<   2015年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

差別化しながらメニューを構築

今日は月末ですから、私の場合は、請求書が届いた件は依頼者から入金がなくても、取引先にすぐに支払います。本来は月末締め、翌月支払という契約なのですが、取引先の一部はすぐにもらえると期待しているようです(笑)。

先週、遠方から身勝手な相談の問合せがありました。非常に手間のかかる見積りなのに無料相談でお願いしたいというものでした。ウェブサイトには国立までお出でいただけるかた限定のサービスと明記しているのに。しかも、この人はテナントを経営する自営業者です。一般個人の相談とは異なります。

テナント経営+男性の事業者という相談パターンは非常に多く、いままで全滅しています。結局、今まで成功した自営の経験があまりない場合が多く、経費を切り詰めることしか考えない。私の都合などお構いなしです。
*男性でテナント経営(お店など)する人で、有料コンサルティングを希望されるのは、親の代から引き継いでリニューアルするケースです。先代の苦労も人様の労力も理解している人です。

上記の身勝手な要望ですが、やんわりお断りしました。たぶん、もう連絡はないと思います。人様の労力の価値に気づかない限り。

先週は急ぎの発注とメールの返信だけで忙殺されました。今日からようやく、予約・契約案件の作業に集中します。

概ね、DIY対策のリクエストが多く、それは経済的な問題と、この時期、大規模なリフォームは時間的に年内完成に間に合わないという事情もあります。

先日も書きましたが、この時期は今までの成果を確認しながら、種まきをすることが重要です。差別化を図るための自営メニューは、表現上の工夫など戦略的な視点が必要です。
もちろん、人様の苦労を理解できる相談者の心に届くようなウェブサイトの更新、ブログ記事の発信が中心です。

ちなみに、自営業や零細企業の苦労を知っているから、私は早めに取引先に代金を支払うことにしています。
*2件、せっかちに納品や説明図を要求されていた依頼者の連絡が途絶えました。入金も未だありません。ある人が言っていました。育ちの悪い大人はそう簡単には変わらないと。自ら自分の未来を閉ざすことになると思います。

[PR]
by neo-diy | 2015-11-30 07:50 | 事業者向けネタ | Comments(0)

石油価格、消費税などの要因が気になる

12月の無料相談受付を開始したとたん、ここ数日外出している間に問合せメールが増え、内容から見て他の専門業者には予算的に無理であるとか、厳しい制約がうかがえます。
防音材の問合せも増えていますが、コンテンツの注意事項をよく読まないで注文の打診をする人が多く、おそらく、他の業者との価格差だけに着目していると考えられます。

ですが、都内の現場案件はほとんどありません。予算が普通に確保される方は、大手の専門業者に依頼されるのでしょう。
気持ちはよくわかります。私のような零細業者は、手作りのオーダー鞄のようなもので、価格を下げるのには限界があります。そのうえ宣伝力も弱いので、プロの奏者や音楽教室の主宰者には知名度がない。

結局、予算的にも空間的にも厳しい小規模な楽器防音室の相談が来るわけです。そのような方々は、懸命に検索して探すので、私のブログ記事にたどり着きます。
そして、防音職人の本体サイトから問い合わせをされるのです。

それにしても、無茶なご希望の中で勘違いも多く、余りにも不勉強な相談者が多く、こちらもモチベーションが余り上がらないのですが。代休がまた潰れそうで痛いです。
次の現場が始まるまで休もうかと思ったのですが、やはり甘かったようです(笑)。

とにかく、職人チームの仕事が約20日間ほどないので、なんとか小さな仕事でも受注しようと努力したのですが、東京の方は余りにも予算が厳しく、採算に合わないので見送りました。
このような状況で、石油価格が上がり、防音材の価格が上がるとさらに大変です。
消費税値上げなんか、正気の沙汰ではないと私は思います。

零細業者は新しい事業メニューを開拓しないと経営が行き詰まります。頭の痛い2016年は、もうすぐです。国際情勢が不安定になると、日本のような原材料輸入に依存する国は、製品価格が高騰します。
リサイクル素材も需要と供給のバランスが崩れると値上げします。

防音材は値上がりすると、二度と値下げしないという不思議な世界です。いったい誰が必要以上に儲けているのでしょうか。少なくとも私ではありません(笑)。

[PR]
by neo-diy | 2015-11-28 09:10 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ネコも食べるところがない

私は東京というか、現在の住まいの地元で飲食をすると、行きつけの店のマスターからよく、「○○さんは、魚でもきれいに食べるので、猫も食うところがない。」とよく言われました。
*昼間は定食とコーヒー&ビール、夜はスナック&コーヒーという店でしたが。

私は学生時代とくに貧乏だったので、食事は残さず、きれいに食べるという習慣が身についています。大学の恩師も、常々、食べるものはとくに大事にしろと言っていました。
*ゼミの合宿でも、打ち上げの席でもそうです。

家族はそうでもないので、これはやはり若い時の習慣がどうであるかで決まると思います。中年になれば人の言うことなんか聞きませんから、なかなか直るものではない。

最近特に三食きっちり食べる習慣ができているので、風邪もほとんどひきません。
なにかのニュースで、最近の子供だけでなく、若い親も食べ残しが多く、食べるものを粗末にする傾向が強いと言っていました。

昭和の時代、子供のころ、給食を残すと担任の教師に怒られました。全部食べるまで外には出さないと言われ、無理して嫌いなものも食べた記憶があります。
*パンは鞄のなかに隠して持って帰り、犬にやってました(笑)。

我が家では、残飯が殆どないのが自慢です。

[PR]
by neo-diy | 2015-11-27 07:54 | 食品・料理の話 | Comments(0)

地味なウェブサイト

私のウェブサイトは、自慢じゃないけど専門業者の中では「かなり地味なデザイン」です。
知人にカスタマイズしていただいたサイトも、ひな形・基調色ともに地味です。
それは木造家屋のイメージをベースにして、私が使いやすいものを希望したからです。その後、さらに自分で地味に拡充してます。
防音職人ホームサイト

ですが、自力で構築した以下のページは、自分のデザインセンスですから、地味なのは当たり前です。先日完了した防音室の依頼者にも「防音職人の運営サイトって、地味ですよね。きらきらしていない・笑」と言われました。(依頼者が言うには、それで良いと。中身で勝負してくださいという意味だそうです。)

すべて手作りの素人デザインですから、限界もあります。それに自分自身が理解できないスクリプトは、テキストエディターで作れないので、自然にそうなります。
コンサルティングノート
プロフィールサイト
それでいいのだと、私は思います。もともとが都市整備・街づくりのコンサルタントですから、デザインよりも文章を構築したり、戦略を立案するほうが得意です。

ブログのカスタマイズも地味です(笑)。
ピアノ防音・木造住宅
暮らしのサテライトページ

きらきらした、おしゃれなサイトで中身も充実しているものは、同じ業界の中では見当たらないです。業界自体が地味なテーマですから、そんなもんでしょう。
もちろん、ウェブデザインのプロが作った洗練されたデザインのホームページはあります。それなりに経費もかかりますが、私のように手作りを重視してる自営業には似合わない。

[PR]
by neo-diy | 2015-11-25 08:33 | ウェブページ | Comments(2)

11月下旬と12月は仕事のまとめ時期

ここ数年のパターンとしては、11月の下旬から12月にかけて、担当現場の検証や相談内容のレビューなど「まとめ時期」になります。
*ウェブサイトのコンテンツの追加、更新およびブログ記事の投稿です。

また、新たな防音相談の際に、アドバイスとして内容を反映させるので、相談者には最新の情報も加えてご紹介できます。
ですから、12月~1月にかけての相談者はお得な内容になります(笑)。
*今年は新しい「遮音制振材」も加わりました。

今週は代休の予定でしたが、今日予定していた建物見学が休館日になるということで延期しました。
明日は急きょ防音室の相談が出てきまして予定変更です。26、27日は完了現場の音響チェック。おそらく代休は28日からになりそうですが、未定です。

急ぎの遠方のDIY防音対策の依頼があり、この作業を近日中に完了させなければなりません。この事例は世の中の既製品の性能が不十分であることの証拠となるもので、重要な内容を含んでいます。

これも、この時期のまとめ事例として追加します。

もうウェブサイトのネタが沢山ありすぎて、整理するのが大変です。年内になんとか追加のコンテンツや更新を行い、ブログにも投稿したいと思います。

私にとっては、この時期が「種まきでもあり、成果の収穫」です。年が明ければ確定申告の書類整理が始まります。(年内に領収証だけは仕分けしますが)

さて、どうなるでしょうか。私にはジンクスがありまして、「長い代休を取ろうとしたり、新しいウェブページの作成を始めると、急に相談依頼が入る」ということが多いのです。
*一週間程度の連休さえ、年末年始を除くと、ほとんど経験がありません。

[PR]
by neo-diy | 2015-11-24 07:58 | 事業者向けネタ | Comments(0)

昨日の相談者に言われて気づいたこと

昨日、国立駅南口のいつもの喫茶店で木造住宅の防音相談(有料コンサルティング)を行いました。

依頼者は東京の下町・地元を中心に「畳・襖・クロスなどの内装」を専門としている自営業者でした。ご自身はホームページはなく、昔からの付き合いや地元の取引先などから紹介される現場の仕事をやられているので、それだけで手一杯ということでした。

しかし、ご自身が建築する建物の防音対策はネット検索で探したそうです。最初私のブログ記事を見てから本体のウェブサイトの内容を確認してコンサルティングを依頼することを決めたそうです。
防音工事の失敗、とくに床のやり直しはできないので、専門家に相談することは当然だと思われたようです。
*検索してみて分かったことは、木造建物の音響・防音設計や施工を専門とする業者はほとんどなく、製品を販売する業者が大半であるということ。

地方から国立まで相談にお出でになるかたも居ますという話をしたら、「その相談者の判断は賢明ですね。建築後のリスクを考えれば、交通費や宿泊費など安いものだ」と言われました。
私は、それを聞いて「なるほど。トータルコストやリスクを考えれば、そのほうが安いという判断は理にかなっている」と思いました。
*木造なら、東京にこだわらず、地方からの相談者を積極的に受け入れることは問題ない。地元の職人が理解できる説明図や仕様を提示すれば実現できる。

それに、地方には木造家屋の防音対策の専門家はほとんど居ませんから、需要としてはあるだろうと思いました。
このためのガイドページを作って、運営するブログや本体サイトに特設ページを作ればいいのだと考えました。間取り図を例にして考え方を書き込んだものをイメージとして挿入すれば分かりやすいでしょう。
*木造アパート、複数世帯住宅などの床・界壁、天井の対策案の重要性を明示。

自営業者の防音相談は、私の方も色々と参考になることがあり、有意義なものでした。

[PR]
by neo-diy | 2015-11-22 08:30 | 事業者向けネタ | Comments(0)

静かになりました

矢のように注文や質問の回答を催促していた女性の入金・連絡が遅いのに対し、17日に完了した現場の依頼者は昨日既に入金されていました!
育ちが違うとは、このことでしょう。(ものを受け取っても連絡もしない人・・どういう教育を受けたのでしょうか)

そういえば、エコポイントの書類を矢のように催促していた依頼者は入金が一番遅かったです。個人差というものは大きいですね。
結局、自分のことしか考えていない人と、他人のことも配慮する人との差でしょう。

とにかく、11月までのすべての案件が収束し、あとは明日の防音相談と来週の音響チェック現場2件のみです。静かになりました。

良いも悪いも、今週が一つの境目になり、来週から切り替えていくことになります。おかげで、代休も取れそうです。

それから、先日女性の看護師が言ってましたが健康診断が怖いと(笑)。私なんか、中性脂肪増えまくりで、運動しなければならないのに、50肩で両肩が痛く、歩くことしかできません。
*とにかく沢山歩いて、脂肪を燃焼させるしかないですね。(静かにしていたら体重が増えました!)

しばしの休養を楽しみたいと思いますが、しばらくしたら、ウェブサイトの更新も始めます。
*木造建築の見学も今月中に行く予定です。楽しみです!


[PR]
by neo-diy | 2015-11-20 08:04 | 暮らしの雑記 | Comments(0)

ブログ記事は防音対策の入り口である

住まいの防音対策、木造の防音室など、巷には誇大広告が溢れ、インチキ業者が乱立しています。
知識も経験もない住宅の新築業者が安請け合いで防音室を施工して問題を起こすなど、トラブル事例をあげたらきりがありません。

一つ一つを告発したり、警鐘を鳴らすのも限界があるので、私はブログの数を増やして関連記事を投稿するということにしたのです。
知人には多すぎると言われますが、ブログには特徴があり、ご存知の方も居られると思いますが、検索エンジンに対する備えに違いが見られます。
*ドメイン、ひな形などが影響を与えます。

私は広告がないもの、小さいものを重視して使っています。
*サーバーの有料サービスについているブログ、wordpress.com、シーサーネットのほか、エキサイトブログ、ライブドアブログがお気に入りです。
*広告は多いけど、検索エンジンに比較的強いアメーバーブログも好みは分かれますが、使い道はあります。
これから、ブログを始めようと考えている自営業の方、出来る限り広告のないもので、ひな形やフリースペースをカスタマイズできるメーカーを選ぶことをお勧めします。

話がそれましたが、最近、我慢できない誇大広告を見つけました。
「マンションの天井騒音(足音、落下物の衝撃音など)に、防音製品を貼り付ければ、大幅に音が小さくなる」というもので、自社の取り扱い製品の誇大宣伝です。
*この業者は、検索エンジン広告やSEO対策に力を入れています。防音材通販サイトです。
この業者の問題事例に関する記事を以下にご紹介します。
防音商品(コルクマット) ※クレームが多くて、この業者は製品広告を削除しました。
マンション天井騒音対策の誇大広告

そのほか役に立たない「遮音シート」や、床に敷くだけで騒音を解決「防音カーペット」のほか、喘息やアレルギーの人には危険な「グラスウール・ロックウールをガラスクロスで包んだ吸音マット」など、誇大広告やリスクのある製品を販売しています。

なお、マンションの天井防音が最も難しい理由は以下の記事に掲載しています。
マンション天井防音の鉄則
この内容を通販業者や一般の建築業者が理解できるとは思えません。成功実例もウェブサイトには出てこないわけですから、理由は明らかです。

一つ一つ叩いても切りがないので、私は複数のブログで関連情報や実例を発信しています。

またまた余談ですが、11月下旬から12月中旬にかけての案件がキャンセル・中止になりました。
担当職人は、がっかりしていましたが、前を向いて自分で仕事を見つける努力をしてほしいと思います。
*私は彼もブログやホームページを作って情報発信を行うべきだと思います。

最近の若い大工職人は、ブログやホームページを運営している人も増えてきました。そういう時代です。

12月下旬に予定していた木造防音室の件は、無事依頼者のリフォームローンの審査が通り、予定通りの着工見込みです。このかたは、私のブログ記事を見てから問い合わせをされた依頼者です。


[PR]
by neo-diy | 2015-11-19 07:41 | 住まいの防音 | Comments(0)

危機感がない取引先、職人

休みを返上して色々と誠実に対応してきましたが、その成果は今のところよく見えません。
*相談者のレベルが低かったと思うしかないでしょう。

たぶん、相見積の中、値段で決められているような気がします。あれだけ内容的には良い返事をいただいたにも関わらず、連絡が途絶えた件がいくつかあります。

本日完了する木造ピアノ室の依頼者は、相談から契約・施工まで非常に信頼していただけましたので、私も職人も快適に仕事ができました。
このような誠実な依頼者ばかりでしたら、日程調整も問題なくスムーズにいくのですが、連絡が遅い、途絶えるような人はダメですね。

なんというか、育ちが違うというのか、個人差が余りにも大きく、判断に迷うような案件が多くて困ります。たぶん、25日までに年内の結論が出ると思いますが。

職人や取引先には、新しいアクションを起こさないと厳しい状況であることを再三伝えました。
取引先は私が紹介する案件や注文に期待するだけで、提案には無反応でした。
*労力や費用をかけたくないということなのか。

役に立つ製品や技術を、いかにして活用するか、その価値・存在を広めていくかを真剣に各自が考えて実行しないと先は見えているような気がします。
私は一息入れてから、自分を守る企画を実行したいと思う。なるようにしか、ならないだろう。

[PR]
by neo-diy | 2015-11-17 09:58 | 事業者向けネタ | Comments(0)

相談者は評価してくれるが

先週は、久しぶりにマンション騒音の相談を受けました。相談者は私が説明した内容はウェブサイトにもない、ゼネコンや管理会社、物件を仲介した不動産会社の誰もが説明できなかったと言われました。

それはそうでしょう。現在、業界でマンションの生活防音を目的とした対策を設計・施工できる専門業者はほとんどいませんから。
一般の建築士・建築家が設計したマンションは生活防音に配慮していません。メーカーの既製品を施工するだけで何も考えていません。(専門的な知見・ノウハウもない)

ウェブサイトを検索しても、私のページしか実例が出てこないのは、そういうことです。木造住宅も同様です。私が有名ではないのは、看板が小さく、ウェブサイトも余り知られていないということだと思います。
それに基本的に建築業者の相談はほとんどお受けしないので、業界の業者も私のことは知らないと思います。

多くの人が看板の大きさや知名度で専門家を判断しますので、そんなもんです。上記の相談者は、他の業者との違いに驚いていましたが、無料相談ばかりを求める相談者にも大きな責任があります。
*無料相談はあくまで、対策方針のアドバイスやリスクの警鐘が目的です。具体的な提案書はご提示できません。作成するのに最低3日間以上かかるからです。

それと、私のウェブサイトは、ある程度勉強した人にしか理解できないコンテンツが多いので、好き嫌いが分かれるのだと思います。
それにしても、デフレ的な価値観だけで問合せしてくる人は見込みがないですね。費用対効果や物づくりの価値が見えないのだ。

昨日は久しぶりに休みました。今日はお世話になった知人へのギフトを荷造りして発送します。
この知人には、今年、木造防音室の件でご紹介をいただきました。

[PR]
by neo-diy | 2015-11-16 08:30 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧