<   2018年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

連休中の予定はない

仕事の相談者や問合せ者には、連休中は緊急の用件がない限り休みますと伝えました。
今まで14年間、独立開業する準備期間を含めて、大型連休は相手の都合に合わせて動いてきたのですが。

体の不調も抱えていますので、デスクワークや現場での立ち仕事(主にチェックと打合せ)を控えたほうが良いと整形外科の医師にも言われています。
むしろ休み中はストレッチや趣味に時間を使って、特段予定を入れないことにしました。

だらだらと、ゆっくり過ごしたほうが、連休明けの仕事にもプラスになるだろうと思います。

仕事が減って、焦ってもどうにもなるものではないので、ニュースに目を通し、書籍をネットで探して注文したり、普段見れない動画を観ることに時間を使いたい。

仕事のほうは、殆どお約束通り納品が終わり、急ぎの件は間に合います。
*職人の仕事を受注するために無理して営業するのも今回限りで止めました。

知人のサイトも先延ばしして、自分のことを優先します。今まで十分に配慮してきたので、もう十分だと思ってます。やはり、体力が低下しているので、デスクワークも長時間は無理です。

ブログ程度は苦にならないので、いくらでも投稿できますが、一から作る作業はきつくなってきました。

昨日から、色々なサイト(知人を含む)を見てきましたが、本当に便利なサービスが増えてきたようです。
14年前に試行錯誤してホームページを作っていた頃に比べて大分環境が変わりました。

ただ、作ることに関しては14年前のほうが楽しかった。不便な状況でも「ネットって便利なツールだなと実感できていました」が、今は便利すぎて何が良いのか選択に困るという時代ではないでしょうか。

困ったときは、色々な知人や専門家に意見を聞くと良いと思います。
ネットで検索しても役立つ情報は出てきますので、併せて勘案すると、きっと出来ます。行動力と根気があれば、きっと。

[PR]
by neo-diy | 2018-04-29 09:08 | 暮らしの雑記 | Comments(0)

知人のサイトが衣替えしてきた

リンク先(昔の同僚、元クライアントなど)の知人のホームページが最近アドレスを変えたようで、一時的に見えなくなったので、色々と屋号などで検索したら、見つかりました。

今まではHTMLのべた打ちと手づくりのCSSを組み合わせて作っていたのが、jimdo,wixに切り替えていました。その際、アドレスとドメインを変えてしまったうえに、移転案内を表示していなかったので、見えなくなっていたようです。

とにかく、クラウド型の雛形に交換してCMS対応のものを選択しています。ブログが内部に組み込まれています。
記事を投稿すれば自動的にホームページが更新される仕組みです。wordpressと同様ですが、jimdo,wixは使い方が簡単です。
とくにjimdoの雛形は解説書が出ていますし、ネットのマニュアルが非常に親切です。
*ひな形が変わっても更新・カスタマイズの仕方が共通しているので、複数のサイトを速やかに構築できます。

私の知人は大半が50代・60代です。みなさん、頭が柔らかいんですね。適応力がすごい。
たとえば、次のサイトは昔の同僚の同郷知人が運営しているものですが、よくできています。
猪原金物店

次のサイトはjimdoの雛形で作ったサイトですが、私のクライアントで琵琶教室を運営されています。
琵琶教室  *これもお洒落なホームページです。(この運営者は若いです)

これから新しいホームページを作ろうとしている人、お金をかけなくても出来ますよ。
--------------------
余談ですが、今日から大型連休ですが、私は一休みしながらウェブの情報を探します。
安曇野は、いまが一番良いシーズンかもしれませんね。
→リンク先のペンション:安曇野あるかす


[PR]
by neo-diy | 2018-04-28 07:53 | ウェブページ | Comments(0)

結局、時間を浪費してしまった

3件の相談は、建築士や施工業者が質問ばかりしてきただけで、検討費用をどう考えているのか見えないまま中断しました。

私のほうは時間を無駄にしただけで、利益はなさそうです。ただし、ダメな事例として検証材料にはなったようです。何事も経験ですね。それにしても建築士が相談してくる案件は、だめだ。

建築士というのは、人様からもらうばかりで、寄与することやギブアンドテイクを考えない人が多い。これが問題の現場を生み出す背景の一つでしょう。
建築士は施工業者から「先生、先生と持ち上げられる一方で、施工などノウハウを提供してもらって生活してきた」ので、自分で考えないで適当に過ごしてきた人が結構多いです。
*最近は施工業者から大半の仕事をもらうようです。

提携業者に助けられることに慣れているので、外注先の力量をあまり疑わないし、自分で勉強しようという気構えがない。
見切り発車して竣工した建物が、法基準さえクリアできていない現場が多発するということになる。
吸音材も断熱材も区別がつかないお粗末な見識で、なんでも専門業者に聞けばいいと思っている。
そのくせ、費用も払わないで逃げる、あさましい会社も多いので、本当は相手にはしたくないのが、私の本音です。(情報をもらって逃げても、指定の製品を使わない限り失敗するはずですが)

今回はどうなるでしょうか。良い顛末記が告発文だらけにならないように願いたいものです。
とくにかく、明日から連休です。少しは、まっとうな依頼が増えるようにウェブページを改良しなければなりません。そのためのネタを探したり、メモしておきたいです。

ちなみに、他の建築士・建築家から相談を受けても門前払いすると言っていた知人建築士は、お金を提示されると、コロッと態度を変え、恵比須顔になります(笑)。
--------------------------------
暮らし・ウェブの雑記 181.png

[PR]
by neo-diy | 2018-04-27 07:46 | 事業者向けネタ | Comments(0)

連休にしようとすると難しい相談が来る

急に2件、難しい相談が入り、一応急いで返信しましたが、いま返事待ちです。

まだ、施主の希望する日程や条件が確定していないので、なんとも言えない状況ですが、もしかしたら1件は、私のほうの手配で施工も依頼されるかもしれない。
*見積りと日程次第

新築の失敗現場ですから、2件ともに予算も大きな制約があり、施主の希望と予算が乖離することも考えられ、中止になるリスクを抱えています。

私も連休を潰してまで、対応する義理は全くないので、今日明日中の返事の内容で判断します。
メーカーは9連休ですから、送料の見積りさえ、たぶん連休明けじゃないと確定しないと思います。

送料が値上がりして、路線便だけでなく、チャーター便も混雑しているので、多量注文は連休明けでないと予約できない見込みです。

2件ともに建築士が設計を間違えたり、外注した専門業者の施工が不十分だったなど、現場を解体しながらの補修になるので、新築を一部壊して造り直しになるのです。
職人にとっては、とても後ろ向きな作業になるので、みな嫌がります。

自分たちが設計図にしたがって忠実に造り上げたものを、また壊すのは、それは相当精神的にきついです。私も建築士に、あれこれと厳しいことは言いたくないので、我慢してアドバイスすることになるから、正直に言って「あまりお受けしたくない」というところです。

新築の段階であれば、そこまで壊さなくても何とかなったような気がします。
しかも、専門業者に外注した追加補修がほとんど遮音効果を生まずに、ほとんど実験のようになった。ですが、私には貴重な情報であり、今後の音響・防音設計の参考になるので、対応したいと考えた次第です。

なんとも悩ましい案件です。今日は夕方から有料相談が入っていますので、4割程度は時間を取られます。他の契約案件も同時並行ですから、うっかり相手の名前を間違えないように気を付けなければなりません。
------------------
追記:1件は、建築士が調子こいて、続けて質問してきたが。相談料を安く提示しなければ良かったと思う。建築士とは自分の報酬を棚上げして、人様に助けてもらおうとするんだね。開業当初と変わらない。
特急料金を追加するべきだった。
これ以上は、対応できない、時間切れ。

[PR]
by neo-diy | 2018-04-25 07:38 | 事業者向けネタ | Comments(0)

大型連休まで、あと5日間

今日を含めて、大型連休まで5日間となったが、この連休のせいで現場への納品資材を急いで手配しなければなりません。(連休中は取引先・工場が全て停止しますので)
しかも、設計図を先に作らなければならない。なぜ、先に作業しなかったのかと言うと、それは契約日が先週の金曜夜だったからです。
*別件の返事待ちもありまして、日程が確定していなかった。

何事も確定しないと前に進まないのです。決まったからには、急いで準備します。
・設計図の作成
・資材の手配
・事務連絡

別件の準備
・今週の有料相談1件
・設計図の作成1件に着手 など

要するに3件の対応が急ぎになります。おそらく。

ただし、緊急の相談が入らなければの話ですが。一応、4/28、5/1、5/2は予備日として空けてあります。
知人の提携店も普通に営業しているので打合せに使えます。

今週の金曜までに何も問合せがなければ、私も9連休になると思います。
---------------------------
余談ですが、上記の案件は2件が直接施工チームの契約です。私の経費を入れると予算をオーバーするので、そうしました。(約15%分が私の税金でもっていかれるのでお互い無駄になる)
ところが、施主に施工担当の事務連絡が遅いのが分かったようで、私の方へ随時連絡が来ます(笑)。

よく、工務店など建築会社が諸経費を25%とるので高いという施主がいますが、高くはないのです。
*会社の利益と税金分が、この25%に相当します。これらを差し引いた残りが正味の工事費用(職人の人件費、資材費用など)になります。25%は業界の標準です。
*私の施工チームも税金を差し引いた残りで生活しています。余裕はないですが、依頼者の負担は軽減されます。諸経費を10%程度に抑えているからです。

トータルでは、私のチームが担当すると諸経費が15%安くなる仕組みです。

[PR]
by neo-diy | 2018-04-23 07:43 | 事業者向けネタ | Comments(0)

発リンクは当該サイトの信用を高める

検索エンジン対策とか、自分が運営している会社のホームページを経由した仕事の受注には、「発リンク」は無駄だと考える人が居るようです。

知人建築士は、あさましい考えで、私の発リンクを削除しました。(今までの私や知人の協力を無にしようとする浅はかな行為)

発リンクは、当該サイトの実績や信用を高める一つの指標にもなります。取引先やクライアントのサイトにリンクしてもらったり、自分のサイトからリンクをするのはマイナスにはなりません。

知人建築士は、自分の仕事がリンク先へ流れて行くと思い込んでいるため、リンクを切ったのだと思います。自分のコンテンツを充実させれば、そんな心配も不要ですが。
*ご希望に沿うように私の発リンクも削除しました。これで建築士のサイトもネットワークの力が低下し、信用も下がると思います。好きなようにやれば良いと思います(笑)。
人様に信用されないような業者に、リンクなどしてもらいたくはないです。

本業のコンテンツも更新しないような運営こそ、信頼されない理由だという事が理解できない人は、ウェブサイトを活用した商いには不向きです。

ちなみに、私のサイトの発リンクは、大半がクライアントと知人です。無断でリンクしているものは一つもないです。

さて余談ですが、昨夜、予定通り「木造ピアノ防音室」の現場が契約になりました。久しぶりの東京都内です。施工を担当する職人チームの居住地に近いので、彼らも通うのが楽でしょう。
この現場も、私のウェブサイト経由の案件です。
------------------------------
追記:先日、相談者に聞かれたことを思い出したので補足します。
キーワード検索の上位に出てくる業者のほとんどがお馴染みのサイトばかりだと言われました。
もちろん、大手企業が上位に出てくるのは不思議ではありません。

ですが、事例のコンテンツにきれいごとばかりを並べている専門業者は、果たして信頼できるのでしょうかということです。
専門的な仕事に完璧はありません。むしろ企業にとって、都合の悪い事例は公開しないはずです。
実際に、私の所へ大手企業に依頼して失敗した防音室や防音工事の相談に、お出でになる事実は、キーワード検索の上位に出てくる常連さんが、必ずしも信頼できないということを示しています。

グーグル検索の上位に掲載されていても、実際に失敗して責任も取らないで逃げている大手業者も居ます。
------------------------182.png
暮らし・ウェブの雑記

[PR]
by neo-diy | 2018-04-21 07:38 | ウェブページ | Comments(0)

今月の日程がうまりました

昨夜までで、今月の日程が概ねうまったようです。

閑古鳥が鳴くのでは?と思っていたのですが、予約案件も、ほぼ日程調整ができる見込みとなり、6月の下旬までは、なんとか仕事があります。

私には、あと1か月程度、ウェブサイトや地元での相談業務に時間をかけることができます。

今月は、来週1件、有料相談をお受けするほか、契約書類の作成で一杯になると思います。

大型連休と代休は、概ね自分の想定通りに確保できそうです。
取引先が9連休ですから、この期間中は、問合せもできないので職人が担当する現場も、彼らの都合に合わせて見守るだけです。

昨年に比べれば、今年は今のところは日程調整がうまくいっています。

ただ1件、相当な資材費用を立て替えることになり、連休中に現金が使えません。
5月に入金があるまでは、本当に大変です。
*デジカメはクレジットで買うことにしました。6月払いで。

でも、この不景気にご契約をいただき、本当に有難いと思います。

[PR]
by neo-diy | 2018-04-19 09:39 | 事業者向けネタ | Comments(0)

私が見積りを間違えたようです

ある現場で、私の見積りが一部間違いがあり、資材が足りなくなりました。

私が間違えた分は負担することにしました。要するに図上計測と現場での数量に一部開きがあり、それが分からなかったのですが、今さら契約者に不足分を要望するついでがないので、私がかぶりました。

私の見積りは、いつもきっちり計算するので現場では殆ど余りません。廃材処分をする費用のほうが高いので、いつのまにか、そういう癖が付いたようです。
*今回は、その分、施主は得するわけですが(笑)。

いくらマイナスになるのか、計算してみました。
*6500+7000=13500yen

かなり痛いです(>_<)→ランチ13回分程度。 もう今月は外食できないかも?
今月は引き籠ることになりそうです。

自分が、こんなに間違えたのは久しぶりですね。。別に不注意ではないのですが。

私の経費を削って成立させた現場なので、余裕はないんですよ。この案件、日当計算で換算すると約8000円になります。
時給換算すると、近所のコンビニのバイト料よりも少し低い感じです。

私は基本的に自分のミスは自分でかぶる方針なので仕方ないです。
------------------------
国立・西国立でのコンサルティング

[PR]
by neo-diy | 2018-04-18 07:58 | 事業者向けネタ | Comments(0)

取引先が言うには大変な状況だと

私の取引先は、受注金額についてはデフレだと言います。個々の見積りも相当抑えても、総額の予算が縮小しているので、もう限界だと言います。

一方、防音建材の取引先は、売り上げが伸びており、忙しくて休めないと聞きました。単価を抑えて多量に卸す戦略で事業拡大したと聞きました。
たぶん、専門の設計施工の業界は、この方式が出来ないので厳しくなっているのだと思います。
*食品で言えば専門店がスーパーに価格競争で押されるというような感じでしょうか。

私の業界も予算は縮小化しています。だから見積り提案が直ぐに了解されることは少なく、優先度の低いところを削りながら、施主のDIYに振り替えたりと調整して、やっと収まるというパターンが普通です。
その過程で、一番犠牲になるのが私の諸経費です(苦笑)。もはやニッチな分野も、業者の数が飽和状態になりつつありますので、見積りの段階で負けることはよくあります。

積り重なると、犠牲にした経費が年間かなりの額になります。その分、利益を圧迫します。私にとってもデフレ的状況に等しいです。ほんとうにぎりぎりの単価で抑え、総額が縮小した分を何とか帳尻を合わせて成立させるように努力しています。
*東京方面の現場はとくにその傾向が強いです。

地方の人は東京の現場のほうが見積金額が高いと思うようですが、現在は逆になっています。
東京のほうが競争率が高いので、無理して受注している業者が多く、その大半が専門業者ではなく、新築業者とリフォーム業者なのです。
*担当する建築士の取引先が多いです。

価格競争では、私の出番はなく、専属チームを投入することは無理があります。

こんな状況で、もしも消費税が上がったら、中小企業(自営業含む)は、いったい何を削れば良いのでしょうか。中小企業の給料って15年前から殆ど上がっていないです。

私のほうは削る余地がないので、見積り単価を、むしろ値上げするしかないです。

取引先も経費を削るところが、もうないと言います。こんな状況下で楽観視している、うちの職人は絶滅危惧種なのでしょうか。
まったく、状況認識が異なるので、取引先や知人も驚いています。
---------------------------------
暮らし・ウェブの雑記 182.png

[PR]
by neo-diy | 2018-04-16 07:32 | 事業者向けネタ | Comments(0)

予想外の契約進展

昨夜、施工担当が打合せに行った現場が契約に、同じく昨夜メールで契約のご確認をいただいた件も、来週中に契約になるようです。

2件ともに木造防音室です。うち1件は遠方のため施工業者は契約者の地元の建築業者が担当します。
私の担当は防音設計・コンサルティングです。

さらに、来週は直接、施工担当が現場を確認して契約する案件ですが別途1件決まると思います。
こんなに早く動き出すとは、ちょっと予想外で日程調整が必要です。

結果論ですが、他の案件が連絡が途絶えたのは不幸中の幸いだった?かもしれません。

流石に同時並行は無理です。3件が限界でしょう。そういうときに限って、別件の施工依頼が来たのですが、困りました。
*6月下旬までは直接施工は難しいと思います。

取引先を紹介するには、ちょっと予算が足りないと思いますし、木造賃貸なので費用対効果の面で不安があります。

他にもメールで問合せがきたのがあるのですが、文面はちょっと意味不明なので辞退することにしました。
外国人?かもしれません。
それでは私の契約書が理解されないかもしれないのでリスクがありますね。私は英文で契約書を作ったことがないので無理だと思います。
--------------------------------
暮らし・ウェブの雑記 182.png

[PR]
by neo-diy | 2018-04-14 07:45 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧