ネットショップなど宅配サービスは好調のようです

ネットショップなど通販の主力と言えば、テレビCMとウェブサイトです。

スーパーもウェブサイトを通じた宅配サービスを重視する企業が増えています。地元では中小のスーパーや高齢者向けの弁当宅配サービスなど力を入れてきているようです。

そろそろ高齢者もPCが使える人が増えています。それは会社を定年退職した60歳以上の世代はデスクワークをPCで行っているので、むしろ若年層よりもPCが使えます。

先日の相談者もウェブサイトは、相談者のお母さんが担当してました。50代後半から60代です。通販、宅配サービスを利用している。娘さんが外出して仕事に出かけて、お母さんが留守をあずかり、ネットで注文するというパターンです。

近所では、足腰に不調を抱えている高齢者が、ウェブサイトを見てスーパーにFAXで注文するそうです。

ウェブサイトだと、ゆっくり品物を選択できるので注文しやすいのだと思います。テレビだとメモするか録画しないと見逃してしまう。

国立駅直近の喫茶店で無料相談していたころは、高齢者が防音材を使うに当たり、事前相談の予約が多かったです。私の商い的には決して効率的なものではないですが、リクエストは多かったです。
これも私のウェブサイトを見て注文したいという希望者でした。
*大半は親子でお出でになりました。

今は、駅からちょっと離れた住宅街で相談を受けているし、知人の居酒屋を利用しているので、高齢者の相談は減りました。ですが、出張・宅配サービスでもやれば、問合せが増えると思います。
*私の場合は倉庫や人件費をかけられないのでビジネスとしては無理ですが。

これから起業する人は、やり様によってはまだチャンスはあると思います。

蛇足ですが、事情により、私の無料相談は今月は休止しました。余りにも約束を守らない人が増えましたので。
もう、無料相談は止めたほうがいいかなあ・・・と思案中です。
*新宿に本部がある短大の准教授は相談料も払わないで連絡途絶しました。こんなやつが教育者なんて学生が哀れです。

[PR]
by neo-diy | 2018-06-05 07:27 | ウェブページ | Comments(0)


<< 自営業者としての受注希望(コン... 無理して仕事を受けても仕方ない >>