<   2016年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

このブログでも書きましたが、専属職人チームは現在ひとつです。それは不景気で彼らの現場仕事を受注するだけで手一杯だからです。
昨年頃から、一つのチームに担当させる現場を確保するだけで四苦八苦しているので、もう今年は限界かなと思っていました。
*なんとか10月分までは確保しました。

しかし、ここ数年キャンセルも多く、デフレ的な価値観に支配された相談者が増え、私のような小さな専門的な商いは厳しい状況。
それは単なる価格だけで判断されると大手には勝てないからです。

だから、職人には地元を重視してホームページを作り、防音工事を含めたリフォームをPRするように再三促しました。でも彼はお金がかかる、めんどうだという理由で動きませんでした。
*職人は自分の得意なことしかやらないことが多く、だから自営業は難しいのです。
東京は大手企業が営業力に物を言わせて、根こそぎ仕事を持っていきます。残るのは技術的にできない難しい、予算が大幅に足りない案件だけ。それが私のほうへ相談として来ているのです。

でも、予算が足りない相談者でも要求する内容は手加減なくわがままなものが多いです。そう簡単に契約できるようなものは少ない。
これが東京および周辺の概況です。むしろ地方の案件のほうが内容的には対応しやすく、妥協もしてくれます。

さて困りました。職人から数日前にリフォームの話はまったくないと泣き付かれ、ホームページを外注して作れと伝えましたが、たぶん何も動かないでしょう。
ブログのアカウントを取得させてみましたが、何回もログインできない状況になり、それすらあきらめました(笑)。きっとなにか勘違いしていると思います。
だって、私が取得したブログを知人にカスタマイズしていただいた分は、何も問題がないです。

どうしたものかと思案中です。金もないうえに頭の固い職人ではどうにもならない。できることはもう一人の職人が彼の自宅に行ってPCを使ってアカウントを取得し、その情報を私のほうへ転送するという手段しかない? またはもう一人の職人に別のアカウントを取得してもらい、それを私がカスタマイズする。。なんだか、おかしいでしょ。わかんないことはPC教室で覚えろと言いたい。
私より10歳以上若いくせに、やれるだろと普通は思うのですが。

[PR]
by neo-diy | 2016-09-29 07:31 | ウェブページ | Comments(0)
ある人が言ってました。人間は食べ方、お金の払いかたで本性が見えると。

私の相談者でも、コーヒーの砂糖の包み紙やストローの紙をちぎってばらばらに散らかしたり、お菓子を出すと、いただきますも言わないで勝手に食べ始め、食べ残す人。
家族そろって来て、ごちそうさまも言わずに帰っていく食い逃げ状態の人。それは本人の本性そのものです。ほぼ100%キャンセルする人です。

大学の恩師が学生の頃に、周りの研究生に食べ物は綺麗に食べろ、残すなと言い続けておられました。ものを粗末にするなという精神は仕事にも言えると思います。

お勘定を済ますときでも、人は様々です。ありがとう、ごちそうさまも言わずに領収証だけを要求する人、カード使えないの?と馬鹿にしたように吐き捨てる人。
おいしかった、また来ますねと一言添える人など色々です。

私はご一緒するときは、必ずその人の立ち振る舞いを見ています。メールでお礼を言う人もいます。
心のなかで、私は自分の目に狂いはなかったか、期待外れだったのかとつぶやきます。

昔はお見合いは必ず食事とセットで行うものでした。それは相手の食べ方やデートの際のお金の払い方などをじっくり見るためです。マナーや気遣いが出来る人なのかと観察するんですね。

取引先の年配の経営者なんか、めちゃくちゃです。コーヒー代は割り勘にしようとするが、酒代は・・・です(笑)。だからもう酒飲みながら打合せは絶対にしません。
というか一緒に打合せをする気も起らない。

先日の防音相談の若い女性は、たったアイスコーヒー1杯だけなのに、ごちそうさまでしたと2回も言われていました。メールでも丁寧にお礼をいただきました。

[PR]
by neo-diy | 2016-09-27 07:17 | 事業者向けネタ | Comments(0)

プリンターが壊れた

2年も経過しないで「キャノンのプリンター」が壊れた。修理に出すと保証期間経過後なので有料になるという。しかも修理するよりもエプソンの新品を買ったほうが安い。

これ、8年間使用したエプソンのプリンターが壊れたので2014年の12月頃に購入したのだが、まさか2年足らずで壊れるとは。どうもキャノンのPC関連製品は最近あまり評判がよくない。

我が家は、パナソニック、エプソン、日立の製品は非常に長持ちして相性がいいのですが、三菱、キャノン、東芝製品はすぐに壊れる。*すでに三菱の電子レンジは回転台がいかれて、ほとんど回らなくなった。
それとシャープのアクオスは未だ大丈夫。

気が付けば、電気製品はPC含めて、エプソン、デル(PC)、日立、パナソニック、富士通ゼネラル(エアコン)、シャープだけとなった。というか、三菱、東芝、キャノンが耐久性がなさすぎる。

今年買ったばかりのキャノンのデジカメは大丈夫だろうか。
*11年使用したパナソニックのデジカメのバッテリーが消耗してきたので後継に買ったのだが。

エプソンのスキャナーは使い始めて12年経過したが、まだ普通に使ってます。古いのでXPにしか使えませんのでXP(デル)をネットから外して古いソフト用に生かしています。

[PR]
by neo-diy | 2016-09-23 11:41 | 暮らしの雑記 | Comments(0)
今年の6月から、無理して専属施工チームの現場を受注してきましたが、新築現場の問題もあって自分の手弁当や持ち出し分が増大し、累積赤字(私の自営業分)を生み出しました。
*現時点では平成28年分については、ほぼ挽回不可能と思われます。

しかも、施工チームが担当する現場は10月で終わりです。小さな案件が1つだけ、相談としてお受けする予定ですが、非常に予算が小さく成立するかどうかも分かりません。
*一方、私への個人的なコンサルティングは少しずつ出てきています。

これは、やはり経済政策の失敗などによって、中小企業、自営業が苦境に陥り、首都圏においても深刻な状況になりつつあると、感じています。中小企業のサラリーマン、自営業には銀行は資金をなかなか貸しません。

防音工事というのは、予算がある人には必要なもので、有効な手段ですが、ない人にはDIYしか道はありません。少しずつ費用をためながらコツコツやる方法です。
*問題は天井など自分でやれない箇所や施工内容があることです。見栄えの問題もある。

今年、さんざん振り回された案件は連絡が途絶えブラックリスト入りです。再度お受けする場合は、前払いで先に費用をいただくしかありません。比較的予算規模の大きなものが4件ありました。
*なぜ消えたのかというと、依頼者の家族が賛成しなかったというものです。依頼者自身は見積りを了解していたので、それだけの準備はあったわけです。

この不景気に無理してリフォーム(防音工事を含む)をするのは厳しいという判断。来年などに備えて蓄えたほうが良いという家族の意見でした。また、相談案件では私の対策が待ちきれずに、ご家族が生活騒音で体調を崩され、保留になった件もありました。
*現在、施工チームは一つですので、どうしても先約順で対応するしかない。

それから、施工チーム自体が、ここ数年まったく自力でリフォームを受注できなくなったことも大きいです。
このチームを維持できるかは、11月から来年の1月の受注によって決まると思います。

専属チーム解散となると私自身もホームページを改造しないと対応できません。少しずつ進めているのですが、外注費を赤字によって食われているので、もうストックがほとんどない。
また知人に廉価でひな形づくりをお願いするかどうか、検討中です。10年前に比べて作るスピードが落ちているので(笑)。一人では、けっこう、しんどいです。

[PR]
by neo-diy | 2016-09-21 08:01 | 事業者向けネタ | Comments(0)
先週、ピアノと合唱などの音楽室を実家の敷地内に別棟で新築するという案件の相談をお受けしました。現在、見積りのための情報を確認中です。
相談者に言われたのは、比較的小さな防音室をあまり狭くしない構造で、予算内に収めたいということです。
大手の防音室メーカーに見積りを依頼したら、部屋が大分狭くなるうえに予算を大分オーバーして途方にくれていた。そこで方針を変えて、地元に近いところで木造防音室を専門に手掛けている専門業者を探したということです。
ご自身の母校・音楽学校などに近いエリア、地元エリアにしぼって検索した結果、「防音職人」(私のウェブサイト)を見つけたそうです。
*私の地元に近い主なエリアは、八王子市、あきる野市、東村山市、国分寺市、国立市、立川市、日野市、府中市、調布市、武蔵野市などです。

私の相談者はローカルな地域が多く、最も遠いところでは九州の指宿から北陸・東北・札幌まで分布しています。これはウェブサイトで商いをしているから、自然にそうなります。

今後は都心向けよりも、東京の郊外地域を重点的に活動する予定です。
そのための特設ページなどを検討中です。

私のような零細業者は、無料相談からコンサルティング、設計・施工まで幅広く対応していくことを明確にPRしたほうが良いと実感しました。
前提は地元の建築業者を生かすこと、出来る限りまっとうな老舗業者に協力する形で、施主の希望を叶える活動を重視すべきだと思いました。
*遠方でも依頼者の地元業者をサポートすることで対応すればアフターサービスも安心です。

目から鱗のような話ですが、相談者との会話でヒントをつかむことが時々あります。少しずつ反映させて形にしたいと思います。

[PR]
by neo-diy | 2016-09-19 09:37 | ウェブページ | Comments(0)

製品開発は難しい

現在、取引している担当者と製造メーカーに問題があるため、新しい取引先に代替品の開発を依頼しているのですが、抱えている工場の技術力の問題なのか、うまく行きません。

そこで木造防音室に限定して活用できるレベルの製品を再度検討して試作してもらえるように依頼しました。どうなるかはわかりませんが。

なぜ、私がこの製品開発にこだわるのかというと、これが成功すれば個人ユーザー、零細なピアノ音楽教室の依頼者に良質で他のメーカーより安い価格で防音室を確実に供給できるからです。

単なる目先の利益だけならば、現製品が使える限り使いまくればいいのですが、供給元が一代限りで終わる、取引先も目先の利益のみで動く不安定な業者だから、いきなり製品供給が途絶えるかもしれない。というリスクがあります。

同じ製品でなくても、私の設計仕様に組み込むことができれば安定して活用できるので、私としてはそのほうが楽です。

思った以上に工場の能力によって差が出るとは。同様の素材だから、もっと近い性能になると考えていましたが、少し甘かったようです。リサイクル素材なので、価格変動が少ないというメリットもあります。なんとか年内には製品化の目途を付けたいと思っています。

これが私の近況です。施工チームのほうは、なんとか10月の現場が1件、契約になりそうです。

[PR]
by neo-diy | 2016-09-15 11:20 | 事業者向けネタ | Comments(0)
近所の居酒屋でオーナーとマスターに名刺を交換しながら、近所のよしみで打ち合わせをするときは利用させてもらいますよと一言あいさつ。(実際は私が飯食ったり、酒を飲むのがほとんど)
向こうも私の仕事に関係したことは声をかけますと返してくれた。

このブログは更新が少なくなると思いますが、その分、気楽な日記というか忘備録のブログを作りました。
酒飲みの忘備録

お酒を飲んでいるときに、ふとアイディアが浮かんだり、人の情報であとでネット検索して調べようと思うことが時々あります。
仕事の事だけじゃなく、本や映画の事、近所のスーパーのこと、つまみや酒の話など。

居酒屋のマスターがカメラと旅行が趣味なので、ときどき季節ごとの撮影スポットを教えてくれます。

どうせ、本業が暇になったので、ゆっくりウェブサイトを更新しながら、考え事をしたいと思います。

ちなみに近所の居酒屋「海進丸」は、私の仕事場から徒歩1分です(笑)。
→立川市羽衣町2-11-3 岩澤ビル 1F (平日の月曜~金曜はランチもやっています)
そのうち、紹介しますが、この店は「魚メニュー」が中心です。オーナーが朝、神奈川県の茅ヶ崎方面へ魚を仕入れに行きます。その夜のうちに、お勧めメニューとして並びます。

[PR]
by neo-diy | 2016-09-11 13:19 | 居酒屋での忘備録 | Comments(0)
私の会社勤め時代は、むしろアルバイト・パートに来てくれた女性のほうが仕事ができる人が多かった。半分は再就職の活動で次の職場が見つかるまでの期間限定。ほかは家庭の事情で働かなければならない女性でした。

仕事ができる人の特長は、まじめで文章力があり、社員のへたくそな文章を清書することに長けていました。現在ではPCで入力して編集するので比較的楽な作業ですが、当時はワープロや手書きを併用した報告書だったので、修正するのが大変でした。

収入アップを考えている女性は、国家資格を取得することも大事ですが、PCソフトやウェブサイトなどネットを活用できるスキルを身に付けたほうが良いと思います。
とくにホームページを構築する技術はウェブデザインと国語能力が重要です。

むしろ、ウェブデザインや文章作成能力は女性のほうが適していると私は思います。それに依頼者との打合せや外での営業も、圧倒的に女性のほうが印象が良いです。
私の知人女性は有能な人が多く、仕事を依頼したいといつも思うのですが、残念ながら会社勤めで副業がばれると職を失う人、あるいは専属の仕事で手一杯の人が殆どです。

フリーで私の仕事も依頼できるような人が居ればいいのですが、まだ見つかりません。一人だけデザイン能力が高い人(グラフィックデザイナー)が居るのですが、ウェブサイト構築の知識がなく、作り方を一から説明しなければならないので、現時点では私の即戦力にはなりません。

総じて知人女性は仕事が出来ますが、ウェブサイトが苦手な人が多く、損していると思います。
知人によく言うのですが、貴方のような有能な人はウェブサイトデザインが得意であれば、専業でも食べていけるでしょうと。
自分の足りない知識は書籍とPC教室、ネット検索で概ね足りるはずです。

ちなみにPC教室は、デザインから基本的な使い方まで幅広く講座が分かれていますので、必ず自分に適したコースがあります。
あとは根気ですね。
私の場合は、せっかちな性格と偏った知識が災い?して、PC教室の4回の講座を1回で卒業させていただきました(実際はインストラクターの女性から、他の生徒さんと合わないから自分で勉強して?くださいと言われました)。
*要するに私は教室の不適格者だったというわけです(笑)。自営業なので早くウェブサイトを作り直さなければならないという焦りがありました。

想い出すと、国立のPC教室で真面目に受講している人は大半が女性でした。
*正確に言うと私のPC教室体験は、ガイダンス(無料アドバイス)も含めて2回でした。

[PR]
by neo-diy | 2016-09-09 09:09 | ウェブページ | Comments(0)
取引先や職人などに聞きましたが、今年の受注状況は昨年よりもひどいということです。
詳細な理由は私にも分からないのですが、背景としては経済政策の失敗や中小企業の苦境があることは間違いないでしょう。

音楽関係の相談者にも聞きましたが、出演料など報酬が安くなっており、練習スタジオを借りる経費も足りないということで、自宅を改造する人、賃貸物件をDIYでリフォームする人が増えているらしいです。

個人ユーザーの冷え込みは私も痛感しています。需要がないのではなく、中身が変わってきているので、それに対応した事業メニューが必要なのです。

しかし、現場仕事が激減していますので、取引先への発注も減少しています。現状を取引先と施工チームに説明しました。
*みながっかりしているようですが、一人だけ無反応でした。

無反応な取引先は、例の目先の利益にしか関心のないおっさんです。金にならない話には返信すらありません(笑)。いずれは、このおっさんも理解できるときが来るでしょう。その時には手遅れですが。

私のほうは自分の経費を大幅に削って、依頼者の予算を成立させ、施工チームの仕事として与えてきました。それも限界に近づき、昨日、施工チームの親方に普通のリフォームを探すように伝えました。でも、みな危機感が、いまいち伝わってこない。
それは、たぶん私の仕事が今月まではあったからです。

私はだいたい最低でも数か月先の受注を見ながら動いていますから、危機感はつねに持っていますよ。事業資金だって、やり繰りして半年分は確保しながら運営しています。

PCなどの消耗品も特価のときだけに購入したり、新聞もやめ、定期購読は「ジブリの熱風」だけです(笑)。自分のものは切り詰めています。
最近は、お酒も外で飲まなくなった。唯一削っていないのは、親戚、恩師や元お客様へのギフト費用です。これを削ったら、おしまいだと思っています。

仕事は自分で作るものだと、ある有名建築家が言っていましたが、努力を続けるしか道はない。

[PR]
by neo-diy | 2016-09-08 09:51 | 事業者向けネタ | Comments(0)
相談者に資料を確認していたマンション騒音対策の件ですが、私の提案書を作る前に、ご家族の一人が精神的に追い詰められ、マンションを出て賃貸住宅へ急きょ引越しされることになりました。
*見積りが折り合えば、10月下旬に着工したいと考えていましたが。

一方、提案書をご了解いただいた件ですが、エアコンの位置を調整できるかどうか、施工担当が現場を確認して依頼者と相談が折り合えば契約となる予定です。まだ分かりません。
*木造住宅の生活防音です。着工目標は10月初旬です。

相談される件は難しいものが多く、現在工事中のマンション防音工事も、春に相談されたのが9月にようやく始まったわけですが、このように準備には数か月以上かかるものもあります。

ということで、ぽっかり空いた予定をいかにして埋めるか。非常に頭痛い状況になりました。

先日、二人の女性の相談者と国立で打合せをしましたが、一人は私の提案を懸命に理解してご予算を準備されました。まず特注品だけ急いで納品することになり、ほぼDIYの方針が決まりました。
もう一人は、都市公団の仕事経験者ということで、私の仕事を理解されるだろうと期待していましたが、まったく私の提案を理解されなく、初回限定の無料相談も時間と経費の無駄となりました。
残念です。

結局、生活騒音対策の件は半分が保留・中止になりました。

別の希望は、音楽のプロに相談されている新築防音室の件です。来週、国立で打合せをすることになっています。

生活騒音対策の案件は、相談者が途中で精神的にまいってしまうことで中止になることが多いのです。私一人の力では、限界があります。
なかには、もっと早く防音職人を見つけることが出来たらと、言われることがあります。
*サテライトページを改装することにしたのは、少しでも情報発信力を強化しなければいけないと思ったからです。特に騒音対策向けのページです。
*無責任な通販サイトに検索上位を独占されていますから、これは問題だと相談者にも言われました。

[PR]
by neo-diy | 2016-09-06 08:00 | 住まいの防音 | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy