人気ブログランキング |

リフォームと音楽室

明日の相談と先日の問合せの件、建物の構造は違いますが、どちらも音楽室・ヴォーカルの練習ができる音楽室としてリフォームすることを検討している点が共通してます。

東京2件、北陸1件です。かなり古い物件のようですので補強することが重要です。
どちらも、他の専門業者に依頼すると、相当部屋が狭くなるだけでなく、予算を大幅に超過する見込みで、いろいろと専門業者を探したり、自分たちで施工できないかなど、防音材を探されていたようです。

来週の相談予約も、同じように自分たちで施工する際に、いろいろと情報を探していたら、私のウェブサイトを見て、計画内容が間違っていたことに気づかれたということです。
私のブログには失敗された相談者の事例などが記載されているので、典型例としてご自身の内容と合致したということのようです。

専門家には得意分野というものがありますので、それに合う依頼をされたほうが費用対効果もアップしますし、時間の無駄もお互いなく、スムーズに行くと思います。
見積りを出すという事は、私の場合は大半の設計仕様を決めるという事ですので、相当な時間を費やします。
*モチベーションを下げるようなことを言われる件は?です。そんなこと言われて、はいそうですかと言うのは、その人のためにもならない。

それだけに、自分の手に負えない相談者の件は、早く結論を出してあげる必要があると思います。
とにかく、先に正式な予約の件の準備をしてから、余力が残れば他の件、時間などが許す範囲で検討するというのが、私が出来る精一杯のことだと思いますね。

順番を守らないと、全ての件が中途半端になりますから。このところ音楽室のリフォームの相談が増えていますが、昨日、久しぶりにマンションの上階騒音の施工の可否ついて問合せが来ました。
*これはすでに使用できる製品が生産終了してますので、たぶん難しいと思います。

東京も梅雨入りしましたが、昨日も今日も非常に暑く、晴れてます。朝型の私には、ちょうどよく、午前9時頃までが急ぎの作業時間帯になります。そのあとは事務や雑用など、いつもの日常です。
*明日は、午前が電話待ち、午後から予定の作業と打合せです。

by neo-diy | 2018-06-08 07:27 | 住まいの防音 | Comments(0)


<< 見積り相談の件 自営業者としての受注希望(コン... >>