<   2016年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

昨日までに、だいたいの仕事を片付けることができ、今日から予定通りのペースで生活できそうです。
*買い物も通販だけでは入手できないものがあります。

久しぶりに地元で買い物しようと思っています。梅雨もようやく明けたので、今日は快晴です。
*明日は都知事選投票日なので、雑用はなるべく今日片付けておきたいです。

来週は私にとって、夏休み直前の6日間です。予定の件を全部済ませないと安心して休めません。無料相談もお休みして、今年は少し長い連休にしますので、多少無理をしてデスクワークをしてきました。

今年は今日現在、予算の壁やゴールポストがいきなり動いたことで、没になった提案書が相当ありました。今まで経験したことのないくらいあります。
代休がたまるのも当たり前です。

昨夜、いきなり電話があり、没になったと思った件が、動き出しそうです。10月の施工まで待ってもらえるという約束なので、来月上旬に現地を見に行こうと思います。

とにかく、施工チームの仕事が9月いっぱいまでは確保できそうですので、私の考える時間が増えました。
これは私にとって、ありがたいことです。

いままで仕事の種をまいたのを、芽が出るのをまっていましたが、ようやく少し効果が出てきたようです。

一方、ウェブサイトですが、自分が想定するキーワードで検索したところ、私の運営サイトはあまり上位には出てこないようです。

なんというか、検索エンジンは広告を出している業者に占領されているような状況で、これがグーグルの目指すものなのかと呆れています。
取引先や知人のサイトも同様ですが、なんと私が知人に作って渡したウェブページが上位に出ていました!

自分が作ったサイトが、知人に渡したページに追い抜かれるとは(笑)。
これって自信をもっていいのか? 複雑な気分です。

では、「都民のみなさん、明日は投票に行きましょう。」
[PR]
by neo-diy | 2016-07-30 07:43 | 暮らしの雑記 | Comments(0)
昨年の相談者が私の取り扱い防音材を採用したり、リピーターの依頼者がご契約いただくなど、今までに丁寧に対応してきたことを評価していただいた件が、今年になっていくつか花開くことになりました。

また、過去の契約者の方が推奨していただいたブログ記事を読まれた相談者が契約されるなど、人とのつながりが、今年のひとつの特徴でもあります。

一方、提案書など人の苦労を全く評価されない人は礼儀もなく、去っていきました。値段のみで判断する人です。

私も職人も多くは望んでおらず、誠実に依頼されれば、それに応える努力を着実にやっていくだけです。

この夏休みに少し特設ページを造るためのネタを考えたり、木造建築に触れることで、その世界に浸りたいと思ってます。

その前に、盆休み明けから始まる現場の防音設計図、9月の予約の件、書類の準備をしなければなりません。遠方のコンサルティングもありますので、この一週間は休みを返上してデスクワークを行うことになりそうです。

私にとって、有難いのは依頼者の口コミやウェブサイトでのご紹介です。住まいの防音設計や工事は、そう何度も行うものではないので、依頼者の件はご満足いただけただろうかと、いつも気にしています。

業務が完了すれば、それでお終いとは考えていません。契約書の特記事項にも記載していますが、ご要望に応じてアドバイス、DIYの件もサービスでご提案しています。
[PR]
by neo-diy | 2016-07-29 07:35 | 住まいの防音 | Comments(0)

私の商いはブログが基本

昨日、島原市内(長崎)の建築事務所から木造共同住宅(社員寮)の生活防音のコンサルティングを依頼されました。
*新築現場です。まだ計画段階です。

ネットで私のブログ記事を読んで、本体サイトのコンテンツ、実績を見て判断されたようです。偶然、会社勤め時代の同僚の出身地でした。しかも、元同僚の同級生が経営している店の知人でした。(正確には建築事務所の先代の知人)
猪原金物店(島原市)

ネットの世界は、こういうことがよくあります。私の防音室の関係では偶然、同郷のプロのピアニストが上京されて私に会いに来ましたが、同郷と知って驚かれました。

ブログは、複数のテーマについて個別の案件などの記事を投稿するわけですから、それだけ検索でヒットするキーワードも多様性があります。
私のような零細事業者には、ブログで情報を発信することが商いの基本です。

ブログで情報を発信することが相談者へのメッセージになり、具体的な案件にマッチする部分があれば、問合せを受けることも増えてきます。

通常のウェブサイトでは、こまめに更新することは大変なのですが、ブログは記事を投稿するだけですから、これほど便利なツールはないと思います。

[PR]
by neo-diy | 2016-07-27 07:41 | ウェブページ | Comments(0)
地元で昼食をとるときも、話題はやはり都知事選のことです。店のマスターや常連の会話でも、候補者の説明の分かりやすさという点で、小池氏有利ではないかと言われています。
*元キャスターという経歴もあり、小池氏の説明はとても分かりやすい。
*一方、ベテランジャーナリストの鳥越氏は、言っていることが分かりにくく、都政について語っていないので、説明が分からない。
*増田氏は県知事時代に財政を悪化させて借金を増やしただけという評価が定着してきた。

どんな分野でも、重要事項を分かりやすく表明し、ポイントを分かりやすく解説するということは基本でしょう。
それができないというのは、まったくの実績がない、勉強不足という評価になります。

東京都は他の大都市以上に、保育所の問題、介護問題が深刻ですが、自治体レベルでも制度改善や運用を工夫することで問題の一部は解決できるはずです。

昔は、近所の子供がある世帯に集まって仲良く付き合うことが多く、保育所的な機能があった。一緒に語り合う、高齢者を含めたコミュニティーが地域に存在していた。
こういうことでさえ、場を作ることで活性化させる試みも都内で展開されています。
*法制度の垣根を越えた取り組みです。
*ハコモノ行政では学校と福祉施設の複合化など。

都政は市井の生活に目を向け、分かりやすく支援することで費用対効果の高い施策を実行できる可能性があります。候補者にはぜひ、目を向けて欲しいと思います。
法制度の改善なら、あまりお金もかかりません。

[PR]
by neo-diy | 2016-07-25 07:27 | 暮らしの雑記 | Comments(0)

立ち振る舞いと信頼性

最近、立ち振る舞いを見ると仕事の契約率と大きく関係していることが実感されます。

それはいつも利用する喫茶店での食事、子供のしつけ、礼儀などを見てると、「ああ、この家族は契約にはつながらないだろうな」と予感が走ります。
*昨年から大半が的中しています。

このような人たちは、人様の批判はしますが、自分たちのことは棚に上げています。

取引先の一部もそうでした。他の会社の批判はするのですが、自分も同じことをしています。
人間的に信頼できないという共通した問題です。

新しい取引先の社長が、私の取引先や相談者の現状を見て「その人たちは、自分のことしか考えない人種ですね。」とぽつりと、つぶやきました。

そうなんです。自分のことしか考えない人たちは値段の安さだけに注目し、目先の利益しか考えません。
去る者は追わずですが、私のほうからはめったに辞退することはないです。一応、様子を見ています。そういう人のウェブサイトには、もう協力する気もありません。

一方、信頼できる知人が紹介してくれた案件は全て契約になり成功しています。昨日、その信頼できる知人のショップから購入したギフトを、別の信頼できる知人へプレゼントするため準備中です。

また、今年完成した防音室のお客様からいただいたワインが冷蔵庫に眠っています。
夏休みにいただくのを楽しみにしています。

[PR]
by neo-diy | 2016-07-24 08:34 | 事業者向けネタ | Comments(0)
会社勤めの頃、PCやウェブサイトなどネットが分からなくて会社を辞めた人がいました。
もちろん、向き不向きはあるのですが、その人は田舎に帰って不動産鑑定士になるという目的があり、夜間に専門学校に通っていました。
しかし、PCやネットが得意な後輩を社長が重用したというか、よく使うようになり、だんだん居づらくなり、また専門学校に通うことを理由に残業を免除してもらっていたので、最後は社長と折り合わなくなり、会社を辞めました。
*社長の話では給料に見合う働きがなければ、その分、残業してでも他の仕事を手伝ってほしいということだった。
だけど、他の仕事はPCソフトやウェブサイトが分からなければ戦力にならない。

PCやネットが分からないだけで職を失うなんて、本当に馬鹿げていると、私は思いましたが、この人の件が反面教師になり、私も苦手だったPCソフトやウェブサイトを自力で勉強するようになりました。

6年前に、同じマンションに住む職人が、役所の登録や受注にPCとインターネット環境が必要であるということで、私のPCとウェブサイトを見に来ました。
この人もPCが苦手で購入したけど使い方が分からないということで、私のところへ、活用するメリットや手続きのことを参考に聞きに来たのでした。
*いまでは普通に役所の仕事をPC・ネットを通じて受注して、書類もPCソフトで作成しています。年齢は私よりも一つ上です。

私の年代は大半がPC、ネットが苦手で、同年代の気持ちはよく理解できます。
でも、そういう需要を背景に、地元などのPC教室は運営できるわけであり、そういう時代なんだと思います。

ですから、私を助けてくれる知人(防音室の元お客さん)が運営するショップでギフトを購入するようにしています。自分で言うのもなんですが、私は義理堅いです。

いまは逆に若い世代がPCを使っていない人が多く、会社に入ってから困る、PC作業そのものが嫌で会社を辞める人もいるそうです。

私の知る限りでは比較的PCが得意な世代は30代だと思います。
PCが苦手でビジネスチャンスを逃したり、会社を辞めるなんて、もったいない話です。
でもね、PCが得意な人には苦手な人の気持ちや教え方がよく分からないものです。
教え方がうまい人は、PC教室やインストラクターに向いています。

[PR]
by neo-diy | 2016-07-22 08:02 | 仕事の回想・自分史 | Comments(0)

自分で靴を補修した

先日の強雨の際に無料相談があり、仕方なく革靴で出かけたのですが、帰路の途中で表面に5~6ミリ程度の穴が開いているのに気づきました。

おそらく、すり減って弱点になっていた内部から裂けたのだと思います。

約3年間履いたのですが、それ以前に使っていた運動用の革靴が5年ほど普通に履けたので油断していました。
*普通のビジネスタイプとスポーツタイプの耐久性の違い、素材の違いでしょうか。

破れた個所以外はまだ大丈夫なので、捨てるのを止めて自分で直しました。

購入した接着剤は革・生地を接着するのに適する速乾ボンド、小さいのを1本(税込みで200円弱)だけ。あとは合成革製品のキーホルダーを犠牲にして、約30ミリ×70ミリ程度にハサミで合成革の部分を2枚ほど切り取りました。

それを接着剤を付けて、破れた個所に内側から指で押し付け、二重にして貼り付けました。
色は同じ黒なので補修した個所は外側からは、ほとんどわかりません。
半日ほど乾かしてから、使いかけの防水剤(革用)を塗りました。

しばらくは使えそうです。他のところが破れたら、同じやり方で補修するつもりです。

だいたい、家具でも床材でも、パテ、塗料、接着剤で補修して使うことが多いのですが、ホームセンターに行くと便利なものが沢山あります。

[PR]
by neo-diy | 2016-07-20 08:46 | 暮らしの雑記 | Comments(2)
昨日、施工スッタフと一緒に運営するオフィシャルブログを立上げました。
防音リフォーム(主に住宅リフォームと防音工事)

事情がありまして、私に協力してくれた施工スタッフとの連携を前提にしたウェブサイトとして、上記のサイトを、今後活用したいと思います。

主にネット上の協力とリフォームにおける施工、DIYのサポートを目的としています。

防音材を活用したリフォームや模様替えを含めたDIY対策についても、職人を派遣するなどのサポートも検討中です。

[PR]
by neo-diy | 2016-07-18 07:47 | 防音対策スタッフ | Comments(0)
昨夜、施工チームの親方にエキサイトブログの会員になってもらったはずなのだが。
設定したはずのPW、IDを使用して管理画面に入り、カスタマイズしてから本人に渡そうと思った。
しかし、管理画面そのものに入れないうえ、サブドメインとして使用したはずの単語を入力しても、「このブログは存在しません」というメッセージが出るだけ。

おそらく、設定そのものが有効になっていないのと、IDそのものが違っている、本人が勘違いしていると考えられます。
他のメーカーのブログでも同じようになってしまい、設定ができなかった。

知人建築士のブログも私がカスタマイズして一部スクリプトを書き換えて渡したのですが、それは問題なく使えています。
同じIPでないと画面に入れないということであれば、出先で使えなくなるので、たぶん、そんな不便なシステムにはなっていないと思います。

ちなみにメーカーの会員ページの管理画面にも入ろうとしたのですが、だめでした。IDがきっと間違ってますね(笑)。IDとかアカウント、サブドメインそのものの意味が分かっていないので、再度確認しても分からないかもしれない。
面倒なので、仕方ないけど、別のメーカーを探して私が作るしかない。

私よりも一回りも若いのに、いまどき自営業でブログも使えないなんて、PC教室に行って勉強したほうがいいかもしれないです。

[PR]
by neo-diy | 2016-07-17 08:20 | ウェブページ | Comments(0)
昨日までの無料相談をもって、今月の国立での予定は終了。自分で言うのもなんですが、よくここまで無料相談に応えてきたと思います。
*食い逃げ同然の無礼な家族もいました。家族そろって飲み食いしてそのままキャンセルという件も(いったい何しに来たのか)。礼儀も何もないのが子育てするというモンスター予備軍。
前提条件をいきなり変更しゴールポストを動かす勝手な相談者も居ました。
無料相談はさんざんな出来でした。
*無料相談の際、相談者が傲慢な態度をしていた件、工事を辞退しました。やる気がしません。
私は「無料相談」において、相談者の礼儀・品格を見ています。それが目的の一つです。

予算が足りないことは恥ずかしいことではなく、非常識やマナーが悪いことが恥ずかしいことです。勘違いして欲しくない。

しかし、生活防音を目的とした相談者(有料相談を含む)の大半は実に真剣でした。そのなかで今月と9月までの現場が動くことになりました。辛抱して待った甲斐がありました。

一方、楽器防音室関連は今月上旬の現場を最後に予約が途切れました。これだけ不景気感が漂えば、趣味の防音室は延期するのが自然な流れかもしれません。
いわゆる贅沢品と同じことですから、家族の同意も得にくいのでしょう。
*ただし、DIYなど手作り防音室の需要はあります。

経済社会状況などを背景に需要が変化するのは仕方ないことであり、別の需要に目を向ける必要があります。

予算が小規模化する中で、新たな事業メニューに関連して、取引先のある会社に新製品の生産と実験を要望中ですが、なかなか別の取引先と同等の製品開発は難しいようです。
一つだけ現場に使える新しい製品が増えそうです。
DIY対策への支援を含めた、製品の安定供給が課題です。

まだまだ、綱渡り的な営業が続きそうですが、9月までの予約が入りましたので、私が考える時間、特設ページを作る時間ができました。

夏休み中には、最近の動向を反映させて、古いウェブサイトを更新したいと思います。

[PR]
by neo-diy | 2016-07-16 08:27 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy