<   2017年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

知人に聞かれたブログの事

先日、居酒屋で知人にブログやホームページなど何が有効かと聞かれましたが、それは業種によって少し違うと思います。

私のような建築全般、音楽防音室などは信頼性を得るために、通常のホームページを作る必要がありますが、居酒屋など飲食店、パン・ケーキ、食堂(中華、洋食屋など)は地域密着型の店舗が多いので必ずしも普通のホームページは要らないと思います。

例えば、海鮮居酒屋ではその日によって仕入れが違うこともありますので、ツイッターで投稿して素早く伝えることが有効な場合があります。
*画像中心の場合は今流行のインスタグラムと併用すると良いでしょう。

寿司屋も同様ですね。年末年始の営業日や出前などのお知らせも、ブログだと詳しく速やかに情報を流せます。
ブログ、ツイッター、インスタグラムのうち、好きなツールを活用して組み合わせると簡単に運営できます。不得意な人はスタッフと手分けして2つぐらい活用すると効果的です。

普通のブログはどこのメーカーが良いかということですが、知人には「現時点では、シーサーネットブログが広告表示を外せるし、検索エンジンにも強いのでお勧めだ」と伝えました。
*もちろん、当エキサイトブログも使いやすいし、広告がテキストなのでデザインを損なわないです。

忘れてはならないのは、ブログは必ずカテゴリー設定をして投稿することです。
ちなみに、私の当ブログは検索を全く意識していないので、カテゴリーは自分のために分けているだけです。参考にはしないほうがいいです。
------------------------
暮らしの雑記

[PR]
by neo-diy | 2017-12-11 08:07 | ウェブページ | Comments(0)

予定していたウェブページの作業中断

昨夜までに保留になっていた件が動き出し、地方の契約の件も同時に動き出したので、作業中のウェブページの件は中断します。

それと、無料相談を絞り込みたいと考えています。これが結構負担になることが今年は多かったので、再考します。
*知人の店での打合せは、契約+懇親会に力を入れたいと思います。無料相談をいいことに食い逃げする相談者が出てきまして、時間と経費が大分無駄になりましたので。

知人に言わせれば約7割の契約率は立派だという感想ですが、私は約束を破った3割の人への時間と経費が実にもったいないと考えています。(その場では大丈夫と相談者は言ったわけですから、普通は返事を待ちますよ)
理由もなく連絡が途絶えるのは論外だと思います。私は率直な理由を知りたいのです。
*理由が分かれば、最初から相談を受ける必要もない。

そこで、テーマを絞り込み、必要性を高める表現をウェブサイトに追加します。
要するに私のウェブサイトを本当に必要とする相談者にマッチするように、特長をクローズアップさせます。

最初から淡い期待は抱かせないで、具体的に見込みのある案件にしぼることが相手にも有益だと思います。

出来る限り具体的な記事を投稿し、事例などを一緒に付けて、理解を深めることができるように工夫したいです。
------------------------
薄いコンパクト防音(豆知識)

[PR]
by neo-diy | 2017-12-09 08:06 | ウェブページ | Comments(0)

キレーションサイトの温床

キーワード検索をすると色々な分野で依然としてキレーションサイトが上位を占めています。

大半が人様のサイトを無断流用しているものであり、どこがオリジナルなのか情報源にたどり着くこと自体が難しい状況にあります。

私の音響・防音業界でも、キレーションサイトや無断流用サイトは少なくなく、誇大広告を含めると、何が真実なのかを見極めるには相当の専門知識が必要になります。

ネット上の記事を見ると無断流用や想像で投稿されているものが増えてきているようです。このようないい加減な記者の投稿がキレーションサイトの温床になっているのではないでしょうか。

酷いのはテレビ番組や人様のブログ記事を、そのまま書き写したものがあります。ちゃんとした取材や自分で調べないで、ただの作文になっているニュースがあります。

私がウェブサイトを始めた14年前には、音響・防音の専門サイトは私のホームページを含めても、ごくわずかでした。あとは通販サイトが出てくるだけでした。

現在は、キレーションサイトや見積りサイト、通販サイトなど膨大な数のウェブサイトがあります。
無責任な建築士の見当違いのアドバイス掲示板、プロファイルなどを含めると、ものすごい数です。どれも音響・防音設計の基本すら踏まえていないものが多く、専門書など見たこともない人が想像で書いているようです。

自分で体験したり、取材した内容でもなく、実績でもないわけで、いい加減な記事を垂れ流しているだけです。これらを信じて失敗する相談者も居まして、私の防音相談で問題点を説明すると初めて納得されるとともに、いい加減な記事を投稿した業者、コンサルタント・建築士への怒りが出るようです。

このような状況がキレーションサイトの温床になっていると言えると思います。

いま話題になっている相撲界の話も、大変怪しい想像で投稿された記事がネット上に溢れています。
---------------------
暮らしの雑記・ぼやき

[PR]
by neo-diy | 2017-12-07 09:28 | ウェブページ | Comments(0)

判断に迷うが契約を優先

契約案件が急に動きだし、2件ほど重なりました。
やはり、どう考えても契約案件を優先して他の件は待っていただくしかないと思います。

すでに説明図を渡した件も返事が保留され、計画変更になるリスクがありそうです。
マンション現場の難しい所であり、ご家族の意見が異なると保留になります。ちっとも私には利益がないだけでなく、個人的にお受けした契約案件と時期が重なると、作業的には厳しいです。

無料相談は休止して正解だったようです。とても年内は手が回らない状況になりつつあります。

今日は、施工担当に電話で確認して、昨夜契約になったはずの件を最優先で準備することになります。
それと上記の契約2件で、当分はこれが限界でしょう。

ずっと日程が保留になっていたのですが、昨日、大半が同時に動き出したようです。ほとんどが12月と来年着工なのですが、急いで施工図などを納品しないといけない。

仕事がないときは予定が空白の月もあり、両極端です。
今回は地方の案件が同時に動き出したので、一時的に忙しいだけですが、来年は結構暇なのではないかと思います。

手戻りなくスムーズに省エネ的に作業が進むのが理想ですが、やはり想定外の修正が出ますね。
これは依頼者から事前に詳細な図面が提供されていないので、想定で説明図などを描くためです。手順が逆なんですね。でもこうしないと間に合わないので先行的に納品します。

木造建物はだいたい構造が理解できるので私ならば想定して説明図などを納品できますが、木造に不慣れな防音業者には無理です。

コンサルティングが専門だと図面を描けないのでは?と勘違いされる人もいるようです。
*私の場合は少数派ですが図面も描けます。手書きでも描けます。そうじゃないと、面談の時に説明できないんです。文字ばかりでは一般の方には理解してもらえない。

ちなみに建築士の居るリフォーム業者でも、防音工事の施工図を施主に納品しないことが多く、平面図だけしか作らないと聞いて、大変驚きました。
こういう点も業界の問題だと思います。
------------------------
暮らしの雑記

[PR]
by neo-diy | 2017-12-06 08:05 | 事業者向けネタ | Comments(0)

今回はよく動いた施工担当の親方

いつもはのんびりしている親方も、今回の件はよく動き、今夜契約になるようです。
この現場は依頼者のご予算が少し超過してしまったので、私の中間経費を削除するため、契約事務を施工担当に任せました。

施工担当には、私の営業力も限界にきているので、来年になったら自分たちで営業して仕事を受注するように伝えました。
もちろん、従来通り私が契約する案件の施工も続けます。

建築業界は戸建住宅についても、総額を抑えて無理して受注する状況なので、一番節約するのが生活防音です。あとで色々と問題が起きるのはそのためです。
完成後に追加でリフォームローンを組んで防音工事の費用を確保する相談者が私の所へお出でになるのですが、本当は新築時に一緒に施工すれば費用を節約できます。

詳しいことは省略しますが、我々の業界は、10年前に比べて専門業者の数がものすごく増えています。大半は専門外の分野から衣替えした「俄か専門業者」です。
これらの業者はウェブサイト、専門誌、テレビなどの宣伝に力を入れ、営業力だけはあります。

私のような余り宣伝に費用を掛けられない零細業者は不利です。

取引先にも提案しましたが誰も動きません。
そういう状況も含めて、先日、現在工事中の現場で施工担当の職人に再度説明したので、多少は危機感を持ってくれたのかと思います。

彼らも私の受注する現場の件数が昨年から少なくなっているので分かってはいると思いますが、誰も行動に移さないのが問題です。

取引先の建築士や経営者は、もう年金を受給する年齢になり、不足分を働いて稼げばいいと思い始めているようです。だから新しいことはしないのです。
-----------------------
防音相談の案件・場所

[PR]
by neo-diy | 2017-12-05 07:35 | 事業者向けネタ | Comments(0)

役立つウェブページの更新準備

予約案件が2つとも変更になり、中断しています。施工担当に事務連絡を任している間に、私のほうは来年に向けて情報サイトを更新します。

地方の件は2件とも変更はなく、今月中に施工図を完成させる予定です。
遠方の依頼者にとっては、ウェブサイト(ブログ含む)の内容が全てですから、出来る限り多様な情報を提供することと、リスクを回避するための重要情報を発信することが必要です。

世の中、不景気になりますと、余計に誇大広告を掲載する通販業者や専門業者が出てきます。
また、相変わらずダンピングして防音工事を行う、やり逃げの業者が増えます。
*安かろう悪かろうの典型です。

私は自宅マンションを購入した22年前から、ずっと上記のような問題業者を沢山見てきました。その中には無知な建築士の設計によって問題を引き起こしている現場が多く、現在も同様です。
社会的な構造的な問題と言ってもよいと思います。

木造でも建物の寿命を軽視し、コンクリートパネルや石膏ボードばかりを多用し、極めつけは床下を解体してコンクリート増し打ちして、通気を殺してしまう防音工事があることです。
まったく木造を生かす視点がなく、施主の建物の寿命を縮めてしまうような改造をする業者が居ます。

施主も時間を掛けて情報を収集して検討することが必要です。専門誌に載っている業者だから大丈夫なんて思わないで、提案の中身を重視して欲しいです。
ウェブサイトは一つのセカンドオピニオンのようなものとして活用すると良いと思います。

毎年、金額だけで契約を決めてしまう相談者を見ます。価格だけでは私のような自営業者は勝負できないので、歯がゆい思いをします。
少しでも中身を重視していただける依頼者に巡り合えることを期待して、ウェブサイトの更新を続けています。
----------------
追記:今までお勧めしていたwordpress.comですが、いきなり広告表示がでかくなって、うざくなりましたので、もう、お勧めしません。
現在の私のお勧めは、シーサーネットブログです。設定が少し面倒ですが、慣れれば良いです。ひな形も増えました。
→私のカスタマイズ例(クリックしてみてください):海進丸

[PR]
by neo-diy | 2017-12-03 08:34 | ウェブページ | Comments(0)

2017年12月の予定

今年もあと1か月となりました。
私の年内の予定がほぼ決まり、すでに来年の準備が始まっています。

今月着工予定の件は、確認の返事待ちです。来年1月の件は調整中です。
相談業務のほうは、今日の夕方に1件、中旬に1件、中旬までの調査が1件という予約状況です。無料相談を休止中とブログに告知しましたら、問合せが激減しました。

遠方の契約業務は2件ほど設計図の作成を予定しています。問題なく進むと思います。

取引先の休業日に合わせて、年末年始の予定を決めました。
・2017年12月28日~2018年1月4日が私の冬休みです。あとはカレンダー通り。
・12月27日が仕事納めで、ほぼ一日中、掃除をすると思います。

並行して、ウェブサイトの残り作業を仕上げ、今月中に更新ページをアップします。

それから、歳暮を手配しなければなりません。
仕事の件に気を取られて忘れていました。たぶん、最寄りの郵便局と珈琲豆専門店で手配すると思います。
山陰の海の幸をギフトに使おうと思いましたが、送料が大分値上がりしたので、今回は止めました。
-----------------------
暮らしの雑記など

[PR]
by neo-diy | 2017-12-01 07:41 | 暮らしの雑記 | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧