<   2015年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

被害を想定して、備えることは国防だけでなく、エネルギー供給などライフラインでも重要。
我々建築関係の分野でも、地震発生を想定して、リフォームでも新築でも耐震補強や構造的な補強を考慮するのは必須です。

ところが、現場のリフォームを行うため既存を解体すると、天井の梁を支える柱の断面が小さかったり、固定金物が甘く弱いことも多いです。
自分は音響・防音設計が本業ですが、建築コンサルタントでもあるので、見つけた構造的弱点は、予算の範囲内で対処します。どうしても追加予算が必要な場合は、施主に説明してオプションで追加対策を行います。

政府や自治体だけでなく、民間企業も危機管理や意識が希薄な中で、日常業務でも問題を体感しています。

ちなみに、先日の国会論議の中で出た原発関係ですが、いまだに周辺海域への汚染はほとんど公表されておらず、魚介類への影響も検証されているとは言い難いでしょう。

色々な分野での被害想定が甘く、防災計画(地震などの地域防災計画など)・実施計画も見直しが殆どなされていない地域も多いと聞きます。
国産食料品の備蓄や生産性の向上など、もっと国内産業やライフラインなど足元を固める施策が必要だと思うのです。自分の分野では国内林業は放置状態であり、非常に問題です。水源整備とも連動しているので、環境問題を含めて軽視されているという気がします。

なにやら、現政権は国外の限定された分野・軍備ばかりを見ていて、自国の産業や環境問題を見ていないという気がします。政治の世界こそ、様々な分野の被害想定を考えていないのではないでしょうか。

[PR]
by neo-diy | 2015-07-31 09:00 | 暮らしの雑記 | Comments(0)
最近、エコポイントを口実に、生活騒音や楽器防音を目的とするリフォームにおいて、内窓を付けることを最優先に工事を勧めるリフォーム業者・窓業者が増えています。

マンションの天井からの騒音対策に内窓を付けたら、余計に室内に騒音が反響してこもり、騒音がひどくなります。内窓の取付は、天井や梁・壁の防音工事が完了してからでないと意味がありません。

また、木造住宅の防音室でも「窓を防音すれば大丈夫」と言って内窓だけ取り付けようとする業者は、音響・防音設計に関して、まったくの素人です。
*窓は壁の一部ですので、窓と壁の施工はセットで考えるべきです。

ちなみに、窓の遮音性能はD-25レベル、木造住宅の外壁の遮音性能はD-25~30レベルです。内窓を付けると、窓の遮音性能はD-40~43レベルになりますので、結果として壁が弱点になります。
ですから、壁も同時に施工しないと室内全体の遮音性能はアップしないのです。

このような基本的な内容をホームページに記載しないで、窓の防音だけ誇大広告する業者は悪質です。悪気はなく無知であるということなら、防音対策を目的としたリフォーム工事そのものを行う資格がありません。

[PR]
by neo-diy | 2015-07-29 08:44 | 住まいの防音 | Comments(0)
知人やウェブサイト制作がプロの人に聞いたところ、会社の小規模ホームページの製作費は最低でも50万円。個人(自営業含む)向けのホームページでは最低30万円程度が制作一式の費用として必要ということでした。
*私も取引先のホームページの費用を数年前に聞いたところ、35~40万円程度ということで、更新するたびに別途費用がかかると言っていました。

私の運営しているメインサイトを知人(元お客さん)がギフト代込みで10万円弱で作ってくれたのは、とても安い費用であり、申し訳なかったのですが、その後、知人が運営するショップで出来る限りギフトを購入するようになりました。

ただし、個人向けの約30万円というのは、あくまで依頼者が文章や画像を用意して、専門業者に渡すことを前提とした費用であり、文章も画像も用意してなければ、その倍くらいの費用がかかると思います。
*概ねインデックスが6~8ページ分の小規模サイトです。

プロに聞いたところ、小規模サイトならjimdo、wordpressを使えば比較的短期間にでき、前者は市販されている書籍を見れば数日で作れそうです。

知識もお金もほとんどない自営業の人は、リフォーム・建築業、コンサルタント、税理士などであれば上記のツールで十分です。
外注して大体の形を作ってもらい、そのあと自分で文章を修正し、必要な画像を追加すればいいです。
とくにjimdoは、解説書があれば自分で作れます。

[PR]
by neo-diy | 2015-07-27 07:30 | ウェブページ | Comments(0)

昨日まで色々ありました

昨日は、相談者に教えていただいた調査物件の住所が間違っていたため、朝の11時頃、炎天下の中彷徨いました(笑)。おかげで、汗びっしょりになり、諦めて戻りました。悪気はなくても重要な情報が違っていれば人に迷惑をかけるという典型です。
*昨年も住所が違っていて郵便物が戻ってきたという事例がありました。

私は今まで自分のミスで、現場にたどり着けなかったということは1回もないです。さあ、上記の件、どうなるでしょうか。来月、再度下見に行くことになりましたが。

先週の相談案件は、なかなかメールで概要を理解していただくのが難しく、もう一度、打合せが必要かもしれませんが、予算的な問題があり、先行き不透明です。
*別マンションの生活騒音対策の件は、連絡が途絶えました。

結局、マンション案件で今年正式に依頼されたのは、いまのところ3件だけです。契約になったのは大半が木造住宅です。現時点で9月・10月の現場が決まっていませんので、これは大変です。
*最近契約されたのは、現在工事中の都内現場1件と遠方の現場3件(工事は地元業者)のみです。
めずらしく、最近は男性の契約者が多く、すごく実直というか約束をきっちり守る人です。

さて、今年も知人建築士と毎年のように行っている「夏の情報交換会(暑気払い)」ですが、8月の盆休み前にやる相談になっています。これは自分が抱えている案件や現場事例など特徴的な経験、製品の効果・工法など情報を交換し合う主旨です。
*ちらっと電話で聞いたら、都心部のリフォームは活況だが、防音設計や工事はほとんどないということでした。私の言うとおり、ホームページが不十分だから、営業効果が少ないと思うと、言ってました。
いまごろ言っても遅いかと思う人も居るでしょうが、気づいただけでもましであり、一生理解できない人もいる中で、手遅れということはない。
自分にやれそうなことを見つければ、視界が広くなることもあります。実行することが大事だと思いますね。
063.gif

[PR]
by neo-diy | 2015-07-25 09:35 | 事業者向けネタ | Comments(0)

運営サイトの障害情報

現在、防音職人の使用しているサーバーがつながらない状況が続いています。
メインサイトが該当するのですが、知人も同じサーバーを使用しているため、同じく表示されない状況です。
業者の障害情報ページにもアクセスできない状況が続いているため、運営会社のサーバーそのものが、なんらかの原因でダウンしているのではないかと思います。

防音職人への問い合わせは次のブログの右側に記載されているフォームから連絡が可能ですので、ご利用ください。
住まいとピアノ教室の防音

使用しているサーバーはブログとセット運営しているため、データ移動も大変なので、検討中です。
今後、別途情報サイトなどを別サーバーで立ち上げることも考えています。

リスク回避のためにも、サーバーは複数使用したほうが良いですね。

【追記 07:34現在】
ようやく、表示されるようになりましたが、サーバーによっては未だ障害が発生しているようです。
暫定的ですが、使用している通信プロバイダーのウェブスペースで運営していた情報サイトを改造して、補完サイトを作ろうかと思います。もう4・5年放置していたのでPWがどこにいったのか探さないと(笑)。
→これなんですが初期の雛形ですのでCSSが一部おかしい:マンション防音
全体的に構成がおかしいので、古いページはまとめてしまい、新しいコンテンツを作らなければならないです。夏休みの宿題にしたいと思います。

[PR]
by neo-diy | 2015-07-23 06:57 | お知らせ | Comments(0)

借りは十分に返した

今年の8月15日で、防音職人(屋号)として自営業を11年間行ったことになります。

草創期はとくに依頼者に経理上の工夫やホームページの書き方などアドバイスを受けました。また、取引先には製品を色々と紹介してもらい、取引の道筋をつけてもらいました。
これらに対して、いろいろな形で私なりに借りを返すように努力してきました。

知人建築士には仕事を紹介したり、ウェブサイトを作って渡すなど、十分に借りは返したと思います。
いままで、防音材を廉価で支給してきたのは、自分なりに社会に還元する意味があり、必要以上に儲けないという流儀で商いをやってきました。
これからも、たぶん基本は変わりないと思いますが、この夏、思ったのは体力的に思うようにならないという感触です。
無料相談も、今までの様には実施できそうにはないので、曜日を決めて無料の電話相談を定期的に行おうかと検討中です。国立駅までの徒歩でのみちのりは約19分かかるのですが、この猛暑は結構こたえます(笑)。

それに経費もタクシー代やコーヒー代など、今年提出した確定申告の収支計算表からも問題点は見えていました。通信費、ウェブ関係の経費なども加算すると、年収に対してかなり負担となっています。
接待費としての飲食代やギフト代も、知人建築士に比べると大分使っているようです。

もう、いいでしょう。十分に借りは返したと思います。

今年も売上高は伸び悩んでいますので、経費は削れるところは削るということになります。
夏休みなど連休中に、事業メニューなどを再検討したいと思います。

[PR]
by neo-diy | 2015-07-22 14:02 | 仕事の回想・自分史 | Comments(0)
昨日の防音相談の依頼者は、ウェブサイト制作・運営のプロでした。
打合せの終盤に差し掛かった時に仕事の分野の話を聞いて初めてプロであることを知ったのです。いろいろと私のほうが質問したかったくらいですが、あまり引き止めると申し訳ないので、ちょっと気になる、いくつかの点について質問しました。

私のホームサイトは、他の相談者と同様にブログ記事の一つが検索で上位のほうへ出てきて、そのブログからホームへアクセスしたそうです。
*防音職人を知ったのは昨年だったそうです。
*今年になり、購入されたマンションのリフォームをすることになり、その中でヴァイオリン防音室を造る目的で、私のことをリフォーム会社に紹介して、一緒に依頼することを伝えたということです。
(詳細は、ある問題があり、ここでは書けませんが)

ホームページは基本的に静的なHTMLで十分だそうで、自分が伝えたいテーマ・キーワードが検索エンジンにうまく評価されるように、重要な個所が分かりやすく認識される構造で構築することが基本ということです。
プロがデザインするようなジャヴァスクリプトやphpなどのテクニックは、初心者は余り気にしないで、基本に忠実に作ったほうが良いですとアドバイスされました。
そのほうがグーグルなどの検索エンジンにインデックスされやすいそうです。

他にも聞きたいことはあったのですが、時間切れとなり、もし質問があればメールでお答えできますと言われましたので、打合せの後半は、なんの相談だったのかわからないくらい、立場が逆転したと思います(笑)。

ちなみにブログは、今後も進化していくだろうということで、シーサーネット、エキサイトブログなど一般的なブログでも十分役立つということが再認識できました。

[PR]
by neo-diy | 2015-07-20 12:45 | ウェブページ | Comments(0)
先週と今週に現場の防音資材、遠方の現場のコンサルティング契約に関して、価格設定と作業内容をご提示しました。
お蔭様で、山陽方面の現場のコンサルティング契約(現場資材納品を含む)が新規1件正式な依頼がありました。(近日契約書を送付します)
また、防音材をご注文のかたからは、他の業者が販売している製品について私のほうへ依頼がありました。
*他の業者の価格設定の高さに驚かれたようです。
廉価な方の業者に注文されるのは当然だと思います。

私のほうは設計・施工およびコンサルティングが専門のため、資材経費を安く見ています。防音材の差額で無理に利益をあげようとしていなく、極力、コンサルティングと音響・防音設計でまっとうな利益を得ようとしています。
相談者にロックウール、ポリエチレンの吸音ウール、遮音ゴムマットの価格を他の業者と比較してご提示しましたら、「なぜ、こんなに差があるのか?」と言われましたが、答えは簡単です。
*検索で上位に出てくる通販業者は、品物を売る商いですから、価格設定が高めなのです。彼らには音響・防音設計や騒音調査、現場の分析はできません。

このような話は、建築業界など一般的なことですから、驚くようなことではないのですが、私が廉価で供給できるのは、「自営業であり、自分で決済できる」「メーカーと直接取引なので中間経費がない」この2点が、他の業者と異なる点でしょう。
*私の様な自営業では例外的だと、取引先の建築士に言われました。

私との取引を断った大手メーカーは、結果的には性能が低く、費用対効果のよくない製品だということが、知人や取引先建築士の体験・分析で分かりました。
万事塞翁が馬です。取引が成立しなくてよかったと思います。私の取引先は問題点もありますが、ぼったくるようなことはしない、昔ながらの地味な商いです。私は基本はそれで良いと思います。

もったいないのは、せっかく価格設定を低くしているのですから、もっと長所をPRすべきだと、私はアドバイスしてきたのですが、取引先の社長が同意しませんでした。私の企画を理解できなかったようです。
*会社のスタッフから聞きました。

もしも私がその会社のスッタフまたは代理店だったら、もっとPRに力を入れて販路を拡大できると思います。

[PR]
by neo-diy | 2015-07-18 09:36 | 事業者向けネタ | Comments(0)

予定変更など

悪天候、台風接近などの影響で仕事の下見は延期しました。

さらに、叔父の娘(従妹)が急に逝去し、せめてもご霊前と手紙だけはと思い、準備を始めたところです。
*先月のことですが、知らせの手紙が、叔父より昨日届きました。こちらも身内の件で大変であることを気遣い、あえて遅らせて知らせてきたのだと思います。

私よりも大分年下であり、私が中学生のときに一度会っただけなので、顔の記憶はぼんやりですが、一言だけ「私の顔が父親(叔父)によく似ているとつぶやきました。」これだけが彼女の言葉の中で唯一記憶に残っています。
*私の顔や性格は母方の兄弟(叔父)、両親(祖父母)に近いと、父方の従兄弟たちに言われます。

年を重ねると余計に似てくるようですね。

それにしても、若すぎる旅立ちであり、彼女のご冥福を祈りたいと思います。
昨夜から雨が降り続いています。自分より若い人間が亡くなると、なんだか、しんみりします。

[PR]
by neo-diy | 2015-07-16 11:55 | 暮らしの雑記 | Comments(0)
エコポイントの影響で、グラスウールだけでなく、防音工事専用のロックウールでさえ在庫がなくなりつつあり、生産が追い付かない?ようです。
*追記(補足):あとでメーカー子会社の問屋から報告があり、大手メーカー品は十分に在庫があり問題ないらしく、廉価製品が品薄ということです。だから、代理店(通販サイトを含む)は便乗値上げをしないでほしいということでした。

これは防音工事にも大きな支障が出そうで、今日、取引先に相談して私専用のロックウールを押さえるつもりです。先にお金を払えば倉庫に保管してくれると思います。

また急な比較的大きな金額が私の営業資金から出ていきます。リスクはあるのですが、多めに確保しないと夏だけでなく秋以降の工事に大きな影響が出ます。
*前回のエコポイントがそうでした。

普通のリフォーム業者は、私のロックウールの仕様を全部、性能の低いグラスウールに変えてしまい、依頼者を大分心配させました。
新築業者もそうでした。着工してから入手できないと、騒ぎはじめ、グレードダウンしました。私のほうは同じ時期にロックウールを使っているわけですから、業者の備えが甘いのです。

ちなみに、私のほうは他の素材の吸音材を取引していますので、追加費用を出していただければ代替品を支給できます。ただし、この製品はエコポイント対象外ですが。

個人的にはエコポイントは私には邪魔になります。仕入れに支障が出て工事が延期されることもありますので、商い的には収入が減ります。

余談ですが、このブログは通常、常連さん、知人が合わせて8~11名程度見に来るだけなのですが、仕事の予約や相談が入ると、どうも相談者が見に来て一時的にアクセスが増えるみたいです(笑)。
*増えると言っても倍程度ですから、20名程度になると、私には「沢山増えた」ということになります。
*個人的な雑記多いので、気楽に流してください。

【追記】
さきほど、通販サイトのロックウールの税込み価格を見ましたら、「なんと私の支給価格より約5000円高いです!」・・・驚きました。エコポイント便乗商法ですね!
*ロックウール:厚さ50ミリ、605×910サイズ・8枚入り/ケース
防音材で検索すると上位に出てくる有名な通販サイトです。この業者はネット広告やホームページに相当宣伝費を投入し、グーグル検索やブログの広告に頻繁に出てきます。このような業者サイトを優先して上位にあげてくるグーグル検索の質は劣化していると、その道の専門家が自分のブログに書いていました。
*私もそう思います。

[PR]
by neo-diy | 2015-07-14 08:32 | 住まいの防音 | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy