職人の再就職と今後の件

元施工チームの親方(職人、都内)のほうは、今まで専門的な工事を私の現場で約12年間やってきたことが高く評価され、すぐに就職先(建築会社)が決まりました。

都内の会社は、技術力のある職人を募集している所が多く、能力さえあれば大丈夫です。彼は自営業には向かないので、会社勤めのほうが安心です。

新しい就職先は、社長の考え方が比較的柔軟で、今まで経験してきた現場の工事を受注しても良いと承諾したそうです。ただし、社内には経験者が殆どいないので、彼は一人で見積りをチェックして現場の管理をしなければなりません。

実際には、私がチェックしてやることに(笑)なりそうです。
とりあえず、その会社と私が提携できるか、相談中です。とにかく、契約済みの来年の2件の現場は少なくとも、その会社経由で施工できる見込みです。
*現場担当者は、元施工チームの親方になります。

問題は、発注できるほどの予算が確保できる案件を受注できるかどうかです。
ウェブサイトを強化しなければなりません。

今月と来年1月にかけて、具体的にコンテンツを拡充します。

[PR]
by neo-diy | 2018-12-07 07:32 | 事業者向けネタ | Comments(0)


<< 地方の案件、正式なご予約をいた... 相方の職人に餅代を >>