納品までの経路

個人ユーザーを含めた現場納品までの経路はいくつかのパターンがあります。

私の業界の通販サイトは概ね次のような経路です。
メーカー工場→大手代理店(通販サイト業者の契約先)→納品先
*メーカー工場→大手代理店(通販サイト業者の契約先)→集荷場(裁断加工・梱包)→納品先

私の場合は取引先B社は前者の経路ですが、代理店から直送される経路で大幅な送料値上げが起きています。

取引先A社は、メーカー工場からの直送便のため送料が半額になります。最近はA社の製品を増やしていますが、現時点での契約案件はB社製品を併用する仕様になっているため、変更がほとんど出来ません。

私と同様に経費が嵩んで困っている同業者も居ますが、私と違うのはすでに差額分を見込んで上乗せして見積りを提示している点です。
私は依頼者の予算に配慮しすぎて値上げを躊躇したのです。それに予想外の送料値上げで苦慮しているところです。

その対応の分岐点が、2018年の12月と今年の1月です。
義理人情を優先してぎりぎりまで予算調整しているのですが、あとは提携先と相談して決めます。
*本当に私は商いに向かないのかもしれないです(笑)。

ちなみに静岡県内の専門業者に、私と同じ製品を扱っている会社がありますが、○○マット製品を私の供給価格の5割増しで、○○シートを私の供給価格の2倍で納品しています。
*ぼったくり会社と言ってもよいと思います。
この2つの製品は工場が静岡県内にあるので、関西・中部・信州・神奈川・東京方面は送料が非常に安いです。良心的なメーカーの姿勢を踏みにじって、利益をむさぼる企業は消えてほしいと願っています。
182.png
--------------------
役立つページ:web上手


# by neo-diy | 2019-01-22 08:07 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ベストをベターパフォーマンスで良しとするか

今まで費用対効果を含めてベストパフォーマンスを理想として進めてきたが、諸経費の高騰で理想の費用対効果は追及するのが難しくなりました。

そのことをウェブサイトで説明するのは難しいので、今年から相談の際に対面でサンプルなどをもとに説明しています。

大半の相談者が概ね内容を理解してくれますが、実例が少ないので、これから検証データなどを積み重ねていきたい。二番目の対策案(ベターパフォーマンス)で納得していただける事業者や個人依頼者に提示したい。

どう考えても常識はずれな送料は納得できない。すでに契約した案件では、その分、赤字が予想され昨年と同様に収支が厳しいが、今さら契約を大きく変更することができない。

などの事情を勘案すると、今後の段階的な設計変更は避けられない。

理想を追求してもコスト的に実現性がなくなれば意味がない。ならば、次善の策でも仕方ない。

世の中の専門業者の中で、費用対効果や空間の快適性が優位であれば、決断すべきと思います。

私の提案の唯一の懸念材料は温度変化による柔軟性の変化がどうなるか?ということですが、これに関しては木質シージングボードなどを重ねて対処することにしました。

事業者として同じ製品が未来永劫使えるという保証はないので、その時代の製品を出来る限りうまく組合せるしか方法はないです。

# by neo-diy | 2019-01-21 07:56 | 事業者向けネタ | Comments(0)

事業者も色々居る

送料が前回見積りよりも1500円程度値上がりしただけで注文を保留する事業者がいます。
*自分が運営する施設の工事費や運営収入に比べればゴミのような金額ですが。

世の中の物流経費の高騰を知らない事業者は居ません。居たとしたら失格です。

ですが、私の取引先のように送料が高騰したけど、何も説明しないで、努力もしないで平気で注文を受けようとする馬鹿も居ます。
*現在、その馬鹿の製品を出来るだけ少なくする工夫を設計仕様の段階で検討しています。

出来る限り、良心的な会社の製品を沢山使おうとしています。

元施工チームや取引先のように、こちらが苦労して受注したものを口を開けて待っているだけでは商いは無理です。じり貧になります。

昨日、今まで付き合った工事業者の中で、一番木造に詳しい会社と提携を結びました。
*今後、私の現場を担当してくれることになっています。細かい見積りの取り決めを調整中です。
幸い、地元では一番近い所に居る建築工事会社なので、打合せは楽です。

本当に木造が好きだという顔をして工房で木材を加工しています(笑)。なかなかユニークな会社です。

欲ボケして行く取引先。変わらない取引先。色々居ますが、欲ボケはきっと淘汰されると思います。

# by neo-diy | 2019-01-19 09:24 | 事業者向けネタ | Comments(0)

DIY資材の納品が急ブレーキ

取扱い製品の約半分が送料の大幅な値上げで、少量注文の個人ユーザー向け提案に大きな打撃です。

やはり本体製品金額の約半分の配送費用なんて?非常識だと思います。
*大手の西濃運輸のほか、2社の中小運送会社が大幅に値上げしてきました。

そこで、値上げしていない取引先の資材を中心に設計仕様を変更しようとしています。
問題は重量です。高比重なのは良いのですが、1本約18kgですので大丈夫と明言されたユーザーにしかお勧めできません。

半分にカットして敷けば問題ない重量ですが、ちょっと手伝いが必要になるかもしれません。
軟質なので刃渡りの大きめのハサミでもカットできます。

本日の相談者に、ちょっと提案してみて可能性があれば、取扱いメニューに加えたいです。

上記の製品はプロの現場施工専用です。厚さは2.4~2.5ミリです。

まさか、送料が問題になるとは・・・痛いです。
----------------------
追記(17時現在):今日の相談者は重量に驚いていましたが、送料の安さで総額が少し減額になるので、新しい提案を了解していただけました。※少なくとも木造住宅用には使えそうです。
182.png

# by neo-diy | 2019-01-17 10:41 | 事業者向けネタ | Comments(0)

おごる?西濃運輸

最近の西濃運輸の対応は、あきらかにお得意さんとその他を差別しています。

とくに中小企業相手には、送料の照会さえ軽視して返事も遅いです。

私の業界の取引先については、大手には直ぐに送料を返事するのに、中小企業には非常に遅い。

重量便の路線便は、日本通運が撤退し、他の中小配送会社が大幅値上げをしてきたので、現場では混乱が生じています。
昨年の送料見積りがそのまま使えないのです。

ところが大手には、西濃運輸は値上げしている様子が見えない、または値引きしているような気がします。

私の取引先は、明らかに大手業者の建材メーカーのほうが送料が安いのです。

明らかに、西濃運輸は大手メーカーに対しては送料を抑えている様に見えます。

私の関係では、むしろ中小企業の製品のほうが納品量は多いのですが、たぶん配送会社から見れば例外に近いのかもしれない。

あまり中小企業をいじめてほしくないのだが。
182.png

# by neo-diy | 2019-01-16 07:31 | 事業者向けネタ | Comments(0)