もらった情報を流用しても成功しない

相談時にもらった提案書をそのまま流用しても失敗します。
*契約しないのなら、処分すべきです。それがマナーです。

専門家の提案書は、詳細の納まりと適正な製品を活用して初めて想定の効果が出ます。類似品や思い込みでやっても無理です。

スタジオの防音と住宅の防音室は構造も予算も異なるので、金太郎飴のような設計・施工は通用しません。

放送局のスタジオの防音工事をしたことがあると言っていた施工業者の施工図を見ましたら、案の定、遮音シートと石膏ボード、グラスウールだらけの大昔の工事仕様でした。
それと防振ゴムのパッキンを挟む工法です。共振するリスクもあり、木造には向かない工法でした。

設計会社が作った仕様を見よう見まねで適用しても、うまくいかないと思います。

私の提案書も流用されていると思いますが、同じ製品を活用して、詳細な施工図をもとに施工しないと同じ性能は出ません。

今年に入って連絡が途絶えた件は、少なくとも流用してなければいいのですが。

時々、提案書を渡した相談者から防音材だけ売ってくれと言われますが、全部断ります。それは明らかに契約しないで流用する意図が見えるからです。

さて、提案書づくりもあと2件となりました。これがかなり大変で、どうやって施工業者の提案を活かし折衷案を作るかです。地方の案件ですから、施工業者の提案を尊重しないと物理的にできません。
予算の壁と技術的な問題があるからです。

私は人様の提案を流用することはありませんが、改善対策を追加するというコンサルティングは実績がありますので、施工業者にとっても役立つはずです。
流用は認めませんが、自分たちなりに勉強してカスタマイズして活用することは問題ないです。

それは色々な分野で、普通に行われていることです。業界がレベルアップすることは良いことです。

[PR]
# by neo-diy | 2018-06-14 08:04 | 住まいの防音 | Comments(0)

難しい相談ばかり

月曜夜の相談もご予算などの制約や思わぬ課題が見つかり悩ましい案件です。

他のご予約の提案書も同時進行であり、まずは一番先に手を挙げていただいた件を仕上げます。

打合せやメール・電話のやりとりの中で、新しい課題や問題が見つかり、どんどん難易度が上がっています。
しかし、予算には限界があります。

一つ一つの件が相当な検討時間が必要で、あと1か月くらいは、これらの案件で手一杯です。

無料相談は知人の紹介以外は受けられなくなりました。

北陸、長野、愛知、埼玉、東京など場所は違っても、音楽室という共通点がありますが、意外と難しいのが早い時間帯に就寝される家族への配慮です。

生活時間帯というかライフスタイルの異なる中で生活防音と防音室の対策という複合化された課題があります。

リフォーム+DIYという組み合わせが増えてきました。

[PR]
# by neo-diy | 2018-06-13 07:43 | 事業者向けネタ | Comments(0)

思った以上に色々と大変

正直に言って、ここまで職人たちが担当する現場需要が失速するとは思っていませんでした。
普通のリフォームなら、少しくらいは彼らも取れるのでは?ないかと思ってましたが、いまのところ何もないようです。
*昨年から、自分たちで努力するように再三伝えているので、まったく探していないわけではないと思います。

私のほうは現在契約中の件がいくつか作業中であり、先週に前向きな相談を数件いただいたので、今週中には結論を出さなければなりません。
それに、私が多少営業しても普通のリフォームは、ほとんど伝手がなく、逆に仕事をくださいと言われてしまうので、効果があるとは思えない。

やっぱり、建築業者の数が飽和状態のような気がします。

例年、大型連休の前後と盆休みの前後に仕事が途切れますが、今年は大型連休前後も仕事がありました。昨年よりは大丈夫なのか?と淡い期待をしましたが、先月から昨日まで新規の予約は来てません。

先週の相談案件も北陸と東京ですから、うちの職人たちから見れば、東京の現場しかあり得ません。
これが成立しなければ、相当まずい展開になります。

今週から来週にかけてが、今年の後半期の一つの山場になるような予感がする。
私はギャンブルの予感は全く当たらないのですが、仕事上の危機感は結構当たります。現場の案件でも安全策を追加するために、自分の経費を削って職人に資材費用を渡して対応することがあります。

うちの職人が担当する現場は、依頼者にとって結構お買い得です(笑)。他の専門業者なら自己負担で追加するなんて、絶対しません。

小さな努力の積み重ねが、着実な実績に結び付いていると思いますが、仕事が無くなれば技術を生かす機会がなくなります。これが東京の防音工事受注の不幸な状況です。
価格競争や看板力(宣伝力)で大半の受注が決まるという、おかしな状況になっています。
そのおかげで、私の方へメールや電話で相談がありますが、大半は後の祭りです。
*失敗した相談者が費用を使い果たしているからです。

[PR]
# by neo-diy | 2018-06-11 08:12 | 事業者向けネタ | Comments(0)

見積り相談の件

木造の見積りなど相談を受けている件ですが、3つありまして、地方の件と東京です。

1件は、前提条件と改造方針をやりとりしている段階で、まだ見積りに着手できませんが、私の作業費用だけ提示しようとしています。

もう1件は、すでに杉材や相談者が提示した吸音材などをネット上の情報から概算に着手したのですが、どうやら2案ともに予算を大分超過するようで、実現性は低いです。
それでも見積りを出したほうが良いのか確認中で、どうしても出したいという要望であれば、来週作業します。
*天然素材・自然素材は、普通の防音材よりも高いことが分かりました。要するに贅沢品ですね。

今年の大半の案件は予算と言う壁に当たり、うまく行かないことが多いです。

今日のご相談はマンションですが、仕事場の防音室ですので、是が非でも予算に収まる提案をしないと、依頼者が仕事が出来なくなります。来月早々には着工しないといけないのですが、工事申請などを考えると、もう時間がないです。
じっくりと、折衷案を二人で相談したいと思います。予算的にもうちの施工チームしか無理だと思いますが、依頼者にもDIY作業を少しお願いしたいと思います。

なんだか、私の防音材よりも他の製品の値上がりが大きくて予算を圧迫しています。

私の見積りは大雑把な見積(概算)というものは、ほとんど意味のない物だと考えているので、大半は実態の設計に則した詳細を決めてから計算します。
他の業者よりも実現性の高い仕様です。

[PR]
# by neo-diy | 2018-06-09 07:21 | 事業者向けネタ | Comments(0)

リフォームと音楽室

明日の相談と先日の問合せの件、建物の構造は違いますが、どちらも音楽室・ヴォーカルの練習ができる音楽室としてリフォームすることを検討している点が共通してます。

東京2件、北陸1件です。かなり古い物件のようですので補強することが重要です。
どちらも、他の専門業者に依頼すると、相当部屋が狭くなるだけでなく、予算を大幅に超過する見込みで、いろいろと専門業者を探したり、自分たちで施工できないかなど、防音材を探されていたようです。

来週の相談予約も、同じように自分たちで施工する際に、いろいろと情報を探していたら、私のウェブサイトを見て、計画内容が間違っていたことに気づかれたということです。
私のブログには失敗された相談者の事例などが記載されているので、典型例としてご自身の内容と合致したということのようです。

専門家には得意分野というものがありますので、それに合う依頼をされたほうが費用対効果もアップしますし、時間の無駄もお互いなく、スムーズに行くと思います。
見積りを出すという事は、私の場合は大半の設計仕様を決めるという事ですので、相当な時間を費やします。
*モチベーションを下げるようなことを言われる件は?です。そんなこと言われて、はいそうですかと言うのは、その人のためにもならない。

それだけに、自分の手に負えない相談者の件は、早く結論を出してあげる必要があると思います。
とにかく、先に正式な予約の件の準備をしてから、余力が残れば他の件、時間などが許す範囲で検討するというのが、私が出来る精一杯のことだと思いますね。

順番を守らないと、全ての件が中途半端になりますから。このところ音楽室のリフォームの相談が増えていますが、昨日、久しぶりにマンションの上階騒音の施工の可否ついて問合せが来ました。
*これはすでに使用できる製品が生産終了してますので、たぶん難しいと思います。

東京も梅雨入りしましたが、昨日も今日も非常に暑く、晴れてます。朝型の私には、ちょうどよく、午前9時頃までが急ぎの作業時間帯になります。そのあとは事務や雑用など、いつもの日常です。
*明日は、午前が電話待ち、午後から予定の作業と打合せです。

[PR]
# by neo-diy | 2018-06-08 07:27 | 住まいの防音 | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧