カテゴリ:事業者向けネタ( 380 )

反面教師のベテラン建築士

今年の大型連休前だったと思いますが、信州のある建築事務所の代表者(建築士)が相談してきたので、コンサルティング料と提案を提示したのですが、提案を渡したとたん、連絡が途絶し、相談料も不払いで逃げられました。

ところが、今週、その建築士が性懲りもなく、追加の相談をしてきたので「おまえのような無礼者に対応する時間はない」と門前払いしました。
年配者だけあって、いい度胸していると思います。

ベテランは若い建築士などの手本として仕事をしなければならないのに、反面教師のような存在にしかならないとは、情けない話です。
この件で、今まで信州は契約率100%だったのが伝説が消えました。。別件で信州出身の依頼者に、この話をしたら、「信州の人が全てまともなわけでなく、頭のおかしい人も居ますよ(笑)。」と言われました。

そりゃそうですね、私は今まで運が良かっただけなのでしょう。ですが、北陸はいまだに契約率100%です。奇跡的ですね。

でも、やはり、東京・神奈川の人よりも北陸・信州・中部・関西方面のほうが圧倒的に契約率が高いし、建築士のトラブルも少ないです。※力量的な建築士の問題は多々ありますが、背信行為はしていません。

それにしても年齢関係なく建築士の問題が多いので、世間では、最近いまいち信用されないのでしょう。
*出来不出来が両極端です。

[PR]
by neo-diy | 2018-11-07 08:29 | 事業者向けネタ | Comments(0)

分業化で見積り経費を大幅軽減

本来は私が全部見積りして、そのまま契約をまとめて結ぶのですが、最近の予算の縮小化傾向で、今年は完全に契約事務も仕入れも完全分業化しました。
*とくにマンションは施工チームが直接契約して現場管理します。ただし、書類データは私がPCで作ります。職人はPCでは殆ど作れないので全部雛形を渡します。

私が直接契約したり、問屋に注文すると課税分と手数料が別途かかるからです。
これを施工チームが直接担当すると、工事金額の15%程度安くなります。

昨夜相談メールが来た件もマンションですので、このことを説明して、直接施工チームが大半を見積り、仕入れも担当する前提で提案する予定です。

必要経費以外の人件費は、施工チームの裁量で調整して交渉してもらうことにすれば、話は早いと思います。私の利益は?ということですが、年内はしばらく私用と個人的に依頼された件だけ対応して過ごしたいと思います。
*もちろん、契約した来年新築する件は別途予定通り対応します。

とにかく、施工チームの職人が先につぶれてしまうと、来年の工事担当が問題になりますので。
それまでは私が我慢して耐えるしかないでしょう。
*そんなのおかしいと、取引先は他人事のように言うのですが。契約者との信頼関係を維持することが私は最も重要だと考えています。

目先の利益よりも世の中、大事なことがあるんです。

[PR]
by neo-diy | 2018-11-05 07:45 | 事業者向けネタ | Comments(0)

電話で聞かれても一般論で答えるしかない

最近、電話での問い合わせはあるけど、状況が見えないし、図面もないので正直に言うと、想像で一般的な知見で答えるしかない。

東京の人でも、電話で気軽に質問するというのは理解できますが、それはあくまで一般論ですので、個別の状況に当てはまらないことも多いです。

それは電話営業の業者と大差なく、総論的な話しの域をでない。

今月は、そんな感じで具体的な提案を提示しても返事もしてこない相談者が多く、もうそういう中途半端なことに時間も経費も使いたくない。

遠方の人が電話で質問されるのは十分理解できます。

やはり、ウェブサイトをじっくり読まれてからメールフォームで連絡してくる人が本命です。
最近は手ごたえがないので、需要を掘り起こすようなテーマをブログに投稿しようと考えています。
内容的には今までの事例の延長線上にあると見ています。

そういえば、ウェブ業者からの電話営業がめっきり減りました。そういう業者は淘汰されて消えたのでしょうか。

さて、事務作業も終わり、今月も残すところ今日を含めて1週間です。
やれることから徐々に準備したいと思います。

余談ですが、知人の店から太麺(生麺)を6・7人分もらいまして、調理の実験中です。
茹でてから炒める調理。茹でてスープを入れてそのまま。料理の付け合せに添える。茹でた麺にとろみを付けた餡をのせて食べるなど、すぐに無くなりそうです。
*何事もDIYです。

何でも美味しい、ますます体重が増えるこのごろです。
181.png

[PR]
by neo-diy | 2018-10-25 08:12 | 事業者向けネタ | Comments(0)

事務作業と取引先の在庫確認

今日の午前中に、今まで手配した分の事務作業がすべて完了します。

ところが、特注品(市販品ではない受注生産品)2つのうち、1つ(1ロット500枚、910×910サイズ)がすでにメーカー工場に発注されて取引先の倉庫に500枚保管されていることが分かりました。
*正確には小口の注文で10枚発注したので残りは490枚。

これは木造住宅に主として使う製品なので、急に多量の発注がでるようなものではないのですが、今年の前半期に多量注文(木造ゲストハウスの現場)が出た記憶があるせいか、そのままのペースで取引先の1社が私に相談なく発注したようです。

それでなくても、私の現場だけでなく、取引先全体が注文が急速に減り始め、ついに今月期は今のところ予約はありません。

劣化するような製品ではないので、1ロット500枚に設定されているのですが、それにしても我々自営業や零細企業には枚数が多すぎる。
*概ね一つの現場で30枚程度しか使わないので、使い切るのに早いペースでも半年以上かかります。

景気低迷の業界の状況では、急に発注が増えることはないです。
無理して発注するのは在庫を長期間抱えることになり、倉庫の経費が無駄になります。

私も正直に言うと、ここまで受注が落ち込むとは予想していなかった。ただし、職人にも取引先にも、受注はバラツキが大きいので、1年間通じて備えていかなければならないと再三伝えています。
今までコンスタントに来ていたから大丈夫だと思ったのでしょう。

最近の石油・製品の値上がり傾向と、消費税アップの話で急速に発注を手控える動きが増えています。消費税が10%になる時期よりも大分早く色々な製品価格が上昇すると思います。
*悪い連鎖が起きて、便乗値上げも出て来るかもしれません。

私も今年分の収支計算を早めて、経費節約の方向で考えることになります。
*来年値上げが予想されるので、見積りが非常に難しい時期だと思います。

[PR]
by neo-diy | 2018-10-22 07:15 | 事業者向けネタ | Comments(0)

消費税の悪影響が懸念される

予告通り、消費税が来年10%にされることが表明されたようです。

前回の消費税の影響で値上がりした、ある建築材は、元のメーカー工場で数パーセントの値上げとなり、中間業者を介して末端では約15~20%の値上がりとなりました。
今回も同様の事が起きると思います。
ちなみに、私の業界では駆け込み工事や注文が数か月前から起こり、一時的に月単位の受注増になりましたが、そのあと受注が大幅に落ち込み、年単位で考えると前年比減収となり苦労しました。

このようなことが中小企業全体で、また起きるのではないでしょうか。その責任は誰が取るのか。

私の取引先も価格改訂になると思いますが、価格表示を訂正する作業が結構手間です。私のウェブサイトも全部訂正することになるかもしれません。
*いまのところ、製品によっては値上げしない方針ですが、それは取引先の値上げ幅が2・3%に収まればの話です。

10%以上の値上げになれば、全部改訂になります。
*旧価格での納品を数か月程度、猶予期間として設定するつもりです。

製品の在庫切れや生産が間に合わないという事態も起こりえますので、新築などを計画している人は、8月までには納品や工事が完了するスケジュールでご検討いただきたいと思います。

それにしても、また公務員などのボーナスに消えて行くのでは?という疑念が消えません。

[PR]
by neo-diy | 2018-10-14 07:44 | 事業者向けネタ | Comments(0)

今年の予約案件も大半が完了しました

昨日までに大半の契約案件が完了し、残すところ来年の新築が2件、年末までに完了する現場が3件となりました。
*すでに私の担当作業は年内の現場については殆ど完了し、あとは完成後のチェックとアドバイスだけです。(一部、来年の1月まで続きます)

新規作業は来年の新築2件のみで、現在最後の見積り調整と施工説明図の作成の段階に入りました。

あっと言う間に、私の専属施工チームの仕事は完了し、東京方面の現場はなくなりました。
*呑気にしていた職人たちも現在は焦っています。

私の方も知人の提携店での打合せは、今後はもう契約者との懇親会以外は行う予定はないです。
*今年使える経費は残りわずかです。

私にとっては、今月の作業が予定通り完了すれば、11月からは大分暇になりそうです。
そこで、ひそかに長期の秋休みを目論んでいます(笑)。

旅行に行けるほどお金はないので、近場に遊びに行けるスポットを探します。すでにいくつか考えています。大半は木造建築の見学になりそうですが、天気が良ければ写真撮影に行きます。

施工チームの相方も観念したようで、やることがないのでインスタを始めたようです。
私も新しいページを同じドメインの内部または新規ドメインのどちらかに増設する予定です。

仕事場の片付けも残っているので、やることはあります。

秋の夜長、読書もいいかもしれません。
182.png

[PR]
by neo-diy | 2018-10-12 07:48 | 事業者向けネタ | Comments(0)

じっと我慢して仕事を選ぶ

今は今後の種まきとして我慢して備える時期なのかもしれない。

最近は安易な相談ばかりで、いささかうんざりしてます。
*自分の本業に合わない相談は保留にしたい。

もう少しで、暫定的に仕事場での打合せを再開できます。10月からです。

そうすれば、打合せ件数も増やせるので、多少遠方の人にも時間的な調整が出来るようになります。
*今までは知人の提携店で17時半からでしたが。

祝日や土曜日も使えます。※日曜は定休

それに、仕事場のメリットはPCとプリンターが使えるので、その場で資料を渡すことができるし、補足説明が容易になることです。

本業の相談が来るまでは、最後のウェブサイト(新規)の準備を続けます。

さて、今週中に難問の見積りを提示したいと思います。
これがダメなら、本当に我慢して待つしかない。

[PR]
by neo-diy | 2018-09-27 08:03 | 事業者向けネタ | Comments(0)

業務が完了していない件が入金された

たぶん、資材を納品したので代金を私が立て替えているのが気になったんでしょう。
業務完了前に依頼者から全額入金がありました。

この業務は、完成してからも調整やチェック作業が残るので、まだ来年まで続きます。
*それに建物は必ずなにかしら不具合や補修が出るものです。

人間がやることですから、完璧はなく、打合せ通りの内容が一部反映されていなくて補修が出ることは普通です。
私の担当現場では計画から完成・チェック作業まで1年かかることも珍しくありません。
*先に入金いただいても、ちゃんと契約書以上のアフターサービスも状況に応じて実施します。

今年は皆さん早目に入金される依頼者が多くて助かりました。

経費の按分は進捗状況に応じて振り分けます。
今年の12月中に算出して、帳簿記録に反映させます。すべて合算すると事業収入と外注費が先に出ます。

相談の際に経費だけ使わされて逃げられた件もいくつかありますが、再度連絡があって相談を要望されますが、優先順位は低く、あてにならない件として保留にします。
*金額はどうでもよく、誠実さ確実さを優先します。

182.png182.png
*優良広告:アクリア

[PR]
by neo-diy | 2018-09-19 07:05 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ある資材の納品を抑える

またもや同じ資材の送料が納品完了後に、いきなり追加になり、このメーカーはもう自分勝手なので、設計仕様を大幅に見直し、この資材の取扱量を減らすことにしました。

詳細は書けませんが、こんなことを施主にお願いしていたら信用がなくなりますので、私が負担することにしました。

だから、資材納品は利益がないのです。

施工担当に仕入れの半分以上を任せ、私のほうは設計図とコンサルティングに限定したいと思います。

一方、別メーカーは納品後に送料が追加になっても私に請求することはありません。これがまっとうな業者の姿だと思います。
*自社の見積りが甘い分を、お客様に要求するなど馬鹿です。
*上記の業者は、他の人に紹介するのは止めました。

この業者は、今年2回目の不手際で、いまのところ私に25000円程度の経費の損失をあたえました。
*この金額分の利益を生み出すのに、どのくらいの発注が必要になるのかと概算で計算しましたら、約250枚でした。

税金やその他の諸経費を差し引くと、1枚あたり100円が限界という事です。
*通販サイトは1枚当たり600円程度利益を載せています。
*だから通販サイトは、注文が増えれば儲かります。

[PR]
by neo-diy | 2018-09-11 10:08 | 事業者向けネタ | Comments(0)

商いのスタイルを変えるわけにはいかない

所用で国立駅や西国立駅前の方へ出かけることも多いのですが、いまは殆どが支払事務だけなので、銀行への往復です。
*そのたびに、テナントが変わった?とか些細なことが気になります。駅直近でも業種やスタイルによってうまく行くかは分かりません。

私の場合は約15年前に税務署と東京都に開業届を出したのですが、かなり詳細に事業メニューを記載しています。
そのほとんどが変更なく現在まで続いています。
*変わったことは、資材の注文や立て替え払いが非常に増えたことです。大半が外注費です。

このままだと、取引先に「材料の卸問屋を開業したほうが良いくらいの注文量ですよ」と言われそうです。
*すでに、会社を立ち上げたらどうですかと言われた。

でも無理です。スタッフを雇うと人件費でほとんど無くなりますし、資材の単価を上げなければ利益がありません。現在はわずかな手数料と税金を含めて供給していますが、これは自営業だから設定できる単価です。

最近は、よく調べているユーザーから、たびたび資材の購入を依頼されますが、多量注文はお断りしています。
*会社にしないと経費ばかり食われて利益がないのです。

もし一緒に商いを始めたいという人が現れたら考えます。
*できれば、消費税が確定した段階で始めたい。現在は価格設定が難しいので来年の春以降が良いと思います。

182.png

[PR]
by neo-diy | 2018-09-10 07:16 | 事業者向けネタ | Comments(0)