2018年 02月 01日 ( 1 )

違和感のあるウェブサイトの情報に注意

これは私の業界(音響・防音設計・施工)だけではないと思いますが、まとめサイト(キレーションサイトなど)、見積りサイトが現在もキーワード検索の上位にかなり存在します。
*運営者の実態が見えない、情報源が不明。オリジナルのコンテンツが殆どない。

とにかく、このような情報サイトは10年前には殆どなかったのが近年急増したように思います。
少なくとも業界の専門業者が構築して運営しているものではないようです。

じっくりと見ると、違和感が非常に強く、安易なコメントが満載でかなり稚拙なコンテンツです。見てくれのデザインだけは、私の作ったサイトよりもプロっぽいですが(笑)。

私の知人の専門会社も10年前は、ホームページビルダーなど作成ソフトで作ったページが多く、見た目はお世辞にも良くはなかったが、内容は専門家が記述したものですから、専門性のあるコンテンツが豊富でした。
でも、キーワード検索の上位には余り出てこない。

後発の業者ほどウェブサイトのデザインを外注するので、見た目は良いのですが、中身がキレーションサイト同様で、流用したコンテンツを切り張りで作ったようなページが見られます。

ちなみに、私の防音職人のサイトを10年以上も前からご覧になっているというメールをたまにいただきます。主にDIY防音材の件です。
デザインが大分変りましたねと言われました。実際はデザインよりもコンテンツを大幅に拡充したので、知人に整理していただいた時に変えたのです。

見かけのデザインではなく、中身をじっくりと読み込めば、専門家が作ったウェブサイトなのかは理解できると思います。
このブログでも、質問コメントをいただければ、出来る限り回答します。
防音職人の特長(木造)

ちなみに、私の業界の専門業者の一部も実は無断流用をしており、慌てて自社が運営する情報サイトを削除した埼玉の防音業者(製品販売がメイン)もいました。
*私のサイトのコンテンツも一部無断流用されました。静岡の業者は無断流用どころか、丸ごと画像と一緒に説明文までコピーして盗作しました。

これらの業者は物を売るだけの商いであり、信用や信義というものは無いようです。
------------------
ここまでは予約投稿で書きましたが、実はつい先日、上記の内容と同じことを相談打合せで言われまして、検索エンジンで探すのも大変になってきたなと思いました。(今朝追記)
暮らし・ウェブの雑記 182.png

[PR]
by neo-diy | 2018-02-01 07:43 | ウェブページ | Comments(0)