<   2018年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧   

知人も転職をしたが本業に未練が   

諸事情があって、料理が専門の知人が建築業界の会社へ転職しました。ですが、若いころからやっていた調理の世界に未練があります。そりゃそうでしょう。
全くの異分野に、元店主の紹介で就職したわけですから、体も慣れないし、戸惑うことも多いらしい。

ですが、40代という年齢のため正社員で雇ってくれる会社が地元にはなく、1年間就職浪人をしたあと、自分の元雇い主に相談して、店の常連さんの社長の会社へ。

根が真面目なので、その会社の社長も気に入っているようで、本人がやる気があれば続けられるようです。
元店主に言われたのは、どんな分野の会社でも学ぶべきことは少なくないから3年ぐらいはやってみろ、と。

元店主の支店を任されていたのですが、時代の流れと言うか採算性が落ち込み、その支店を閉鎖しました。
その後、本店の手伝いを時々していましたが、すでに別のスタッフを雇っているので、どうしても1人余るんです。
*住宅地の店ですから、こじんまりと経営するしかなく、大儲けはできない。

彼はネットのツールが好きで、オンラインゲームやショッピングなど結構利用しているため、ツイッターやブログにもなじみやすいこともあり、ウェブサイトの勉強をしたら、いろんな職場で役立つと思うのです。
*こんど会ったら少し説明してみようかと思います。

40代になったら、転職は厳しいので、まずは商いに役立つスキルを身に付けながら働くという努力が必要だと思います。
ウェブサイトのツールは料理の世界(店経営など)でも重要になっています。本業に復帰した時にも役立つはずです。

[PR]

by neo-diy | 2018-01-30 07:47 | 事業者向けネタ | Comments(0)

地元でもインフルエンザが流行し始めた   

先週、知人の看護師に聞いたら、ついに地元国立・立川方面でもインフルエンザが流行り始め、一部の小中学校で早退・行事の自粛などで対応しているようです。そのうち学級閉鎖もあり得るでしょう。

だいたい、子供を通じて家族に広がるパターンが多く、大人がそのまま会社や仕事場で他の人にうつしてしまうリスクが大きいです。

仕事が忙しいのは理解できますが、他の人の迷惑になりますので、病院に行って指示を守らなければなりません。
知人看護師も最近は、いつもマスク着用で話しかけてきます。
*マスクをしていると誰だかわからないんですよ(笑)。けっこうな美人さんで優しい目をしてます。
*いまは看護学校の研修生を連れて仕事をしているようです。

私のほうは、先週で相談予約の打合せが一応完了し、今週から見積り提案書作成、確定申告の作業に追われます。
しばらくは、殆ど外出しない生活が続きます。
*そのほうがインフルエンザのリスクが少ない。

大半の買い物は通販と近所のスーパーです。
------------------------
暮らしとウェブの雑記 181.png

[PR]

by neo-diy | 2018-01-29 08:06 | 暮らしの雑記 | Comments(0)

取引先・知人の中では特殊な受注状況   

私の取引先は提携の職人を除けば、大半が防音建材メーカーと建築事務所、事務用品の会社です。
その多くが首都圏や関西・中部などの大都市圏から受注しており、私のように南は指宿から北は札幌まで遠方の案件の契約実績のある自営業は珍しいと言われています。

現在も、東京都内のほか、山陽・関西・関東・信州・東北・札幌の契約・予約案件があります。
むしろ、地方の契約件数のほうが多いくらいです。これもウェブサイトなどネットのお蔭です。
*ただし、沖縄や離島はお受けできません。それは取引先の製品を納品できないためです。

これは私が木造建物を得意としているので、全国的に対応できるのです。これがマンションやオフィスビルなら対応できない。

木造は大工職人が得意な分野ですので、私のほうで説明図や特殊な建材を納品すればほとんど施工できます。

私のウェブサイトは、余り知名度がないので、非常にコアな依頼が来ます。検索するときに具体的な複数のキーワードで探すためです。
問い合わせ件数は少ないのですが、東京だけではなく地方からの依頼が結構あります。

逆に、東京は専門業者が多いので、大半の現場は新築業者が提携の大手業者に防音室を依頼するので、施主個人からの依頼がない限り契約は殆どできません。

ですから、私の仕事だけ担当する職人たちは、ひもじい思いをするわけです(笑)。
見積りも他の業者に比べて安いほうだし、コンスタントに東京方面の仕事は契約できないので。
ただし、私は他の業者のように、職人から手数料を取らないので、見積金額がそのまま彼らの売り上げになります(諸経費込み)。

他の内装業者に、そのことを伝えたら驚いていました。
*最初は、元請業者が職人から手数料を取ること自体に私のほうが驚きましたが。
私は営業経費を依頼者や職人に転嫁するのが嫌なんです。だから、営業経費を私が負担しているので、他の業者や施主には、私の見積りは余り参考にならないはずです。あくまで私の契約者個人のための見積りです。
--------------------------
暮らし・ウェブページの雑記 182.png

[PR]

by neo-diy | 2018-01-27 07:46 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ある事情があって知人・提携先にアドバイス   

私の提携先建築士(現在は健康上の問題で休止中)からの情報、ある某省OBの投稿記事などの情報から、今年なにか懸念されることが起きそうな感じです。

そこで、今年の前半期にできるだけ仕事をするように職人や一部の知人には伝えました。
懸念される事態が起きた場合は、色々な製品が高騰する恐れがあるからです。

私の業界も国産品だけではなく、輸入製品・材料にかなり依存していますので、現場の見積りが崩壊するだけでなく、工事もストップすることが予想されます。

ですから、出来る限り今年の前半期に案件を完了させて備えたいと考えています。
*当然ですが、私の取り扱い防音資材も欠品や値上がりということが起きるでしょう。生産拠点施設そのものは、たぶん大丈夫と思います。

問題は物流の途絶、諸製品の高騰、材料不足の事態になる最悪の場合です。その前に備えることが出来るのなら、手を打ちたいと思います。一時的な休業状態も覚悟しなければならないと思います。

私のような零細業者は耐力が小さいですから、リスクを分散させることが重要です。

うちの職人には細かいことを伝えても動かないので、やれることを急いで実施するようには伝えました。
その第一段階が3月までの現場です。

[PR]

by neo-diy | 2018-01-25 07:32 | 事業者向けネタ | Comments(0)

少しでも出費を抑える努力   

来月の中旬から始まる確定申告では、余計な出費を増やさないために、漏れなく領収証を整理し、控除等の書類を用意し、きっちり収支計算表・帳簿、申告書を作成しなければなりません。
*自営業の場合は所得税や事業税だけでなく、住民税・保険税がかなり重くのしかかるので、必要経費の領収証などを紛失すると痛いです。
*不明な点は税務署に電話で質問したり、無料相談を利用することが重要。

適切な確定申告は次年度の商いの指標にもなります。どこを改善すべきかが見えてきます。

今年の経費を抑えるポイントは、私の場合は地元の相談件数(契約)を増やすこと、現場資材の立て替えを減らすことです。
できれば国立市内の案件を増やしたいのですが、国立音楽大関係者からの依頼が重要です。
*昨年は2件の契約がありました。

それから、外注経費(資材加工、外注工賃)を抑えること、これが最も難しい。

確定申告の計算作業を余裕を持って行うために、1月31日~2月16日までは無料相談を休止します。
これが完了してから、相談業務を頑張ります。
---------------------------
と、ここまで書き終えて、メールをチェックしましたら、最近使い始めた製品の今年度取引価格と、関西・中部・信州・北陸・関東の送料価格表が取引先(大手)から来ていました。
これならば、費用対効果と送料の面で問題を解決できそうです。
もう一社とは対応が大分違います。今後は、この会社との取引が増えそうです。依頼して良かった。
これが本来の企業の姿です。クライアントの要望に応える努力をするのが良企業の姿です。
----------------
暮らし・ウェブページの雑記182.png

[PR]

by neo-diy | 2018-01-24 07:50 | 事業者向けネタ | Comments(0)

不安を煽るウェブサイト業者   

最近、電話営業やネット広告で自営業者・零細企業(クライアントなど)の不安を煽るようなウェブサイト業者(ホームページ制作、SEO対策)が目立ちます。

もちろん、キーワード検索で自社のサイトが上位に出てこないのは困るのは確かですが、彼らには、どのようなキーワードが重要なのかは理解できていません。
一番よく知っているのは、宣伝の相手であるクライアントの経営者・自社のスタッフです。

クライアントである経営者やスタッフへのヒアリングの中から重要なキーワードやコンテンツを掴むことがウェブ業者の大事な仕事です。それで大半の勝負は決まります。

それなのに、キーワード検索で上位に出てこないからSEO対策が最も重要だと言う論法は間違っていると思います。それに電話営業に力を入れている時点で、そのウェブ業者は不適格です。

私がウェブ業者ならば、商いを支援する視点でコンサルティングに力を入れ、その中の提案としてウェブ構築を勧めます。コンサルティング+ウェブ構築をセットで提案します。
SEO対策ばかり力を入れても受注できません。

ウェブサイトに最も重要なものはコンテンツの質です。競合する他業者にはない独自の商材や技術を差別化して提示することです。実績・実例や考え方を併せてブログで発信すると効果的です。

私のクライアントである音楽家や先生は、大半がウェブサイトを自作しています。中にはブログをホームサイトとして運営し、多くの問合せを受けている人も居ます。
SEO対策って何?ということを言われる方が多く、その必要性を感じていないようです。

実際、私が色々とキーワード検索してみると、クライアントのサイトは上位に出てきます。
専門業者にウェブ構築を依頼する必然性など殆どないのです。

これからウェブサイトを作ろうと考えている人は、まず知人などウェブサイトを活用している人の話を聞くと良いと思います。必要があれば、専門業者に話を聞くのは良いと思いますが、焦って契約などはしないほうが良いでしょう。

最近は、無料で活用できるクラウド型サービスが増えていますので、業種によっては、大した費用も掛けないで対処できます。
もちろん、ちゃんとしたホームサイトを作るのにも余り費用はかからないと、私は思います。
--------------------
今日のような悪天候になると、余計に電話営業が来ます(笑)ので、皆さまご注意を。182.png

[PR]

by neo-diy | 2018-01-22 07:33 | ウェブページ | Comments(0)

新しい木造防音室の設計仕様を作りました   

ある製品が4トン車でないと現場に通常料金で運べないという地域が出てきまして、大幅に私の防音材費用を超過することになり、一部の案件でもめました。

このようなことが今後想定されるため、ある大手の専門メーカー(受注生産品)の遮音材を軸に音響・防音仕様を新たに作り、すでに、その製品の効果を確認しました。

少し問題があり、単価が従来の設計に使用する防音材よりも高いため、一般建材と併せてトータルでコストを抑えるように仕様を調整中です。

上記の大手メーカーは通常は私のような零細自営業者と取引をするのは異例であり、初年度は代金を前払いして信用を得てから、2年度から月末〆の翌月払いになりました。
*ウェブサイトの実績を提示してから交渉したので、取引を即決されたと思います。
*工場からの直送便のため、送料を含めて資材費用を安くしています。他の代理店よりも安い値段で現場に支給しています。

ものすごく重いので、現場で荷受をしてくれる職人が居ないと厳しいです。もちろん、力のある男性が居れば対応できると思います。
製品が2つありまして、面密度約9.8kg/m2と8.2kg/m2です。通常の遮音ゴム製品が面密度約5.0kg~6.2kg/m2ですから、相当な比重です。

しかも柔軟性があり、両面とも不織布加工されており、耐久性があります。高品質です。
主に木造の音楽室の防音工事に使用しています。
--------------------------
木造防音室 169.png

[PR]

by neo-diy | 2018-01-20 08:14 | 住まいの防音 | Comments(0)

姿を消す知人のウェブサイト   

今年に入って、知人のホームページが次々と姿を消しているのに気づきました。

考えられる理由は、レンタルサーバー・ドメイン費用の払い忘れ又は払うのが馬鹿らしくなったこと、無料ブログやツイッター、インスタグラムなどに乗り換えたなど。
*運営する必然性がなくなったことも考えられます。

知人の事業者は、更新していなくても、変わらず存在しています。当然だとは思いますが。

リンク先の多くが欠陥住宅を告発するサイトでしたので、相手業者から閉鎖の圧力がかかったことも考えられますね。ブログは大半が無料なので、そのまま残っているページも結構ありますが、更新されていないようです。

やはり、一般的に通常のウェブサイトは更新するのが面倒という理由で、ブログなどに乗り換える人が多いと思います。
ついに、私の古いウェブサイトをリンクしている知人は、3名となりました。
防音職人のサテライトページ(このサイトは最も古いのですが、比較的新しいページと古いページが混在している)

クラウド型ウェブサービスの大半が無料ですので、事業者以外は無料サービスで十分と考え、そのうえ多くの雛形もオプションで無料で利用できるので、なおさらです。

今回の表題とは無関係ですが、最近のお気に入りの芸能人のウェブサイトは、石田ゆり子さんのサイトです。→オフィシャルサイト
私好みのデザインです。癒されます。

[PR]

by neo-diy | 2018-01-18 07:33 | ウェブページ | Comments(0)

仕事関係は個人差が大きい   

提案書を渡しても、急いで防音資材を納品しても、受取りの連絡すらしてこない者がいて、契約者と比べると雲泥の差がある。
*約2日間かけて作った提案書の受け取りの返事さえない。(最近、東北方面はそういう人が多い)

関西方面から、わざわざお出でになった依頼者は、こちらの返信や提案書送付には速やかにご返事をいただき、正式依頼も即決され、こういう誠実な依頼者のおかげで、なんとかモチベーションを維持している最近です。

連絡も満足にできない者に限って、支払いも遅いので、余計に頭にきますね。
人様の労力をなんだと思っているのかわからないが、この人たちの再度の相談はお断りです。

さて、これで白黒はっきりしたので、確定申告完了までは、契約案件だけ対応して、他の件は放置します。時間がもったいないです。

個人差のレベルは西高東低です。信州と北陸、北海道は契約率100%を維持しており、驚異的な地域です。最近は中部・関西もほとんど100%に近い。

さすがに地元の国立は契約率100%です。みなさん、歩いて仕事場の近所までお出でになりますから。
いつでも相談できるという安心感があるんでしょう。
相談場所・案件
-----------------------------
暮らし・ウェブページの雑記182.png

[PR]

by neo-diy | 2018-01-17 07:59 | 事業者向けネタ | Comments(0)

30年以上インフルエンザにかからない   

私は一応自慢なんですが、30年以上インフルエンザにかかったことがないです。風邪で会社を休んだこともない(二日酔いで、風邪と偽って休んだことはある)。目白の会社勤めの頃(30代の前半)、一度だけ高熱で午後から早退しましたが、そのときもインフルエンザではなかったです。(社内の人にうつるので早退してくれと上司に言われた)

たぶん、朝食をかかさずに仕事をしていた習慣が良かったのと、毎日シャワーで体を洗う(真冬でも)のが効果があったんだと思います。(おかげで?白髪がほとんどない)
それと食事の好き嫌いがない。

ただ、食べ過ぎ飲み過ぎで、内臓脂肪が増え警告を受けました(笑)。
現在は、大分食事に気を付けているので、内臓脂肪も減りました。ですが、中性脂肪はどうも体質のようで、標準値を超えています。

よく食べるものは?と聞かれるのですが、卵(鶏、うずら)、チーズ、枝豆、豆腐、魚、にぎり寿司、なまこ(ポン酢)、鶏肉、トマト、大根、かぼちゃ、みかんなどです。国産にこだわっています。
*飲み物は、牛乳、コーヒーと緑茶、たまにハーブティー。お酒は家では殆ど飲みません。
*外で飲む酒は焼酎。(ウィスキーは医者に控えるように言われた、尿酸値が標準を超えているのでビールは殆ど飲まない)
*お菓子はチョコレート(国産)

こんなこと、何の参考にもならないでしょうが、強いていえば和食が多いです。

[PR]

by neo-diy | 2018-01-15 07:28 | 食品・料理の話 | Comments(0)