<   2017年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

現在、遠方の木造住宅のピアノ室の件、提案書を作成中です。

依頼者とメールや電話で相談して少しずつ前提条件を整理して、ようやく合計金額と音響・防音仕様が出ました。これから詳細な見積り・仕様書と計画概要を作ります。

今回の依頼者の良い点は、対応が素早いことと、誠実に情報を調べてよく考えてから回答されていることです。私のほうもモチベーションを維持できるので、多少の無理が利きます。

まだ、DIYによる対策の詳細など、依頼者のご家族が直接作業できる内容を検討中です。

ご予算に限りがありますので、新築を担当した施工業者による防音構造と依頼者のご家族が担当するDIYを仕分けして、出来る限り節約する工夫を併せて提案します。

なかなか検討に時間がかかるのですが、先に手を挙げていただいたので、最優先で取り組んでいます。
*2番目に手を挙げていただいた方の件は、近日中に着手します。

相談者が誠実に、速やかに対応していただけると、作業効率が良くなるので助かります。

3月も終わりよければなんとかですが、4月に向けて、桜の花と共に開いていきたいと思います。

[PR]
by neo-diy | 2017-03-31 08:49 | 住まいの防音 | Comments(0)
個人向けの無料相談を知らないふりして、建築業者や不動産経営会社が電話で問い合せてくる。ウェブサイトを見れば有料になることは分かるはずなのだが。

本当に建築士や建築・不動産業者は厚かましいやつが多いです。
私も頭にきたので、電話でこういいました。「あなたの会社では無料で建築設計のノウハウを教えてくれるのか」と、そうすると黙っているのです(笑)。

中には初回無料と書いてあったとか、お気軽に電話くださいと、書いてあった。というのです(汗)。幼稚園の電話相談かよ・・・と思いました。

一方、大人の女性は、ちゃんと電話とメールで相談予約や見積り依頼をしてくれます。ですから、ご要望通り「初回無料の相談」と「見積り提案」にお応えしています。
ウェブサイトに明記している以上の内容についてもアドバイスしています。

建築士や建築業者などが設計施工して失敗する事例が増えているのも、彼らのレベルが低いことを示していると思いますね。

建築士は別として、建築会社の営業マンはウェブサイトの内容を見ても理解はできないので、電話で問い合せてくるというのは分かります。彼らは建築教育そのものを受けていない他分野の大学を出ているので。

私はそんなに甘くないですよ、業者には。一般の女性相談者には甘いとは言われますが。

それにしても、注意事項に気づかないふりして、電話で具体的なことを聞こうとする度胸だけはあるようです。うまくすれば教えてもらえるとでも?思っているのでしょうか。

[PR]
by neo-diy | 2017-03-30 07:17 | 事業者向けネタ | Comments(0)
3月も残りわずかで、桜も開花し始めています。昨日は相談打合せの喫茶店の窓から、少しずつ開花している桜の花を見ていました。

今月は、昨年の同月に比べると仕事も日常生活も大分異なります。まず昨年の3月はキャンセルというものがほとんどなかった。体のほうも特段トラブルはなく普通に暮らしていたと思います。

良いこともありました。初めて地元の依頼者から新築防音室のご契約をいただいたことです。
*昨日、契約となりました。
*最寄駅から2つ目の駅周辺で、駅から歩いて現場に行けますので、近くて助かります。

5月オープンのピアノ・リトミック教室ですが、相談者の事情で連絡待ち・待機状態になりました。施工チームには自力で別の仕事を探してもらうことになり、私のほうは遠方の案件の検討を先に行うことになりました。

これ以外に色々と想定外の予定変更となり、私も言いたいことは沢山あるのですが、紹介してくれた元契約者に申し訳ないので黙って保留にすることにしました。休日を使ってしまったので、とても残念です。
*世の中には無礼な人も沢山いますが、必ず自分に何かしら返ってくるでしょう。いま流行のブーメランが。

国立での無料相談の件は昨日で大半が終わり、今後は提案書作成に集中します。4月は金曜・土曜を中心に相談予約をお受けする予定です。(昨年の同時期は予約だけは多かったのですが、まだ正式な予約はありません)

桜の新しい撮影ポイントを2つ見つけました。ソメイヨシノの老木とシダレ桜の若木です。
----------
忘備録・つぶやき・仕事の雑記

[PR]
by neo-diy | 2017-03-28 08:20 | 暮らしの雑記 | Comments(0)

私の業界の通販サイト

私の業界の通販サイトと言えば「防音ドア、防音窓、防音材」を扱っている業者のホームページの事です。

10年前に比べて、その数は倍増ではなく10倍以上に増えていると思います。なぜ記憶しているかというと、私が初めて情報サイトを立ち上げたのが2003年の春でした。

14年以上の間、ネット上の専門業者や通販サイトを見続けているので大半の業者を記憶しているわけです。昔から私のサイト(防音職人、サポートページ)を知っている人には、業界の老舗ですねと言われます。
他の業界なら老舗と言えば3代以上続いている、少なくとも昭和の時代から営業しているものを指します。

ところが、私の業界は歴史が浅く、住まいの防音設計に限定すると四半世紀にも満たない歴史です。
*木造住宅、木造家屋に限定すると20年足らずです。

現在更新されている通販サイトの多くが10年足らずの歴史しかありません。見積り専門の仲介サイトは5年程度のものが多く、これらを含めて大半が音響・防音設計とは無関係、建築とも無関係な業者がほとんどです。
ユーザーはこのことを頭に入れて利用する必要があります。

通販サイトの業者には音響・防音設計の基礎知識すらないのです。既製品を販売しているだけの業者が多いのです。

私も通販サイトは利用しています。それは建築用のテープや接着剤、コーキング材のほかタイルカーペット、養生シートなどです。
これらは建築問屋よりも安い場合があります。これ以上安い製品を探す場合は、大きなホームセンターに行きます。そのかわり特価品は現品限りです。

3月の年度末になると、在庫処分品がネット上やホームセンターに出てきます。防音製品関連では、場所をとる、かさばる吸音材・断熱材などが特価品として出てくることがあります。

私の取り扱っている防音材は、大半が受注生産品のため、発注してから在庫を確保するので、約6~7日間かかります。いわゆるカンバン方式の生産・発注です。
*市販品ではないので、残念ながら在庫処分品はありません。特注品は生産を中止する場合もあります。

ちなみに、私の音響・防音設計(施工を含む)のキャリアは、会社勤め時代を含めて約22年です。

[PR]
by neo-diy | 2017-03-27 07:57 | ウェブページ | Comments(0)
最近、無料相談と小さな商いをこまめに対応しているのは、将来への先行投資でもあります。若い人材の支援という意味もあります。

もちろん、相手の対応を見ながら予約をお受けしています。
それは先人の経営者の言葉をかみしめているからです。若い人は、きっといつかまた取引をしてくれる、あるいは口コミで宣伝してくれることもある。

ある知人建築士は、無料相談なんかばかげている、小さな商いは儲からないと言います。目先の利益だけを見れば確かにそうです。
ですが、何事も先行投資が必要です。種をまかなければ芽は出ません。

私はウェブサイト構築を含めて、いま種まきをしている最中です。毎年この繰り返しです。
芽が出ない種も沢山あります。

芽が出たと思ったら枯れてしまうこともありますが、それは経験値としてストックされます。無駄にはならないでしょう。

昨日の相談案件は予算が厳しそうなので、施工チームに直接契約してもらう前提で私の経費を削ることにしました。私は4月中は種まきに専念したいと思います。
もちろん、すでに契約していただいた件は予定通り進めます。

私は自分の身の丈ほどの商いで良いと思っています。

今日は9時頃から、昨日の相談案件の見積りを行います。まずは合計金額と想定工期の日数を先にお知らせする約束です。先日の柏市の防音室の件は返事がないので頼まれてもお断りする予定です。
*先に手を挙げていただいた件を最優先します。
----------------
忘備録・雑記

[PR]
by neo-diy | 2017-03-25 07:17 | 事業者向けネタ | Comments(0)
都心では開花したということですが、地元の国立・立川では開花が遅れています。

比較的早く開く国立駅南口の桜並木も未だ開きそうな気配はありませんでしたが、もう少し暖かい日が続けば、一挙にスイッチが入ると思います。

この様子だと、地元の小中学校など入学式の際には満開又は桜吹雪状態になりそうです。

昨日、家族の健康診断と私の業務契約書類が一つ終わり、次の段階へ移りました。
*時間が取れなくて、私の整形外科受診は未だなんですけど。

今日からは断続的に私の無料相談が国立駅南口のいつもの場所で3件ほど始まります。
作業中の案件・無料相談
ちょうど開花時期と重なりそうです。

早咲きの桜が満開状態になっている木がありましたので、今日の無料相談の帰り道で、カメラを持参して撮影に行きたいと思います。
*まだ梅の木も満開状態のものが残っています。杏、桃の花もありますね。

建物見学にも良い季節になります。今年は暇そうな?気がしますので、撮影に行けそうです。
-------------
忘備録・雑記


[PR]
by neo-diy | 2017-03-23 06:55 | 暮らしの雑記 | Comments(0)
昨日の打ち合せ案件は、契約に向けて動き出しました。

それ以外の件は予算の関係などで大半が保留になってしまいました。契約の件の書類が完了しましたら、当分の間はウェブサイトの補強を続けたいと思います。

私がやれることはウェブサイト構築です。従姉のピアノ教室に置いてもらうチラシはできましたので、まずは20人の生徒さんの分を用意しました。
*詳しい説明はホームページをご覧下さいと記載しました。

あとは同じチラシを、最寄りの国立市内の郵便局に有料広告で置く予定です。

メインサイトのコンテンツを追加しましたので、次は情報サイトのほうの作業に着手しました。
防音通信
実はこのドメインはメインサイトよりも古く、ページ数も多いのですが、出発点が情報交換をするための趣味的なホームページでした。
色々な思い出があり、いつのまにかたこ足配線のように枝分かれして、古いページもそのまま保存しています。

今後はトップページに直接リンクするインデックスを増やしていく予定です。問題はあるのですが、私にとっては大事なサイトなので、コンテンツは削除しないで生かしています。

[PR]
by neo-diy | 2017-03-21 07:48 | ウェブページ | Comments(0)

和菓子にはまる

最近、小豆を使った和菓子にはまり、デパートやスーパーに行くと何かしら買って帰ります。
*これは元々母がたの親せきに老舗の和菓子(利休饅頭)店があり、小さいころから食べていたので、生菓子が好きだったのです。

めっきり酒を飲む量が減るにつれて、余計に生菓子を食べるようになり、朝食の後にコーヒーを飲みながら食べるのが習慣になってきました。

春は、和菓子の花盛りであり、新製品も出てきますね。季節限定の菓子もあります。
いまは桜餅や梅・桜の花を模った、あんこの和菓子が沢山出ています。

私の好きな和菓子は上記の利休饅頭のほか、黒い小豆のこしあんの饅頭です。
*親戚の利休饅頭は黒砂糖の入った小豆のこしあんの薄皮まんじゅうです。島根県浜田市の銘菓です。

近々、八王子の従姉に頼みごとをするため、手土産に利休饅頭を取り寄せる予定です。

和菓子は舌で味を楽しむだけでなく、目で楽しむといいます。
桜の花の下で、桜餅とお茶を楽しむというのも、なんだか風情があっていいと思います。

[PR]
by neo-diy | 2017-03-19 08:53 | 食品・料理の話 | Comments(0)
私の仕事は懸命に努力してやっと受注できる案件が大半です。それを努力もしないで待っているだけの職人にはコンスタントに発注することは無理があります。
代替製品の価格を問屋に確認するのに丸一日以上かかるのは、緊急の時には対応できません。

見切り発車で損失覚悟で見積りを出すのなら構わないのですが。一つの問屋にこだわっているから仕入れがうまくいかないということがあります。
臨機応変に別の仕入れ先を探せばいいわけで、努力が足りない。

来月の件は仕方ない。私のほうは今後の受注を考えて、今日からウェブサイトのコンテンツ追加の作業を始めることにしました。
保留の件や職人の返事を待っている場合ではないと考えました。

あとは、ピアノ音楽教室を八王子市内で運営している従姉にチラシを置かせてもらうことにしています。
彼女は非常に人脈に恵まれており、生徒さんのご両親などの口コミで、次々と応募があるそうです。
*ホームページもブログも全くやっていないのですが。

先週から今日にかけて、色々と考えさせられました。月曜は重要な打合せが入っていますので、私には連休はありません。日曜だけが今のところ唯一の休日です。
-----------------
忘備録・仕事などの雑記

[PR]
by neo-diy | 2017-03-17 11:59 | 事業者向けネタ | Comments(0)
先週より休日返上で検討していた木造防音室の件ですが、ご予算を大分超過してしまい、非常に厳しい状況になりました。

この件は数年前にコンサルティング・防音設計などをご依頼いただいたかたから、ご紹介を受けましたので、私も無理して検討作業をしていました。
一応、電話とメールで見積合計金額の速報をお知らせしたところです。

外注扱いの特注二重サッシュの金額が出ていませんが、かなりの高額が予想されるため、私のほうの作業を保留させていただきました。
午後からは相談打合せがありますし、来週は別件の契約に向けて打合せがあります。

私のほうの施工チームの現場仕事が4月から途切れるので、お受けしたかったのですが、可能性は低いでしょう。夜の12時頃まで楽器を演奏することと、築年数の関係で壁・床下などの老朽補修など費用がかさむ要因があり、これ以上金額を下げられない理由があります。

あとは相談者のご希望金額に近づけるため、多少音響を犠牲にして総額を下げることができるかどうかです。
木造防音室は一生の買い物ですから、私のほうも無理してレベルダウンすることが難しいのです。

無料相談で延べ4日間検討に要したので、見込みがなければこの時点で辞退したいと考えています。
相当頭を使い、寝不足と疲れで脱力感があります(笑)。

[PR]
by neo-diy | 2017-03-16 10:46 | 住まいの防音 | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy