2018年 05月 10日 ( 1 )   

依頼者のために仕方なく一部の取引先を使ってる   

うちの職人がメールなどの返信が遅いのは10年以上も前からなので、もう諦めてますが。

一部の防音建材メーカーが初心を忘れて、注文確認のメール返信を疎かにするので、仕方なく電話で確認しています。

本当にふざけていますが、そのうち自分に跳ね返ってくるでしょう。
ある製品が比較的廉価で入手できるので仕方なく付き合っていますが、他の取引先に比べて事務処理がずさんで困ります。

木造だけに限定して受注すれば、必ずしも使わなくても何とかできるのですが、DIYやマンションの現場には必要なのでユーザーのために我慢しています。

生産終了扱いにして、DIYを止めるという選択肢もありますが、どうしてもマンション音楽教室の現場などで要望されると困るんです。

既製品は、ものすごく高いので、もう予算が厳しい現場では受注生産品しか収まらないんです。
*既製品が値段上げ過ぎです。

どこかの建築会社と共同でプライベートブランドを作るという手もないわけではないですが、問題は設計ノウハウが流出するリスクが出て来ることです。
*スタッフが他の会社に移れば流出しますから。

設計ノウハウを持っていても、資材を生産できなければ汎用性が低くなります。
予算の少ない現場では、高価な資材は抑えて設計仕様を考えます。

余談ですが、提案に対して返事もしてこない人が今年も5人以上出てしまいました。再度の相談には対応できませんね。人の労力をなんとも思わない、礼儀もない馬鹿者だと思います。
*情報だけ概略握っても、適正な資材と施工要領がなければ当然失敗しますが。
それにしても残念なのは、ついに信州の契約率100%が壊れました。長野県の建築士ですが、相談料も払わないで逃げられたようです。一般の施主は契約率100%なんですが、長野県人の面汚しですね、この建築士。
たぶん、こういう建築士が設計施工した現場は問題が起きるでしょう。すでに問題が起きていた案件でした。
*とにかく、建築士は無礼な奴が多いです。本当にレベルが低下しています。

[PR]

by neo-diy | 2018-05-10 08:12 | 事業者向けネタ | Comments(0)