率と官民対策に想う

バター不足で、クリスマスケーキも値上がりするかもしれない?とか、ささやかな日常のお菓子も値上がりまたは品質低下が懸念されますね。
これは食品だけに限ったことではなく、国産の林業衰退化が輸入材への過度の依存状況へと移行し、国外情勢や円高・円安などの変動に左右される構造は、望ましいことではありません。

景気回復や市井の暮らしの安定化は、国内産業の安定化に密接に関係します。農林水産業など国の基盤産業への無策状態の中、政治屋ども利権・保身のために強行される国政選挙。棄権せずに怒りの投票を行うことは国民の義務です。

学校給食の国産食材は悲惨な状況です。
私が子供のころの学校給食にはクジラのフライや竜田揚げが出ていましたが、そのころは野菜の大半は国産でした。いまや、信頼できない輸入野菜や魚介類などが学校給食、仕出し弁当、コンビニ・スーパーの弁当に溢れています。

江戸前の佃煮と謳いながら、中国産などのアサリが使用されているのには驚きました。それは江戸前ではないだろう!このようなインチキ業者が存在する油断のならない世の中です。

一方、最近は、農協などを通さずに産地直送便を商いとするホームページも増えてきました。生産者は努力するなか、国内産業だけでも問題は山積しているのに、農協や政治屋どもは誰も政策としてPRしません。展望のない目先だけの利権に飛びつきます。

お歳暮ギフトも信頼できるものを選ばないと、上記の佃煮のように国産(国内で加工すれば国産と表示)であっても原材料は外国産という、とんでもないことになります。

[PR]
by neo-diy | 2014-11-30 11:59 | 食品・料理の話 | Comments(0)

木材のこだわり(楽器防音室)の案件

現在、新築木造のピアノ防音室の見積り検討中です。
相談者は、私が提案した杉板の無垢材フローリングが気に入り、ぜひ使いたいというご希望です。音色がよくなるので、防音効果にもプラスになります。

ヨーロッパやアメリカのピアノ防音室はいまだに木造が多く、ピアノには木材内装が基本です。
*海外の事例ではお隣との距離がかなり離れているので、防音室と言うより音響効果重視です。室内に心地よく響かせることを前提に構築します。

一方、日本では無機的な吸音化粧板や石膏ボードが多用され、床も合板フローリングが多いようです。これはコストの問題だけでなく、部屋の広さや隣家との距離が近いなど住環境の違いが大きな要因です。

私の木造防音室の設計思想は、制振性と吸音性のある木材を活用して、適度な響きを確保しながら、剛性と吸音性を高めながら、必要な遮音性能を家の内部全体で確保することです。(戸外に漏れる音を大幅に軽減できればいいのです)
過剰な遮音はコストの無駄が多く、音環境も良くならないので、他の専門業者の様な金太郎飴のような防音室は好きではありません。

ですが、最近、予算上の制約が大きく、見積りの段階で受注できないことが増えてきました。費用対効果では絶対に負けないと思っていますが、他の業者にダンピングされると、見積金額だけでお流れになることもあります。
必要以上に予算を削られると本当に苦労します。

今回の件は、どうなるか分かりませんが、いつもどおりに、まっとうな見積りと提案書をご提示するだけです。

[PR]
by neo-diy | 2014-11-28 10:58 | 住まいの防音 | Comments(0)

防音通信(木造・住宅)衣替え完了

昨夜、防音職人の情報サイトを「防音通信」として衣替えしました。
防音通信(住宅・木造防音室)
最近の動向を踏まえて、伝えたい内容を簡単にまとめ、東京都内の現場を意識した相談内容を案内することにしぼりました。
*マンション関係の防音室相談で今年は振り回され、身勝手なキャンセルが続きましたので、気分転換を図りました。

この「防音通信」が、運営しているサイトの中では最も古く、いままで数回の衣替えをしてきました。まだ、資料リンクの整理や特設ページの検討が終わっていませんが、師走を迎える前に概成させました。
表示など、大きくずれるなど不具合を見つけられたかたは、当ブログで教えていただけると助かります。

先週、無事に担当現場(木造ピアノ防音室)が完了しましたので、次はメインサイトの拡充を進める予定です。

メインサイト(防音職人ホーム)以外はすべて手作りのHTML記述で構築していますが、今回の雛形は書籍の付録を使ってアレンジしたため、一部記述が理解できない個所があり、改造の途中でデザイン的な効果が1か所失われてしまいました。後戻りすると相当な時間がかかるため、とりあえずこのまま使うことにしました。

私はウェブサイトデザインの基礎がないので、既製の雛形やネット上で入手した記述を組み合わせて試しながら作っています。このためPC環境やブラウザによっては一部デザインが崩れることがあります。
*ためしにXPの古いPCで見てみましたが、特段おかしいところは見えませんでした。

私の趣味の一つはホームページの衣替えです(笑)。

[PR]
by neo-diy | 2014-11-26 08:19 | ウェブページ | Comments(0)

PC周りの状況

私の仕事場は、住まいと兼用ですが2部屋あります。1つは独立した打合せ及び資料・サンプル資材置き場です。
*この部屋は防音相談に使っていますが、構造上エアコンが設置できないため、扇風機と電気ヒーターしか置けません。事情があり片づけていないのでヒーターは未だ置いていません。
そのため、冬と真夏は国立駅前の無休の喫茶店で相談を受けています。

普段は6人掛けのダイニング木製家具の上と下に合わせて2台のPCを設置して、資料作成やネット検索、ウェブサイトの構築・運営、メールチェックを行っています。
ですから、休日や夜はコーヒーやウィスキーを飲みながら仕事をしています。投稿記事などの打ち間違えが多い時は、飲み過ぎたときです(笑)。
朝型人間なので(子供のころから)、早朝に作業をすることは苦になりません。だいたいアイディアが浮かぶのは朝です。メールの返信も緊急性の高いものは朝早くリターンします。

PCのディスプレイ(21インチ型ワイド)は2台並べて同時に作業できます。家族は傍で食事したりお茶を飲みます。親族の子供がきている場合は、古いほうのPCで遊ばせています。

現在は一人でウェブサイトも日常業務もこなしているので、このようなスタイルにしました。
*それと家庭の事情です。
遠方への出張は事情があり、1か月以上前に予約して準備しないとできません。ウェブサイトのみで営業している割には、物理的な現場下見などに制約があります。
どちらにしても、建築関係の世界で、一人で商いを続けるには、住まい兼用型でPCをすぐに起動できる環境でないと無理でしょう。

狭いマンションにPCと木製家具に囲まれて生活しています。

[PR]
by neo-diy | 2014-11-24 07:43 | 暮らしの雑記 | Comments(0)

静かな午後と準備

今日から4連休に入りましたが、1件だけ来週、相談をお受けします。それまではたぶん何もないでしょう。そんな気がします。
*職人に小さなボーナスを出したので、買い物もせずに今月はおとなしくしています。

改造中の情報サイトに使う挿入画像を作りました。ひな形は書籍の付録データを少しカスタマイズしてアレンジしました。
3つのインデックスを差し替え、古いページは参考資料としてそのまま残します。

思えば、11年と8か月前にプロバイダーが用意したひな形にテキストとわずかな画像を加えて始めた情報サイト(いかずちのサテライトページ)をスタートさせたのが全ての始まりです。
*この情報サイトの保存先:防音職人のサテライトページ
このページの当初の主なコンテンツは欠陥マンションに警鐘を鳴らすものでした。それが原因で、独立開業時には元仕事仲間は離れていきました。(都市公団の仕事を受注していたため、私と付き合うことを恐れたのです)
民間マンションだけでなく、旧建設省の下部組織の都市公団が生み出した欠陥マンションも採り上げたからです。

11年前は、欠陥マンションを購入した被害者が多くのホームページを立上げており、すぐにネット上の仲間ができました。私は正義感に燃え、無謀にも自分で自分の仕事のネタをつぶしました。

しかし、それがのちに、マンションの生活騒音対策に取り組むことにつながりました。
*実は住宅の生活騒音の防音設計については、これより約8年前から独学で勉強を続けていました。

世の中、何が幸いするか分からないものです。ホームページやブログが自分を助けることになるとは予想していませんでした。
当時の何の土台もない苦労を考えればたいしたことはない。現在は土台があるわけですから、なんとかなります。自分の工夫次第でコンテンツを拡充できます。

[PR]
by neo-diy | 2014-11-22 17:14 | ウェブページ | Comments(0)

電話での問合せ・タレコミで再認識

昨日から今朝にかけて、複数の問合せが遠方からありました。
それは大手の防音専門業者の防音室や工事の件です。失敗したり、良くない評判を知人から聞き、有名企業でもあてにならないという愚痴とご質問でした。
*お一人はすでに莫大な費用をかけて防音室を専門業者に施工され、大失敗したようですが。

共通点は、分厚い遮音材を重ねたり、吸音率の低い素材を吸音層に使うなど、概ね遮音材にシフトした施工です。
問合せをされたかたは、費用対効果が最悪と言われました。

遮音パネルを重ねるだけの設計は、防音設計とは言わないだけでなく、欠陥設計と言ったほうが良いでしょうか。
こんなお寒い業界の状況ですから、木造の防音室をコンパクトに作る技術などないのでしょう。

もう私の特設ページのテーマは決まりですね。「薄くて費用対効果の高い防音構造・施工」それも木造防音室とマンションのDIY対策にしぼったほうがよさそうです。

それにしても、最近は電話などで情報を探ったり、愚痴をこぼす人が多く、もうそれは自分の情報収集不足も要因としてありますね。看板の大きさだけで専門業者を判断した結果です。

とにかく、私にとっては参考になる情報・タレコミでしたので、自分のウェブサイトに活かしたいと思います。
防音相談のキャンセルがありましたので、22日から25日まで4連休にする予定です。

[PR]
by neo-diy | 2014-11-20 10:18 | ウェブページ | Comments(2)

想定内の取引先の動き

やはり景気が悪くなると、裏切者がでますね。
取引先の一部が、コンサルティングやウェブサイトなど助力した経費・労力などを忘れたようなふりをし始めました。

仕事や注文の紹介をするときは、返事が素早いのですが、自分にメリットがないと思うことは忘れたふりなのか(笑)。人間の品性の問題ですね。

色々と協力してくれた知人には申し訳ないのですが、諦めることにします。

一方、想定外のことなのですが、先日の能楽笛のプロの方が、私のウェブサイトをPRしてくれています!
*ツイッターやブログで。

とくに昨年から、義理堅い個人の依頼者のおかげで、色々と私は助けられています。その方々には、本当にお礼を申し上げます。

[PR]
by neo-diy | 2014-11-18 10:24 | 仕事の回想・自分史 | Comments(0)

職人への餅代

昨日の担当現場のアフターサービスをもって、年内の現場仕事はほとんど終了です。
*もちろん、急な依頼があればお受けしますが。
*私の現場としては専属施工チームも来週で年内の防音工事(リフォーム)が終わります。それ以降は未定です。

通常、仕事の受注には1か月以上の準備期間がかかりますので、12月の予約が入っても最速で中旬に日程を入れることになります。その見込みも現時点ではないので、あえて職人の餅代になるように、2件のサービス工事を計画しました。
この費用は施主様には請求しません。私が個人的に負担して、ささやかな職人へのボーナスおよび、誠実に対応していただいた施主様へのプレゼント代わりにします。

私の今年分の採算はマイナスですので、もうじたばたしても意味がないので、少しでも職人の士気を高めて希望を持たせることを優先させようと思います。

建築・リフォーム業界だけを見ても、零細企業は非常に厳しいと、取引先も知人建築士も呆れながら、ぼやいています。なんとか戦略を立てないと来年が大変なことになります。(ぼやくだけではダメですが)
*とても選挙どころの話ではない。政治屋どもは経済的に困窮する高齢者や零細事業者など弱者を切り捨てるつもりでしょう。彼らは人間として、もう終わっています。

世の中の状況が厳しいときにこそ、誠実な商いや約束事・恩義などを大切にしたいと思います。

[PR]
by neo-diy | 2014-11-16 15:11 | 暮らしの雑記 | Comments(0)

年内は成果などの総括をしたい

残念な案件がある一方で、非常に心強い知人ができました。能楽笛の奏者(プロ)栗林祐輔さんです。DIYで防音室を自作されたのですが、この件は、ご本人にご了解をいただいたあとで、写真を交えてご紹介したいと思います。
*コンサルティング、吸音材納品を担当したことが縁で相互リンクしました。
今後、能楽笛の教室のご紹介も随時していきますので、どうぞよろしく。

現在はブログとツイッターで教室や演奏活動などの情報を紹介されています。能楽笛のレッスンをご希望の方は、直接お問い合わせ下さい。
能楽笛・教室(栗林祐輔)
*相互リンクしたページ:音楽教室の音響・防音

栗林さんは非常に仕事がテキパキとしてDIYのアイディアなど非常に頭の柔らかいかたのようで、きっと笛の指導もうまいのではないかと思います。
それに最大の特長は「非常に誠実」であることです。人当たりも柔らかく好人物です。
いろいろと有益な情報、コメントをいただきましたので、今後のウェブサイト運営に活かしたいと思います。

今年は自作の防音室に役立つような特設ページを検討したいと考えています。いままでの総括の中でアレンジしていけば、多様な活用方法が出てきそうです。
来年へとつながっていくでしょう。

余談ですが、このエキサイトブログは使い方を覚えるとリンクなどの設定が簡単で分かりやすいです。フリースペース(リンク集など色々と使える)もサイドに設定できるので便利です。
*会員登録してもメールマガジンも配信されず、楽天の様なスパムメールの様なものは一切ありません。
安心して使えますね。

[PR]
by neo-diy | 2014-11-14 07:49 | ウェブページ | Comments(0)

流儀と事業者の判断

自分の流儀としては、できる限り安くと考えて値引きしてきた結果、昨日までの収支では昨年に比べて件数は余り変わらないものの、資材関係の値上げや案件の単価が下がった分、経費に食われてしまいました。
もう、年内は取り返しができないほど前年に比べて落ち込みました。
*事業者としては甘すぎる運営だったと言えると思います。

しかし、これだけ景気が落ち込み、庶民の懐が厳しくなれば、当然みなさん節約します。予算が厳しくなるのも当たり前です。うちの職人のように十分な予算を確保してくださいというのは理解できるが、それを押し通すと予算の段階で契約がだめになる。
彼らや取引先には、この点が十分に理解されていない。十分な予算を出せるような依頼者は、大半が看板の大きな事業者のほうへ流れていくのが普通です。

私の依頼者は、自営業者、一般の個人ユーザーが大半ですので、景気の変動をすぐに受ける人たちです。
予算が足りないので、代替案や値引きをお願いしますと言われれば、再考せざるを得ないでしょう。言ってくれる人は前向きに考えているので、これは何とかするしかないと。
*自分の経費を削るしか方法がないのです。

あとは、比較的廉価な製品を組み合わせて、費用対効果を高め、全体の見積金額を抑えるしか打開策はないようです。そのため、必然的に木造防音の仕事が大半を占めていきます。マンションは防音工事としては費用対効果は難しい面があり、むしろDIY対策のほうが費用対効果が高いと言えます。もちろん、見栄えなどを犠牲にすることになりますが。

もう、私には木造防音とマンションDIY楽器防音、この2本しか採算に合わないという結論に至りました。ウェブサイトの改造の軌道修正が必要、というか重点的メニューを先頭に出すという改造です。
*問題は、その分、施工チームの仕事が減ります。

自分の流儀と、専属施工チームを含めた事業者としてのバランスが難しいと実感した今年です。

【追記:2014.11.13】
先日、緊急の防音相談と施工図提案を完了したわけですが、相談者が約束を守らないので、請求した費用40000円を辞退しました。私は約束を守らない相談者の件は状況に応じて断ります。このような無礼な人物から費用をもらうつもりはありませんので、今後一切のアドバイスはしません。
月曜日に費用を入金される約束だったのを、いきなり昨日、来週にと言われたのですが、無礼でしょう。しかも、他の件を5日間お待ちいただいて先に作業したのです。
それは騒音で眠れない、家族のことも心配だということで同情したのでやむなく先に作業したのですが。
取引先は、費用はもらうべきだと言うのですが、私は無礼な人物から報酬をもらわないのが流儀です。(追:この件、さきほど謝罪がありましたので保留にします)

[PR]
by neo-diy | 2014-11-12 07:29 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧