ご契約の件、追加費用を辞退しました

来年から取引先の一部の製品(樹脂を使用している重量物)が値上がりしますが、理由は輸送費でした。
*加工する作業所まで工場から輸送するのですが、この経費が値上がりしました。

このため、今週ご契約いただける静岡の件ですが、約4000円の差額が出ます。依頼者が非常に誠実で、差額分をご請求くださいと再三言われるのですが、新規のカーテン費用に使ってくださいと、プレゼントすることにしました。

私は目先の追加費用より、私を信頼してご契約していただけるだけで大満足です。
*私も自分の母と祖父母(母の)同様、物欲が余りないので、精神的な充足感でお腹いっぱいになります。

静岡のお客様は、今まで6件以上記憶していますが、みなさん非常に良い人ばかりで、私が書類に同封して御礼に贈り物をしたら、逆にプレゼントをいただいたこともありました。

静岡・名古屋にも専門業者はあるんですが、そこに依頼せずに、東京の私をご指名いただくのは大変光栄です。

目先の欲に憑りつかれた提携先は全て私のところから去っていきました。私と価値観が乖離しているので、かみ合わなかったです。

私が一番気に入っている取引先は、本社が静岡です。偶然かもしれませんが、案外必然的な運命的な出会いだったかもしれません。非常に信頼できる業者です。

[PR]
# by neo-diy | 2018-12-10 08:58 | 事業者向けネタ | Comments(0)

地方の案件、正式なご予約をいただきました

静岡県内の案件のご予約をいただきました。近日中に契約書案をご提示します。
*その後、正式契約です。

施工を担当する工務店が忙しくて、詳しい打合せと見積りチェックができなかったようです。
*中部地方および関西地方は今年の大型台風で木造の屋根などが損壊した家屋が多く、補修工事で地元の業者が忙しかったので、すぐに結論が出せなかったと言われました。

この件も私のウェブサイトを見つけてから、他の専門業者と比較されてから打診されました。
*現場や近隣の環境、施主家族のライフスタイルなどを考慮してコンサルティングを行う点が決め手だったと言われました。

私のウェブサイトには、設計・工法の概要から具体的な担当事例について解説するコンテンツが多く、判断材料としては十分だという評価をいただきました。

これからは典型事例を踏まえて、速やかに理解できるようなコンテンツをまとめて再掲し、他の専門業者との違いを差別化したいと思います。
*たとえば、木造の現場は大工職人が理解できるような説明図書を提供し、施工要領を示すのが重要であること。
*従来型の技術(伝統的な工法など)を活かすことが建物の耐久性と寿命を伸ばす。

当たり前と思う事でも、相談者には初めて聞く言葉が多いと思いますので、この点を分かりやすく解説することが、今後の課題だと見ています。

[PR]
# by neo-diy | 2018-12-08 11:19 | ウェブページ | Comments(0)

職人の再就職と今後の件

元施工チームの親方(職人、都内)のほうは、今まで専門的な工事を私の現場で約12年間やってきたことが高く評価され、すぐに就職先(建築会社)が決まりました。

都内の会社は、技術力のある職人を募集している所が多く、能力さえあれば大丈夫です。彼は自営業には向かないので、会社勤めのほうが安心です。

新しい就職先は、社長の考え方が比較的柔軟で、今まで経験してきた現場の工事を受注しても良いと承諾したそうです。ただし、社内には経験者が殆どいないので、彼は一人で見積りをチェックして現場の管理をしなければなりません。

実際には、私がチェックしてやることに(笑)なりそうです。
とりあえず、その会社と私が提携できるか、相談中です。とにかく、契約済みの来年の2件の現場は少なくとも、その会社経由で施工できる見込みです。
*現場担当者は、元施工チームの親方になります。

問題は、発注できるほどの予算が確保できる案件を受注できるかどうかです。
ウェブサイトを強化しなければなりません。

今月と来年1月にかけて、具体的にコンテンツを拡充します。

[PR]
# by neo-diy | 2018-12-07 07:32 | 事業者向けネタ | Comments(0)

相方の職人に餅代を

相方の職人は、今後の件は未定ですが、今まで私が注文した資材を活用して製品を作ろうとしています。
*当然ながら新しいウェブサイトが必要です。

事業資金をほとんど確保していないので、私と同じツールや廉価サーバーを使うことになると思います。
そこで、私が今月使う予定だった経費の一部から「正月の餅代」として費用を少し分けてやる事にしました。
*これでホームページを作る費用の足しにしてくれ、ということです。

もうこれ以上は助けることはできないので、あとは本人のやる気次第です。
*本当は職人への餅代というのは、親方が渡すものですが。

それから、先日、新しいPC本体を購入しました。(どうせ税金で持って行かれる経費なので)

昨日は、今まで営業活動の場所を提供してくれた店主と店のスタッフに飲み物をごちそうしました。
*これは店内で私が代金を負担しました。(接待交際費です)

御歳暮の手配も完了し、あとは仕事用の靴を購入したら、今年の必要経費の計算をします。

1件だけ地方の契約の返事待ちですが、これは来年の仕事になります。(提案書と計画図だけ渡しました)

あとは雑用ばかりです。

ちなみに、職人は自分でホームページを作ったことがない。ハイパーリンクの付け方など基本的なタグをしらないので、誰でもホームページが作れるjimdoを推奨しました。

[PR]
# by neo-diy | 2018-12-05 12:35 | ウェブページ | Comments(0)

東京方面の直接施工を休止

複数のブログで予告した通り、年内の東京方面の直接施工の現場予約がありませんでしたので、施工チームは一応解散ということで、本日通知します。

すでに来年の契約をいただいている2件について、再度事情を説明し、新築業者または私の地元の国立市内の建築業者に施工を打診する予定です。

施工チームは12年間の大半を私が受注する現場の仕事をしていました。こんな小さな自営業が、12年間で約200件近い契約をこなしてきたのですから、胸を張っていいと思います。
*しかも私が独力で受注してきたのは奇跡的でしょう。
*彼らは結局、自分たちの現場(私が担当しない件)すら殆ど受注できていないのが問題でした。

私は彼らには一切の手数料を取らず、私の案件を取って欲しいとは一度も頼んだことはありませんでした。

ちなみに私が個人的に担当した現場と地方の案件(有料コンサルティング含む)を合算すると、本日現在で310件を超えました。約14年間の平均で1年あたり約22件の契約になります。

私を一番助けてくれたのは、音楽室の契約者です。※大半が私のリンク先です。
*6件ほど紹介をいただき、見学にも協力していただきました。
*リンク先のウェブサイトを見てから契約していただいた件を含めると、結構な件数になります。

今後も私の本業そのものは変わりません。私の仕事場(南武線西国立駅付近、国立音大付属小学校の直近)での相談業務は、もっと力を入れて行くつもりです。

東京方面の仕事が激減したのは、ちょうど消費税10%の話が確定した頃です。国民の消費動向などにブレーキをかけたのではないかと、近所の自営業者も言っていました。地元の新築件数も減った感じがすると。10月から11月にかけて4件予約キャンセルがありました。(希望通りの見積り提案をしたにも関わらず)
*開業してから初めての経験です。
*私には9月から東京方面の件の入金はなく、全部施工チームに利益を渡しました。地方の3件の前金(※未だ来年のコンサルティングが残っている)のお蔭で年内は生活できています。

一方で中古物件の住宅リフォームは増えていると、知人に聞きました。
私の本業の分野は、需要を掘り起こすのが難しい状況になりましたが、きっとその時代に応じた新たな需要が出て来るのではないかと考えています。

今日から、もう経理事務を閉めて、来年の確定申告の収支計算を始めます。同時にウェブサイトの準備を進めます。
182.png

[PR]
# by neo-diy | 2018-12-03 08:27 | 防音対策スタッフ | Comments(0)