人気ブログランキング |

カテゴリ:暮らしの雑記( 261 )

私の想定外の事が出てきました

家族が昨日、肺炎で緊急入院しました。
*かかりつけ医が診断していたのですが、どうも怪しい感じがしていた。
やはり容体が悪化して、今年私が入院していた総合病院に連れて行き、検査したところ、まず「肺炎のため直ぐに入院してください」と言われました。
自宅で必要なものを急きょ準備する間、処置室で点滴をしてもらい、あとで入院に必要な書類に病棟でサインしました。(追加検査があれば病棟から連絡してもらうことになっています)
*追加の検査には家族の同意が必要とのことで、必要に応じてサインすることになっています。最近は、ほとんど印鑑を使わないのです。

結果論ですが、私の時と同様に「かかりつけ医」の力量不足です。悪化してから入院するわけですから、余計に治療に日数がかかります。

私の本業の方では、リフォーム業者がピアノ室を台無しにしたようで、私のDIY対策で改善できたところも半分以上あったのですが、床の補強に問題があるため、これは解体工事をするしか改善できそうにない見込みです。ですが、施主は予算を使い切っており、すぐには出来ません。

だいたい、手に負えないのなら、専門家に任せるべきだった案件です。施主にも責任があります。自己判断で一般のリフォーム業者に工事を依頼したわけですから。

どんな分野でも、自分のところで手に負えないのならば、相談者に専門家を紹介するなど直ぐに別の対応をするべきです。
これは、的確な診断が出来ない医者が、とりあえず薬を出すことと同じです。
安易な判断は、問題解決にはならない。

また、工事中の契約現場(地方の建築現場)において、新築を担当している建築会社が、今になって施工説明図が難しいので、もっと簡単な方法はないでしょうかと、泣きを入れてきました(笑)。
*担当の建築士ですが、たぶん、取引先の施工業者に言われたのでしょう。

そこで、施主が了解するのなら、リスクを承知のうえで自己責任で施工してくださいと、突っぱねました。内容的には他の現場では言われたことのない施工だったので、普通の業者ならばできるはずです。

医者と建築士の問題は共通しているところがありますね。

現在、作業中の契約(地方の)案件では、新築業者が音楽室の施工を断りましたので、施主が急きょ知人に工務店を紹介してもらい、その会社に施工を依頼することになりました。
計画内容を多少シンプルにして提案する予定です。
幸い、施主の知人が紹介した工務店は、全力で頑張りますと言ってくれているようなので、私も期待しています。
182.png

by neo-diy | 2019-09-19 07:30 | 暮らしの雑記 | Comments(0)

昨日は悪天候で外来受診が少なかった

昨日は午前中、強雨のためか総合病院の外来受診が少なかったので、ほぼ予定の予約時間に受診できました。

そのため、ほとんど考え事をするような時間はなく、採血と外来受診の間の待ち時間に売店で買った新聞を読んだくらいです。

検査結果は、よくなったところ(中性脂肪の大幅改善)、少し数値が悪くなったところもありましたが、ほぼ前回の状況を維持していたので処方箋は変更なしです。
*次回の検査は10月下旬になりました。

それまでの課題は、歩く量を増やすこと、食事のバランスを更に改善することです。
これ、簡単なようで結構難しいことが分かりました。

仕事が忙しくなると、つい食事の手抜きや運動不足につながり、思うようにはいきません。

主治医には、食事の量を減らしたり、無理して甘いものをカットすると、ストレスになるので、適度に食べてくださいと言われました。食事の質が問題なのだということ。

できるだけ短時間で調理できるレンジ食品(魚系)、加熱解凍しなくても食べられる国産野菜など、ネットスーパーで探してみました。食事療法は最低でも1か月は続けないと効果は出ません。
次回の注文では試してみようと思います。

と言いながら、昨夜は知人の店に久しぶりに行き、少しお酒を飲みました。これからは打合せのあとの食事は、この店に予約して任せることにしました。この店のオーナーは洋食のプロです。親子で経営しているのですが、母親が和食担当で、娘さんが洋食担当です。
*スナックで営業許可を取っていますが、料理は本格的洋食と和食など家庭料理がウリです。昨年、30周年を迎えました。
*提携先の若い建築士は、こちらの店のほうが好みだと思いますので、安心です。

このところ、天気が良くないのですが、今日も地元は雨の予報です。仕方ないので、大人しくウェブサイトの雛形探しでもやろうと思います。
181.png182.png

by neo-diy | 2019-08-31 07:13 | 暮らしの雑記 | Comments(0)

猛暑は徐々に収まってきた

やはり、過去の経験・データは重要ですね。
*予想通り、盆休みが過ぎてから最低気温が下がってきました。早朝の湿度も余り感じなくなり、窓を開けて寝ると早朝は肌寒いくらい。

ですが、まだまだ日中はかなり暑く、引き続き熱中症には要注意です。
私は早起きなので、仕事は朝済ませてから休憩します。

夜はすでに秋虫の鳴き声が大きくなってきており、夏の終わりが近づいているのを感じます。※蝉の声が小さくなってきました。

私の新規改造サイトはプロフィールページに決まりました。休眠中の情報サイトを改造することにしました。
*あるタレントのオフィシャルサイトを見ていて、ひらめきました。
*まずは、自分の特長や建物嗜好を知っていただくことから始めます。

過去の体験談も選別してクローズアップします。古くて新しい問題として、依然として私の業界では放置されていますので。誇大広告の警鐘も含めて解説します。

当分の間、朝の時間帯において作業を進めます。
*仕事のメール返信や手配も午前中に行います。

やはり、駆け込み注文的な状況になってきました。契約案件が予算が厳しくなり、9月中に荷受していただくことになりました。現在、資材の再見積りと荷受先の日程調整・確認作業に追われています。
*もう時間がないのに、未だ見積りが決まらない案件があり、契約になるかが見えません。おそらく、2件ほど今週中に可否が明確になると思います。

余談ですが、よろしければ回想録は次のブログをご覧ください。(これも休眠中のブログをリニューアルしたものです)
自営業の生活・回想録
167.png182.png

by neo-diy | 2019-08-22 07:13 | 暮らしの雑記 | Comments(0)

やっと夏らしくなったか

私の田舎も東京も、昔の夏は早朝は比較的涼しく、お昼になって凄く暑くなるというパターンが普通だった。今朝は久しぶりに湿度が比較的低めで、窓からの風が涼しく感じました。
*盆休みが過ぎると、夜は秋虫の声が聴こえてくるという季節の変化を感じるのが例年の様子です。

夏も残り少ないので、熱中症や事故(海や山など)に気を付けて過ごしたいものです。

私のほうは久しぶりに、「暮らしの雑誌」や古い?「アニメ映画(ジブリ)」を見ました。多少古くても色褪せない作品は本当に何回観てもよいですね。

今年は、ここまで夏バテはなく、食欲も変わらずあります。※再検査も近いので3食決められた時間帯に、欠かさずとるようにしています。
*夏休みも今日を含めて2日間です。

仕事のほうは、15日に提携先からメールで質問が来ていたので返信しました。
取引き(提携先ではない外注先)の建築士もPCを新しい製品に交換したり、スマホで返信できるようにしたようです。
*私よりも高齢なのにお金を使ってますね。

私は、今月は前例のない支払金額(月単位では)となり、現金がないので買い物をネット注文以外は控えていました。消費税の差額を考えると結構な金額です。本当に10月支払でなくて良かったと思います。
*休み明けの月曜が今月ラストの支払です。

なんとか耐えることが出来そうです。今頃になって夏のギフトのお返しが親戚から届きはじめ、「ブランド品そうめん」と「ブランド米」・・・・・炭水化物ばかりで、おかずがない!
*提携先が退院祝いにくれた「焼き海苔」1缶が未だ半分残ってますので、ちょうどよいかもしれない。

おかずと言えば、私は昔から安上がりで、冷奴と鯖の塩焼き、冷やしトマト、卵焼きが好物で今も変わりません。
180.png182.png181.png


by neo-diy | 2019-08-17 07:16 | 暮らしの雑記 | Comments(0)

台風と夏休み

昨夜の打合せをもって、夏休み前の案件の確認が終了し、あとは提携先に任せました。

それ以降の結果は、今週の土曜日までの手応えと、休み明けの再提案で決まります。私の宿題は今日明日で契約案件の納品図書を完了させることです。

取引先の工場が8/10~8/18について、夏休みになり生産ラインが停止します。事業所は留守番が1日だけ出て来るようです。その人、ちょっとかわいそうですね。
*ちょうどそのころ、関東では台風の接近で天気がかなり悪くなると思われます。

私は休み中の買い物をネットスーパーで土曜までに済ませるつもりです。※先日完成した現場の入金がすごく早く、お蔭で休み前に買い物をすることが出来ます。

ちょうど、休み前に完成又は概成する現場が数件あり、タイミング的に助かりました。

世間は台風の接近で、今年の盆休み前後は海や山に行くには、要注意です。私はウェブサイトの更新をやりながら、じっくり読めなかった本を改めて読みかえします。
*休み中もゴミの収集はカレンダー通りなので、部屋の片づけを並行して少しずつ進めます。

あと、もうひと頑張りです。
その前に、さっそくネットで注文します。
------------------
追記:そろそろ夏休みモードになってきたようです。ブログのアクセスも激減し、みなさん、仕事を懸命に片付けていると思います。私の方も契約案件以外の連絡は殆どないようです。現場も8/11から休みになります。
ですが、8/16には工事を再開する現場も有ります。予定よりも遅れているからです。
182.png

by neo-diy | 2019-08-08 07:44 | 暮らしの雑記 | Comments(0)

今日から節約生活

今日の午前中に届く島根県の食品(母方の出身地)特産品をもって、この夏のギフトは終了。

経費もここまでです。昨日、大分予算をケチって仕事用の靴も現場で使えるシューズに変更した。
*今月は経験のない金額が事業用の口座から引き落とされるので、もう仕事用の消耗品すら今月は注文できない。

と思いながら、この記事を前日に予約投稿で書いていると・・・「なんと親戚から中元が届いた。しかも、お互いに中元は止めましょうと言っていたのに、伝えた身内が馬鹿だったのか。伝わっていないのかもしれない。」
*予定外の出費だ。すぐにいつものコーヒー専門店で手配するしかない。168.png

エアコンがぶっ壊れたので、PC起動や作業も朝と夕方だけにしてます。
*エアコン工事は盆休み明け以降でないと無理(いつもの電気工事店が予約がいっぱい)。
*家族は事情があって、みな涼しい所で生活しているので問題は無い。若い姪だけがクソ暑い京都にいるが。若いから大丈夫。学生なので自炊生活をして、親などからの仕送りをうかして貯金してます(笑)。

私は暑さには耐えられるので、シャワーと飲み物で大丈夫。今日から省エネ生活に入ります(笑)。

急ぎの契約案件の私の作業は完了したので、あとは見積り1件のみ。これが終われば、もう夏休みに入っても大丈夫です。とここまで書いていると、「急に遠方から急ぎの電話があり、急に契約したいという知らせだった。」

とにかく急いで契約書類を郵送して、説明図書を納品してからでないと夏休みがとれなくなりました。
*昔、勤めていた目白の会社社長が「猛暑中は無理しないで、みな休め」と口癖のように言ってました。私も年を取り、この意見に大賛成です。※代休+夏休みで長期の休暇を構想中です。

この猛暑は異常だと思いますので、夏休みを長めに取れる人は休んだほうが良いと思います。
*もちろん、分散して体を休めながら休暇を取るやりかたも有りですね。
マメに水分と栄養補給して熱中症・夏バテを予防しましょう。
174.png182.png180.png

by neo-diy | 2019-08-01 06:45 | 暮らしの雑記 | Comments(0)

強い経済で所得を増やすって誰のため?

間違いなく、消費税10%になると、10月以降に消費が冷え込むと思います。

少なくとも、私の業界はそうです。5%のときも8%のときも、一時的な駆け込み需要はありましたが、そのあと経営に苦しみました。

誰にとって強い経済なのかが問題です。零細企業は本当に現時点でも苦しいのに、10月以降は廃業が増えるでしょう。
まるで、零細企業は淘汰されても仕方ないという政策ですね。
零細企業の実態については不思議とニュースにならず、私は取引先と地元の店主などに話を聞いて情報を集めます。

地元商店街はすでに商店街の形態をとどめておらず、飲食店さえ夜逃げする始末で酷い状態です。
厳しい時代になりました。商いが難しいので後継者がいないのと、テナントは相当家賃を下げないと借り手がいないと聞きました。

残っている飲食店はテナント形式ではごくわずかです。
私も自分のオフィスを駅付近に構えようかと思いましたが、借りなくて良かったです。とても家賃が払えなかったと思います。

私の業界の製品は、取引先によると間違いなく値上げになると言います。それは過去の経験で予測がつくからです。問題は値上げ幅です。
防音材の値上げ予想
私のホームサイトも、それによって価格改訂をすることになるでしょう。本当は値上げはしたくないです。相談や注文が減るからです。所得は増えないのに、資材の値段が上がれば結局は買い控える時期が続く。零細企業は技術力で勝負するしかない。

今年はタイミングが悪すぎます。現時点で新規の予約が殆どないので、秋以降の動向が非常に気になります。
少しでも情報発信力を強化するために、新しい情報サイトを作りました。
*これも危機感の表れです。→役立つ防音・メモ

来週の内科と整形外科の検査・受診が終わったら、ちょっと知人の店へ食事に行きたいと思います。景気や地元の動向を少し聞きたい。
182.png

by neo-diy | 2019-07-12 07:25 | 暮らしの雑記 | Comments(0)

治療と検査結果の推移その3

2019年6月7日に血液検査が有り、感染症の改善がさらに進んでいることが分かりました。
*左足もほぼ普通に伸ばせるようになってきました。

抗生剤の点滴治療を6月9日に終了し、抗生剤の内服薬に切り替える治療計画に変更になりました。
*同時に内科の治療もこれに合わせて、インスリン注射から内服薬になりました。

要するに退院の見通しが立ったので、退院後の外来などを含めて計画が提示されました。
リハビリのほうも病院では、すでに自転車こぎのようなストレッチの段階なので、痛みがひどくなければ一時帰宅も許可するというものでした。

6月10日に5月分の入院費を支払い、午後の昼食のあと自宅に夕方まで戻りました。
*自宅のPCですべての支払いを完了し、契約者に事務連絡をしました。
*6月9日の夜に左腕に固定された点滴の針が外されてます。
久しぶりに両腕を使って自宅で体を洗いましたが、まだ体力がないので少しふらついてました。
その日の夕方、夕食前に病院に戻りました。

6月10日~16日まで抗生剤などの内服薬で経過観察されましたが、途中で強い吐き気が襲い、吐き気止めを処方してもらいました。
*副作用です。

内科の方から、私専用なのか?病院食はすべて献立表が手渡され、食事のつど確定した献立が付いてました。それにはメニューと具体的なカロリー計算が示してありました。
要するに帰宅してから参考にしてほしいということでした。

6月14日の夜、再度のCT画像検査、血液検査の結果をもとに、病棟の面談室でPCの画像データーを見ながら、主治医から今までの分析と推移を説明され、退院許可が出ました。
*体に残る痛みや違和感は少しずつ消えて行くという見通しでした。

6月17日の午前に、予定通り、自分で入退院センターで手続きを済ませ、会計窓口ですべての支払いを済ませました。そしてついに退院しました。
あとは外来で状況を確認し、7月中旬の検査結果を見てから内服薬を減らすという方針で現在に至っています。
*抗生剤内服薬は来週中に終わる予定です。

抗生剤は本当に効果がありますが、副作用の個人差が大きく、点滴の段階で強い副作用が出なかったのは幸運でした。私は胃腸が弱いので、飲み薬で副作用が出たのだと思います。
*現在も飲み薬の副作用が時々出ます。めまい・吐き気、便秘など。

今後は内科を中心にした外来とリハビリです。リハビリは自分で考えて歩行距離を徐々に延ばしていくということで、問題ないという診断でした。
(本稿はこれで終了)
治療記録(メモ)
178.png182.png

by neo-diy | 2019-07-06 07:33 | 暮らしの雑記 | Comments(0)

治療と検査結果の推移その2

総合病院(立川市内、西国立駅付近)での入院から約10日間経過した頃、採血とCT再検査があり、主治医から説明を受けました。※2019年5月末頃。

抗生剤点滴を31回受けたあとですが、炎症が大幅に治まり、痛みも軽減されてきたので、リハビリ室において、体の可動域のチェックを受けることになりました。

また、悪性腫瘍のマーキング検査は、悪性腫瘍を否定するもので、がんの恐れは今のところないということでホッとしました。
重症化した左腸腰筋・腹筋付近の感染症が原因で糖尿病関係の悪化、歩行に支障が出るくらい膿がたまり、腫瘍のようにふくらんでいたようです。
*両親および親族には悪性腫瘍の人は殆どおらず、今年と4年前のがん検診でも異常なしでした。

リハビリ室での検査は、主に両足がどの程度曲がるか、痛みがどの程度起きるのかのチェックでした。
診断では、年齢とは無関係に体が非常に柔らかい、普通の男性が曲がらない可動域まで動かせることに驚かれたようです。※前に曲げたり伸ばしたりは問題なし。
問題は左足が仰向けで伸ばすことができない状態でした。伸ばそうとすると強い痛みで動かせないのです。感染症の典型的な症状だと言われました。
*痛みがもっと少なくなってから自転車こぎのようなリハビリを開始するという説明でした。
*それまで普通にゆっくり院内を歩いてください、これがリハビリになりますという説明。

左手に点滴の針を固定されてのリハビリですので、主に歩行訓練になります。
その先生(理学療法士)は、重症患者が多いので空いている時間が少ないため、自主的に自分で体を毎日ゆっくり動かしてくださいということでした。※急性期の拠点病院なので重症患者が多い。
*それにしても、左手を少しでも動かすと、固定されている点滴のチューブに血が見えるのは気持ちの良いものではなく、自然に左手をかばうので、余計に体を動かせませんでした。

このころから発熱が大分治まり、インスリンも効きはじめていました。
食事は1日当たり1800カロリー、ほかの患者に比べて少し多めです。これは身長・体重および年齢、病歴などをもとに決められました。味付けは、ものすごく薄味で、フルーツとヨーグルト以外は、糖分も控えめ、油ものは殆ど出ません。※このような食事を自宅で用意するのはかなり難しい。でも好き嫌いがほんとどないので病院食は、抗生剤の副作用で吐き気が強いとき以外は毎回完食でした。

それにしても、抗生剤点滴の効果は即効性があるようで、こんなに早く効果が体感できるとは、正直期待していませんでした。入院前に重症だと言われてましたので。
この影響なのか、体がぼーっとする時間帯があり、売店に行く際には注意が必要ということでした。
*月末に支払い事務のため、ATMなどへの外出許可を約2時間ほどもらい、数件処理しました。
*外出時も左腕に点滴の針を固定してビニールで防水。移動はタクシー利用が条件。

→「治療と検査結果の推移その3」につづく
181.png182.png

by neo-diy | 2019-07-05 07:11 | 暮らしの雑記 | Comments(0)

治療と検査結果の推移その1

今年の4月からの健康診断と検査結果を比較すると、現在は大分改善はされて来ていると思います。
*4月時点は感染症などの影響で、炎症反応、血糖値などの数値が最悪でした。
*唯一正常値だったのは、貧血、尿酸値のみ

5月の連休明けには、さらに悪化して、飲み薬も殆ど効果なく、検査結果も入院を決断すべきというものでした。
*それでも入院を遅らせた要因は、入院期間が見えないこと。契約現場が締切直前であったことです。

5月20日の総合病院外科での検査結果は、主治医によると「なぜ、いままで放置していたのか。早く入院相談に来るべきだった。重症化している。」と言われる始末で、事情を説明すると、自営業の苦しさですねと、理解はされました。(放置していたのではなく、かかりつ医院で治療は受けましたが対処できなかっただけです)

当日、ベッドが一つ整形外科で空いたから、入院予約をしてくださいと言われ、強く入院を勧められました。外来でもまともに歩行できないほど悪化してました。(実は、その日に直ぐに入院するように言われましたが、仕事関係や支払関係の連絡をするため、その日は自宅に戻りました)
*主治医の医療計画は、抗生剤の点滴と糖尿病の食事制限、インスリン、リハビリでした。
*入院予定期間約1か月との診断。予約案件キャンセル覚悟で入院予約の手続きを当日に取りました。

整形外科の病室では、私は比較的動ける方だと判断され、院内歩行は許可され、痛みを我慢しながら売店で必要なものを購入し、自宅から持参した生活品、院内レンタルで足りました。

不思議なもので、入院日の5月21日から精神的に落ち着き、動けるような気持ちが強くなりました。
ですが、追加のMRI,CT画像を見ると、体の内部に腫瘍ができてました。
その日の診断は「悪性腫瘍の検査要、抗生剤点滴による経過観察、左腸腰筋・腹筋の感染症、糖尿病」でした。
すぐに、眼科での眼底検査・眼圧検査が始まり、採血・心電図、追加のMRIなどを受けました。
*診断結果は、糖尿病による目への影響は見られないというもので、両眼共に異常なしでした。
*ということは、糖尿病は比較的最近発病したと考えられるという推測でした。
*心電図は異常なしで、予定の治療や検査に耐えることが出来るということでした。

入院日から感染症治療の抗生剤点滴が、早朝6時、午後2時、午後10時の3回と食事制限・インスリン注射が始まりました。(退院日まで、この点滴は60回に及びました!)
*リハビリ室における体の可動域の検査も同時並行で、後日実施されました。

→「治療と検査結果の推移その2」へつづく
182.png180.png181.png

by neo-diy | 2019-07-04 08:06 | 暮らしの雑記 | Comments(0)