カテゴリ:事業者向けネタ( 342 )

出来る事はするが出来ないことは無理

昨日夜遅くの返事や今朝の急な依頼は、年内は無理です。

さきほどメーカーに急きょ確認したことまではギリギリ間に合います。明日は仕事納めで経営者はあいさつ回りに出かけるようで、今日の午前までならなんとかするという返事でした。

うちの職人も一応問題がない限り、明日が仕事納めです。施主もご実家に移動されますので27日の夕方までに現場を片付けます。
新年は4日または5日に現場再開です。

私のほうは今日中に手配出来る事はやりますが、明日は仕事場などの片づけがあり、夕方は年内最後の防音相談が1件。30日は予定通り完成現場の音響チェックをします。

年賀状も未だ1枚も書いていないし、年末年始の買い物も未だです。
*お恥ずかしながら現金がないのでクレジットで買い物。

新築祝いのお酒も取り寄せが間に合わず、結局ワインを1本持っていくことにしました。
私は取引先と異なり、昔ながらの暑気払いや新築祝いを出来るだけやることにしています。もちろん自腹ですので、たいしたことは出来ませんが、誠実な地元の依頼者はとくに大事にしています。
*地の利がありますね。

[PR]
by neo-diy | 2017-12-26 10:43 | 事業者向けネタ | Comments(0)

分からない者には時間の無駄

自分の業界や住宅建設の話ですが、取引先でも職人でも、飲み込みの早い勘のいい人は話も速いが、今年は人材不足を痛切に感じました。

何回も説明しても、あいまいな返事だけで、同じことの繰り返しは来年はもう要らない。来年こそは自分のため、誠実な依頼者のための経費の有効活用を強化したい。

今年は経費の使い方に悔いが残る面もあり、来年はウェブサイトに力を入れて、依頼者の差別化を図れるようなコンテンツを補強したいと思います。自分の工夫だけが頼りです。

また、営業努力をしないスタッフは、どこの業者でも淘汰されて生き残れないでしょう。

今年は新築業者の建築士が不作で、大分足を引っ張られました。
どんどんレベルダウンしており、新築業者は最初の提案書の段階で危ないと思ったら契約を交わさないという決断をしたほうが良いと思います。
*無能な建築士、施工担当は不要。

すでに、数件、現在契約案件で苦労しています。なんでこんなことを私に聞くのだろうかと思うのですが、私が施主なら相当怒ります。
自社のベテラン建築士や技術者に聞けと言いますよ。

たぶん、有能な建築士は独立したり、別の会社に再就職するのでしょうか。下請け会社の職人も受注を人任せにしている時代ではないと思います。
自分で動いて積極的に受注するためのツールを使えるようにしないと、親会社がこけたら皆終わりです。

大手の建築会社も人材不足のような気がします。もう、会社の看板の大きさだけでは信用できない時代です。案件の依頼者は慎重に専門業者を選別するべきです。
----------------------------
暮らしの雑記 182.png

[PR]
by neo-diy | 2017-12-25 07:31 | 事業者向けネタ | Comments(0)

判断に迷うが契約を優先

契約案件が急に動きだし、2件ほど重なりました。
やはり、どう考えても契約案件を優先して他の件は待っていただくしかないと思います。

すでに説明図を渡した件も返事が保留され、計画変更になるリスクがありそうです。
マンション現場の難しい所であり、ご家族の意見が異なると保留になります。ちっとも私には利益がないだけでなく、個人的にお受けした契約案件と時期が重なると、作業的には厳しいです。

無料相談は休止して正解だったようです。とても年内は手が回らない状況になりつつあります。

今日は、施工担当に電話で確認して、昨夜契約になったはずの件を最優先で準備することになります。
それと上記の契約2件で、当分はこれが限界でしょう。

ずっと日程が保留になっていたのですが、昨日、大半が同時に動き出したようです。ほとんどが12月と来年着工なのですが、急いで施工図などを納品しないといけない。

仕事がないときは予定が空白の月もあり、両極端です。
今回は地方の案件が同時に動き出したので、一時的に忙しいだけですが、来年は結構暇なのではないかと思います。

手戻りなくスムーズに省エネ的に作業が進むのが理想ですが、やはり想定外の修正が出ますね。
これは依頼者から事前に詳細な図面が提供されていないので、想定で説明図などを描くためです。手順が逆なんですね。でもこうしないと間に合わないので先行的に納品します。

木造建物はだいたい構造が理解できるので私ならば想定して説明図などを納品できますが、木造に不慣れな防音業者には無理です。

コンサルティングが専門だと図面を描けないのでは?と勘違いされる人もいるようです。
*私の場合は少数派ですが図面も描けます。手書きでも描けます。そうじゃないと、面談の時に説明できないんです。文字ばかりでは一般の方には理解してもらえない。

ちなみに建築士の居るリフォーム業者でも、防音工事の施工図を施主に納品しないことが多く、平面図だけしか作らないと聞いて、大変驚きました。
こういう点も業界の問題だと思います。
------------------------
暮らしの雑記

[PR]
by neo-diy | 2017-12-06 08:05 | 事業者向けネタ | Comments(0)

今回はよく動いた施工担当の親方

いつもはのんびりしている親方も、今回の件はよく動き、今夜契約になるようです。
この現場は依頼者のご予算が少し超過してしまったので、私の中間経費を削除するため、契約事務を施工担当に任せました。

施工担当には、私の営業力も限界にきているので、来年になったら自分たちで営業して仕事を受注するように伝えました。
もちろん、従来通り私が契約する案件の施工も続けます。

建築業界は戸建住宅についても、総額を抑えて無理して受注する状況なので、一番節約するのが生活防音です。あとで色々と問題が起きるのはそのためです。
完成後に追加でリフォームローンを組んで防音工事の費用を確保する相談者が私の所へお出でになるのですが、本当は新築時に一緒に施工すれば費用を節約できます。

詳しいことは省略しますが、我々の業界は、10年前に比べて専門業者の数がものすごく増えています。大半は専門外の分野から衣替えした「俄か専門業者」です。
これらの業者はウェブサイト、専門誌、テレビなどの宣伝に力を入れ、営業力だけはあります。

私のような余り宣伝に費用を掛けられない零細業者は不利です。

取引先にも提案しましたが誰も動きません。
そういう状況も含めて、先日、現在工事中の現場で施工担当の職人に再度説明したので、多少は危機感を持ってくれたのかと思います。

彼らも私の受注する現場の件数が昨年から少なくなっているので分かってはいると思いますが、誰も行動に移さないのが問題です。

取引先の建築士や経営者は、もう年金を受給する年齢になり、不足分を働いて稼げばいいと思い始めているようです。だから新しいことはしないのです。
-----------------------
防音相談の案件・場所

[PR]
by neo-diy | 2017-12-05 07:35 | 事業者向けネタ | Comments(0)

信州がお気に入り

私の寒冷地における初の木造防音室の依頼者は蓼科。ウェブサイトを改造していただいた人も蓼科。

木造ペンションの防音対策の依頼者は安曇野。木造ログのドラム防音室は軽井沢。木造ピアノ室は安曇野(穂高)。マンションのピアノ教室は松本市内でした。
今回、ご契約をいただいた人も長野県内など。見積りをご提示した案件は全て無事完了または契約になりました。

信州は私にとって縁起の良いキースポットです。
*お勧めペンション(安曇野)←クリック。通常は12月に閉館するのですが、今年は未定のようです。

約14年間の自営業の中で、見積書を提示した案件の契約率が100%なんて地域は長野県以外では新潟県しかないです。
いずれも寒冷地です。

私が山陰の出身なので、なにか通ずるところがあるのかもしれません。

信州・北陸・山陰の人の共通点は、あまり営業が得意ではないという点だと私は思います。
それは私を見れば典型例だと思われるでしょう。
去る者は追わず、ということで比較的受け身ですね。それが美学だと思っています。

[PR]
by neo-diy | 2017-11-30 07:52 | 事業者向けネタ | Comments(0)

続・緊急の用事

昨日の件は、ウェブメールのほうの送信で添付ファイルが依頼者に届きました。既に書類を郵送したあとでしたが。
*依頼者がご利用のメールサーバーにも問題があるようで、それが私のメールソフトと合わないようです。
この件は間に合いました。

ところが、昨夜メールで、別の依頼者から急に提案書の内容を削って見積金額を少しでも減らしたいというリクエストが来ました。
施工担当の下見は水曜なので、本日の定休日をとりやめ仕事に充てます。
*明日は工事中の現場に行く予定ですので時間が残り少ないです。

上記の2件ともに契約を前提に動いていますので、最優先事項になります。施工担当はPCソフトを使えないし、私のアドビソフトをもっていません。かなり高額なドローイングソフトなので、使い方も面倒です。
初心者には無理です。

その点、取引先の建築士はネットは苦手でも、ソフトの使い方には慣れていますので、修正は自分で出来ます。緊急の修正になると、PCソフトが決め手になりますね。作るのは時間がかかっても修正は楽です。
問題は見積りそのものの修正です。
なんとか工夫して当初の効果を余り低下させないように考えたいと思います。

ということで私の休日はなくなりました。
でも緊急連絡などが間に合って助かりました。私も経費がなくなり、この2件が来年2月までの最後の仕事です。これが成立しないと施工チームは生活できなくなります。
*職人というのは蓄えることを知らないので、全部使うんですよ(笑)。

我慢することができない子供と同じです。足りなければサイドビジネスでもやればいいし、節約すればなんとかなります。
------------------------------
暮らしの雑記・最新のぼやき

[PR]
by neo-diy | 2017-11-27 07:57 | 事業者向けネタ | Comments(0)

今日は休みなのですが緊急の用事

金曜の夜から、ある一人の予約者のアドレスにメール着信しない状態になりまして、今日の午後に電話連絡をすることにしました。

もう郵送だけでは間に合わないので、プリントを郵送するとともに電話連絡で修正点と下見日程を急いで伝えます。
ネットも万能ではないので、メールが通じない場合は電話・郵送・宅配便しかないです。

本当は日曜は先方も休日のはずですが、緊急ですから仕方ないです。了承していただくしかないです。

ウェブメールも届かないというのは、相手方のメールサーバーに何かトラブルが発生しているか、または私のプロバイダーに問題があるかですが。
他の人には添付ファイルも届いていますので、私のほうの問題だけではないと思います。

最初から届かないのではなく、金曜の夜から、その人だけ届かないという状況のようです。
もちろん、他の方も届いていないということもありますので、この記事をご覧の方で、心当たりがございましたら、このブログに投稿していただいて結構です。
*ペンネームでお願いします。メールアドレスは不要です。メールフォームに送信していただいているかたの着信記録はウェブメールに転送されています。

通常は、問合せ者の送信から3日間経過しても返事がないという場合は、私の返信が届いていないという場合がほとんどです。
緊急連絡は私の休日でも構いません。

さて、もう今週から師走に入りますね。なかなか案件の予定が決まらなくて落ち着きません。
契約案件も約半分が、工事が遅れているようです。

[PR]
by neo-diy | 2017-11-26 07:51 | 事業者向けネタ | Comments(0)

返事待ちの件が動きました

月曜に続いて、返事待ちの件が動きました。
うちの施工担当者の下見の出番です。合わせて2件の現場チェックに行くわけですが、これで今年の予約が揃いました。

あとは施工担当の判断と調整能力にかかっています。私のほうは大半の書類や計画図を作成したので、あとは契約後の申請書類や説明図の件だけです。

工事中の件があるので、おそらく工期的には年をまたいでの工事になる見込みです。
今年の秋は、なんとかキャンセルと契約の白黒がはっきりしたようで、日程調整がうまく行けば来年の2月までは、施工チームの仕事はありそうです。

年を越せそうで良かったです。実は2件とも予算をオーバーしたので、規模縮小またはグレードダウンを打診していたのですが、依頼者が計画通りにやりたいと決断され、動き出しました。

他のあいまいな案件は辞退して良かったと思います。私の判断は正しかったようです。

ちなみに若い人の相談案件は全滅しました。時間と経費の無駄に終わりました。ほとんどが家族の援助を期待していたものですから、無理だったのでしょう。
それに常識もなかったです。

昨年の秋頃の失敗の経験が生きてよかった。それにしても、施工チームの職人は何も営業をしてないので、経営的には綱渡り状態です。

[PR]
by neo-diy | 2017-11-23 07:34 | 事業者向けネタ | Comments(0)

今月までの成果・今後の見込み

この時期になると、そろそろ来年向けの計画や種まきをします。職人にも覚悟を持ってもらうため、予告します。

力を入れてきた知人の店を使っての相談業務ですが、契約率は半分以下に低下しました。職人たちが自分で営業しないので、私が無理して経費を使って相談を受けた結果がこれです。

最近の数少ない契約見込みの件、施工担当が下見に行ってから確定すると思いますが、まだ下駄を履くまで分かりません。

一方、地方の案件は契約率8割以上をキープしています。誰が考えても、こちらのほうに力を入れたほうが良いはずですが、足かせになっているのが職人の仕事を取るための相談案件です。
*年内に見切りをつける予定だったのが、大きな現場を担当したので延期しました。来年の2月まで予約があります。

問題なのは、予算も工法的にも大丈夫と返事をした相談者が連絡が途絶えたり、キャンセルしたことです。理由は、おそらく金額的なことです。気持ちは分かりますが、約束を守らないのはいかながものかと。
そういう人は信頼されないので、案外危ない業者に騙されます。
*以前、そういう人が他の業者の製品を購入して地元の工務店に施工させ失敗して再度問い合わせてきたのですが、私もそんなに甘くないので断りました。

自分一人なら案件の取捨選択は難しくないのですが、専属施工チームを考えると簡単には割り切れません。(彼らは努力しないので、じっとして待っているだけですが)
そこで、サイトを更新し、コンテンツの拡充を図っています。

今年、汎用性のあるオリジナル薄型防音仕様を確立したので、これが地方の案件に活用されています。
これが今年の成果の一つです。これを伸ばす方向で考えています。
*先日の相談者にも、他の業者にはない技術だと評価されました。
----------------------------
暮らしの雑記(ぼやき+ウェブの事など)

[PR]
by neo-diy | 2017-11-22 07:26 | 事業者向けネタ | Comments(0)

今週は色々と忙しくなりそうです

先週の相談とご返事いただいた件の準備のため、今週は忙しくなります。
*無料相談を休止しましたので、その分、時間が出来ますので、間に合うと思います。

来月の中旬から新年にかけて予約が入りました。1月の中旬からは先約の件が決まると思いますので、2018年の3月上旬までは、うちの職人チームの仕事は確保できそうです。

私のほうは個人的にお受けした、信州の案件が今週契約になります。

あとは、知人の店に何回か義理で行かなければなりません。
*契約を知人の店で交わすこともありますので、当然ですが食事を用意します。

土曜日の依頼者には、海鮮ちらし寿司を出しましたが、評判は良かったです。
*私のお勧めの一品です。

それから、そろそろ歳暮の準備をしなければ希望する品を確保できなくなります。

電子レンジが調子が悪くなり、回転皿がちょっと重いものを載せると動かなくなりました。
*某○菱ですが、冷蔵庫は2年で壊れ、5年前に日立の製品に交換したのですが、調子はいいです。

あれも、これも交換したいと思うのですが、すでに今年は浴室の換気扇、リビングの照明器具で予算を使ってしまいました。
*靴は古いのを下駄箱から引っ張り出し、補修用のクリームを塗って磨きましたら使えるようになりました。あとは防水剤と靴底敷きを買えば、来年の春までは大丈夫そうです。

最後に余談ですが、メールなどの無料相談は休止と明記しているのに、それを守らない遠方の人からのリクエストです。とても面倒です。この地域の人は自分勝手な人が多く、毎年のように同様な問合せが来ます。地域性?なのかと思うくらいひどい。
*質問に答えると、また次の質問をしてくるので、今日はきっぱり断ります。

[PR]
by neo-diy | 2017-11-13 07:34 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧