商い(自営業など)は難しい

 知人の新築上棟式の料理、折詰を担当した地元のレストランがお店を閉じられたそうです。

 私も地元の行きつけの店が、開業当初に閉店したので、何とも言えない寂しい感じがしました。本当に誠実に商いを続けても、繁盛するかどうかは別問題であり、時代の流れや仕入れの難しさなどが要因で続けられないことは、よく聞きます。

 私の提携先の多くが自営業のような零細事業者であるので、他人事ではありません。永く安定して商いが続けられるには、どうしたら良いのか、いつも毎年考えています。

 自分でやれることは、一生懸命やるだけですが、ときには、じっくりと営業の戦略を検討する時間が必要です。

 今日、次の日曜日の防音相談が完了したら、少し手を止めて、自分の今後の営業メニューについて、じっくり検討したいと思います。
 時代の流れに応じて、事業メニューを追加することも大切でしょう。

 それにしても、気づいたら、私の地元の行きつけの店は、電気屋一つを残すだけとなりました。商いは本当に難しい。でも、諦めずに工夫しながら続けるしかないと思います。
[PR]
# by neo-diy | 2013-08-29 09:59 | 暮らしの雑記 | Comments(0)

PCのビジネスソフトを買いました

 今までXPで、古いソフトばかり使っていたのですが、すべてのマシンをWin7に交換するので、一部動作が悪すぎるソフトがあります。

 さきほど、ネットで正規品を一つ注文しました。ネットオークションの価格より1割程度高いのですが、保証や不具合時の交換などを考えると、正規のショップで購入したほうが無難だと思います。

 自分も事業者なので、ユーザーとして製品を購入する場合は、価格も大事ですが、それ以上に実績と安心感を考えて選びます。

 私の業界で使う防音材も、一部粗悪品が出回っており、安いだけが取り柄の製品もあるのですが、それをネット上で告発すると、もはや戦闘状態になり、対応に手間取るし、実例を示せば、相談者の個人情報にかかわるので、明確に示すことができません。
*あくまで特徴を説明して、一般論で記載して警鐘を鳴らすしかないのです。

 通販サイトの製品はユーザーの評価は非常に参考になります。
[PR]
# by neo-diy | 2013-08-27 09:13 | 事業者向けネタ | Comments(0)

お金の支払いかたに性格が出る

 現在の預金金利の状況から見て、普通預金の口座から支払う場合は、さっさと先に済ませるのが、自分流です。
*支払うべきものの金額が確定している場合は、値引きはないわけで、いくら後回しにしても意味がない。
*相手の心象を悪くするだけなので、早めに払うのが得策です。
*低金利なので、普通預金には利子がないのも同然です。それが嫌なら、6か月単位で利子が付く「郵便局の定期・定額預金」に入れたほうがいいです。

 最近、仕事関係の支払いが非常に遅い人がいます。注文や工事は大至急、支払いは非常に遅い、というパターンです。その人の品格・性格が現われています。
*もう2回目の注文はして欲しくないと、心の中で思っています。

 なぜか、学校給食費の支払いを、渋る人のことを思い出しました。
[PR]
# by neo-diy | 2013-08-26 10:58 | 暮らしの雑記 | Comments(0)

住まい・楽器防音室の相談

 この夏は猛暑のため、自宅マンションの仕事場では、打合せをほんとんどしていません。

 大半は、国立駅南口の喫茶店「シュベール」(年中無休)で防音相談を含めて行っています。御出でになる方に便利で分かりやすく、飲み物のメニューも豊富で使いやすい、落ち着いた雰囲気の店です。

 今週は火曜から今日(土曜)まで切れ目なく打合せが入りました。今日の午後も行きます。やはり、住まいの生活騒音や新築の防音室など、リフォームから緊急的な騒音対策、防音室の設計まで、内容が多岐にわたり、難しい相談が多いので、じっくりお話を聞ける場所がいいのです。

 ホームページも、じっくりと読んでいただけるようなデザイン、事例構成にしたつもりです。時間がある人には、ブログの記事も見れるように適宜リンクも入れています。

 直接の面談やウェブページに限らず、じっくりと話せること、読めることはとても大事です。焦らずにご検討いただけるように、いろいろな情報・アドバイスを提供していく方針です。
[PR]
# by neo-diy | 2013-08-24 07:48 | 住まいの防音 | Comments(0)

ウェブサイトなどの戦略的運営

 近年のネット活用の社会的な状況、インフラ整備・製品開発などを見れば、事業者ならば大半がウェブページの活用を主軸に展開すると思います。

 ある情報では、ついにウェブサイトなどネットによる営業効果がテレビCMを抜いたと言われています。新聞の折り込みは、もはや建築設計・リフォームにとっては効果は薄く期待できません。

 チラシは、むしろコンビニや郵便局など、生活に密着した場所に掲示したり、置いたほうが効果的だと言われています。
 その場合、ホームページのアドレスを記載するのは重要なことです。詳しくはウェブサイトをご覧くださいと記載されているチラシが多いです。

 チラシ+ウェブサイトはセットで活用すべき営業ツールとも言えると思います。その際、重要なのは事業者名やホームページのネーミングです。

 覚えやすく、印象に残る、わかりやすいイメージが瞬時に伝わるものが望ましいと思います。私はこれらの観点から、自分の運営するオフィシャルなウェブサイトには「防音職人」という統一名称を付けました。
 会社名は有名企業やインパクトのあるものでしたら、そのまま使えますが、そうでなく類似したものが多い場合は、別途「ウェブサイトの屋号のようなもの」を考えて名付けたほうが、覚えやすいと言えます。

 ウェブサイトは、あまり難しい目標やコンセプトは検討する必要はなく、シンプルなインパクトのあるメッセージから始めて、段階的に成長させて行くほうが取り組みやすいと思います。

 また、私のような零細自営業者が、9年以上営業してこれたのは、絶えず段階的に改造しながら、コンテンツを拡充してきたことが要因としてあると思っています。
 自画自賛ですが、私のような気の短い人間がやってこれたのは、オリジナリティにこだわり、研究し続けたことを正直に、ウェブサイト・ブログで公開してきたことが差別化につながったと考えています。

 ウェブサイトを事業展開の柱に検討している方、工夫次第で道は拓けると思いますので、お互い頑張っていきましょう。
[PR]
# by neo-diy | 2013-08-21 07:47 | ウェブページ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧