人気ブログランキング |

カテゴリ:ウェブページ( 331 )

ウェブサイトの更新も体力が必要

入院するまでは苦にならなかったウェブサイトの更新が、結構体力が必要なことが分かりました。
*退院から1週間が経過

体を少しずつ慣らすため、最近はブログを食後に更新しています。

抗生剤が今週末まで処方されているので、今週の整形外科の外来以降に見直されるかもしれませんが。
この抗生剤は2種類あり、炎症を起こしている細菌を滅するためのものです。副作用がありまして、頭がふらついたり、ぼーっとします。
*病名は「左腸腰筋及び腹筋部の感染症」です。
*同時に糖尿予備軍だったのが、この感染症で悪化しました。もうお酒は殆ど飲めません。

解熱鎮静剤を含めると、現在7種類の薬を服用中ですが、痛みがない場合は2種類を省略できます。
*朝、昼、朝夕、食前・食後、寝る前など処方が細かく、忘れないようにするのが大変です。

今日は寝過ごしてしまい、朝食が遅くなりました。
*抗生剤・鎮痛剤そのものが眠気を誘う成分が含まれています。

さて、このブログの更新が入院中すっかり止まっていたので、アクセスが激減しました。おそらく相談者が見なくなったのだと思います。

私のこのブログは、頭の中を整理したり、色々なことを思い出すために、頭のトレーニングおよび趣味で更新しています。
*相談者に読んでほしいと特段思っているわけではない。

ブログは比較的短時間で投稿しますので、頭を回転させるには適しています。
*仕事の関係のブログも更新を再開しました。
180.png182.png

by neo-diy | 2019-06-24 08:59 | ウェブページ | Comments(0)

元専属職人がウェブサイト構築に着手

元専属職人(山梨に帰った)がようやく自分の商いのウェブサイトに着手しました。
*身内にウェブサイトを作れるプロがいるので、お金を払って依頼するようです。

ただし、ウェブサイトを作るプロでも、専門コンテンツの文章は作れませんので、本人が作るしかない。
結局は、私にチェックしてくれと頼んでくると思います。
特段、その義理はないのですが、私も見捨てるのは自分の主義に反するので、たぶん応じると思います。(今まで私のアドバイスを本気で聞かなかったのですが、もう後がないと気づいたのだと思う)

そのうえ、私の取引資材を特値ですでに納品しており、協力はしています。彼はその資材で商品開発をしています。それをウェブサイトで商材として掲載するわけです。
うまく行くかは分かりませんが、行動あるのみです。

特値で納品した金額は、来年の確定申告で支払う税金分しか手数料をもらっていません。私には特段のメリットはないのですが、こんなことで利益を上げようとは思ってません。
商いが軌道に乗ってから利益をもらおうと思います。

では、彼は現在生活費をどうやって確保しているかと言うと、親戚のつてでアルバイトして稼いでいます。資材費用と身内に払うサイト構築費用を含めてです。
*両親と実家で暮らしているので、家賃と食費はいらないのです。実家を修理しながら暮らしています。

実際にウェブサイトが稼働した段階で、私のほうはブログで紹介するなど協力はします。
もちろん、彼のサイトに私の特設ページをリンクしてもらいます。
ここで初めて、私のメリットが発生します。

こういうときに本当にブログは便利だと思います。私のブログは大半が5年~10年以上運営しているので、グーグルの検索にはすぐに拾われます。
紹介など掲載を予定している私のブログは以下の通りです。
木造・マンションの事例
DIY・防音材
178.png

by neo-diy | 2019-06-22 07:51 | ウェブページ | Comments(0)

電話だけの人は大半がダメ

男性の電話の問合せが、最近特にひどく、話を聞いた瞬間にダメだと分かります。
これは15年間の自営業の経験で分かります。

言葉づかい、自己紹介・問合せの目的をしっかり伝えることが出来ない男性は99%ダメです。
*女性も同様ですが、女性は非常に分かりやすく、電話でダメだと思った人はメールもしてきません。
男性は、半分以上が不動産会社・建築会社であることを伏せて電話してきます。独特の話し方ですぐに分かります。
現時点では、男性の電話の問合せは全て切り捨てても問題ないです。

まともな問合せはメールフォームから、ちゃんとしてきます。
電話で問い合わせてくるのは、ものすごく焦っている相談者、無料相談を希望する者が大半です。現時点では対象外です。

先日の件ですが、無料相談を断ったら返事も来なくなりました(笑)。
*文面を見れば分かります。男性は厚かましいのが多い。

一方、木造防音室の男性相談者は、今年は9割の契約率でした。マンション案件とは眞反対の結果でした。私が治療中でなければ100%のはずでした。

ちなみに、契約者の特徴は、電話又はメールでうまく伝わらない事項について、電話で補足してくれます。もちろん、私の声や対応を確かめたいと思っているのは明らかです。
そういう人のほうが契約率が非常に高いです。

遠方から私の仕事場にお出でになる人も居ます。
それが今月2件ありまして、予約をお受けしました。誠実な対応とリピーターということで、信頼できると判断しました。
*この日だけは外来受診は変更します。
178.png

契約者の大半は私のウェブサイトを、ちゃんと見てくれます。分からないなりにも、理解しようとする努力が見えます。
-----------------
追記(2019.05.15):新規の案件は休止中とオフィシャルブログに記載していますが、それでも未だ諦めきれない相談者が何名かいます。
一人は、私と提携先建築士(今日・腰の手術)の回復待ちで、6月以降でも待っている。
もう一人は、謝罪を繰り返し、6月以降でも待っていると。(こういう人を切り捨てると私の評判は悪くなるので、条件付きで返事する)

これらを断ると、私だけでなく、提携先チームにも悪影響が出る。
治療中であることと、かなりお待たせするかも?という条件で返信することにしました。
提携先の建築士にも、頑張るから仕事を受注してくださいと、頼まれました。
手術後は、痛みが和らげば、病棟からアイフォンで事務連絡は出来ますと・・・あまりお互い無理したくないのだが。熱心に言われると私も心が動きます。
*新しい提携先は、余程私の仕事ぶりを気に入ってくれたんだと思います。古いタイプの建築会社です。(私は彼らから一切の手数料を取らない、古いタイプの人間ですから、それが社長を始めとして、建築士・大工などが納得して動く理由だと見ています)


by neo-diy | 2019-05-14 15:39 | ウェブページ | Comments(0)

ウェブサイトで明確にお知らせ

先日の男性の相談は無料での質問でした。
お知らせブログに無料相談は休止中だと明記しているし、相談テーマも木造に限定しているのに、内容はマンションテナントでした。

こういうところが、女性に比べてダメな人が多く、本当に時間の無駄になります。
木造以外の男性の相談者は鬼門です。

たぶん、この件は無料にこだわっているため、他の専門業者が相手にしなかったと思われます。

他の専門業者で無料相談を行っているのはピアノ業者だけです。それも大半がモデルルームでの相談です。

あとは音楽雑誌に広告費用をかけている問題業者(中には提訴されている業者も含む)が多く、大半がグループ企業なので設計仕様が殆ど同じです。

とにかく他の専門業者は、相談者のご予算によって態度を変えます。

私のほうは、案件の状況を踏まえて、特定のテーマに今年は絞りたいと思います。提携先の建築会社も木造が大好きなので、遣り甲斐もあると思います。

今日は、地方に向けて契約書を発送します。今週には新規の契約が確定します。

新しい年号になりましたが、私には特段の変化はないです。気持ちを新たにして今後の件を考えるには良い機会だと思います。
178.png

by neo-diy | 2019-05-01 07:35 | ウェブページ | Comments(0)

書きたいが書けないこと

自分の運営するホームサイトやオフィシャルお知らせブログには、緊急や重要なお知らせなどを記載するのですが、それ自体を見ないでいきなり連絡してくる人が居ます。

相変わらず、無礼な若い男性が多く、社会人としてどうなっているのか?どういう教育を受けて育ったのか。余りにも民度が低く、とても相談や注文には対応できません。

こういうことをオフィシャルブログには書けないのですが、最も問題の件です。

はっきり言って、民度の低い男性は少なくなく、女性に比べてレベルが低い。
一方で契約をいただける男性の社会的地位は高く、対応も誠実です。本当に格差が大きいです。

もちろん、年配の非常識な人も居ますが、相対的に男性の相談者は年齢層に関係なく、いつも問題を起こします。

しかも、1都3県の相談者がレベルが低い。首都圏が最も人口が多いので、ハズレも多いのは理解できますが、その比率が地方に比べて高い。

もう私の年代になると、焦って受注する必要はなく、相手を見極めて仕事を選びたいと思っています。

それにしても、日本は色々な面で女性上位なのかもしれないですね。知的な面でも生活力の面でも。
182.png

by neo-diy | 2019-04-25 07:34 | ウェブページ | Comments(0)

ネット関連の電話営業に切れた

日曜・月曜と定休日のため、出来る限り急ぎの件以外はPCに触らないようにしてました。

来月着工する地方の件と7月に着工する件の予算調整とご契約に向けて、特別に作業をして依頼者に伝えました。ギリギリセーフで間に合うようです。
*私の状況はよくないです。ですが、木曜までには整形外科に再受診できそうです。

それまでは出来るだけ静かに過ごしたいです。

そんな状況下で、定休日の昨日、若いインターネット営業の電話があり、「ウェブサイトの電話番号の下にも定休日が明記してある」「おまえら、それが見えないのか。ネットの営業をする資格がない。二度と電話するな。」と怒鳴って切りました。
*またもや、若い男性のようだった。

だいたい、インターネット会社が電話営業する時点で、その会社は終わってます。
みなさんも、絶対に相手にしてはダメです。

普通は、業者のホームページにユーザーが問合せを入れてから、担当者がメールで返信したり、電話で確認します。いきなり電話営業するのはクソです。何の技術もないので、質問しても時間の無駄。暇つぶしに相手すると調子こいて、また電話してきますから。無視したほうがいいです。

by neo-diy | 2019-04-09 07:32 | ウェブページ | Comments(0)

消えゆく貴重なコンテンツ

昨日(3月31日)、ジオシティーズのウェブサイトサービスが終了し、私が草創期に作った情報サイトと元専属職人のアカウントで作ったサイトが消えました。
*有料サービスを利用していた知人の複数のサイトも一緒に消えました。私のサイトをリンクしてくれていたのですが、残念です。

私が大分前に購入したPCのシミュレーションソフトの追加データを無料で配布していたサイトも一緒に。
今思うと、結構貴重な情報やデータを提供していたウェブサイトが沢山あったんだと。懐かしい貴重なサイトのコンテンツは移植されればいいのですが。

私の運営していたサイトのコンテンツはHTMLファイルを保管していますので、移植は可能です。画像データも残してあります。
いまは忙しいので作業できないだけです。

時間が出来たら、リンク切れのページを修正したり、ブログのリンクなどを消します。

草創期に作った情報ページは製品情報そのものが古くなり、差し替えないといけないなと思っていたところでした。盗作されたページもネット上には漂っていますが、すでに現在では製品技術も進歩し、古い製品はすでに廃版になっています。

ですが、問題事例というのは、現在においてもリスク回避のために残すべきだと考えています。問題の原因は現在も同じですから。
業界の設計・施工の仕様や工法は旧態依然として同じ問題を抱えています。

その問題点を指摘する事例はネット上に存在すべきです。消えてはならないと思います。

それにしても知人のサイトも一緒に消えたのは、非常に残念。加齢とともに普通のウェブサイトを作る人は少なくなりました。
ブログもネタがないので面倒だと言う人が多いです。
なんだか寂しくなりましたね。一つの時代が終わったような気がします。

私の場合は事業者でありながら、趣味的に運営するブログが多いので、知人の中では特殊な存在です(笑)。でも、仕事の依頼者は私のブログ(本業とは無関係なものを含めて)を結構見ていただいているようです。

同業者には、本業の仕事が暇なのか?と思われています。
だから、金が無くなる前に、早く請求書を送ってくださいと、冗談で伝えたら、本当に早く請求書を送ってきました。。。

ちっとも暇じゃないですよ。自分でウェブサイトの大半の作業をしているだけです。まさにDIYです。
182.png

by neo-diy | 2019-04-01 07:26 | ウェブページ | Comments(0)

地元からの相談が減るとさびしい

昨年から今年にかけて、地方からの相談が増えたのは非常に有難いのですが、地元からの相談が大幅に減りました。

最近は、地元の国立音大付属小学校・中高校の関係の音楽家からの相談がなくなり、ちょっとさびしい感じがします(笑)。

2年前に国立音大出身者に依頼された音楽室が完成したのですが、やはり私のウェブサイトがあまり有名ではないという弱点があることが伺えました。

その依頼者は、3・4社ほど新築業者に紹介された専門業者に提案書を依頼して比較検討したら自分たちの希望する性能と予算に合致しないため、色々とキーワード検索して私のウェブサイトを見つけたと言っていました。(最終的に私の提案書が採用されました)

その私のホームサイトが先日更新作業が完了し、デザインがリニューアルされました。
*前回に続いて、私の元依頼者が好意で少ない報酬で移行作業をしてくれました。
ホームサイト(木造が中心)
*トップページに掲載している写真は、あるプロのピアニストに依頼された担当現場の完成後の姿です。(大型グランドピアノが2台ならんでいます)
ちょっとイメージを変えて、照明を消した状態で撮影してみました。

急ぎの作業が完了したら、少しずつ地元向けに情報ページ・特設ページを追加してみたいと思います。
178.png

by neo-diy | 2019-03-29 07:27 | ウェブページ | Comments(0)

絶えず更新される検索エンジン

今年の2月以降だと思いますが、どうやらまた検索エンジンの更新が行われたようです。
*私の本業に関連したキーワード検索ですが。

いままでチェックしていたキーワード検索では、メインサイト(ホームページ)より、ブログやクラウド型(CMS)サイトが上位に来ていましたが、逆転しました。

たぶん評価のポイントが多少変更になり補正されたのではないかと思います。このように絶えず、検索エンジンは更新されているようです。

ですから、ブログだけでなく、本体のホームページも時々更新したほうが良いというアドバイスがネット上で散見されます。

私の知人はホームサイトに組み込まれたブログで月に1回定期的に更新し、これに加えてお知らせを臨時で投稿しています。
*要するに検索エンジンとしては適度に更新されるサイトとして認識され、更新されないサイトよりも多く巡回に来るわけです。

もちろん、そのホームページの主要テーマにある程度関連する記事でないと重視されないと思います。一方で、余りにもキーワード検索を意識し過ぎる過剰投稿は逆効果になると言われています。

更新頻度が少なすぎるのも問題だが、「過ぎたるは及ばざるが如し」ということで、適度に更新することを継続するのが、ちょうど良いということでしょう。
178.png

by neo-diy | 2019-03-18 07:31 | ウェブページ | Comments(0)

ウェブサイト構想(つづき)

私のウェブサイト構想の話しは、約6年前に遡ります。

すでに同業者がタケノコのように林立し、差別化を図ることが急務だったので、取引先や職人たちに、各自のウェブサイトを構築して、私のメインサイトと連携させてリンクして欲しいと伝えたのです。グループとして受注を確保しようと考えたのですが。

誰も本気でウェブサイトを改造したり、新規に立ち上げることを真剣に考えなかった。私のメインサイトを手伝ってくれた知人が好意で、取引先の建築士のウェブサイトを大幅に改造してくれたのですが。
その建築士は謝礼も払わず知らん顔しようとしたので、私があえて、その知人の音楽室の音計測を無料でしてくれるように手配しました。
*ウェブサイト構築は小規模サイトでも専門業者に依頼すれば50万円以上取られます。

要するに彼らは、自分で努力もしないで、謝礼も経費も用意しないで無料サービスだけを活用しようとした。
事業者としてはメインサイトだけでも有料サーバーを活用して作らないと、相談者などに信頼されないと彼らに再三説明したのですが、誰も費用を出さなかった。
*私は少額でもいいから誠意を示してほしかった。

知人にも安易に助けないように、静観してくださいと伝えました。私の取引先や提携先を特別扱いしても、彼らは有難味が分からないから、助ける価値がないと思いました。

その一人が独立開業することになり、苦労することになったわけです。
ウェブサイトを育てるには時間と経費が掛かります。経費を節約したい人は、自分で努力するしか方法はありません。

なんでもかんでもタダで人様に依存するなと言いたかったのです。取引先建築士は提携先から外しました。人様の努力を軽視したからです。

ウェブサイトは形が出来たらお終いではなく、あくまで出発点です。継続して更新することが必要です。

結局彼らには、ウェブサイトの価値というか、努力することの価値観が分からなかったのだろうと思います。はっきり言って、知人に相談した私のほうが恥ずかしかったですよ。こんな無礼な取引先を紹介してしまったことを後悔しました。
*その知人はご友人を紹介してくれて、そのお蔭で1件受注できたのです。その有難味も考えろと言いたかった。

知人(私の元契約者)には申し訳ないと思い、折に触れて彼のショップから商品を毎年購入することにしたのです。せめてものお礼の代わりです。

ちなみに、私のウェブサイト構想は幻に終わりました。

このネタは、今回で終わりです(笑)。

by neo-diy | 2019-03-16 08:03 | ウェブページ | Comments(0)