2018年 02月 21日 ( 1 )

最近ウェブ制作業者の営業電話が来なくなった

毎月のようにウェブ業者(ホームページ制作、SEO対策など)から電話営業が来ていたのですが、昨年の12月頃から、まったく来なくなりました(笑)。

期待して待っているわけではないのですが、時々親切な営業の電話があり、こちらの質問に親切にこたえてくれることがあるのです。

たとえば、「SEOってなんですか?」とか「どうしたらキーワード検索で上位に上げることができるんですか?」などと質問すると、どこかで同じようなこと聞いたなというような説明だが、真面目に説明してくれる人も居る。

なんか、会社名は違うのに、説明がほとんど同じ。もしかして同じマニュアルが出回っている?ですかと、今度聞いてみようかと思うのですが、あれ以来、電話が来ない(笑)。

しかし、電話営業だけでは通常、信頼を得ることはできないのです。電話で相手に伝える内容に、自社のウェブサイトの案内を必ず添えることが重要です。
もちろん、自社のサイトを充実させることが、最も重要なのは言うまでもないですが。
本来は、ホームページ業者の本業は役立つサイトを構築すること、そのための提案をすることです。

私も興味半分で質問したいことがあるのですが、そういう時には営業電話が来ないんですね。
知人建築士のところには、今のままではあなたのサイトからは仕事の問合せが来なくなりますよって、脅かしてきたそうです。

でも、ちゃんと仕事をやっているようですが。
それよりも、脅かしてきた業者のほうが先に仕事がなくなって消えて行くのでは?と私は思っています。ほんとにブラックな業界のようですね。

ですが、ウェブサイトは今後も商いにとって不可欠なものです。心ある営業者は、自分の技術を磨いて将来まっとうな会社を作ってください。
電話営業だけに依存する会社のやり方は間違っていますよ。

ウェブサイトの生命線は、コンテンツそのものです。それを疎かにするウェブ業者に未来はない。

[PR]
by neo-diy | 2018-02-21 08:02 | ウェブページ | Comments(0)