やっぱり金額で判断された?

いくつか見積りを提示した相談案件は、金額だけで判断されたのか返事がない。

一方でご予算を大分超過した件は、依頼者が出来るところまで自分で施工することになり、そのためのコンサルティング・説明図作成の契約をしました。

あとは、すでに私の出番は概ね終わり、工事が完了してから請求書を送付して完了です。

また、来年向けの予約案件は、色々とご質問に応えている最中です。予算的にも技術的にも私以外では担当できないので、近いうちに契約になると思います。

問題は相変わらず、施工チームの予約がないことです。(彼らは受注の努力をしてないので仕方ない)
私も無理して受注しても経費倒れになるので、限界線を超えた件は保留にします。

やはり、お世辞ばかりで中身のない話は、もうたくさんです。
結局は安くしてもらえるという期待だけで相談してくる人は無理です。話がかみ合わない。

本当に見積りはデフレです。低レベルの専門業者やリフォーム業者が無理に受注して、意味のない価格競争をしている弊害が出ていると思います。

とにかく私は中身重視の提案を続けるしかない。

[PR]
by neo-diy | 2018-07-28 08:15 | 事業者向けネタ | Comments(0)


<< 使い慣れたネットスーパーを止める ビジネスとウェブ活用 >>