人気ブログランキング |

9月からがもっと大変

昨日も知人の店で話したが、今日から営業時間短縮。まあ、今月は我慢するけど、来月以降も自粛要請されても、小さな自営業はもう無理。

今年は中小企業を含めて、年内我慢できるのか? 誰にも見えない。店商売も中小企業も、なにか新しい需要でも見つけない限り生き残ること自体が難しくなりそうです。

脳天気な国会議員や官公庁の公務員には危機感がないようだが、来年の選挙は間違いなく大荒れになると思う。
無策の政府への怒りは凄まじいものがある。

役に立たない老害は引退して、やる気のある次の世代に政権を任したほうが良いと思います。もう日本経済はこれ以上保たないのでは?と皆さん懸念しています。

私の方の業界は自然淘汰が間違いなく起きます。有害な業者が消えていけば良いのですが、案外、宣伝力のない良心的な老舗が廃業したりするかもしれません。

この夏休み中に、少し考えながら、新しい情報を入手したいと思います。
*予定通り取引先の工場は、8月6日から8月16日まで生産ラインがストップします。事業所は交代で中日に留守番が出てくるようですが、発注も停止します。

私の案件は、先週末1件相談の返事が来まして、これだけ今日明日中に片付けることにしました。
173.png182.png
-------------------

# by neo-diy | 2020-08-03 07:27 | 事業者向けネタ | Comments(0)

食生活と体は正直

昨日の午前に、数日前の健康診断結果を聞きに行きました。※地元の内科(かかりつけ医)

先月は飲酒量が前回よりも大分増えていたので、色々な項目が悪化しているだろうと覚悟していましたが。

主な結果は
・γ-GTP:21(正常値)
・アミラーゼ:118(正常値)
・中性脂肪:213(異常値)※前回より倍増・・・(苦笑)
・クレアチニン:0.85(男性正常値)※女性とは正常値の範囲が異なる
・尿酸値:5.0(正常値)
・空腹時血糖値:101(正常値)※今回は食後約3時間20分後に採血
・HbA1c:5.6(正常値範囲は4.6~6.2)※私の病気にとっては、この値が重要

医師の評価は、中性脂肪以外は優秀な結果で、現時点での食生活は、飲酒を除けば問題ないというものでした。
*中性脂肪は体質的なものもあるので、飲酒量を控えてから次回計測して様子を見るということに。

肝臓・膵臓・腎臓など問題なく、飲酒量以外は安心してよいということでした。思ったより、体の機能が正常に回復しているので、良かったです。それにしても、体は正直であり、飲酒量が増えた分、中性脂肪が急増しています。中性脂肪が溜まりやすい体質は若いときから変わってないようです。
*昨年、細菌性感染症で入院したときに、同時に糖尿病を発症したので、約2か月に1回の血液検査などのチェックが、昨年から指導されています。

手前味噌ですが、一日三回の食事はある程度気をつけています。間食はしていません。自分では努力しています。
夜遅くの飲食も殆どしていません。カロリー制限もほぼ守っています。(これが重要)
食事は毎回決められた時間帯を守っていますので、体重変動も少ないです。
180.png182.png

# by neo-diy | 2020-08-01 08:20 | 健康診断・治療記録 | Comments(0)

ほぼ予定通りの夏に

地方の案件(仕事)は約束通り施主から連絡が来まして、盆休み明けから着工するようです。
*2件発注の依頼が来ました。

来週の月曜までに手配を完了します。他の件も9月までに完了する分は、先に請求書を下さいと連絡が来ました。
この夏は、東京方面が殆ど動かないので、早目の入金は助かります。

これを見込んで、昨日、新しいPCモデルの特価品を注文しました。※国産品です。
今まで使っていたPCの中では最速の処理能力を持つ優秀なスペックです。約35%割引なので、これ以上価格が下がる見込みはないので決めました。

これで、win7が1台、win10が3台となり、あと10年は大丈夫です。液晶ディスプレイも3台あります。
仕事場のレイアウトを決めて、不用品を処分すれば、予定通りの準備は完了です。仕事場は現在、対面打合せをしていませんので、いまのうちに片付けたいです。

あとは、PC作業の新しいメガネを買うだけです。今年の買い物はここまでです。そのあと節約生活になります。

東京だけでなく、全国的に感染が拡大していますので、あと1年ぐらいはテレワークになると思います。
上記の特価品PCはボーナス商戦の勝負品です。安い買い物ではないので売れ残っていました。世の中は、みなさんお金をあまり使わないという傾向ははっきりしていると思います。

ですが、私の本業と同様に、必要な人には必ず需要が有り、依頼してくれる人は必ず居ると思います。

給付金も、納税や仕事の消耗品に使いました。無駄遣いはしていません。私の地元も飲食店の様子を見ると、消費が冷え込んでいるのが体感できます。

新しいライフスタイルや需要に対処する備えは必要です。
173.png182.png
-------------

# by neo-diy | 2020-07-31 07:21 | 暮らしの雑記 | Comments(0)

すっかり取引先がギスギスして

これだけ緊急事態で、消費行動が萎縮すると、取引先の商いの雰囲気が悪くなるのは仕方ないですが、やはり請求すべき金額は真っ当に計算して提示すべきです。
無理にダンピングするのは技術料の軽視につながりますから。

それに仕事を紹介してもらったら、お礼を丁寧に述べるのは基本です。それを忘れるくらい目先の利益に取り憑かれると大事なものが見えなくなります。

こういう状況下で、いつもと同様に真面目に淡々と仕事している提携先は安心感があります。彼らも私が苦戦しているのは承知していますから、何も言いません。
それと大手建材メーカー取引先の担当者も、いつもどおり丁寧な対応を迅速に行なっています。取引先も依頼者も両極端に分かれてしまっているのが気になります。

経済的にも精神的にも余裕がないのは、誰も同じです。こういう時にこそ、その人の本性というか本質が見えてきます。私も気をつけたいものです。

さて、昨日の午前中に健康診断を受けたので、次の金曜日に検査結果を聞きに行き、夏休み前の処方薬をもらいます。これで夏休みに入ります。※8月16日まで連休にします。契約事務だけ行いますが、8月6日より16日までメーカー工場が休みになりますので、実質的に発注は動きません。

それにしても、社会人になってから夏休みを約17日間取れるというのは初めての経験です。
雨の日は「読書」、晴れの日は「散歩」、あとは引き続き「不用品の処分」ですかね。お金が殆どかかりませんから(笑)。

それにしても、長期の休みが可能になったのは、インターネットなどテレワークのお蔭です。これがなければあり得ない。私が開業した16年前は、その実感が未だなかった。当時は対面相談や打合せが主流だったので、メールと電話・郵送だけで契約するなんて考えられなかった。
・・・・・時代は変わったんです。
173.png182.png
---------------

# by neo-diy | 2020-07-29 07:27 | 事業者向けネタ | Comments(0)

小説「秒速5センチメートル」を読んで

今年の初夏に、ネットTVの動画配信で邦画・アニメ映画の特集が有り、新海誠氏の作品をいくつか観た。
その中の一つ小説と同じ題名の「秒速5センチメート」という作品に強く惹かれた。
*「桜の花びらの落ちるスピードが秒速5センチメートルだよ。」と言う初恋の少女の言葉から始まる物語。

最近のライトノベルやアニメ映画の傾向として、青春ものは大半が主人公にとって、概ねハッピーエンド的な結末を迎えるのだが、この先品はそうではなかった。ジブリの作品に比べると、違う方向性である事がわかる。

この作品は2007年の春に公開され、当時、映画館で上映されたあと、客席から動けなくなった女性が続出したというリポートが有り、私もなるほどと思った。なにかしらの奇跡が最後に起こって、主人公が救われるのでは?と思っていたが。

3話構成のこの作品は、特に第一話を観ていないと最終話の意味がわからなくなる。初恋をひきずって生きてきた主人公(男性)の心情を理解するのに不可欠な部分だからだ。
とにかく、リアリティのある映像であったし、ストーリーも流石に現地でのロケを重ねて作られただけのことはあり、見る人の実体験と重なる部分が多く、それが特に映画館で観た女性にはインパクトが強かったと言える。

さて、この作品は「アニメ映画版」が原作であり、小説の方はあとから作られて出版された。映画では理解しにくかったり、省略されていた人物像やエピソードが補完されている。これによって、映画での喪失感が一部違うものに感じられることだろう。映画と小説がセットになるべき作品と言えるので、映画を見た人で小説版を読んでいない人にもお薦めできる。
*小説では映画の第三話を中心に補足されている。

私の場合は、アニメ映画を観たあと、どうにも理解しにくい部分が気になって、先日、小説の方を取り寄せて読んだところです。かなりの部分が納得できたので良かったと思う。

異論はあると思うが、小説の方は多少無理して補足している感があり、やはり原作である映画の方を先に見たほうが良いと思いました。
私も文章を書くことは本業の中でも、重要な部分を占めているので、その難しさは十分理解しているつもり。仕事では文章でわかりにくいところを説明図など画像で補完するというのが一般的な手法です。

今回の作品は、その逆であり、動画・映像が先行して、作者が言い足りない部分などを表現したものが、この小説だと思います。ちなみに、映画版と小説版の人物説明などに多少の違いはありますが、違和感はありません。
うまく表現できていると思います。

このコロナ禍のなか、自宅で過ごす時間が増える中で、多くの人があらためて目にした作品かもしれません。
私の場合は、作品発表時には、存在そのものを知りませんでした。現在観ても新鮮な作品だと思います。世代を超えて心に響く作品。私はそう思います。
-----------------------------------------------
小説「秒速5センチメートル」を読んで_e0319291_11024538.jpg

# by neo-diy | 2020-07-27 07:36 | 備忘録 | Comments(0)