人気ブログランキング |

カテゴリ:事業者向けネタ( 432 )

一時的に忙しくなりました

昨日から急に契約案件が動き出し、書類など資料を作って打合せすることになりました。
*明日の午後に私の仕事場で打合せです。(私が未だ治療中のため動けないからです)
*金曜は朝早くから検査と整形外科の受診の予約があります。
 おそらく、終わるのが午後2時頃になると思います。(飲み薬と携帯食が必要)

抗生剤の影響で午後からは、めまいが起きやすいので、午前中に作業します。
(朝は比較的元気です)

さて、先日、最近のサラリーマンは会社の看板を背負っていることを忘れて、取引先に横柄な態度を取り、自分だけで大きな仕事をしていると勘違いする者が多い。という記事を読みました。
*これはリストラされたときに分かると思います。自分が独立した時に誰が助けてくれるのか。会社を辞めればただの無職です。

自分で事業を立ち上げない限り、道は拓かれないと思ったほうが良いです。
ですから、私は取引先を大事にしています。予算が足りない場合は、自分を犠牲にして提携先の職人費用を負担することがあります。
*明日打合せに私の仕事場に来てくれる建築士は、提携先のスタッフです。彼は整形外科で手術を受け、ようやく6月に復帰しました。すごく若いので回復が早いです。(うらやましい・笑)

提携先は、忙しくて自社のウェブサイトを更新する時間がないようですが、年内にはなんとかしたいと言ってました。
相互リンクをすれば、少しは宣伝効果が出てきますので、期待しています。
----------------------
追記:取引先の大手メーカーにおいて、1件ほど送料計算にミスがありまして、私への請求が少し少なかったんです。不思議に思っていると、さきほど訂正の返事がありましたが、今回は弊社のミスですので、この金額で納品させていただきますと返事が来ました!(正規の金額で請求して欲しいと電話で申し入れたのですが)
こんな企業は初めてです。これがいつもの中小企業なら逆で「ご返事の送料が少なく見積もってしまい、すみませんが追加して訂正させていただきます。」と一方的に言うのです(笑)。
これが企業の品格・責任感の違いでしょうか。
私も自分のミスは自己負担していますので、取引先大手メーカーと同じ気持ちです。永く付き合いたい企業ですね。
182.png
------------------
お知らせブログ(Home)

by neo-diy | 2019-06-26 07:41 | 事業者向けネタ | Comments(0)

消費税10%で私の業界はどうなるのか

消費税が10%になるのは、ほぼ決まったようですね。

私の提携先は、それを前提に工事見積りを提出してますので、予定通りの金額で現場が動きます。

問題は私が手配する専門資材の価格です。10月の現場は間違いなく値上がりします。

消費税は製品本体だけでなく送料にもかかりますので、それぞれの差額を契約者に提示して納得していただく必要があります。

取引先の建材は、大半が直接取引で、仲介業者を入れていませんので、差額の2%分を加算すれば良いはずです。
ですが、メーカー取引工場の輸送経費や原材料費にも差額2%分が加算されるので、この金額にさらに利益分を加えてメーカーの設定価格(諸経費含む)が決まりますので、単純に2%値上げではすまない。

前回8%になったときは、製品価格や輸送料が15%程度値上げになりました。
ということは、今回の消費税が10%になると、私の取引製品および配送料は按分すると約10%値上げになるかもしれません。

これは間違いなく製品の価格改訂が起きます。この情報は8月下旬ころに分かると思いますが、10月以降の現場は見積りを修正する必要があります。

前回は直前の駆け込み注文が多くなりましたが、その後は契約・注文が長い間途切れる事態になりました。
景気はさらに悪化するリスクがあります。

私の場合は価格競争はしません。価格設定自体が他の業者よりも大分低いので、これ以上の値引きは無理です。中身で勝負するしかないです。
その鍵を握っているのが、現時点で予約されている相談案件です。まだ見積りどころか、計画内容が決まっていないので、規模の縮小があるかもしれない。
*私の方では提携先以外の施工費・一般建材の価格が見えないので、地方の案件がどの程度コスト増になるかが重要です。

比較的大きな案件が8月と12月頃に打合せすることになっています。
それまでは、どうなるかは未定です。

by neo-diy | 2019-06-23 07:52 | 事業者向けネタ | Comments(0)

相談のキャンセルは仕方ない

昨日までに相談案件のキャンセルが来ました。
入院前に何回も待ってくれるとの返信をいただきましたが、突然でした。
約1か月の休業の間に他の専門業者を探したのでしょう。仕方ないと思います。
提案検討が無駄になりましたが。

他2件、連絡が途絶えたのがありますので、これもキャンセルになると思います。
*再三、事情を説明して了解を得ていたので、私としては不本意です。

すでに契約案件は動き出しまして、発注事務を始めました。今年はウェブサイトの特設ページを作りながら、契約現場に集中したいと考えています。

相変わらず、問合せが多いのがウェブサイトに掲載している専門資材の件です。要するに不景気になるとDIYが増えます。
これも送料の値上がりや仕入れ価格の改訂で、利益は少ないのですが、要望が多いので無視できません。

取引先や知人が言ってましたが、ちりも積もれば山となる薄利多売方式で副業として割り切れば良いじゃないかというわけです。
私の場合は、この副業?の利益をサイト運営費や事務経費に充てています。

今後駆け込みの資材注文が増えると思います。新築の駆け込みは既に収束しています。
あとはリフォームの駆け込みがあると思いますが、提携先の建築会社が結構忙しいので、スケジュールが折り合うかどうかが問題です。

今月は、休みながら、じっくりと今後の件を考えてみたい。
お知らせブログ(本業)
182.png

by neo-diy | 2019-06-21 07:51 | 事業者向けネタ | Comments(0)

84歳の現役技術者と名刺交換

今回入院した病院で、面白いことがありました。

同じ病室(相部屋)で、ちょっとしたことがきっかけで他の患者と名刺交換しました。

その人も自営業でしたが、なんと84歳の現役技術者です!
*白内障の手術のため入院しておられた。

もう、今回の入院を契機に今年度で事業を辞めたいということでした。精密機器の設計と加工が本職で、目がもう見えにくいし、限界が来ているということで引退を考えている。

なんとなく、私も技術屋のような臭いがしたのでしょうか。お互いに本業の話になり、もう後継者がいないんで、特殊な技術を専門とした商いは、東京でも10人程度しかいないという状況など互いの専門分野の厳しい実情の話をしました。

それにしても、84歳で現役とは、すごいです。

国分寺方面で仕事をされているので、またどこかでお会いするかもしれません。

仕事場の建物が3階建て鉄筋ビルで、住まいと兼用だということでしたが、古い建物ながら、当時としては異例の水準で、界壁も床スラブも20センチ以上あり、柱・梁を補強した、かなり頑丈な造りのようです。
私が都市公団の住宅の整備水準の話をしたら、当時の水準に比べて、仕事場が特殊な設計であることを納得されてました。

というような話を数日ほどして、その人は私より3日間早く退院されました。
世の中、上には上が居ますね。
182.png

by neo-diy | 2019-06-19 13:25 | 事業者向けネタ | Comments(0)

やっと退院しました

入院中も2回ほど、支払い事務とメールチェックのため、外出させてもらったのですが、なかなか話の分かる主治医で、私が自営業であることに配慮してくれました。

退院ももう少し延びるところでしたが、私の自宅から近い総合病院なので、まめに通院することを条件に少し早めに退院させていただきました。

今日早速、契約案件の発注事務を行いました。ギリギリで7月初旬納品に間に合いそうです。
この件、東北なので配送に日数がかかります。
*対策設計とコンサルティングのほか、特別に資材を納品します。

やはり、入院中に外出・一時帰宅をしたので、体が割とついていけるようで、PC作業もメール返信なら何とか少しは出来ます。
*まだ図面作成はすぐに目が回るので、しばらくは難しいです。

トータルでピッタリ4週間(28日間)ほど入院しました。
高額医療のほか、ベッド差額代や日用品レンタル代を合算すると、私の2か月分の売り上げに相当します。
*来年の確定申告時に医療費控除になるので、来年の税負担分をある程度は取り戻せます。
それまで頑張らないと、資金繰りが危ないです。

もう抗生剤の投薬で延べ60回の点滴治療を受けました。それと検査の数が多く、採血、MRI、CT造影剤画像、体温・血圧、心電図のほかリハビリチェックなど、相当の数の検査を受け、整形外科病棟では異例の治療のようでした。
*普通は外科オペで対処するのですが、主治医がオペはリスクがあるので、別の処方を行ったのでした。
*抗生剤の副作用が出た時は、一時的につらかったです。

この総合病院は急性期病棟のため、手術が終わると直ぐに退院させられるのですが、私の場合は主治医が整形外科部長のためか、治療期間が長かったです。同じベッドを使えたのです。
*とにかく主治医も内科医も親切で、こまめに治療していただいたと思います。

入院当初は満足に歩行できなかったのですが、現在は大分回復しています。

一番困ったのは、点滴で拘束される時間が多く、左腕に点滴の針を固定されているので、シャワーも左腕が使えず、片手で頭を洗うのが、精一杯でした。もう体がかゆくなり(笑)、いろいろと精神的な我慢を強いられました。

まだ、完治してませんが、当分は通院です。だいたい朝早くから午後2時頃まで、検査と待ち時間です。総合病院は便利ですが、検査と診察の待ち時間が相当長いので、途中で具合が悪くなる人もいるようです。
178.png

by neo-diy | 2019-06-17 15:12 | 事業者向けネタ | Comments(0)

取引先一つが高齢劣化により外注ができなくなりそうです

取引先に高齢者の建築士が居るのですが、とにかく人の説明を充分に聞かないで、勝手に走り、妄想するので、もう外注はできそうにないです。

私がメールで説明したことを読まずに、勝手に自分で思い込むので、もうボケが来たことは間違いないです。
ただ、私が与えた業務そのものは未だできます。

問題は私の担当の施主と、私が置かれている立ち位置を理解しない、とにかく自分の目先の利益を得ようと、相手が承諾もしていない段階から、一緒に事業を進めましょうとか?わけわかんないです(笑)。

この人、私の営業経費すら負担しないくせにww 何言ってんの?
若い時からマダラボケで、私は何回も冷や汗をかきました。

もう、今回はダメかも。60代の後半なので個人差が大きい年齢です。
厚かましさだけは増強しているようですが、注意力がないです。自分のツールを使って計測することだけしか考えていないので、全く空気も読めない。

放置すると私を飛び越えて、私の契約者に経費を請求しかねない。危ないじいさんになりました。
今回の件で、もう断ることにしました。
181.png

by neo-diy | 2019-05-17 09:35 | 事業者向けネタ | Comments(0)

「話しだけでも」って、しつこいんだよ

私の体調が厳しいので、有料相談を辞退すると伝えたら、「他の業者に依頼するにも、参考になるので、話だけでも聞かせてほしい」と、しつこく要望された。
しかも、呆れるほどの「上から目線」で。

結局、こいつは無料相談にもっていこうとしている。非常に厚かましい。
若い男性は大半が屑ですね。
*自分で努力して学ぶことを知らない。このネット情報時代に、労力を惜しむとは考えられない。書籍を購入したり、ネットで検索すれば、結構情報は集めることができる。

だが、自分の事しか考えていない。ウェブサイトの注意書きも、私の返信も文面を無視している。このような人には、せっかくの情報検索も役に立たないのかもしれない。

今日、この件、明確に断ります。
ふざけた返信を見て、アドバイスすら、もったいないと思いました。
まるで、安易に、ただでネタを、しつこく聞こうとする新聞・雑誌の記者のようだ。

ちなみに、新聞・雑誌の記者に取材を受けたことがありますが、彼らは、私の屋号を掲載してくれているので、まだマシかと思います。
今回の件は、まったく私にはメリットがない。

こんな図々しい奴に、情報なんか渡さない。そんな時間があるなら、無理してでも契約の図面作業を先行して進める。

上記のような馬鹿もいれば、提携先の比較的若い建築士は、本当に誠実に仕事をしています。同じような年代でも、個人差がものすごく大きいです。
*男性の「公務員や大学職員」は鬼門です。相談料すら不払いで逃げた奴がいます。
 人様にもらうことばかりで生活しているから、人様の苦労が理解できないのかもしれない。それにアドバイスも理解できないような低レベルの人が多い。自分で勉強することを知らないのだと思います。(良く言って、専門バカ)

今後は、厚かましい男性の相談者、絶対お断りです。
私は民間業者ですから、公務員のような義務はないので、断るのは自由です。
182.png

by neo-diy | 2019-05-13 07:33 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ものすごい無礼な相談

最初、無料での相談を希望されたのですが、現在は有料相談しかやってませんと伝えたら。

それでも良いから予約したい、簡易施工をお願いしたいと、思いつきのような希望ばかり言いだし、これは方針を示さないと大変なことになると思い。

返信の文章を今朝作成していたところ、いきなり私のウェブサイトのリンクをたどり、取引先の方へ連絡したようです。

朝いきなり、こういう問合せが来ました「ご紹介ありがとうございました。」???
というメールが取引先建築士から来ました(笑)。
紹介なんかしてない、ない。
なんでもこの人、仕事に飛びつく貪欲な人ですから、もういいやと思い、任せることにしました。好きなようにやってくれれば良いよ。(但しリスクのある相談者であることは伝えておきました)。
私の取引先がなんらかの不快な思いをするのを黙っているわけにはいきませんので、忠告はしました。

それにしても、こちらが再度の返信をする前に、勝手に取引先へ連絡するなんて、モラルもなにもない。やはり若い男性のマンション案件でした。ほんとに鬼門です。

男性のマンション案件は、もういらないです。私の残りの人生は「男性のマンション案件」はお断りです。人間として問題があるやつばかりだ。
-------------
追記:こんどは公務員の男性が僅かな費用で有料相談を希望しているようです。
こちらの提案を満たす枚数の注文もできないような、算数が苦手の公務員です。
なんか腹が立ってきました。またもやマンション案件です。断ろうか。我慢してこれを最後にするか。返信の内容を見て考えます。
追記:
さらに追記です。なんか私が書いたブログ記事を「自分で私のブログ記事」って返信してきましたが。お前が書いた記事じゃないだろう(笑)。○○様が投稿されたブログ記事と表現すべき。日本語も満足にかけない奴が公務員で税金で食わしてもらっているのかと思うと・・・地元の人は腹が立つでしょうね。
168.png

by neo-diy | 2019-05-09 07:54 | 事業者向けネタ | Comments(0)

送料が高いとクレームが来た

私の業界では、当ブログでも投稿したように、重量便の送料大幅値上げが2019年1月より起こり、大手や中小企業による配送会社との力関係で値上げ時期にずれが出ました。

重量便は現在、路線便(混載便)については西濃運輸しか取り扱っていません。1社独占のためこの会社が値上げすれば拒否できません。
中小企業の資材メーカーには選択肢がないからです。

今まで値上げを抑えてくれた取引先大手メーカーもついに、6月から送料が大幅値上げになります。このメーカーは今までよく我慢してくれたと思います。

このような状況下で、1年ぶりに同じ製品を注文されたユーザーから、送料の見積りが高すぎると言われました。(よく見ましたら、注文重量も3倍以上違います。こんな見当はずれのクレームも珍しいです。)
事情を説明して、今後の納品を断ろうと思います。資材注文は私には僅かな利益にしかならないうえに発注事務が面倒なので、契約案件以外は断ろうと思います。

最近の物流送料の状況を全く知らないなんて、とても社会生活をしているとは思えません。
宅配便など大幅値上げの話を聞けば、当然、配送会社の人件費や中継経費が値上げされたことくらい想像できます。

それに送料値上げ分を私が負担したら赤字です。
キャンセルしていただいたほうがマシです。
182.png
こんな人相手にしている時間はもうないです。治療を続けながら、時間を制限して契約案件を進めるのが精一杯です。
常識のない相談者・注文者はお断りします。目先の小さな利益など興味はありません。

by neo-diy | 2019-05-08 07:23 | 事業者向けネタ | Comments(0)

キャンセルのリスクを減らす

私の場合のキャンセルのリスクは、提案書と相談打合せにかけた日数が無駄になることです。

これによって、契約案件の作業時間が圧迫されます。
年当初から連休前までは、そういう案件がいくつかありました。

このため、あぶない相談者は意図的に最初から「条件を明確に打診」「無料相談は不可」ということを伝えましたら、連絡が来なくなります。
すべて男性です。

先日の件に続いて、またリスクのありそうな相談が来ましたので、上記の件を最初に伝えました。これで良い返事がなければ、無料相談やローコストだけを重視している相談者ということになります。

こういう予算ばかり気にしている人は、結局値段の安さを売りにする専門業者に騙されます。
技術力を重視しないからです。

さて、これがペンションや飲食店のキャンセルだとどうでしょうか。
実被害は私よりも大きくなると思います。部屋や席が無駄になる。
仕入れた食材が無駄になる。
最悪の場合は、作って準備した料理そのものが無駄になります。食種・業態によっては、本当にダメージが大きいと思います。

私のほうが未だマシですね。

私の場合はキャンセルした人の再相談は受けません。まったく信用できないからです。
それがリスク軽減につながります。
-----------------
追記:急いでいた危うい相談者の返事は来ないと思います。有料相談と明記しましたから。たぶん無料相談を期待していたのでしょう。かなり手間のかかる内容なのに、相当図々しいかも。また若い男性です。
昨日(5月4日)午後に電話をかけてきた若い男性が数名居ました。まさに頭がいかれてますね。(一般企業は10連休)
しかも電話番号の下に祝日・日曜・月曜定休と明記しています。これが見えない相談者は不要です。日本語が読めない若い男性は知的なレベルが低すぎて怖いです。小学生以下です。
182.png

by neo-diy | 2019-05-05 07:34 | 事業者向けネタ | Comments(0)