朗報が一つ入る

先週、現場の下見に行った施工担当の職人から、契約に向けて内諾を得て着工予定日が決まったという知らせが入りました。

私の経費を大半削って成立させる努力をした件ですが、これで盆休み明けの予定が決まり、ひとまず私には次の作業目標を考える時間ができました。

昨日、親戚からかなり高価な焼きアナゴのセットが届き、すぐにお返しの品を手配しようと、いつものネットショップで探したのですが品切れでした。
*盆休み中で近所の専門店は営業していないので、ネットで検索しましたが満足できる品が見つからず保留。

ネットは毎年品物が変更になるので見つけた時に確保しないと入手できないことがありますが、賞味期限が短い品は予約できません。

やはり、従来の商いを愚直に継続している専門店が一番頼りになります。地元のショップが休み明けになるのを待ちます。

ユーザーにとって、昔からの変わらぬ信頼できる品・サービスというのが最もありがたいものです。

[PR]
by neo-diy | 2018-08-12 08:23 | 暮らしの雑記 | Comments(0)


<< 短期的・中長期的なサイト運営 最悪なインターネット会社 >>