カテゴリ:ウェブページ( 259 )

ウェブサイトと取引先の連携が理想だが

私に仕事を発注してくれる音楽教室の先生は、大半が自分のホームページを持っています。ウェブサイトを通じての申し込み、仕事の依頼は結構あると聞きました。

建築の世界は、ウェブサイトも有効ですが、零細な業者にとっては、お客さんを通じての口コミ紹介が重要であり、昔ながらの商いには、ウェブサイトはピンと来ないというのが率直な感想かもしれません。

ですが、それは我々中高年までの話であり、次代にとってはウェブの世界は実店舗以上に重要な役割を果たします。今までの取引先との人的なつながりを継続するのは当たり前ですが、それだけでは弱いです。

初心者にとってウェブサイトのハードルが高いのは、従来型のウェブサイトのドメイン、サーバーの事務、データーづくり(主にウェブ用のファイル)が面倒であるという点がネックになっているのは確かです。
ですが、最近の主流は通常のブログ、ミニブログ(ツイッターなど)、フェイスブックなどクラウド型のウェブサービスです。ネタと画像さえあれば作れます。
*使い方のマニュアルも書籍やネット上の解説ページを見れば難しくはないです。

私でさえ、最近は更新するウェブページの大半が、ブログ、CMS、クラウド型雛形のウェブサイトおよび内蔵されているブログ更新です。静的なHTMLページは、ほんの一部しか更新していません。

しかも、クラウド型サービスの大半は無料です。月額の僅かな費用を負担すれば広告表示を消すことができます。

私がなぜウェブサイト活用にこだわるかというと、ウェブサイトは裏切らないということです。自分次第で情報発信力を強化できるし、真実を伝えることができます。
提携先と言えども、私の意図するところを表現できるかという問題は必ず出てきます。そこが難しいところです。

私にとって、営業力という観点ではウェブサイト+取引先の紹介というスタイルが理想です。
しかしながら、私の方へは仕事は来ません。そういう取引先の経営者はすでにいなくなった。提携先の職人でさえ自分たちで仕事を受注できない状況下では期待は出来ません。

今年完了した担当現場の依頼者には室内の写真提供をお願いしています。すでに3件分ご提供いただき、事例を2つほど追加しました。
あと1つは非常に興味深いというか、汎用性のある事例ですので、じっくり時間をかけて作りたいと思います。

ですが、このまま現在のような商いが続くと、私が一匹狼?になる日は、そう遠くはないと思います。

[PR]
by neo-diy | 2018-05-18 07:23 | ウェブページ | Comments(0)

大半のデスクワークは収束しました

木曜日に依頼されていた現場チェックと打合せが完了し、別件の資材手配も昨日完了して、今月の件は私の担当分は完了です。

あとは6月上旬着工の図面1点と資材の手配が残っているだけです。
*地方の件は工事日程が決まり次第、防音材を発注します。

今月下旬に相談予約がありますが、これは私のリンク先のピアノ教室の先生が紹介してくれたものです。

元依頼者やリンク先が時々、相談案件を紹介してくださるのですが、予算が折り合えば契約になることが多いです。
私のウェブサイトや設計手法を概略ご説明いただいているので、こちらも説明しやすいという利点があります。

私の非力な営業力を、元依頼者やリンク先、知人が補ってくれていると言えると思います。
ですが、出発点は全部私のウェブサイト・ブログです。

遠方のリンク先は、実は電話とメールだけで契約していただいた私の依頼者ですが、ネット上のつながりで信用していただいたわけですので、不思議な感じがします。お互い顔を知らないのです。
*インターネットが普及していない時代なら、こういう出会いはありえないですね。

ですから、私は10年前から職人にも、早くホームページを作ったほうが良いと、パンフや名刺を手渡す営業だけでは無理だと。我々のような零細業者は、名刺営業なんかやっても殆ど意味ないと思ってます。

看板の小さい業者は、自分たちの実績をウェブサイトで丁寧に説明するしかないと考えています。
来週から、最近の事例をサイトに追加していきます。
--------------------------
暮らし・ウェブの雑記 182.png

[PR]
by neo-diy | 2018-05-12 07:34 | ウェブページ | Comments(0)

想い出した事などを記すのがブログ

ネット検索で見つけた記事や情報を忘れないうちに要点を記したり、関連付けたりするのが私のブログの使い方の一つになっている。

加齢とともに記憶力が低下するが、ふと忘れていたことを思い出すときがあるので、そのときに覚え書きのようにメモしたり、関連した事例などを併記することがあります。

昨日追加した事例は、まさにそういう一つで、忘れないうちに一気に作ってアップしました。
木造ピアノ教室
この事例は、いくつかブログと情報サイトで紹介していますが、切り口を変えて表現しています。
一挙にまとめて文章を作るのは難しいので、思いついたり、依頼者の言葉を思い出しながら書いています。

とくにインパクトのある言葉をクライアントから頂戴すると、いつまでも印象に残り、それをもとに物語のように、いつかまとめてみたいと考えていました。
→最初の速報:24時間演奏できるピアノ教室内窓の遮音性能(追記)

速報や続報でネタを少しずつアップしてから、あとで事例を分析したのが上記の一番上のリンクページです。
ブログで小出しにしておくと、あとでまとめて肉付けできます。

ブログは、いつでも気軽に投稿してネタをストックできるのが利点だと考えています。
さらに、ブログなどの記事を基に、クライアントの言葉やメールを見ながら情報サイトを最近作ったのが次のページです。
木造防音室(ピアノ・ヴァイオリン)
こういうものは、一気に作り上げるのは無理ですから、少しずつブログでストックしたネタを構築すると比較的役に作れます。

一方で、思いつきで作り上げる弊害?もあります。小刻みに色々と試しながら作るので、迷路のように複数のドメインを組み合わせて、自分でも何処に書きとめたのか分からなくなります(笑)。
*リスが餌を隠した場所を忘れて一冬越して、木の実から芽が出るようなこと。

相談者から記事を読みました!と言われて、どのブログだった?と逆に相談者に質問するような有様ですから。これはもう半分病気かもしれません。

ブログは私のオモチャなのかもしれないですが、中高年になっても進化できることもありますから、何事も継続と実践です。

182.png

中村俊輔 サッカー覚書

中村 俊輔,二宮 寿朗/文藝春秋

undefined





[PR]
by neo-diy | 2018-05-05 08:54 | ウェブページ | Comments(0)

知人のサイトが衣替えしてきた

リンク先(昔の同僚、元クライアントなど)の知人のホームページが最近アドレスを変えたようで、一時的に見えなくなったので、色々と屋号などで検索したら、見つかりました。

今まではHTMLのべた打ちと手づくりのCSSを組み合わせて作っていたのが、jimdo,wixに切り替えていました。その際、アドレスとドメインを変えてしまったうえに、移転案内を表示していなかったので、見えなくなっていたようです。

とにかく、クラウド型の雛形に交換してCMS対応のものを選択しています。ブログが内部に組み込まれています。
記事を投稿すれば自動的にホームページが更新される仕組みです。wordpressと同様ですが、jimdo,wixは使い方が簡単です。
とくにjimdoの雛形は解説書が出ていますし、ネットのマニュアルが非常に親切です。
*ひな形が変わっても更新・カスタマイズの仕方が共通しているので、複数のサイトを速やかに構築できます。

私の知人は大半が50代・60代です。みなさん、頭が柔らかいんですね。適応力がすごい。
たとえば、次のサイトは昔の同僚の同郷知人が運営しているものですが、よくできています。
猪原金物店

次のサイトはjimdoの雛形で作ったサイトですが、私のクライアントで琵琶教室を運営されています。
琵琶教室  *これもお洒落なホームページです。(この運営者は若いです)

これから新しいホームページを作ろうとしている人、お金をかけなくても出来ますよ。
--------------------
余談ですが、今日から大型連休ですが、私は一休みしながらウェブの情報を探します。
安曇野は、いまが一番良いシーズンかもしれませんね。
→リンク先のペンション:安曇野あるかす


[PR]
by neo-diy | 2018-04-28 07:53 | ウェブページ | Comments(0)

発リンクは当該サイトの信用を高める

検索エンジン対策とか、自分が運営している会社のホームページを経由した仕事の受注には、「発リンク」は無駄だと考える人が居るようです。

知人建築士は、あさましい考えで、私の発リンクを削除しました。(今までの私や知人の協力を無にしようとする浅はかな行為)

発リンクは、当該サイトの実績や信用を高める一つの指標にもなります。取引先やクライアントのサイトにリンクしてもらったり、自分のサイトからリンクをするのはマイナスにはなりません。

知人建築士は、自分の仕事がリンク先へ流れて行くと思い込んでいるため、リンクを切ったのだと思います。自分のコンテンツを充実させれば、そんな心配も不要ですが。
*ご希望に沿うように私の発リンクも削除しました。これで建築士のサイトもネットワークの力が低下し、信用も下がると思います。好きなようにやれば良いと思います(笑)。
人様に信用されないような業者に、リンクなどしてもらいたくはないです。

本業のコンテンツも更新しないような運営こそ、信頼されない理由だという事が理解できない人は、ウェブサイトを活用した商いには不向きです。

ちなみに、私のサイトの発リンクは、大半がクライアントと知人です。無断でリンクしているものは一つもないです。

さて余談ですが、昨夜、予定通り「木造ピアノ防音室」の現場が契約になりました。久しぶりの東京都内です。施工を担当する職人チームの居住地に近いので、彼らも通うのが楽でしょう。
この現場も、私のウェブサイト経由の案件です。
------------------------------
追記:先日、相談者に聞かれたことを思い出したので補足します。
キーワード検索の上位に出てくる業者のほとんどがお馴染みのサイトばかりだと言われました。
もちろん、大手企業が上位に出てくるのは不思議ではありません。

ですが、事例のコンテンツにきれいごとばかりを並べている専門業者は、果たして信頼できるのでしょうかということです。
専門的な仕事に完璧はありません。むしろ企業にとって、都合の悪い事例は公開しないはずです。
実際に、私の所へ大手企業に依頼して失敗した防音室や防音工事の相談に、お出でになる事実は、キーワード検索の上位に出てくる常連さんが、必ずしも信頼できないということを示しています。

グーグル検索の上位に掲載されていても、実際に失敗して責任も取らないで逃げている大手業者も居ます。
------------------------182.png
暮らし・ウェブの雑記

[PR]
by neo-diy | 2018-04-21 07:38 | ウェブページ | Comments(0)

知人のサイトに使ったクラウド型雛形

先月から使い始めたクラウド型ウェブサイトの雛形ですが、リンク先や知人の使っている雛形が大分ヴァージョンアップされているようです。
*jimdo,wixなど

私も試験的に使ってみて、雛形のデザインが無料版でもカスタマイズできる内容の豊富さに驚きました。
いままで有料レンタルサーバーを使って作ったものや、プロバイダーのウェブスペース、ジオシティなどのホームページサービスに比べて、相当進化しています。

しかもブログ機能が内蔵されているものもあり、ブログを投稿するたびにインデックスが増えて行くシステムは、初心者を意識したサービスと言えるでしょう。
慣れると継続するのが苦にならない。
→私が立ち上げたサイト:木造防音室(ピアノ・ヴァイオリン)

写真など画像を用意するだけで、すぐにカスタマイズできます。解説書も出ていますが、購入される人は最新版をお奨めします。古い版は古い雛形の解説しか掲載されていないので不便です。
*ネットで検索すれば最新情報が入手できますので、書籍を買わなくても大丈夫だと思いますが。

ちなみに、知人のために作ったサイトは、すでに重要なキーワード検索で上位に出てくるようになりました。1か月足らずで。

現在見積り中の案件が契約になったら、概成したサイトのコンテンツを拡充しようと思います。
178.png

[PR]
by neo-diy | 2018-04-11 10:29 | ウェブページ | Comments(0)

ウェブサイトのお蔭で5月まで案件が決まる

なんとか5月までの案件が契約になりそうで、少し考える時間が出来ました。
*私にはウェブサイトしかツールがないので、更新することが仕事になる。

昔の取引先は仕事を紹介してくれることもあったのですが、現在の取引先は全くないです。こちらが外注するばかりで、自分の利益には直接は関係しない。
力量の問題もありますが、私を金のなる木ぐらいにしか考えていないからだと思います。

せめてホームページを活用して連携できればメリットもあるのですが、頭の構造が全く違うというか、価値観が乖離しているので、その溝は埋まらない。
私の業界は明らかに費用対効果を重視するのであれば、ウェブページが宣伝ツールになります。

たとえば、あるキーワードを速やかに調べるという時に、図書館に行くことは少ないと思います。大半の人はネットで検索します。
愚かな建築士は電話で専門業者に聞くことが多いようですが、典型的な怠け者です。

もちろん、ネットの情報は自分が信頼できるような情報とは限らないので、別の情報源(専門書など)で裏付ける必要があります。
官公庁で公表している技術マニュアル・通達もネット上でダウンロードできるので、整合性をチェックする材料になります。
*私の分野だと、たとえば環境省の低周波騒音対策マニュアル、国土交通省の建築基準法施行令など。
*メーカーが研究所に委託して実験したデータも役立ちます。オフィシャルサイトで公表しています。

我々民間業者レベルで役立つのは実例です。担当した現場の体験談自体が実例ですので、とても貴重な情報になります。相談者にも技術者は沢山いますから、彼らの質問に的確に回答できないとプロだと思ってもらえないこともあり得ます。

いずれにせよ、速やかに情報を収集し、問い合わせるにはウェブサイトが重要です。これは官民共通の考え方です。

私のような看板が小さい自営業者は、ウェブコンテンツの専門性で勝負することになります。

[PR]
by neo-diy | 2018-04-05 08:40 | ウェブページ | Comments(0)

ほぼ予定していたウェブページは概成した

今年の当初に予定していたウェブページは大半が概成し、残りは昨年の事例をホームサイトに追加するだけです。
提携先の建築士(大学の先輩)が昨年手術をしたため、私との提携業務が中止になり、ウェブサイト構築の話も構想が崩れてしまいました。
*提携先が制作したホームページ→手作り作品の部屋
*ほとんどプロと同じレベルです。

私にはとても真似のできないレベルなので、時間があっても先輩のようなデザインは無理ですが、構想を創ることは私のほうが少し得意なので、今まではシナリオを私が作成して形を作るのは彼が担当していました。昨年の夏頃にようやく事業メニューが出来た矢先でした。病に倒れたのです。

そこで、私が独力でウェブページを拡充し、コンテンツを追加してきました。問合せが増えたので一定の成果はあったと思います。

今後は、更新を続けることと、趣味的なページを育てることに大半の時間を使おうと考えています。
もうHTMLのべた打ちは時間がかかりすぎるので、クラウド型の雛形をアレンジすることに慣れると、もう自分の力だけでは手作りは難しいと思います。

さて、今日と明日は、有料コンサルティングの予約が入っていますので、この2件が完了したら、写真を撮影に行き、趣味的な新しいページを作りたいです。
本当はwordpress.comで作ろうと思っていたのですが、余りにもデカイ広告を表示するようになり、放置しました。それでjimdoに乗り換えました。
----------------------
蛇足ですが、2018年3月30日現在
木造○○室でグーグル検索すると、私の相談者に欠陥防音室を造って逃げた専門業者、高額な見積書と分厚い構造を提示した業者数社が上位に出てきます。
大手と言えども実績は大したことはないですが、宣伝力はすごいです。
取引先の建築士がぼやいてましたが、彼らは確かに技術的な努力はしてないかもしれないが、宣伝に力を入れています。貴方も宣伝に力を入れたらどうですか?と言いたい(笑)。

[PR]
by neo-diy | 2018-03-30 08:05 | ウェブページ | Comments(0)

本業に結び付くページを構築したい

長い間、連絡が途絶えていた人が、送料値上げのお知らせを見たとたん、いきなり連絡して来てせかせる。
相手の都合や約束など考えていない人が多いことが、今年に入ってよくわかりました。

本当は依頼を断りたかったけど、取引先の商いを考慮して受注したんです。
もう差額まで負担して発注するのが馬鹿らしくなりました。

私のほうは約束した事以外は義務はないわけで、辞退しても良いのですが、職人や取引先が情けないこと言うから、我慢して順番に受注しているのですが。

これは消費税値上げのときも同じでした。無理して値上げ前に納品したり工事を契約したりと、依頼者の経費節約に協力してきましたが、資材を納品するのは本業ではないので、取引先から確定の返事をもらってからでないと見積りを提示できないし、納品日も確約できない。

自分の本業の内容でしたら、出来る事と出来ないことを仕分けして約束はできます。しかし、取引先の事務処理能力や誠実さなどは私には管理できない。

自分の職人の仕事の受注さえ、もうこれだけ不景気で、デフレ的な価値観に支配されていると、提案書さえ成立しない件が多く、労多くて実は少ないのが最近の状況です。
返事もしない人も居て、やはり最初から印象が悪かった人はダメだったか?と思いました。

これを少しでも打破しようと、新しいコアな情報サイトを作成中です。私にとって重要な契約者の事例を中心に紹介ページを作っています。
これが出来れば、同じような価値観を共有できる相談者から問合せがあるかもしれないと期待して、作業を進めているところです。

きっと、誠実な人に届くのではないかと。

[PR]
by neo-diy | 2018-03-27 07:24 | ウェブページ | Comments(0)

ウェブサイトのインデックスは、やはりひな形の差である

ウェブに詳しい知人が、検索のインデックス反映は、利用しているサービスのメーカーやひな形によっても影響を受けると言っていました。

その証拠に、先日アップしたjimdoのサイト(知人の店)は、すぐにグーグルにインデックスされた。こんなに差が出るとは思わなかったです。

自分でやってみると実感できます。何事も経験ですね。

それとメーカーの雛形の種類が大分増えており、デザインのバリエーションも充実していました。

最近のクラウド型ウェブサイトは、非常に簡単にカスタマイズできるようになっており、画像さえ用意しておけば、短時間で出来がります。
*コンテンツを増やすのも比較的楽です。
*HTML,CSSの知識は基本的に不要ですが、使い方の意味を理解しているとカスタマイズしやすくなります。

ちなみに、jimdoはwordpressよりも敷居が低いので、初心者向けです。SEO対策も組み込まれているので、テキストを入力するだけで調整できます。wixも同様のサービスです。

私のリンク先や知人はjimdoを使ってホームページを作っている人が多いです。エキサイトもウェブサイトのサービスを提供してくれると良いと思います。
--------------------
鮮魚の直送便と配達(立川・国立・日野・昭島・八王子・国分寺)
167.png


[PR]
by neo-diy | 2018-03-23 07:26 | ウェブページ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧