2018年 01月 30日 ( 1 )   

知人も転職をしたが本業に未練が   

諸事情があって、料理が専門の知人が建築業界の会社へ転職しました。ですが、若いころからやっていた調理の世界に未練があります。そりゃそうでしょう。
全くの異分野に、元店主の紹介で就職したわけですから、体も慣れないし、戸惑うことも多いらしい。

ですが、40代という年齢のため正社員で雇ってくれる会社が地元にはなく、1年間就職浪人をしたあと、自分の元雇い主に相談して、店の常連さんの社長の会社へ。

根が真面目なので、その会社の社長も気に入っているようで、本人がやる気があれば続けられるようです。
元店主に言われたのは、どんな分野の会社でも学ぶべきことは少なくないから3年ぐらいはやってみろ、と。

元店主の支店を任されていたのですが、時代の流れと言うか採算性が落ち込み、その支店を閉鎖しました。
その後、本店の手伝いを時々していましたが、すでに別のスタッフを雇っているので、どうしても1人余るんです。
*住宅地の店ですから、こじんまりと経営するしかなく、大儲けはできない。

彼はネットのツールが好きで、オンラインゲームやショッピングなど結構利用しているため、ツイッターやブログにもなじみやすいこともあり、ウェブサイトの勉強をしたら、いろんな職場で役立つと思うのです。
*こんど会ったら少し説明してみようかと思います。

40代になったら、転職は厳しいので、まずは商いに役立つスキルを身に付けながら働くという努力が必要だと思います。
ウェブサイトのツールは料理の世界(店経営など)でも重要になっています。本業に復帰した時にも役立つはずです。

[PR]

by neo-diy | 2018-01-30 07:47 | 事業者向けネタ | Comments(0)