カテゴリ:事業者向けネタ( 414 )

ある程度のキャンセルは想定していました

昨日まで、結構無理して提案書を相当時間を掛けて提示しましたが、連絡が途絶えた件がいくつか出てきました。

おそらく理由は、無料相談にこだわっている、または予算を超過して諦めたのだと思います。ですが、返事もしないのは、人としてどうなのか?と昨年と同様に考えさせられました。

人様の苦労をどう考えているのか?自分さえよければいいのでしょうか。取引先の欲深い社長と同じです。相手の事を何にも配慮しないで、目先の利益だけで動く人ですね。

私はそういう対応はしたくないので、約束はきっちり守ります。もちろん、オーバーワークで返事が遅れることはあります。
でも、緊急の質問には出来る限り迅速にお答えしています。無理な場合は、早目にお断りしています。

昨日の提携先との打合せは、特に問題は無かったのですが、やはり現場の駐車場の件が課題として残りました。
とにかく現地を調べたり、地元警察署に駐車の件で相談をすることになりました。

相談・予約案件のキャンセルは、毎年のように出てきますので、今年もやはり出てきたなという感じです。
相手の苦労を何とも思わない人は、きっと問題を起こすでしょう。再度泣き付いてきても、再相談はあり得ません。

相変わらず、契約率100%をキープしているのは信州と北陸地域です。
不思議なものです。どう考えても地域的な特性?があるような気がします。

今月は、あと2件の相談打合せをしたら、しばらく休みながらウェブサイトを更新することにします。

by neo-diy | 2019-03-10 09:07 | 事業者向けネタ | Comments(0)

取引先に足を引っ張られる

依頼したサンプル材と違うものが取引先から送られてきて、昨日は相談者にサンプル材を送付できませんでした。

しかも注文予定量の送料概算も返事無しで、これでは提案書も作れない。

目先の欲ばかり囚われて、やるべきことをしないのはボケの始まりです。取引先は高齢者が多く、対面営業ばかり時間を費やしているので、メールの返事が遅い。
*せめて電話でもいいから、ちょっと待って下さいと一言連絡があれば、先方様にも待ってもらえるように伝えますが。

そのうえ、主力取引先が珍しく、遠方の送料見積りに手間取り、まだ返事が来ていません。

私の提案書が2件も止まってしまい、昨日は待つだけで時間を浪費してしまい、頭にきて外食に出かけました。

資材注文は基本的に私の利益には殆どならないので、せめて営業経費だけでもいただきたい。時は金なり、です。客商売の基本ができていないとしか、言いようがない。

2件はちょっと保留にして、他の件を繰り上げて作業します。
昨日の夕方に契約書が届いた件を先にやります。

それにしても、送料の見積りが建材屋から来ないのはどういうことなのか。
もう、見切り発車でこれ以上、送料の差額を私が負担するのはナンセンス。

先日、良いこともありました。メインサイトの件ですが、わずかな報酬で知人が雛形移行作業を引き受けてくれました! 本当に助かります。

このままでは私の頭がどうにかなりそうだったので、ウェブサイトの件だけでも肩の荷が下りて、ほっとしました。
181.png

by neo-diy | 2019-03-07 08:37 | 事業者向けネタ | Comments(0)

10連休を取ることが出来るのか

私の提携先は今年の10連休は無理だと言います。
*現場が休みでも、施工見積りの作成や、追加資材の注文や道具などのメンテが必要。

私の場合は「相談予約がなければ可能」ということになります。今までの大型連休期間は、いきなり電話の問合せが来たり、メールで相談予約が入ることが多く、予定変更が必ずありました。

今月の予約・契約によって、ある程度の見込みは分かると思いますので検討したいと思います。
どちらにしても連休中の工事現場への資材納品は無理です。
*連休中の谷間も通常便の納品は休止になります。チャーター便だけが動きます。
*取引先工場は10連休の予定です。(工場は休み中にメンテが入ります)

要するに、資材は必要に応じて、取引先の問屋とホームセンターで緊急的に補充するしか方法はありません。
もちろん、休めるのなら、私は建物写真を撮影に行きたいです。

私の商いとしては、大型連休は有難迷惑です。それだけでなく、盆休み中の前後においても仕事がストップします。
*私の場合は年末年始+大型連休+盆休み=約1か月分無給です

私の知人(建築関係)は日給月給なので、5月の収入が減ると、ぼやいていました。
*大型連休を必ずしも喜べない事情があるのです。

私は無理して10連休を取ろうと思えば取れますが、相談者の希望を考慮すると、その時になってみないと分からないというのが正直なところです。
*それよりも、定休日にちゃんと休めるかが問題です。
181.png

by neo-diy | 2019-03-01 07:32 | 事業者向けネタ | Comments(0)

自営業者に必要なもの

私の本業と建築系自営業者に必要なものは、設計・コンサルティング・施工技術と商品開発です。

ツールとしてはPCで構築するウェブサイト、打合せが出来る仕事場又は工房が必要です。
*場所としては大都市圏が有利です。東京・名古屋・大阪など

山梨・長野などは地元+日帰りできる地域における営業活動とネット上の商いのツール(ウェブサイトなど)が重要です。

個人的な資質としては、国語能力が不可欠です。国語能力がなければホームページを自力で作ることが出来ないし、設計図書や施工要領の説明書が作れません。
もちろん、対面営業(相談打合せなど)において、説明能力が低ければ、契約率が大幅に低下します。

商品開発が成功しても、販売力がなければ収入になりません。

私や元専属職人など資本力のない自営業者は、ウェブサイトと知人の口コミしか頼れるものがありません。営業力のある提携先があれば、助かるのですが。

私の経験では自分しか頼る者はありません。提携先は、むしろ仕事をもらえると思って期待されるだけです。
*私の15年間の自営業がそうでした。提携先から仕事をもらうことは殆どない。

元専属職人は、私のような苦労を経験したことがないので、ウェブサイトを介した収入を軌道に乗せるのは大変な努力と時間が必要です。
一朝一夕では出来ないと思います。
*今まで30代後半から40代後半まで私に依存して仕事をしていたので、自分で受注するノウハウがありません。口で説明しても体感していないので簡単ではないです。

彼らは昨年まで、全部私からの仕事に依存して生活していたのですから、今後は苦労するはずです。親元に帰って生活を始めた彼は、両親の介護もいずれは出て来る問題です。
*解散前は不満もこぼしていましたが、自分で受注する努力をしてみれば、人様の苦労が理解できると思います。

果たして自分が生活できるだけの収入を得ることができるか。誰にも予測できません。
私は3・4年前から、このような日が来ると言い続けていました。
彼は楽観して私の忠告を聞きませんでした。

どうなるかは自分の努力と運次第です。

私の場合は、自力で一から試行錯誤しながら地道に努力してきました。それでも毎年のように懸念材料を抱えながら営業していました。
自営業に安定路線などないのです。自分で道を作るしか方法がない。
---------------------------
追記:最近複数のウィルスソフトで検出できなかったスパイウェアをAdwCleanerで捕まえました。駆除できました。たぶん、検索中にどこかで、くっついたんだと思います。
無料ソフトの割には役立ちます。

by neo-diy | 2019-02-25 07:26 | 事業者向けネタ | Comments(0)

相談者の手書き図面

相談者のコンサルティングをする条件として、自作の図面を手書きで良いから最初に提供してくださいと伝えたのですが。

届いたのは、衝撃の手書き説明図でした・・・・・おお、なんじゃこれは・・(笑)。

説明も殆どないし、(床)(天井)(外壁)と記入がなければ全く分からないような・・

どこまでDIYで作業をしたのかの状況も不明。

再度リクエストをするしかないだろう。。いまさら、多忙だから待ってくれとは言い難いので、状況説明を詳細に求めて時間を確保するしかない。

他の相談者の件は、一応建築業者がPCで描いたものだから、概ねの構造は分かる。
それでも描いた本人がどうも木造の事を知らないようで怪しい図面を作ったようです。

この件も再度確認しないと詳細検討ができない。

とにかく、順番に確認事項をチェックしてから、提案を検討するしかないですね。

今日は、これから難しい案件の打合せがあります。
まずは、この件の修正と方針を決めないと前に進みません。
なんだか、色々と大変なことになってきました。181.png

by neo-diy | 2019-02-23 12:53 | 事業者向けネタ | Comments(0)

元専属職人への提供資材が値上がり

元専属職人(山梨へ帰った方)に約束した資材提供の話は、昨年の12月中旬頃でした。

もうすでに、彼が必要としている製品の送料が大分値上がりした上に、製品の一つが生産中止になりました。※現在、後継の新製品を取引先に依頼して実験することを検討中です。

生産中止になった製品は制振フェルト120(通称、麻フェルト5ミリ)です。
提携先工場が事情により生産中止にしたようです。在庫は2月20日現在で約170枚という報告が、取引先メーカーからありました。
*在庫が無くなり次第、この製品は納品終了です。

私の現場であと2件ほど使う予定なので、もう彼が製作する製品には使うことは止めたほうがいいです。途中で在庫がなくなりますから。
*製品には問題は無いのですが、生産者側の問題です。

製品開発は、このような事情で中止になることが少なくないのです。今年に入ってからの諸経費の高騰も痛いです。

とにかく、当面生産できる製品で組み合わせて開発するしかないと思います。
取引先は、みな高齢者であることが弱点です。後継者がいない。

ちなみに、現在の主力取引先の大手業者は大丈夫です。組織が大きいので必ず誰かが引き継ぎます。それに老舗なので、そう簡単には事業を辞めることはないでしょう。
--------------------
ニュース・トピック

by neo-diy | 2019-02-22 08:32 | 事業者向けネタ | Comments(0)

予想外の作業や出来事

昨日は予想外の依頼と予定変更、発注上の問題が次々と起こりまして、バタバタしていたうえに、面倒な電話がかかり、時間を相当ロスしてしまいました。

今日のご返事の内容によっては、急きょ作業変更は出るし、また遠方への送料計算に頭を悩ませることになりそうです。

多少単価の安い製品を使っても送料で大幅に超過してしまえば意味がないです。
ですが、現場の状況によっては、組み合わせて施工するしかないので、ある程度の値上がりは我慢して調整するしかないです。

早朝からメールをチェックしましたが、なかなか時間のかかりそうな案件が来ています。

どうしても、1件はお断りするしかないです。二兎を追うものは一兎も得ず、という感じでしょうか。欲張ったらダメですね。先約順+相談者の誠実度の評価で決めたいと思います。
*基本的に個人の依頼者を優先します。
*建築会社の相談は余力があるときにしか対応できません。

個人の相談者は他に相談するところがないから、お出でになったり、遠方からPDF資料を送付いただいて相談されているわけです。当然、個人相談者が優先です。

建築会社は他の専門業者を探せばいいわけですから、緊急性は低いです。

さて、本日の現場への納品で一つの製品がもめています。早く配送先を変更するか、最初の指定配送先に誰か応援を呼ぶか。どちらかの対応を急がないと、すでに現場へ向かっています。
なんで、早朝から、こんなことに巻き込まれるのか?私には落ち度のない話なんですが。
-----------------------
追記:取引先より連絡があり、無事に現場に納品できたようです。また別件の提案がご家族に了承されそうですが、依頼者のピアニストが詳細を検討中なので、返事待ちです。
とにかく、本日の用事は半分が済みました。
あとは遠方の難しい相談の件です。現在、地方の契約現場が工事中のため、今週は金曜まで外出できません。
182.png

by neo-diy | 2019-02-20 07:23 | 事業者向けネタ | Comments(0)

3歩前進2歩後退か

色々と無理して相談打合せを行い、見積りなどを提示しましたが、契約は1件。保留が2件。

来週の土曜日の打合せで修正するのが1件。前向きに検討されているのが1件。という成果になりました。

今日明日は確定申告の書類作成です。18日午後に税務署に提出と納税で出向く予定です。

相談者が前提条件をあいまいにしたまま作業を進めた件は、無駄になるかもしれない。本当は検討作業に3日間以上かかっているのですが。

やはり、前提条件に不備がある件は難しいですね。結局やり直しやキャンセルという結果になることが多く、モチベーションを保つのが大変です。

たぶん、金額が大差ないと有名?企業に乗り換えるんではないでしょうか。有名=有能ではないのですが、一般の相談者には区別がつかないことが少なくない。

私の取引先建築士(ベテラン)が、大した技術もないのに受注件数が多いのはなぜでしょうかと、毎年のように同じことを言います(笑)。

簡単に言えば「宣伝力とモデルルーム」の差です。我々零細業者は、広告費用にあまり経費を使えないので、無理を承知で無料相談や有料コンサルティングを受けるしかない。
*体は一つですから同時並行は2件が限界です。
*説明を尽くすことも宣伝と考えれば、契約にならない件は自分の説明不足として反省するしかない。前を向くしかない。

それに有名企業は、古い物件は大幅に壊して改造することしか考えません。相談者も施工の事が分かりませんから、施工プロセスの事は偏見で判断することが多いです。
*机上の理論の思い込みで判断するので、実態に合わない。

私も提携先も木造は、補修して活かすという工法を重視しています。
------------------------
ニュース・トピック
182.png

by neo-diy | 2019-02-16 07:36 | 事業者向けネタ | Comments(0)

目の前の約束を忠実に守って進むだけ

相談案件の大半について見積り提案書は提示し、残りはあと1つ。

昨日は、ようやく1件が契約に向けて前進し、提携先も請負契約を結べそうな状況になりました。速やかに修正して申請書類などを準備しなければなりません。

新しい提携先は、自社の書類に関して一式用意できる事務能力もあります。当たり前なのですが、昨年のチームは当たり前の事務能力も営業能力もなかったので、苦労しました。

今年はそういう苦労はしなくてもよさそうです。

あるのは予算と物理的な難しい壁です。こちらの仕様を踏まえた新築ならばスムーズに行くはずですが、相談案件の半分が難しい課題を抱えています。
*それを理解していただくのに大分時間がかかります。

焦っても仕方ないので、一つ一つ課題を解決するための提案を検討して提示するだけです。

それにしても、新築業者の能力不足で今年も苦労させられるとは、腹立たしい話ですが、これは大手建築業者が他の専門業者から営業経費をもらうこと(リベートのようなもの)が多く、他の業者を強く推薦するためです。
*失敗しても新築業者は契約していない事には責任は取りません。

依頼者に人を見る目がない場合は、セールストークに騙されます。
そうなれば、私の手を離れて行き、さようならです。
182.png

by neo-diy | 2019-02-12 09:03 | 事業者向けネタ | Comments(0)

収支の赤字分は吸収できるのか

昨年解散した職人チームのために、無理して自分の利益の多くを彼らに分け与えたのですが、彼らが担当した現場で追加対策を希望されるのが2件出てきました。

うち1件は先月すでに打合せして具体策を依頼者に提示して、DIY資材も原価でお分けしました。

あと1件が残り、これから具体策を調整することになります。

とくにこの2件は私の利益を全部吐き出して彼らに与えたので、全部赤字です。

果たして昨年分の赤字は、いつになったら吸収できるのでしょうか。頭が痛いです。

また、もう古いツーバイフォー住宅のリフォームは遠慮することにしました。ほとんど改造が無理なうえに、老朽化で隙間や断熱材の劣化が起きており、これらの状況を着工前に調査するには相当の費用がかかります。
*取引先の大半は高齢者なので機動力はないし、欲ボケしているので大変です。

今後は私と提携先1社で対応できる案件だけに絞ります。
そうしないと、赤字が累積して酷いことになります。

すでに運転資金が殆どなくなりかけており、今月から来月にかけて、まとまった事業収入がないと、資金ショートしかねない。

今月は所得税などの納税・確定申告があり、前年の資材立て替え費用などが売上高に計上され、重くのしかかっています。
自営業というのは、本当に利益が少ないんだなと、改めて体感しています。

いまさら会社組織にするのは難しいです。事業協力者がいないと無理です。

全部自分で作業してきたつけが、事業的にも体的にもダメージとしてたまってきました。
とにかく今年の前半期を乗り越えないと、自分の生活そのものが危うい。

せめて、ウェブサイトを外注できると少しは体的には楽になると思いますが。
182.png

by neo-diy | 2019-02-09 07:32 | 事業者向けネタ | Comments(0)