新しい木造防音室の設計仕様を作りました

ある製品が4トン車でないと現場に通常料金で運べないという地域が出てきまして、大幅に私の防音材費用を超過することになり、一部の案件でもめました。

このようなことが今後想定されるため、ある大手の専門メーカー(受注生産品)の遮音材を軸に音響・防音仕様を新たに作り、すでに、その製品の効果を確認しました。

少し問題があり、単価が従来の設計に使用する防音材よりも高いため、一般建材と併せてトータルでコストを抑えるように仕様を調整中です。

上記の大手メーカーは通常は私のような零細自営業者と取引をするのは異例であり、初年度は代金を前払いして信用を得てから、2年度から月末〆の翌月払いになりました。
*ウェブサイトの実績を提示してから交渉したので、取引を即決されたと思います。
*工場からの直送便のため、送料を含めて資材費用を安くしています。他の代理店よりも安い値段で現場に支給しています。

ものすごく重いので、現場で荷受をしてくれる職人が居ないと厳しいです。もちろん、力のある男性が居れば対応できると思います。
製品が2つありまして、面密度約9.8kg/m2と8.2kg/m2です。通常の遮音ゴム製品が面密度約5.0kg~6.2kg/m2ですから、相当な比重です。

しかも柔軟性があり、両面とも不織布加工されており、耐久性があります。高品質です。
主に木造の音楽室の防音工事に使用しています。
--------------------------
木造防音室 169.png

[PR]
by neo-diy | 2018-01-20 08:14 | 住まいの防音 | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧