人気ブログランキング |

<   2018年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

自宅マンション廊下での会話

自宅マンションの管理会社の担当者と同じフロアの居住者は私が自営業であることは知っています。

違うフロアの居住者は、私が平日の昼間に出入りしているので不思議に思っていた人がいたようで、先日「今日はお休みですか?」と聞かれた。

「ああ、私、14年前から自営業者になりまして、一人で全部こなしているので、雑用が多いんですよ。」

「すごい!いいですね。」

「はぁ?(なにがいいんだよ・・・)」

「うちのだんなには無理です。」

「人それぞれですから。(隣の芝が青く見えるんだな・・)」

自営業は、ボーナスがない。決まった報酬もなく生活は不安定。休みがあるようで、いきなり休日返上になる。
など、デメリットも少なくない。

だが、メリットもある。
人の顔色を気にしなくていい。上司は居ない(自分が経営者だから)。体調が悪い時は休める。
基本的に嫌な相談者の仕事は受けなくていい。臨時の休暇が確保できる。通勤地獄はない。
など、決してマイナス面だけではないです。

向き不向きがあるので、自分に合った仕事を選べばいいんですよ。無理して人のマネはしなくていい。

ただ、これから自営業者になる人は、ウェブサイトの運営は必要です。
少なくともネット・PCが使えないと役所仕事や契約業務は受注できません。
------------------
お知らせブログ
182.png
NHKから国民を守る(笑、しかし、頷ける内容が結構あります)


by neo-diy | 2018-11-29 07:23 | 事業者向けネタ | Comments(0)

自分が出来る事は信念をもって取り組んできた

自営業になって14年以上、会社を辞めてから通算すると15年以上が経過しました。
*来年は自営業15周年です。

今までの経験から、自分が努力しないで取引先をあてにする人は仕事の提携は難しい。価値観が異なるとさらに難しいということが身に沁みて分かりました。

専属の施工チームに自分の本業を教えて育てながら、現場仕事を提供してから約12年が経過しましたが、ついに解散のときが近づいています。

埋めようのない営業努力・考え方の溝はどうしようもなく、私よりも一回り若いにも関わらず、新しいことに挑戦しないので、新しい道を開拓することは無理でした。
私が与える現場仕事が途切れたところで終わりを迎えます。

私の本業の分野は15年前にくらべて業者が10倍以上増えています。

というのは当時は一般的な民間建築の仕事が極端に減り始め、単価も下がった時代だったので、多くの業者が衣替えしました。
まったく専門的知識もない、建築の事も知らない新参者が増え、ウェブサイトは林立しました。

現在は、大手業者やグループ企業が顧客を囲い込むような手法や、モデルルームで美味しいことばかり誇大広告をして目先の受注に走っています。
現場の構造や環境など関係なく金太郎飴のような提案を、どこの会社も繰り返します。

しかし、大手業者が宣伝力により知名度を高めるなかで、我々零細業者は東京では受注することが難しくなりました。先日、相談にお出でになった女性のピアノの先生は、宣伝力のある業者ほど中身がないと言われました。どこの会社も提案書や契約書の内容が同じであり、まるでグループ企業だと。

でも、我々は提携先すら作れずに、東京では苦戦してきました。
私の本当の提携先が健康上の理由でリタイアしたのは本当に痛かったです。

私の苦戦の理由は職人の意識を変えることができなかったこと、提携先の人脈を確保できなかったことです。自分で設計・コンサルティングからウェブサイト、事務経理を全部一人でやるのはきつかったです。
*職人の工事請負契約書や見積書、申請書など私が全部作ってきました。

PCが使えない人は、今の時代は実務は殆ど無理です。営業マンであれば私が作った書類をもって活動できますが、うちの職人にはそのような覚悟もありません。仕事を私又は知人からもらうことしか考えていない。

取引先の建築士と同様でもらうことしか考えないので、本当は自営業に向かないのです。

これからは私は、軌道修正とウェブサイトの見直しを迫られます。
創業当時の姿に戻ることになりますが、当時と比べて経験値は格段に増えていますので、いくつかの事業戦略を考えることはできると思います。

施工チームが解散することを契約者と相談者に伝えましたら、かなり驚かれました。すぐに仲間に伝えて、私のウェブサイトを紹介してくださる人も出てきました。
応援してくれる人も居ますので、頑張りたいと思います。

by neo-diy | 2018-11-28 07:31 | 事業者向けネタ | Comments(0)

最近は契約件数が逆転

取引先を含めて、東京及び周辺の業者は、首都圏の契約件数が多いのですが、私は特殊です。

ついに完全に地方の契約件数が首都圏の契約件数を上回ってしまいました。

普通は、直接お会いして打合せが出来る東京方面の契約件数が多いのが当たり前なのです。
私の場合は会ったことのない相談者と契約するほうが増えて行き、昨年からこのような状況になりました。
*契約は大半が木造案件です。

それは、私のウェブサイトのコンテンツやブログの投稿記事を見てから依頼されています。

もう、そういう時代なのかと、しみじみ実感しているところです。
*だんだんと専属チームの出番が減り、12月には厳しい決断をすることになりました。

昨年の今頃も同様の状況で、少しでも東京のリフォームを受注しようと新しいウェブページを作りましたが、契約にはなりませんでした。
*施工チームそのものが自分たちのホームサイトを持っていません。
*検索で出て来るのは、私が無料ツールで作ったものと、相方の職人が作ったブログ・インスタです。

やはり、自分のPCで作業できない職人は、自分で仕事を獲得することが出来ない時代になっているのかと。結局は他力本願なので、紹介案件が切れたら、どうにもならない。

施工チームは約10年をかけて、防音工事や使用する資材の施工要領を指導してきました。
この技術が東京方面で十分に発揮できないことは、非常にもったいない。

今年も残り少ないですが、最後までウェブサイトを見直し、特設ページを追加したいと考えています。

by neo-diy | 2018-11-25 08:23 | ウェブページ | Comments(0)

酷いマンション案件のキャンセル率

昨年から今年にかけて、マンションのキャンセルが相次いでいます。

相談者の希望金額に合わせて、私と施工チームは複数案提示して対処してきましたが、もう我慢の限界です。自分もマンション住民だから理解できますが、勝手な奴が多いんです。

最近、専門業者が相次いでマンションを敬遠するようになったのは難易度の問題だけでなく、キャンセル率が高いからだと思います。
*その分、木造関係の現場はすごい競争率です。

現在、見積り中の相談者も先に別業者に見積りを依頼したようですが、希望通りの提案が来なかったので、私の所へ相談にお出でになりました。
*地方の場合は電話とメールで連絡が来ます。

もうマンション案件は、DIY対策のコンサルティングだけに絞ろうと考えています。

昨夜、施工チームの親方に、今後は木造中心に受注し、厳しくなったら新しい提携先に就職して、今までの業務を引き継いでくれと、伝えました。
*その時期は12月の案件が決まるかどうかで判断する予定です。

問題は、相方の職人です。彼の収入減をどうサポートするのか。できるのか、悩ましいです。

ちなみに、今年の契約率は木造が約7割、マンションが1割未満。もう誰が考えても木造中心でいくしかないでしょう。
----------------
追記:その木造案件ですが、1件話がおかしなことになり、辞退させていただきました。
困りました。工事の提携先を探さなければならないようです。


by neo-diy | 2018-11-22 07:32 | 事業者向けネタ | Comments(0)

11月は暇だと言っていたが

昨日は定休日でしたので、夜食事に出たら、偶然に知人のスナック店主に出合い、その流れで飲みに行きました。
*日付が変わってから戻りました。

朝メールをチェックしたら、相談者2名から追加資料発送の知らせが届いていました。

内容を見ると、これはあっという間に忙しくなりそうで、地方の件と東京都内の件が同時並行で動き出しそうです。

一方、専属の職人の親方のほうはマンションリフォームの見積り作成中です。
これが契約になるかどうかで、今後の日程が概ね決まると思います。

昨年の同時期は、ど暇で、そのまま師走に突入したのですが、今年は違う流れになりそうです。

今年作った新しいウェブページ経由の相談が2件来たわけですが、上出来です。
*無料の雛形で作ったページなのですが、それなりに手間をかけて作った甲斐がありました。

ちなみに、上記のスナックはフードメニューが豊富で、昨夜は夜食に雑煮をいただきました。
*さすが料理が得意な親子で経営しているだけのことはあります。
 お通しは、国産の山芋をすってマグロのぶつ切りにかけたもので、家庭料理でした。
------------------
追記:マンションの件、夜遅く中止の知らせがありました。。またただ働きをさせられ、無期限でマンションの無料相談は休止することにしました。

by neo-diy | 2018-11-20 20:28 | 事業者向けネタ | Comments(0)

紅玉の件、カスタマーサポートから返事が来ました

先日の紅玉(りんご)の問題ですが、イトーヨーカドーのカスタマーサポートから、調査と今後の件について返事が来ました。
先日の件

私の指摘をもとに、かなり踏み込んだ対応をしてくれたようです。以下、返信文の抜粋です。

「先日は、不快な思いをさせてしまい申し訳ございませんでした。
ご指摘頂いた『紅玉』は、本社の仕入れ担当と話しあい、当店ではこの商品の扱いを中止する事に致しました。
今後、本社の仕入れ担当と生産者で、商品の品質改善に取り組んで参ります。
せっかくご購入頂きましたのに、大変申し訳ございませんでした。」

カスタマーサポートが、ちゃんと機能する企業は信頼できると思います。
上記の店舗からは、引き続き注文したいと思います。

私も自分の取引先を過去に止めた経験をもっています。製品の破損や遅延でちゃんとした対応をしなかったので、その取引先は切り捨てました。

ユーザーや取引先の信頼を裏切る行為は許すことはできないと思います。

by neo-diy | 2018-11-19 09:27 | 食品・料理の話 | Comments(0)

自社の提携先の悪口を言う企業

昨日、急きょご相談をお受けした件ですが、すでにある大手企業の提案をもらっていた相談者からの依頼です。※見積りと仕様提案をセットで作ることになります。

その最初提案をしていた大手企業は、こともあろうに自社の提携先の商品の悪口を言っていたそうです。この企業の提携先は老舗の楽器メーカーで業界の大手です。
*陰で悪口を沢山言われているんですね。

その大手企業ですが、実は別件で大きな問題を起こして逃げた専門業者です。被害者は提訴しようとしたようですが、弁護士費用が高いため諦めて、私の所へ相談に来られました。
*DIYによる対策で、この現場の問題を救うことができました。

大手企業は、ネット上の情報では詳細は分からないことが多く、私の相談案件で初めて問題が露呈することがあります。
ユーザーが弁護士費用を負担できずに泣き寝入りしている件が結構あるようです。
*私の相談案件は業界の氷山の一角だと思います。

多くの人が、私の話を聞くと、かなり驚きます。それは業界の知名度のある大手企業だからです。グループ企業で相次いで問題を起こしている事例もあり、同じ穴のムジナと言えるのでしょう。

そのグループ企業の中で、互いを蹴落とすために互いに陰で悪口を言って抜け駆けしようとしている。なんとも、あさましい話です。
こんな業界ですから、技術力で競うのではなく、ユーザーを欺いて利益を獲得することだけ考えている。
弁護士費用が安ければ、裁判事例がもっとネット上に出てくると思いますが。

いまのところ、出て来る事例は、被害者のブログ記事ばかりです。

しかし、業界は狭く、悪い情報は次第に広がっていきます。私の取引先建築士は、その評判の悪い企業から仕事をもらうことがあるので、黙っています。
私は評判の悪い企業から仕事をもらうことはないし、法人からの依頼は基本的に受けません。

by neo-diy | 2018-11-18 08:22 | 事業者向けネタ | Comments(0)

何が幸いするか分からない

明日、うちの施工担当が下見に行く件ですが、この相談者は私が施工チームのために作ったウェブサイトを見て問合せをされたのです。
*そして先週、私の仕事場に相談にお出でになりました。

このサイトは、施工チームの屋号を全面に出して、地域限定のキーワードを冠にして作りました。
*東京下町の地域を対象にしています。

サイトは無料の雛形を使って私が簡単に作ったものですが、こういう小規模なページのサイトでも、地域限定であれば検索の上位に出て来るのです。
*キーワードも2つに絞りました。

うちの施工担当はブログでさえ理解できないので、私が代行して作ったのです。
*私よりも一回り若いのですが、まったく勉強する気がないというか、本業以外では頭が硬く柔軟性がない。
*そういえば、取引先の建築士は私がカスタマイズしたブログを使えるようになるのに2年かかりました(笑)。

私もそれほど頭がフレキシブルというわけではなく、自分の理解できる、速やかに活用できるツールしか手を出しません。それは気が短いから、待てないのです(笑)。
*知人が作ってくれた雛形をいじりすぎて、壊したこともありました。。

私の取柄は行動力です。今回はそれが幸いしたようです。

ウェブサイトに詳しい知人は、ネット・ウェブページを活用した商いの基本的なスタンスは、根気強く継続することだと言います。


by neo-diy | 2018-11-16 10:23 | ウェブページ | Comments(0)

裏切られた紅玉

先日、イトーヨーカドーのネットスーパーで、長野の紅玉(リンゴ)を注文したのですが、見かけは確かに紅玉でしたが、味は酸味も甘みも殆どなく、近所の一山300円のリンゴのほうがマシでした。
*注文したものは小玉で1個200円弱。

生産者の「太田一○の紅玉」という顔が見える商品という事で信じて購入しましたが、どう見ても熟す相当前に早くもぎとって、倉庫に眠らしていたようなもの。瑞々しさがない。

そこで、配達店に事情を説明してクレームを入れました。直ぐに全店調査するという連絡がありましたが、担当者も試食したら、私と同じような感想でした。旨くないんです。長野の恥です。
*紅玉は青森と長野生産のリンゴが非常にうまく有名です。

上記の生産者はブランドに胡坐をかき、良い物を出荷する努力を怠ったのです。目先の利益だけ重視するユーザー軽視の業者に見えます。
*ウェブサイトには「お客様を笑顔にする良い物を生産します。」と記載されていました。。

この話、私の業界と良く似ています。誇大広告、消費者軽視の状況です。

ちなみに、私は果物が好きなので、味には敏感です。

by neo-diy | 2018-11-14 11:46 | 食品・料理の話 | Comments(0)

喉の不調に黒豆茶が効いた

先週までの風邪による不調で、喉がすっきりしない、咳き込む・痰が出るなどの症状がありましたが、黒豆茶を3日間ほど飲み続けたら良くなりました。
*だいぶすっきりしてきました。

黒豆茶には、痰を抑え喉の調子を整える効果があるようで、ある人の体験談を読んで私も試してみました。
*ちょうど、今年の夏、親しくしていた郵便局員にプレゼント在庫をもらいましたので、残しておいた。

のど飴では効果がなかったのが、こんなに効き目が出るとは。※個人差があるので万能ではないと思います。ですが、効能通りの効果を体感できて良かったです。
*あとレモンも効果があるようです。※レモン汁をサラダや魚・揚げ物にかけて食べる。

逆によくないのは、刺激物と酒類の飲み過ぎです。

さて、明日は仕事場で打合せがあるので、喉の調子をさらに良くしたいですね。
*咳き込んだらマスクを付けます。

打合せには黒豆茶をアイスで出してみようかと思います。
*ハーブ・フルーツティーも用意しています。
182.png

by neo-diy | 2018-11-12 13:46 | 食品・料理の話 | Comments(0)