<   2015年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

やり残したこと、先に済ませたこと

昨日が仕事納めでしたが、予定していた件は作業途中で残ってしまいました。
*忘れないうちにやりたい下書きは、今日概成させたいと思っています。

掃除や片づけは、ほとんど手つかずで、年賀状も書いていません。今日、郵便局や銀行に行ってから印刷済みのものを買ってきます。

昨日、定刻に作業を止めて、家族の許可をもらい近所の居酒屋で食事をしてきました。やっぱり結構飲んでしまいまして、今朝は未だ酒が抜けきっていません(笑)。
この居酒屋は、近所の人が利用するので、私は雑談しながら地元の情報を聞くことにしています。

本業のほう、景気はどうですかと聞かれ、「零細事業者にとっては厳しい世の中です。」と答えましたが、色々仕事の昔話をするうちに、「やっぱり、信用が第一。誠実に責任をもって仕事をすることが基本ですね。」と言って、近所のお客さんと互いに頷きました。

先に済ませたことは、早めに請求書を送ってもらい、取引先に代金をすぐに支払ったことです。
*比較的大きな2社は、まだ請求書がきません。おそらく昨日発送しているとは思いますが。

相談案件以外で、やり残したことは「やはり、ウェブサイトの更新」です。予想はしてましたが、半分以上作業が残りました。
できれば、休み中に少しでも更新したいと思います。できたものからブログで紹介しようと思っています。

とりあえず、年内の当ブログの更新は今日がラストです。
拙いブログを読んでいただいた人、コメントしていただいた人にお礼申し上げます。
2016年も、どうぞよろしく!

[PR]
by neo-diy | 2015-12-29 09:29 | 暮らしの雑記 | Comments(0)

人間性と商いの取引は別

価値観とか人間性を受け入れることができないから取引できない、という自営業の人が居ます。私は義理人情を重んじるので、その人の気持ちは十分理解できます。

しかし、それは友人ではなく商いの取引先ですから、仕事に特段の支障がない前提で、必要な製品・情報などがあれば活用するのが得策です。
相手の欠点や問題性を理解したうえで付き合えば良いと思います。

今年を振り返れば、自分の担当現場に製品を納品してきたメーカーを実質的に2つ切りました。納品の遅延でも誠意がなかったり、私のほうの予算リスクがあるものは、やむを得ずに除外しました。
*2社ともに延約20年の付き合いがありました。さすがに義理人情だけでは付き合いきれないと判断しました。

現在取引している会社や提携している職人は、人物そのものが気に入って付き合っているわけではないです。技術的なメリットや自分の設計施工における必要度の高さなどを勘案して決めました。
もちろん、担当者の人間性も良ければ言うことはありませんが、商いの必要性と人間性の両方を備えた担当者・業者と言うのは、探しても見つかるとは限りません。

ただし、ウェブサイトの相互リンクなどは、人間性を重視して付き合っています。これだけでも私の理想を求めたいと思います。

明日が今年の仕事納めですが、今日は宿題となっている数件の相談案件の検討作業を少し行い、あいさつメールを送信したいと思います。
それと、どうしても私が行かなければならない買い物を済ませる予定です。

[PR]
by neo-diy | 2015-12-27 08:11 | 事業者向けネタ | Comments(0)

母子家庭でPC・ネットを活用できれば在宅業務は可能

ニュースや知人の噂を聞くと心が痛むことがあります。事情があって母子家庭となった知人の友人など失業して収入が激減。
しかし、子育て中は外出しての業務には制約が多く、正社員にもなりにくい。
中には会社勤めで覚えたPC活用で副収入を得ている人も居ます。

ですが、ネット上のPC活用による副収入の在宅ワークは検索すると分かりますが、多くが怪しい詐欺まがいの商いです。
有益な情報すら、焦っている人には見分けがつかなくて、迷うわけです。

たとえば、私の場合は、担当現場やDIY相談に関連して防音材を納品するのですが、これも誰か協力者が提携してくれれば、取引先を紹介してショップを立ち上げることも可能です。
また、受注金額に応じた報酬を付与することもできるなど、まっとうなブログ、ホームページ運営などによって副収入を得ることはできます。

私は防音材販売を主力にできないのは、スタッフがいないこと、税務署や都庁に申請した事業内容を変更したり、税務上有利な会社にするなどの方策が必要なためです。
*個人自営業は主たる業務内容によって事業税が違います。帳簿の形式も変更になります。

正社員の場合は副業を禁止されることが多いのですが、パートであったり、自営業であれば副業は確定申告すれば問題ありません。

私の方も現在、ウェブサイト運営など協力スタッフを探していますので、よろしければご連絡ください。
次の問合せフォームで送信してください。来年でしたら国立駅南口での打合せもできます。
問合せフォーム
→私のお知らせ・雑記ブログ(住宅・防音室)

[PR]
by neo-diy | 2015-12-25 08:13 | ウェブページ | Comments(0)

ウェブサイト注意事項を読まない又は無視する人

普通、相談予約や製品注文に際して、問合せページなどの注意事項を読みますよね。
ところが、昨日の問合せは6割がたが注意事項を読んでいないか、無視しているかのどちらかのようです。

まともに注意事項を読んで、無料相談の問合せをしてきた人はひとりでした。
*残念ながら大半をお断りすることになります。

中には個人情報を伏せて見積りを依頼する人も居り、他業者も同様に回答しないと思いますが、私のほうはご辞退の旨、返信しました。
他の件は、事情があるようですので、お受けできない理由を説明したいと思います。少し返信に時間がかかりますが。

ただ、もう仕事納めの日を入れても4日間しかないわけですから、打合せが可能かどうかは分かりません。難しい案件の提案書作成も急がなければならないので、時間がありません。

お歳暮の手配がまだ1件残っています。年賀状も準備していません。
*歳暮の残り1件は、事情があり自分で店で注文しないと入手できないものなので、時間がかかりました。
(専門店の焙煎したばかりのコーヒーと添えるお菓子の梱包発送)
他は母方の故郷(島根県)に近い町の通販サイト(魚介類専門、近海もの)で手配しました。

ウェブサイトのお蔭で、歳暮の大半は速やかに手配できました。
*常識ですが、通販サイトにも注文期限や支払い方法など注意事項があり、これを守らないと注文できません。

当たり前ですが、運営サイトの注意事項を守らない人は、取引先では門前払いです。私なんか返信するだけでもマシな方です。


[PR]
by neo-diy | 2015-12-24 09:25 | ウェブページ | Comments(0)

ウェブサイトの必要性を実感できた

昨日の音響・防音相談(木造防音室)では、本当にウェブサイト(ブログ含む)は必須のツールだということが実感できました。

相談者は色々なキーワードで検索して、専門業者のホームページを読んだそうです。ところが、どれも壁が分厚くなるような提案や似たようなデザインで、木造の小さな防音室ではスペース的に成立しないことは明らかなため、困ったあげく、やっと防音職人のブログ記事にたどりついたと言われました。

該当する記事が多く、これなら希望する構造などで防音室が実現するのではないかと思ったそうです。
*事例解説や設計・工法の説明が多く信頼できそうだと判断されたようです。あとは見積り次第です。

ポイントは「狭い木造でも実現できる防音室」「薄い防音構造で対策出来る」ということに加え、木造家屋の耐久性、構造的補強を重視していることに納得できたということです。

ウェブサイトがなければ、まず依頼されることはないわけです。取引先など誰も仕事を紹介してくれないような零細業者は、ホームページとブログしかないでしょう。ピアノ教室を経営している従姉でさえ、私の現状がどうであるか実感できません。(年配なのでウェブサイトそのものが理解できないようですが)
*ただし、元依頼者(知人、リンク先)が防音職人のウェブサイトを知人、友人に紹介していただき、契約に結び付いたことが何件かあります。

さて、先輩建築士に作成していただいたイメージ画像(サービスで予定の倍の作品を頂戴しました)。これと手持ちの私が撮影した工事中の写真を活用してウェブページを更新します。

私はウェブサイトが得意なわけでもなく、デザイン的なセンスやスキルが特段あるわけではないです。強いて言えば「自分の理解できるスクリプトをすぐに活用して展開する能力がある」というこの点が特長です。気が短いので待つことが苦手で、やれることはすぐに手を出す。気になることは、ずっと答えを求めて、知人に聞いたり、ネットで検索したり、書店で書籍を立ち読み・乱読します。
*気に入った書籍はすぐに購入します。(決して立ち読みが趣味ではありません)

すべては、速やかに自分のウェブサイトを更新したいだけです。もうさすがにドメインは増やしません(笑、たぶん・・・)。

[PR]
by neo-diy | 2015-12-22 08:15 | ウェブページ | Comments(2)

自分のやれることを進めるしかない

またまた、新築業者の無能ぶりに相談者が振り回されて、こちらも予定が狂い迷惑しています。

本日の今年最後の防音相談の内容や予定に応じて、案件を繰り上げるかもしれません。それと、宿題になっていたウェブサイトの更新を年内頑張って済ませたい。

仕事部屋も色々と事情があって片づけがまったくできないけど、キャンセル案件などは印刷物を処分して整理する予定です。
一つ一つやれることから進めていくしかないですね。

取引先のほうは具体的な動きもきかないし、職人のほうもリフォームは動いていないと言うけど、新築は地元では結構工事をやっています。
たぶん、空き家の取り壊しと関係しているようです。
*空き家対策特別措置法による課税見直しの件によって、空き家の建て替えが進んだと思います。

第二弾は来年の秋以降の建築駆け込み需要(消費税関係)でしょうか。

このような特需に左右されない、安定した需要に対応するメニューを構築していくことが重要なので、本日の相談内容も踏まえて検討したいと思います。

今日を含めて年内の通常業務は、あと6日間です。

【追記:20151221、11時現在】
また西濃運輸が配送担当の現場資材が2つのうち1つが届かないと現場担当から連絡がありました。
この業者は品物を見失ったり中継ミスで予定日に届かないことがよくあります。
師走とは言え、電話連絡もしてこない、ふざけた業者です。(18日の午前必着の便です)
さきほど、メーカーにも要注意業者だから、しっかり伝えて欲しと申し入れました。

[PR]
by neo-diy | 2015-12-21 09:06 | 事業者向けネタ | Comments(0)

今日は代休です

今日は、次の月曜(定休日)に打ち合わせが入ったので、その代休です。

代休と言っても、何も変わらず、決まった時間に食事をして、メールをチェックしてからニュースを見たり、定期購読の雑誌(月に1回送られてくる)や購入した単行本を読むだけの休日です。
*日用品や食料品も大半はネットスーパーに注文するので、我が家は休日には買い物はほとんどしません。
 むしろ、仕事帰りのほうが買い物をしますね。

主な営業ツールがウェブサイト、ブログなので、これは毎朝表示されているかを確認しています。
*休みの日は、さらに知人のブログなどを見て回ります。

予約の件が新築業者のせいで保留になっており、本日予定していた作業は延期しました。それで代休にしたわけです。

おかげさまで年内納品の件は大半が入金していただき、取引先にも年内予定通り支払いができます。毎年、この時期になると、ひやひやしますが、今年もなんとか越えられそうです。

昨日だったと思いますが、ここ数年のパターン。マンション居住者+男性+ウェブサイトの注意書きを読まない人=いきなり連絡が途絶えたり、希望が叶わないと知ると礼も言わずにいきなり電話を切る。
要するに「生活騒音に関するマンション居住者の男性」は要注意ということです。
*非常識極まりない。もう商いのターゲットから外しても良いだろうと思います。(契約の1割にも満たないですから)

なんかつまらない方程式のようなパターンができてしまいました。

[PR]
by neo-diy | 2015-12-19 07:52 | 暮らしの雑記 | Comments(0)

今日から新しい現場がスタート

今日から新しい現場(木造住宅)が始まり、同時並行で他の作業も進めることになり忙しくなりました。
*数か月前から準備していた件です。
(今日の午後に行きますが、戻ってから追記します)

それから、昨夜、知人のリフォーム現場の遮音マット効果の報告があり、1重だけの提案でしたが、やはりお勧めして良かったと思います。
*ちゃんと壁の防音効果が体感できたようです。
*ただ、当初、私がお伝えしたように今後、天井の対策も必要になるかもしれないと言っていたのですが、壁の遮音性が向上した分、天井からの音がはっきりと方向性が体感されるようになったそうです(人間の耳は、そのようにできてますから)。
少しずつ検討していただけたらと思います。

木造家屋の場合は、他の現場での効果が非常に参考になるので、ご報告は大変助かります。
むしろ、数値データよりも、現場での詳細な状況報告が重要です。これを経験値と言います。多くの事例を知ること、体験することは我々技術者・コンサルタントには、とても大切なことです。

【追記:2015.12.18】
先輩(建築士)に依頼したイメージ画像が出来上がり、あとは私が本体ウェブサイトを更新するだけとなりました。
昨日より始まりました現場ですが、チェックしたところ問題もなく、スムーズに防音施工は進められると思います。ただ建具(内窓、防音ドアなど)の入荷が遅れるようで、完成は想定よりも少し遅くなりそうです。

[PR]
by neo-diy | 2015-12-17 09:02 | 住まいの防音 | Comments(0)

先輩に借りを返したい

防音職人のウェブサイトを立ち上げた当初に、大学の先輩に約5万円の費用で防音室のイラストを作成していただいたのですが、「お金は要らない。ホームページ作りに使ってください。」と言われ、ありがたく頂戴しました。
あれから約9年が経過しましたが、数年前に引き続き、防音室のイメージ画像を2点ほど本日依頼しました。

彼ならば、簡単に作れるテーマですので、お歳暮の代わりにお願いしたわけです。
これで、合わせて9年前の借りを返したいと思いました。

ちなみに、最初いただいたイラストは外注すれば10万円は取られるものです。ですが、内容的に建築や木造防音室のデザインが分からない人には出来ないものでした。
*他の人には外注できない内容だったのです。

今回のイメージ画像は、更新するページのトップや、メインサイトなどの事例イメージに使用する予定です。自分でも作るのですが、デザインセンス的に限界があるので、デザインが得意な先輩にお願いしたい、ということもあります。

私は取引先でも知人でも、お世話になれば必ずお返ししたいと考えています。
今回、タイミング的に更新時期だったので、依頼出来て良かったと思います。

[PR]
by neo-diy | 2015-12-15 14:21 | ウェブページ | Comments(0)

師走らしくなってきました

たしか昨年も同じようなタイトルで投稿したような気がします。
さきほど、朝食の後メールをチェックしましたら、返事待ちの件いくつか動き出しました。相談案件も急ぎの回答を要するようで、今日は定休日ですが、半日つぶれそうです。

仕事納めを除けば、作業日は約10日間です。案件ごとに作業日数を想定すると、余り1日間しか残りません。なにか急用がでてくればすぐ消費します。
などと思いながら、ウェブサイトの転送メール(問合せフォーム)フォルダを見ましたら、1件無料相談のリクエストが来ていました。

先日、無料相談の年内対応は締め切ったのですが、内容的に興味深いものがあり、年内日程が合えばお受けすることにしました。しかも、私の仕事場から50分程度で行けそうな現場ですので、現場チェックの業務も対応できそうです。

28日の仕事納め以外、すべてスケジュールが入りそうですが、さすが師走という感じです。
ですが、こういう時こそ、じっくりと一つずつ確実に処理していく必要があります。手戻すると時間が足りなくなるからです。

先週の無料相談ですが、見積りが折り合えば業務契約になりそうな方向です。相談者も私と同様に家庭の事情があり、遠方に出かけることができないため、職場などに近いところに新居を構えるそうです。その新居の生活防音です。

一方、無礼なキャンセルがあり、頭にきましたが、こういう育ちの悪い相談者の件は縁を切ったほうが良いと思い、資料をすべて返却することにしました。

今年は、相談者の7割がたがまともな人で、3割が非常識なキャンセルでした。大半が男性です。最初からわかっていれば提案書なんか作らなくてもいいのですが、人は見かけによらないともいいますが、男性に限っては見かけがすべてだったようです(笑)。
*キャンセルの話を聞いて、やっぱりこの人、思った通りというのがほとんどです。

私は男性に対する判定眼は持っているということでしょうか。女性に対しては性善説でのぞみ、とくに働く女性や礼儀正しい女性に甘いのが私の弱点でしょう。
契約者数は合計すると男性のほうが少し多いです。成約率にすると女性のほうが高いという傾向です。昨年と同様でした。
*女性はDIYの相談が多いです。国立にも積極的に相談にお出でになります。

師走のこの時期、昨年と同じようなことをブログや知人にぼやいていたと思います(笑)。
世の中、女性が動かしていくのでしょうか。

[PR]
by neo-diy | 2015-12-14 08:02 | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧