飲食店との共通点が自分の商いにもある

昨日、ときどき接待に使う地元のスナックで食事をしました。
この店のママが本格的に料理学校に通ってから開業した洋食系のスナックです。スナックは普通は宴会料理や洋食はできないのですが、経営者がグルメで食材にこだわって調理するので、イタリアンにしても地元の専門店よりも旨いのが特長です。
*しかも安い。一人前パスタの量が半端ない。

そんな店でも閑古鳥が鳴くような暇なこともあれば、悪天候でも満席になるなど、まったく予想できないと、昨日言ってました。

私の商いも似ていて、すごく忙しい時と、ど暇な期間が交互に来ます。
今日現在は、あと1件の難しい見積りを乗り切れば目途がつくというところまで来ました。他の件は、これから提案書などをメールで送ります。

接待というのは、私の場合は相手の本音を聞きながら、気楽に過ごしていただくというのが主な目的です。
時間帯が遅いので、夕食を食べていただいてからお帰りいただくのが自分流の接待です。
無理にお酒をすすめることはしません。むしろ店の得意な料理を食べていただくのが嬉しいです。

契約していただくために接待したことはないです。場所を借りて打合せをするという感覚なので、店への礼儀として料理を注文します。

さて来月からは事情があり、経費の節約と休息を兼ねて、仕事をペースダウンします。

[PR]
# by neo-diy | 2018-06-30 09:08 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ようやく平常通りのブログ

今週の水曜頃までに、約8割方の案件の結論を提示したので、このブログを見に来る人のアクセスが激減しました(笑)。もう私の状況を確認する必要もないわけで、白黒はっきしりしたというわけです。
*出来ないことは出来ないが、出来る事は出来ると明確に提示した。

最近は頭の中で描いたシナリオや手描きのラフを清書するスピードが大分低下しました。
PCで図面を作ったり、書類を作る速度が落ちてきたと思います。

専属の職人と違い、自分で図面も提案書も見積りも、発注書も指示書も全部一人でやっていたので、事務・経理の作業が同時に発生すると、どうしても複数の仕事をこなすのに相当な時間がかかります。

待ちきれない人は去っていくことになりますが、仕方ないです。

そのうえ、受注に向けた営業や無料相談まで一人でやっているので、もう限界に近づいています。
整形外科の通院も長期間さぼってます。
*痛みは夏の間は殆どないので、仕事のペースを落とせばなんとかできる。

だが、自分たちは受注の営業は出来ないと職人が言うのを聞いて、考え方を変えました。もう、この辺でいいだろう。蟻とキリギリスのように好きな方を選べば良いと思う。

同業者や知人に聞くと、「自己責任でやっていけばいいのでは?」子供じゃないし、これからは自分の事を大事に生きたほうが良いと言われた。

ついに暖簾分けの見込みはなくなったようだ。私の代で終わりになるだろう。

[PR]
# by neo-diy | 2018-06-29 08:39 | ウェブページ | Comments(0)

知人店主とぼやき

先日、知人の店(海鮮居酒屋)にランチを食べに行ったとき、「景気はどう?」と聞いたら「横ばい・現状維持」というような答えが返ってきました。

東京の仕事は儲からないよ(笑)、とぼやいたら、「うちもそうだよ(笑)」

最近は、近所の常連さんも飲みに来ないと言っていた。結局、近所で時々利用するのは、私ともう一人ぐらいで、あとは昔からの付き合いの年配者が中心だということだった。

小さな商いでも積み重ねて利益を確保するしか、妙案はないという結論に。
もうそれが、東京でも当たり前の時代になっているのかもしれない。

私は地元の居酒屋が成立しないような世の中では、景気は相当悪化しているという指標になるので、近所の飲食店やスーパーなどの動向を留意しています。

仕事が切れた相方の職人は、いま田舎に帰っています。
仕事が決まるまで待機しています。。取引先の建築士は、相変わらず自分の利益しか眼中にない。
*取引先は自己中でも仕方ないが、提携先はそれでいいのか?私はおかしいと思う。

もうみな結構な年齢だが、それで人生楽しいのか? 努力もしないで納得いくのか?
本来、提携先とは運命共同体のようなものだが、受注などを努力しないで確保できるほど甘くはないと思う。
いくら説明しても頭の硬い職人は理解できないようだ。

ということで、いずれ自分一人で商いを続けることを想定してコンテンツを更新してきましたが、それが遠方の契約に少しずつつながって来ているような気がします。
まだまだ、試行錯誤しながら知人の意見も聞いているところです。

[PR]
# by neo-diy | 2018-06-27 07:44 | 居酒屋での忘備録 | Comments(0)

信頼されるには地道に継続するしかない

知人のホームページも概成して、それなりにキーワード検索で上位に出てくるようになりましたが、まだ商いの注文問合せは来ていないようです。
*問合せは同業者というか、同業者を食い物にする、にわかウェブ業者だけでした。

とにかく、老舗業者などの比較的新しいホームサイトを狙い撃ちにして、取引を持ちかける業者やウェブ業者ばかりが連絡してきます。

さすがに私のホームサイトには、電話営業をしているレベルの低いウェブ業者や建築士が時々連絡してくるだけで、めっきり問合せは減りました。

現在、私のほうは依頼された提案書と施工説明図を作成することに集中しています。
今週は、依頼された件のみ作業を進めて、相談業務はお休みします。

知人の店主を見ていると、本当に休みなしで働いています。ホームページも私がボランティアで作っていますが、プロに依頼するよりも地元を中心とした対面営業などに力を入れたほうが効果的だと進言しています。
*業種が違うのと、地元の人は必ずしもホームページを信用するとは限らない。

知人の店で常連さんたちと話すと色々な情報が入るし、考え方が見えます。
私のように地方の案件が多い、建築関係の専門業者は例外的だと言われました。そんな人、知人や自分の職場には居ないそうです。

これも14年間、準備期間の約1年間のボランティア活動を含めて15年間ホームページを活用して地道に取り組んできた成果です。
ウェブサイトのコンテンツだけで信頼されるようになるのは、相当な年月がかかります。
私のゲストブログ

もっと早く軌道に乗せたい経営者は、提携先を確保することが重要です。自分だけのネットワークには限界があるし、情報発信力が小さいです。

それにしても、相変わらずインチキ防音業者の広告が記事の下に出てきます。

[PR]
# by neo-diy | 2018-06-25 08:04 | ウェブページ | Comments(0)

固定電話は必要か?

あるネット(ポータルサイトのニュース)で、固定電話は必要ないという記事がありました。

私は業種によって大差があると思います。私の場合や知人の店舗では不可欠です。FAXも併用していますので、携帯メールだけでは対応できません。

世代やシステムが様変わりすれば、従来の固定電話は不要になるかもしれませんが、私が現役で働く間は使い続けると思います。

携帯電話と固定電話を併用するというのが企業、自営業には一般的だと思います。
メールも着信しない場合がありますので、やはりFAXも固定電話も必要です。振り込み詐欺なんかは、大半が携帯電話の悪用ですよね。
*携帯にかかってくる不審な連絡は怪しいものが多いです。

一方、ネット(主としてPC)では、ブログやツイッター、フェイスブックのアカウント乗っ取りが増えているようです。これらは信頼性がいまいち低いので、電話連絡と併用して初めて相手も納得するということが多いでしょう。
固定電話の無い企業は日本ではないと思います。

最近、私へのネットの問合せでメールアドレスが間違っている件や着信しない件があり、結局電話連絡で相手に確認して無事連絡がとれたというケースがありました。
-----------------------------
DIYウェブ構築・防音体験(新ゲストブログ)
181.png

[PR]
# by neo-diy | 2018-06-23 09:09 | 暮らしの雑記 | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧